マンションが売れない場合:スーモ(SUUMO)、たまには確認していますか?(マンション売却中の方向け)

マンション売却 スーモ スーモ

自宅マンションが一向に売れない。

  • 周りのマンションは売れたのに・・・
  • 築年数の古いマンションも売れたみたいだし・・・
  • 割高だと思っていたマンションも決まった模様・・・

不安になったり、ストレスが溜まるでしょう。

以前にも
マンションが売れない理由を紹介しました。

  • 不動産会社選びに失敗
  • 販売価格の問題(高い)
  • 不動産会社に嫌われている
  • 古い・汚い
  • お問い合わせすらない

などなど・・・。

今回は、現状、マンション売却中の方向けに

原点に返る意味で、スーモ(SUUMO)掲載情報について

  • スーモの掲載は万全なのか?
  • 他の物件との比較の仕方
  • スーモ掲載のテクニック

などを紹介したいと思います。

一向にマンションが売れない!その理由、不動産会社にあるかも!?
マンションを売りに出したけど、なかなか売れない。 仲介をお願いしている不動産会社から この地域は他も売買実績が出ていない 今の時期はあまり売れない時期 不動産サイト(自社サイト・Yahoo・SUMOなど賃貸サイト)には...
不動産屋に嫌われる売主の特徴:マンションが売れない理由はこれ?
不動産屋に嫌われる売主 不動産屋の担当も人間です。 売主も人間です。 よって、好き嫌い・相性などが出てくるのはしょうがないともいえます。 今回は、売主の立場ではなく、不動産屋からの立場で 不動産屋に嫌われる客の...
マンション売却 問い合わせがない!売れない原因・問題点
このページは、 マンションを売却中だけど、お問い合わせがない!という人のために、その原因と改善方法を紹介します。 問い合わせがない! この状況を打破しない限り、早く・高くマンションを売ることはできませんので、少しでも参考にしてもら...
スポンサーリンク

スーモのマンション売却:知名度・実績は無視できない

中古マンション売却事情を見ると、インターネットからの問い合わせが90%以上と言っていいでしょう。

マンションを購入するために、近所の不動産会社に足を運ぶという人は、知り合い以外はほぼないと言っていいでしょう。
*賃貸物件に関してはまだ、その名残はありますが、減ってきているのも事実です。

その中で、

      スーモ【SUUMO】
      HOME’S(ホームズ)
      athome(アットホーム)
      Yahoo!不動産

などのポータルサイトが集客のメインとなっています。

その中で、中核をなすのがスーモ【SUUMO】です。
リクナビ、ホットペッパー、じゃらん、ゼクシィなど保有するリクルートのグループの不動産・住宅分野に属します。

中古マンション売却だけでなく

  • 賃貸物件
  • 新築マンション売却
  • 一戸建て(中古・新築)
  • 注文住宅
  • 土地

など、不動産賃貸・売買情報が掲載されています。

テレビCMでもよく見ますから、知名度No.1は間違いないでしょうね。

マンション売却にはスーモ掲載は必須

マンション売却を行ったことがある人、今、売却中の方であれば、当たり前のようにスーモに情報が掲載されている(されていた)と思います。

逆にいれば、
不動産任せにしている方で、スーモにも掲載されていない方がいれば、即不動産会社を変更したほうがいいと思います。
*実際に、掲載費用の問題でレインズ(不動産業者専用の物件情報サイト)に載せて、あとは他の不動産からの連絡待ちという会社もあります。

まぁ、一般的にはスーモに掲載されていると思いますので、
その上で、今回の本題、

  • スーモの掲載は万全なのか?
  • 他の物件との比較の仕方
  • スーモ掲載のテクニック

に移りたいと思います。

まず、あなたの物件に合わせて地域と金額で検索してください。
>>スーモサイトはこちら

検索結果の見方

検索結果の一覧の中に、あなたの物件と同じ条件の他の物件が表示されると思います。

その検索結果の写真、

  • 1枚表示されていますか?
  • 3枚表示されていますか?
【ここがポイント
スーモの掲載にはプランがあります。
写真が3枚表示されている方が、プライオリティの高いプランです。
よって、検索順位も上位に表示されます。

検索順位が下位になればなるほど、購入希望者の閲覧の可能性が激減します。

専任媒介・一般媒介関係なくもし1枚だけということであれば、広告予算が潤沢な不動産会社変更を提案します。

>>不動産会社の一括申し込みはこちら

写真の質

次が、写真の質です。

以前、写真の質については詳しく紹介しましたが、
物件へのお問い合わせは、パソコン・携帯を通しての画像の印象が大きく左右します。

同じ築25年のマンションなのに

  • 新陳のような室内の部屋
  • 暗くて築年数を感じる部屋

断然、前者の物件に目が行くでしょう。

スーモ 写真

写真撮影に関してはカメラ・スマホの精度が上がっていますし、画像処理も可能ですから、プロカメラマンの撮影である必要はありません。

しかし、写真の必要性・重要性に軽視している不動産会社もありますので、もし、写真の質に疑問(?)を頂いたら即不動産会社に相談しましょう。

マンション売却における掲載写真:カメラ・画像処理で売りやすく!お問い合わせの数も倍増
このページはマンション売却における”掲載写真の重要性”・”不動産会社ごとのこだわり(差)”をまとめたページです。 後半に画像処理サービスを紹介していますので、 是非、最後まで読んでいただき、売却の参考にしてもらえればと思います。...

