内覧における抑えておく5つのこと

マンション売却 内覧

内覧 抑えておくこと

内覧は、これから自分が住み続ける家を事前に確認できる絶好の機会です。

内覧時にどんなことをチェックすればいいか5つのポイントをご紹介します。

内覧 気をつけること

1.物件の管理
一戸建ての場合は、町内会や自治体の運営状況を確認しておくと良いです。
集合住宅の場合は、共有部分がきちんと清掃されているかをチェックすることで、管理の状態やモラルの低い方が住んでいないかなど事前に把握することができます。

2.建物
特に一戸建ての場合、外壁のひび割れ、タイルの剥がれ、外構や床下などのチェックも必要です。
集合住宅の場合は、壁の厚さや素材の確認が重要なポイントになります。後に騒音問題にならないよう、内覧時に実際音を出して響き具合を確認してみることをおすすめします。

3.設備
室内のカビ、シミ、傷はもちろんですが、建具や水回りの状態も確認が必要です。水の出が悪かったり、窓が閉めにくいといった問題がある可能性があります。ゴミ捨て場やコンセントの位置もチェックしておくと、後に便利です。

4.防犯
ベランダの位置や向き、1階の場合は通行人から部屋が見える位置なのかどうか、2階以上の場合も周辺に足場になるような物が置いていないかを確認すると安心です。

5.周辺環境
生活していく上で必要な施設、例えばスーパーや病院などが近くにあると大変便利です。その他、周囲に大きな音を出したり、臭いを発する施設がないか注意が必要です。

>> マンション売却サイトランキングはこちら <<

内覧のおもてなし

住宅を売りに出す場合には、購入希望者の内覧が行われるのが一般的です。

この際におもてなしをどの様にするのかが非常に悩ましいものです。通常、家にお客様を迎える場合にはおもてなしをするのが一般的ですが、内覧の場合には注意する必要があります。

内覧 おもてなし

第一に、内覧をする顧客はそのおもてなしや売主の対応を見に来るのではなく、あくまでも家を見に来るので、その目的を最大限に達成してもらうために気を配るのが重要です。

そのためには家の中をきれいに掃除をし、見せられない場所がないようにすることが必要です。

特に押し入れなどの収納場所などは通常は布団などを入れてしまっていることが多いのですが、出来れば布団袋に入れて出しておくなどの配慮が必要です。

普段見えないところもしっかりと見てもらうようにすることが、家をスムーズに売却するためには良い印象を与えます。

お茶やお菓子などの接客は基本的にはしなくてもよいものです。

個人的に売却する場合には最低限の接客が必要ですが、多くの場合には不動産業者が仲介しているので、彼らが内覧先に向かう前に事務所などでお茶などを出していることが多いものです。

過剰な対応はかえって逆効果になるとも考えられるので、節度を持って対応することが大切です。

関連記事:内覧における抑えておく5つのこと

マンションを売るときの内覧で見られるところ

中古マンションの購入を考えている人がもっとも重要視しているのは、耐震性や構造躯体に欠陥がないかどうかです。

もちろん内装や外観もチェックのポイントとなりますが、特に中古の物件の場合は、建設現場をみることもできませんから、耐震性をポイントに考える人も少なくありません。

ただ、内覧で共用部分の調査はなかなか難しいといえるので、物件見学で目視で確認できるところをチェックするとよいでしょう。

マンション売るときの内覧

逆にいうと、マンションをこれから売る予定の人は、内覧でチェックされる部分を確認しておくことで、高く売れる可能性があるということです。

コンクリートの外壁やベランダ部分の表面に、長さが1メートル以上もあるひび割れがないかどうかがポイントとなります。

また共用部分やベランダに面した壁に、カビや変色があると、雨漏りや結露によって起きた可能性があるため、根本的な対策をしないと壁紙を張り直しても、シミやカビが発生する可能性があります。

そのほかにも、水回りの配管に水漏れがあると、カビの発生だけではなく、階下にも影響を与える可能性もあるため、内覧では、キッチンなどの水を流し、配管をさわって水漏れがないかをチェックするとよいでしょう。

これからマンションを売る予定のある人は、こういった部分に問題がないかチェックしておくとよいでしょう。

マンション売る

▲ページトップに戻る