売り出し価格を考える

マンションの売り出し価格

マンションを売却する価格と売り出し価格

マンションを売却するときには、まず売り出し価格を決定します。

マンションの売り出し価格というのは、買い手に対して最初に提示する価格を意味します。

マンション売り出し価格

買い手が最初に目にする価格だとも言えるでしょう。

買い手はマンションの情報を集めることになりますが、そこに書かれている価格を意味すると考えれば分かりやすいでしょう。

買い手は、そこで提示されている価格ですぐに買うこともありますが、価格交渉が行われることもあります。

価格交渉が行われれば、もちろんそこから下がる可能性があるのです。もちろんですが、値下げしたくなければ交渉に応じなければ良いです。どうしても早く売るというような特殊なケースを除けば、交渉に応じないという方法をとることもできます。これは交渉次第です。

ただ、最初に提示する価格が売り出し価格であると言うことは知っておく必要があります。マンションの売るの時には、最終的にその価格よりも安くなるケースも多いと言うことは知っておくべきでしょう。

それを見越して少し高めの価格を設定して売り出すといったテクニックはありますから、売り出すときには仲介業者とよく相談をすることは必要ですし、良い仲介業者を選ぶことも必要となります。

マンションの売却に必要な手数料

マンションを売るときには、不動産業者が提供する様々なサービスを利用できます。

査定のサービスを利用することも可能ですし、営業マンがアドバイスをくれることも多いです。

このようなサービスを利用する対価として手数料を支払うことは必要となるのですが、その金額は法律によって上限が定められています。上限としては、物件価格の3%に6万円を加えた金額となります。

マンション売却 手数料

これにさらに消費税がかかります。これが上限で、例外的に売却する人が依頼すれば、実費だけを支払うこともありますが、普通の人がマンションを売ろうと思った場合にはこの上限以内になります。上限以内ということですが、たいていはこの上限金額を支払うのだと考えておいた方が良いです。

例えば、1,000万円でマンションの売買が成立した場合、3%は30万円ですからこれに6万円を加えた36万円に、さらに消費税を加えた金額を支払うと考えておくべきでしょう。もしも、それ以外に何らかの費用を支払うことを求められた場合であっても、支払う必要はありません。

また、売買が成立して初めて支払う義務が発生するという点に注意が必要です。売買が成立する前に要求されても支払う必要はありません。

関連ページ:不動産取得・売買における手数料・税金について

マンション売る

▲ページトップに戻る