マンションを売るならどこがいい?

マンションを売る
マンションを売る

このページをご覧になっているということは、マンションの売却方法を検討しているということですね。
マンションを1円でも高く、そして有利にマンションを売るためのマル秘情報を紹介します。


【その1:マンション・住宅を売る時の勘違い】

マンション売買は、ご存知の通り、不動産屋が仲介し売却が成立するものです。

あとから、もっと高く売れたのかぁ~、もう少し待っておけば~など、後悔したくないですよね?

その1つのポイントは、安易に不動産屋に売買をお願いしては高額マンション売却は実現しません。

また、大手だから高く売れるという先入観も間違いです。。


【その2:一括査定と複数競合が高額売却の近道】

マンションの売却価格は需要と供給の上に成り立っています。
一概にこの地域だからこの値段(相場)という決まり方とは限りません。

マンション買取り会社の裏には購入希望者がいますので、少し高めの金額を提示してでも積極的に購入したいという業者もいますので各社その査定金額は上下するのが現実です。
そこでおすすめなのが、マンション一括査定サイトです。


一括査定で他社からの見積もりが取れるので、相場を知ると同時に、競合を促し買取価格の吊り上げも可能です!


マンション一括査定サイト
そこで、一括不動産売却査定サイトの中から、
口コミや評判の良い、そして、高額査定が記録されているサイトを紹介します。



口コミで人気の不動産売却一括査定サイト

RE-GUIDE 不動産一括査定RE-GUIDE 不動産一括査定
マンション売却・不動産査定のことなら | RE-GUIDE 不動産一括査定【無料】
マンション・一戸建て・土地を高値で売りたい方
面倒な手続き不要の約1分間の簡単入力 複数社の査定額が比較できます!
RE-GUIDE SBI不動産
実績豊富な信頼できる不動産会社が、あなたの売りたい物件を無料で査定してくれます
RE-GUIDE マンションを売る SBI




NTTデータの不動産査定サイト【HOME4U】NTTデータの不動産査定サイト【HOME4U】
東証一部上場企業の「NTTデータ」が運営!!大手の不動産会社とのパイプが太く、安心感があり、マンションを売るならここがおすすめ!
高く!早く!大手から地元密着型まで、全国約400社は国内最大級!全国の優良不動産から、地元に強い不動産会社まで!!
HOME4U HOME4U マンション査定
簡単入力60秒で、複数社にまとめて査定依頼可能です!
HOME4U マンションを売る 詳細はこちら




マンションnavi マンションnavi
全国の分譲マンションを網羅した マンション.navi
年間利用者数 360万人突破!

一生に1度か2度のマンション売却!マンションナビで、後悔しない取引を
マンションnavi マンション査定 マンション査定navi
マンションナビなら売る、貸す、買い取ってもらうの相談も可能!
家を売る 日本全国 マンションナビサイトへ

コンシェルジュ型不動産査定の考え方

一括マンション査定は、不動産会社数社から見積もりが取れ、そこに際して、値段交渉や条件提示など納得いくまで、会社選び、売買金額を煮つめることができます。
もちろん、手間はかかりますが、人生の中でも大きなイベントである不動産の売買においてもっとも失敗をしにくい方法といえます。

ただ、この方法のデメリットは、複数社と対応する必要がある、時間がかかる、そして自分である程度の判断が必要となってきます。
時間をかけたくない、不動産の知識がないのでプロに選んでもらいたい、そんな方にぜひ併用してほしいのが、コンシェルジュ型サービスです。

コンシェルジュ型には、保険や銀行で有名なソニーグループが開始したソニー不動産などがあります。
通常、不動産仲介会社は売り手と買い手の両者を仲介し仲介手数料を双方から得ている場合が多いのですが、ソニー不動産では売り手側だけについてくれ、あなたの要望を優先して売却をすすめてくれるサービスです。


不動産コンシェルジュ型サービスの人気サイト

ソニー不動産
1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)のことなら | ソニー不動産
不動産(マンション、戸建て、土地など)を売りたい
ソニー不動産査定 ソニー不動産
ソニー不動産の売却エージェントサービス
ソニー不動産 マンションを売る ソニー査定



住居・住宅の買取の際に注意すべき事

マンションを売りたい時には不動産会社と媒介契約を交わして販売活動がスタートします。
媒介契約には専属媒介契約や専任媒介契約と言う契約スタイルが在りますが、これらの媒介契約における注意点と言うのは、契約を交わすことが出来る不動産会社は1社のみという点です。

そのため、媒介契約の方法によっては不動産会社を選んでマンション売却を行う必要が在ると言う事です。
また、マンション査定の注意点として、売れた金額がそのまま手元に入る事になりますが、住宅ローンの支払いが残っている場合には、ローンの返済が必要になります。

また、マンション売却の注意したいところとして幾つかの諸経費が必要になるので、事前にどのような費用が必要になるのかを把握しておく必要が在ります。

例えば、マンション売却は売買契約書の作成が必要であり、売買契約書には印紙税が課税されることになります。
売買契約書における印紙税は売却価格により金額が異なりますが、1,000万円以上5,000万円以下の場合は1万5,000円となるため、一般的なマンション売却の場合は1万5,000円の印紙代が必要になると言う事を覚えておきます。

これ以外にも登記手続きや抵当権の抹消などに関わる費用や、これらの業務を司法書士に依頼するための報酬などが必要になります。




マンションを査定額以上に高く売る方法

マンション売却業者の口コミ等。
マンションを高く売るということで一括査定を行うと、大まかな金額が出てきます。

マンションリフォーム ここで、査定以上に高くマンションを売るテクニックを紹介します。実は、この方法は、プロ・不動産屋は当たり前に行っています。
安く購入して高く売るのが不動産屋ですので、マンションも安く仕入れて高く売るという図式は、周知のとおりです。
では、どうすれば高く売れるのか?それはリフォームです。
私の友人は都内で築8年のマンション、購入金額は4800万円のマンションを5100万で半年間売りに出していましたが売れませんでした。そこで、私がリフォームを紹介しました。
リフォームといっても、クリーニングに毛が生えたくらいです。
よく見せる部分を1つ作る(主にリビング)だけで、ユーザーの購買意欲が変わります。
結果的に200万のリフォームをそのまま、販売・売却価格にのせ5300万円で1ヵ月後には売れていました。
半年売れなかったマンションが、ちょっと手を入れるだけで劇的に変わるわけです。

リフォーム費用の無料一括見積り
>> リフォームのお見積もりならこちら<<


マンションを売りたくない

必ずしも、マンションを売りたくて売る人だけではありません。
住宅ローン滞納、転職で収入減・ボーナスカット、離婚による財産分与などもその1つです。

マンションを売りたくない できれば、マンションを売却せずに問題が解決できないか?と考えている人も少ないはずです。そこで、1つ参考になればと思うのが、法律のプロと不動産のプロへの相談です。
たとえば、ローンの返済額が今より2万少なくなれば返済は可能になる、また、ボーナス払いがなくなれば・・・・など住宅ローンに関する問題解決が可能となる場合もあります。
また、別のケースとしてマンションを差し押さえになり競売となる場合も、その前に任意売却(任売)を行うことで少なからず、高い金額で売却が可能となります。
>> 住宅ローンのご相談ならこちら<<




マンションを売るか貸すか
マンションを売ってキャッシュを手に入れるか?それとも、貸して不動産収入をえるか?

マンション・売るor貸す
考えている人も多いと思います。収益物件として考えるものいいでしょうし、マンション売却するのもいいと思います。

どちらもしても、不動産の価値がすべてです。価値があれば、高く売れますし高く貸すことができます。

貸しても、売っても、税金はかかりますし判断は難しいものがあると思います。

上記の査定サイトで売った場合、貸した場合の査定を行うのも1つの選択肢ですね。マンションを売るか?貸すか?注意点も紹介します。




マンションは売るメリットとデメリット
分譲マンションは所有する不動産物件ですから、住むためには買う手続きをしなければなりません。ただ全ての方が買ったマンションに一生住み続けるというわけではなく、不動産物件の中でも買ったり売ったりすることが多いのです。
マンションを売る メリット 所有しているマンションを売るときの注意点・メリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリットの方は、すぐに現金にできるという点でしょう。住宅ローンの返済が残っていても売買契約が成立すればローンの完済も可能です。別の不動産物件を買ってもいいですし、賃貸住宅に移ることもできます。買った時に支払った火災保険料も解約すれば返戻金が受け取れます。

何十年という長い期間の保険を解約することになるので、残り期間が多い程返戻金の額も多くなります。

一方のデメリットですが、不動産売買の時に仲介手数料を支払ったり引越し費用が掛かるといったことが挙げられます。

引越しには労力が必要ですし、新しい住宅を契約する時の費用も考えなければなりません。




築浅のマンションは売るべき貸すべきか

築浅(ちくあさ)とは建築されてからまだ日が浅い、つまりは新築か新築同様というような意味なのですが、こうしたマンションは売るべきなのかそれとも貸すべきなのか、ということになります。
築浅のマンションを売る もちろん、これはマンションの持ち主が不動産投資をしようとする場合のことなのですが、こうした新築か新築同様のマンションであれば、売るべきか貸すべきかという判断にはかなり迷うことになるでしょう。

このような場合には、その需要見込みというもので判断するしかないでしょう。

というのも、新築か新築同様の物件であれば、それをかなり高値で売却することができるとしても、売却してしまえばそれで終わりです。

ところが、その建物自体の価値のみではなく周辺の環境条件なども含めて、長期的な賃貸需要が見込めるような場合には、売却してしまわずに長期にわたる賃貸経営によって、継続的な賃料収入を得ることができるために、マンション売却による一時的な収益を得るよりも、長期的に安定した収益を得ることができるわけなのです。




不動産売却一括査定「イエウール」
マンションだけでなく、家や土地などの不動産の一括住宅査定できるサイトです。
不動産会社は売却実績豊富な不動産売却のプロばかりなので、はじめてマンションを売る方にも安心して査定依頼ができます。
イエウール イエウール
日本全国網羅されたマンション売却が人気!
簡単登録(入力時間目安1分)

イエウール マンションを売る





不動産売却一括査定「オウチーノ」
不動産の査定、売却/買取など売却査定や物件売買のことならO-uccino(オウチーノ)です。
オウチーノ自体、不動産売買・リフォームも網羅されたサイトなので、高額査定も多数!
オウチーノ オウチーノ
より高く・より早く売るために350社以上の有力不動産会社が物件売却をサポート。
入力もわずか1分で簡単登録!

オウチーノ マンションを売る







マンションを売る際に赤字が出た場合の特例

不動産を売却したら、翌年の3月15日までに所得税の確定申告と納付、申告内容は住所地の市区町村に送られて、6月に住民税の通知が来ます。
不動産を売った場合の税金の計算は分離課税と言って、給与や事業などの総合課税の所得とは合算や差引をしないことになっています。
そのため、不動産を売って利益が出たら税金がかかりますが、赤字の場合は原則として他の所得から差し引くことはできません。
マンションを売る 赤字 ただし、譲渡所得にはいくつかの”課税の特例”という制度があります。
マンションが居住用財産で、売る目的が買い換えの場合、居住用財産の買い換えの場合の譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例が適用になる場合があります。
このほかにも、同じく居住用のマンションで、買い換えが目的でない場合でも、譲渡した後に借入金が残る場合に適用になる特例があります。

通算や繰越控除ができる場合、給与や事業など、他の総合所得で出ている黒字から差し引くことができるので、損失分の税金の減免を受けることができます。

貸し付けて賃貸経営をしていたマンションや未利用だったマンションの場合は特例の適用はありませんが、売る前の3年以内に自分の居住の用にしていたマンションを売って、損が出た場合には特例の適用要件を確認しておきましょう。
赤字の場合、もともと税金を納める必要はなく、申告書を提出する必要もありませんが、確定申告を提出して他の所得から差し引けば、さらに税金が低くてすむ可能性があります。



マンションを売る際の媒介タイプ
このごろは中古マンションの売買が活発になっており、売却を考えてる方にとっては好機といえます。
不動産を売却するときの査定の基本的な方法として、マンションをなるべく高い値段で売るためにはいくつかのポイントがあり、そのうちの一つは時間的な余裕をもつということです。基本的にマンションを売る際は不動産業者と媒介契約を結んでから売ることになるのですが、これは短く見積もっても一ヶ月、長いときでは数ヶ月程度かかります。少なくとも三ヶ月程度は余裕をもったほうがいいです。
また場合によっては現在住んでいる家をリフォームしてから売却することで、リフォーム代より売却価格の上昇が見込める場合があります。
仕事や経済的な面で急いでいる場合をのぞいてなるべく家の中は綺麗にしてから売りに出すほうがいいです。
不動産会社は数え切れないほどの数がありますが、査定のみであれば無料で請け負ってくれるところが多いです。
最近ではネットで無料で一括見積もり等もできるので絶対に複数の不動産業者に査定してもらうようにしてください。業者によっては売却額が数百万円も違うこともあります。
査定方法には複数の種類があります。



pagerank


マンション査定を不動産鑑定士に依頼することも出来る
所有しているマンション売却方法を考えている場合、様々な不動産業者に査定をお願いすれば、比較検討して相場を知ることが出来るでしょう。

分譲マンションを売る方法として、

マンション査定結果が適正であるかどうかについては、不動産鑑定士によるそのエリアの鑑定評価なども参考にすることが出来ます。
ある程度高級なマンション査定をお願いするような場合には、調査のプロである不動産鑑定士に見てもらったほうが、信憑性がある結果を得ることが出来るでしょう。


マンション査定
高額商品であるマンションはわずかな査定差がかなり大きな影響を与えることになります。
マンション査定価格はそのほかには、そのエリアの同程度のマンションの売却価格を調査することでも調べることが出来ます。
インターネットなどを利用すれば販売価格を一度に沢山調べることが出来るので、少しでも信頼できるデータを集める為にも手間を惜しまずにしっかりと調べていったほうが良いでしょう。

マンション売却結果は比較して売ることになる相手を選ぶことになりますが、沢山の業者から取得したほうが、選択肢の幅を広げることが出来ます。

最近ではマンション査定についても気軽にインターネットから申込みをするこが出来るようになっており、非常に便利なものとなっています。

東京や大阪、名古屋、埼玉が高く売れる訳ではありません。

北海道だからといって札幌市と函館だけが高額査定になるわけでもありません。

立地や需要、社会・地域環境、その都度相場が代わりますので、1度に限らず、時間をおいて複数回査定するのもおすすめです。