不動産取得・売買における税金について

マンション 売る

マンション売る 税金

マンション売却をすることによって税金を支払わなければならなかったり、あるは控除できたりしますから、この知識は持っておく益でしょう。


もしも買ったときよりも高く売れた場合、利益が発生することになります。


確定申告をしなければならないという点に注意が必要ですが、控除もあります。


買ったときよりも安く売った場合、利益や所得が発生しているわけではありませんから、それに対して税金がかかるわけではありません。


マンション売る 税金

しかし、損失分は所得税の控除に使うことができますから、該当する場合には確定申告をした方が有利な場合があります。


つまり、マンションが売れば、確定申告をするケースが多いと言えるでしょう。


この控除についてですが、譲渡所得、つまり売ったことによって得た経済的な利益が3000万円以下の場合には、税金はかかりません。3000万円の控除があるからです。




このときには、購入にかかった諸費用や売却にかかった諸費用なども差し引いて譲渡所得を計算します。


マンション売却時に仲介手数料などの費用を支払えば、それを譲渡所得から差し引くことができます。


3000万円を超えるような利益というのは、簡単に得られるものではないでしょうから、多くの場合には支払う必要はありません。



>> マンション売却サイトランキングはこちら <<




マンション売却の所得税と減価償却

マンション売却をすることによって利益が発生すると、譲渡所得が発生して所得税を納めなければならないことがあります。



マンション売却 所得税

この利益の計算の仕方というのが少し複雑です。



例えば、マンション売却で3000万円で売れたものの取得が価格が3000万円であった場合、利益は発生していないと考えるのが普通です。



しかし、実際には減価償却を考慮することが必要となります。減価償却というのは、建物の劣化を費用化したものです。

3000万円の物件があって、土地が1500万円、建物が1500万円という持分になっていたとすると、建物は減価償却する必要があります。


例えば減価償却が500万円であった場合、建物は1000万円となりますから、3000万円で取得したにもかかわらず、実際には2500万円の価値のあるものだと判断されるわけです。


ですから、これを3000万円で売ると500万円の利益が発生することになります。


ただし、マンション売る際にかかった費用や、あるいは取得にかかった費用なども控除できますし、居住用財産なら3000万円の控除もありますから、多くの人は所得税がかかることはありません。大きな利益が発生したときにはよく考えなければなりません。




マンション売る

▲ページトップに戻る