家・マンションを高く売る方法教えます!

マンション売る

家・マンション売るなら

不動産売却は人生でそう多くやるものではありません。

  • 何も考えずに売ってしまった。
  • 不動産会社に任せすぎた。
  • もっと高く売ることができたのに・・・
  • あの時の判断は、今なら別の決断をするだろう。

不動産を売った後に多くの後悔をするのが不動産売却です。

査定は素早く、売却は慎重に

早いもので7月、緊急事態宣言の解除で不動産業界も動きだしました。

しかし、現状はかなりの停滞模様です。
新型コロナウイルスで世界的な景気後退は決定的になりました。
追い打ちをかけるかのように3月24日、オリンピック延期が発表されました。

【今後の見通し(最悪バージョン)】
不動産市況は経済よりかなり遅れてきます。
最悪の状態は2・3年後と考えます。

  • コロナ自粛・経済下火(今)
  • 各種補助・給付・助成金で一時しのぎ(これから)
  • 業績悪化(半年後)
  • 給料減額・ローン返済不能(1年後)
  • 売り物件過多(2年後)
  • 不動産市況最悪(2年後以降)

今は、不動産価格が下がるという風潮の割に、下落が見られない状況かもしれませんが、確実に内覧数・売買件数は減りつつあります。

ただ、それが不動産市況です。

その証拠というわけではないが、
不動産査定を行うと、

  • 仲介で一般ユーザーに売却する場合、崩れた感じのない査定結果が出ます。
  • 業者買取の場合、かなりシビアな数字が提示されます。

不動産会社も自分が買い取るとなると非常に慎重な数字を出す、ダブスタ的な状況となっています。

自宅の資産価値はどうなっているか?

当たり前ですが、家を買った時の価格と今の価格は同じではありません。
場合によっては、購入した時より高いかもしれません。

*各社、現状はオリンピック開催を前提としていますが、状況次第で大幅ダウンの可能性もあります。
*定期査定として、1か月以内に査定を行った人は意味がないと思います。

住所や部屋の築年数、大体の広さ、連絡先を入力するだけなので、
相場感を知りたい人はこちらで確認することができます。

不動産売却一括査定

LINE風に会話形式で査定ができます

マンションだけでなく、家や土地などの不動産の一括査定できるサイトです。

イエウール

名義人でなくても、また平米数や築年数が曖昧でも、不動産会社が確認して査定してくれます。

全国対応・無料・24時間OK
イエウール公式サイト

《一括不動産査定の活用方法》

不動産査定において、
適当に複数の不動産会社に依頼すればいいと思っていませんか?
 
実は、それ大間違いです。
 
査定する意味もなく、売却失敗にもつながります。

テレビや冷蔵庫など型番がある商品は相場のブレは少ないですが、
不動産は、近隣状況・社会環境・権利関係など各々変わってきます。

それを見越して、簡単ツールでありながら幅広い情報を収集できるのが一括査定なのです。

多くの不動産売却成功者は、以下のことをしています。
マンション売却 成功
引用:マンションナビ

  • 普通に不動産屋に売却をお願いする時の査定
  • なかなか売れなかった時のために、不動産買取りの査定
  • 築古、事故物件、相続など訳アリの物件に強い、専門の仲介業者に査定
  • 売却後も、同じところに住み続けるリースバック
  • 査定は無料なので、最高額で売却するために成功者は複数の不動産会社に査定依頼を行います。

