マンション買い替えの際にかかる仲介手数料って?

マンションの買い替えを希望している方のケースでは、それまで居住してきた物件を売却する方法によって、新しい物件を購入される方が多い傾向にあります。

その際には費用面などを考慮して物件探しを行うことが必要になりますが、マンションの買い替えの場合では、2つの仲介手数料がかかることになります。

1つは古い物件を売却する際に発生するもので、利用先の不動産会社に支払うことが必要になります。

マンション買い替え
もう1つは新しい物件を購入する際に支払うものになり、どちらも管理会社を含む不動産会社を利用して売買を行う際には多くのケースで必要とされている手数料になります。

仲介手数料は売買する金額によってパーセンテージで上限設定が行われているものになりますが、買い替えの場合では同一の不動産会社を利用することによって、仲介手数料を下げてもらうことができる場合もあるために、事前に話し合いを行うことが必要になります。

手数料に関しては大きな額面ではありませんが、売却する物件をできるだけ高い金額に維持することも大切になります。

マンションを売るときの仲介手数料が安い業者は
マンションを売る際には、仲介業者を利用することが望ましいです。

一人だけの力で業者を探すことも不可能ではありませんが、コネクションや個人の信頼性の問題から難航しがちです。

ですから、マンションを売るときは仲介業者を利用することが賢い選択であると考えられます。仲介業者を介してマンションを売るとした場合、仲介手数料を支払う義務が発生することが多いです。

業界事情に精通した人物にマンションの売却を委託するのですから、そのお礼として料金を支払う必要があるからです。

その料金が安い仲介手数料は、往々にして売却額が高くなると推測できます。料金が安いのは、他の部分で資金源となるビジネス要素を持っているからです。

たとえば、他社よりも多くの業者と仲が良かったり、老舗であり確固たる地位を築いているなどの要素が考えられます。

よって、安定したサービスが受けられやすいとも言えます。安い業者選びは、リターンが大きいというわけです。

▲ページトップに戻る