低層マンションを売るなら

低層マンション

低層マンション売却

マンションの低層階で暮らすのにもメリットがあります。

エレベーターが壊れた時でもすぐに地上に降りることが出来ますし、階段を利用することによって、エレベーターが混み合う時間でもすぐに仕事に行くこともできます。

低層マンションにもメリットがありますが、一般的な評価としては、高層マンションのほうが人気があるようになっています。

低層マンション 売る

低層マンションを売るとなると、高層マンションを売るよりも売りにくい状態になるのは事実です。

とはいえ、そんなことも言えないので、
少しでも高値で売るコツを紹介しましょう。

低層マンションを少しでも高値で売りたいのであれば、早く売り出すようにしましょう。

もしも同じマンションで高層階の人が売り出した場合、
どうしても低層階は値段を下げなくてはなりませんので、売れたとしても手元に入ってくるお金が激減してしまうことになります。

マンションを売るときには、100万円単位で値下げをしなければならないようなこともありますので、そうなるとかなり激減してしまうことになるのです。

売るかどうか迷っているうちに他の人が売り出してもいけませんので、売ろうと思ったときには早く売り出すようにして、高値で売れるようにしなくてはなりません。

不動産売却の3つポイントページはこちら

>> マンション売却サイトランキングはこちら <<

低層マンションの不動産価値

低層マンションの不動産価値は立地条件と安全性から決まります。

最寄り駅からの近さや、買い物などの利便性、閑静な住宅街といった条件から低層マンションの不動産価値は決まります。

低層マンション 不動産価値

その場所で高層マンションが建てられずに低層マンションが建った理由は建築制限にある場合がほとんどです。

建築制限は敷地の面積が関係する建ぺい率、容積率の制限や、道路斜線、隣地斜線、北側斜線といった高さ制限、日影規制が関わってきます。

低層マンションが建てられている敷地は建築制限が厳しいことが考えられますが、周辺の居住環境が守られている側面もあります。

閑静な住宅街は建築制限が厳しい場所が多く、不動産価値が下がる要素ではありません。安全性は居住者の生命や財産に関わる大事な事項です、1,981年に施行された新耐震設計基準で建てられたマンションは地震に対して安全といえます。

新耐震設計基準

それ以前の旧耐震設計基準で建てられた建物は違法建築ではありませんが、不動産価値を考えると、耐震性の証明が必要です。

耐震診断により安全性を確かめることが大切で、構造上の弱点が指摘された場合は、耐震補強を施すと不動産価値は上がります。

低層マンションは高層マンションに比べて不動産価値が低いわけではないので、立地条件と安全性を積極的に知らせることが大切です。

関連ページ:高層マンションを売る場合

マンション売る

▲ページトップに戻る