不動産・マンション査定・売却の進め方

不動産相場を知るために活用できるのが一括査定サイトです。

査定は無料ですし、
査定員が自宅に訪問なく概算見積もりを確認できます。

比較するためにたくさん登録し、幅広く相場情報を入手することは成功の近道です。

相場を確認することで、不動産屋の営業マンと密な売却の進め方が実現できます。

大手不動産会社の安心感

不動産一括査定は非常に便利なツールです。
マンション一括査定
無料で査定をしてくれますし、登録も簡単です。

大手の不動産会社が多く参画しているため、悪質な不動産会社に騙されることはありません。

不動産相場に詳しくない人は
ここで確認するといいと思います。

査定のバリエーション

査定と言っても売却意外に、買取やリースバックなどがあります。

バリエーションを広げておくことがリスクマネジメントにもつながるのです。

売却と買取

仮に、家を売ってマイナスになったとしても、所得税や住民税が減税されます。

査定額とともに税金(減税)のことまで含めて多くの不動産会社と相談できる機会を作れるのが一括査定なのです。

住宅ローンが払えない! 新型コロナウイルス感染症に対する住宅ローン特例を活用するには
住宅ローンが払えない! 新型コロナウイルス肺炎によって、住宅ローンの返済が難しくなったという人が増えています。 お金問題の解決方法・応急処置は、いろいろあります。 いずれにしても、早いうちに多くの選択肢を考えておくこ...
名義人本人でなくても、また平米数や築年数が曖昧でも、不動産会社が確認して査定してくれます。
他人に内緒で相場の確認が可能です。

【注意】
昨日、査定の相談を行った方、メアドが間違っていたようです。
直接電話がかかってきますので、内緒で査定したい人・概算だけ確認したい人は要注意を。

不動産一括査定サイト

不動産一括査定サイトは2サイトの活用で十分!!

すまいvalue

不動産業界をリードする6社が運営する不動産売却ポータルサイト「すまいValue」
すまいvalue

  • 三菱地所ハウスネット
  • 三井のリハウス
  • 野村の仲介
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 小田急不動産株式会社

年間売却件数合計10万件以上の豊富な実績で、安心な売却活動をサポート

最短60秒で無料一括査定申し込み完了。
マンション、一戸建て、土地、ビル、アパートなどの不動産の売却をご検討なら
3人に2人が「すまいValue」を活用しています

すまいValue
>>高額査定はこちらから

不動産売却一括査定「イエウール」

LINE風に会話形式で査定ができる「イエウール」

マンションだけでなく、家や土地などの不動産の一括査定できるサイトです。

イエウール

日本全国網羅されたマンション売却が人気!
イエウール公式サイト

運営会社

運営会社:株式会社Speee (Speee, Inc.)
所在地:東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル5階
ホームページ:https://ieul.jp/

住宅ローンの借り換えも1つの選択肢

少なくともコロナの影響で、資産価値とは別に、購入希望者数は減っているのは事実です。

となると、売却以外のバリエーションも確認しておきたいところです。

  • 売却ではいくらになるか分からない
  • いつ売れるかも分からない
  • 安く買い叩かれたらオーバーローンになってしまう

資産価値が下がる局面での対処方法として、

  • 一旦、賃貸に回す
  • 借り換えで返済総額を減らす

不動産相場、需給関係が好転するまで待つという選択肢も頭に入れておくといいと思います。

借換えなら”じぶん銀行”一択
金利が安く、借り換えで人気の”じぶん銀行”
もし、今の住宅ローン金利が、

  • 変動金利 0.41%
  • 固定金利 0.55%

より、高いようであれば、auじぶん銀行住宅ローンの借換えを候補に入れておくといいと思います。

通常であれば、1%を超えている人多いのではないでしょうか?
金利が0.5%下がるだけで、返済総額が大幅に減ります。
(例:3500万円:35年、2%→1.5%で約300万円減の効果)

じぶん銀行 借換え
*ちなみに、0.3%台の金利がん保険付の団体信用保険など手厚いサービスも確認可能です。
*「仮審査結果」最短同日回答が受けられます。
>>仮審査で金利が下げられるか確認する


売却を一旦中止し賃貸相場の確認が必要かも

東急住宅リースのサイトでは地域限定ですが、
売却と合わせて、賃貸相場を確認が可能です。

東急住宅リース

>>売却&賃貸査定はこちらから
*対象エリア(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・京都府)


マンション売るなら@不動産売却体験談・㍇売却のポイント
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました