マンション買い替えをする5つのメリット

マンション買い替えのメリット
マンション買い替え メリット


マンション買い替えのメリット

マンション買い替えをする5つのメリット
マンションの買い替えを行う場合、いくつかのメリットを感じることができる場合があります。


たとえば、
所有しているマンションの価値が著しく下がってしまう前に売却することによって、売却益を大きく保つことができます。


また、
買い替えによって常に新しく、ライフスタイルに合った物件に住み続けることができることもメリットになります。


さらに、
共用スペース等の設備に関しても最新式のものを利用できることも魅力です。


他には
窓から見える景色なども買い替えを行うことによって変化を与えることもでき、リフレッシュにつながる意味合いを持っていることも魅力があります。


そして、
常に新しいマンションに住むことによって、資産価値を下げることが少ない傾向にあり、自動車の売買と同じように、一定期間が経過してしまうことによって価値が無くなるということが無いこともメリットとして挙げることができます。


マンションの場合では、その時代の流行というものが反映されている傾向にありますので、生活環境の改善にも役立ちます。




>> マンションの価値は各月ごとに確認しましょう <<






マンション売る マンション買い替え

確定申告とマンション買い替えについて
マンションの買い替え査定において、売却と購入が同じ年に行われ、住み替えが完了した場合には、通常その翌年に確定申告を行います。


会社で年末調整されるサラリーマンにはあまり馴染みがない確定申告ですが、財産を取得、売却した場合には無関係ではありませんので、詳細を確認するようにしましょう。


売却において損が出た場合に税金が控除されることはよく知られていますが、利益が出た場合には逆に課税されることは意外と知られていません。



もちろん、申告しなければ脱税になりますので注意しましょう。



売却価格が取得価格を上回った場合、所有期間によって課税額が異なりますが、所得税と住民税が課せられます。


人気エリアのマンションであれば、あり得ない話ではありません。



所有期間が5年以内であれば、短期間で利益を出したということで、5年以上所有する場合よりも高い税率となります。



居住用財産であれば、3000万円まで特別に控除される軽減措置があります。


但し、この軽減措置を利用した場合は、買い替えたマンションの特例措置が使えない場合があります。


詳しくは税理士等の専門家に相談すると良いでしょう。


また、不動産一括査定のメリットを最大限に活用しましょう


関連記事:不動産取得・売買における税金について


マンション売る

▲ページトップに戻る