査定と損益通算の制度

査定と損益通算

マンション損益通算

マンション売却の査定と損益通算の制度

マンションを売るの場合、査定を利用するのが普通ですが、あまりにも査定価格が低いとショックを受けるかもしれません。

新築で買ったときと比較すれば経年劣化が進んでいるわけですから、価格が驚くほど安くなっても、それは仕方のないことだと言えるでしょう。

マンション売却をすることによって損失が発生することは、良くあることだと言えるでしょう。

しかし、その場合には損益通算ができると言うことは知っておいた方が良いです。

ただ単に損をするよりも、その損を少しでも生かしたいと考えるのは自然なことです。

損益通算とは、ほかの所得から損失分を控除できることを意味します。

たとえば、マンション売却によって300万円の損失が発生した場合、それを所得から控除できます。

所得税の課税対象金額が400万円であった場合には、300万円を控除して、100万円の所得があったとして申告できます。

その年に控除しきれなかった場合には、最長で3年間にわたって控除することができます。

ですから、マンション売却で価格が安くなって損をしたとしても、それを最大限に生かすことは必要でしょう。

そのためには確定申告を行って、控除の制度を利用するようにしましょう。

マンション売る

▲ページトップに戻る