駅表示・駅からのアクセス

スーモの検索結果一覧には、駅表示(沿線・駅)として、1駅だけ表示できる形となっています。

実はこの部分、非常に今の時代、重要だと感じています。

スーモ 必要性

駅から徒歩何分などのアクセスは、1分間=80mの基準があるアクセスに関して嘘・虚偽を記述することはできません。

しかし、一番近い駅をメインで書く必要はないと考えています。

例えば、都心の場合、最寄り駅が複数ある場合があります。

一番近い駅が岩本町:徒歩3分の物件があったとします。
この時、不動産サイトに岩本町:徒歩3分 と記述するのがいいことなのか?
【ここがポイント】
一番近い駅は岩本町かもしれません。
しかし、この地には、秋葉原駅というターミナル駅があります。
よって、岩本町:徒歩3分より秋葉原駅:徒歩5分の方がアピール力が高いとも言えます。

*ちなみに、マンションの詳細ページでは複数の駅を表示できますので。

他の物件との比較

スーモの詳細ページの掲載内容は、どんどん進化しています。

昔は写真だけでしたが、

  • 写真の枚数は増えました(部屋別など)
  • 動画をのせること可能です

今後、VRを使った内覧システムなども導入されるかもしれません。

都度、仕様は変わりますので、他の物件と比較をしながら、不足があれば不動産会社に相談するといいと思います。

他のポータルサイトも

ポータルサイトへの掲載は、不動産会社のシステムや付き合い方で若干違いがありますが、基本的に複数のサイトに一括掲載の形になります。

また、不動産会社にはグループ企業や関連・提携企業の不動産サイトがあり、こちらにも物件情報は掲載されます。

よって、スーモだけでも気が付いたところを変更・修正することで、他のサイトも連動する形で変更されています。

サイトごとに使える機能が違いますが、
スーモ写真の質が上がれば、連動する形で他のサイトの写真も変更されますから、ステップアップにつながります。

時間があれば、他のサイトも確認し、スーモにない機能があれば、担当者に相談・質問してもいいと思います。

マンション売却 スーモ:まとめ

今回はマンション売却中の方の向けに、スーモ(SUUMO)の掲載情報の確認を紹介しました。

他の物件より、

  • 露出が高ければ、アクセスが増えます。
  • よく見えれば、お問い合わせ・内覧申し込みが増えます。

時間がある時に、比較してみるといいと思います。

また、高級物件や安値物件、過疎地域の物件などを参考すると、また新しいアイデアをもらうことができます。

不動産屋はたくさんありますし、担当者・営業もたくさんいます。

限られたスーモというプラットホームの中であっても、売り方・アピールの仕方は様々ですので。

《このページの”最重要”ポイント》

私なら最高額で売るためにまず”これ”やります。

仲介をお願いする不動産会社選びはマンション売却の基本です。

  • 簡単に査定結果を知りたい
  • 面倒な情報入力は1回で済ませたい
  • 安心できる不動産会社にお問い合わせをしたい

そんな方におすすめなのが、大手不動産会社に一括査定ができる『住まいバリュー』です

住まいバリューは、三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社に一括査定が可能です。

大手の安心感と顧客リストを持っていることから、売却をスムーズに進めることが可能です。

  • Q「首都圏じゃなくても大丈夫?」
    A:住まいバリューは、都道府県関係なく登録可能ですので心配もありません。
  • Q「お金はいくらかかるの?」
    A:無料です。査定以外にも近隣の売買結果や同じマンションの売買情報を確認可能です。
  • Q「登録作業が面倒なんじゃない?」
    A:不動産鑑定は細かい情報を必要としますが、住まいバリューはスマホで登録可能ですし3分もあればOK!忙しい方でも気軽に登録が出来ます。
    また、細かい間取りや㎡数などは、大体の数字で問題ありません。
だた、大手だけで大丈夫?という不安もあるかも知れません。

中小の不動産会社方が、フットワークが軽く、痒い所に手が届く営業をしてくれるかもしれません。

地元の不動産会社は、地元ならではの顧客を持っている場合もあります。

そこで、大手だけでは不安な方、たくさんの不動産会社に査定を出して最高額の売却を目指す人は、多めのサイトに登録するといいと思います。

後悔しないため、比較するために《バランスよく》以下”4サイト”を準備しました

《大手不動産会社に一括査定》
住まいバリュー

《Yahoo不動産と提携の一括査定》
おうちダイレクト

《中小不動産会社にも一括査定》
RE-GUIDE不動産一括査定

《仲介以外に買取・リースバックも》
いえカツLIFE

住まいバリュー

三菱地所ハウスネット三井のリハウス野村の仲介東急リバブル住友不動産販売小田急不動産株式会社に無料査定申し込み。
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定
*オプションが充実している野村の仲介はおすすめです

おうちダイレクト

ヤフーとソニーグループの運営する一括査定サービス。
>> 公式サイトはこちら
おうちダイレクト公式
【対象地域】:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、愛知県、北海道札幌市、福岡県福岡市

いえカツLIFE

仲介だけなく、買い取り・リースバックの相談も可能です。
>> 公式サイトはこちら
いえカツLIFE公式

RE-GUIDE不動産一括査定

登録不動産会社数が多いため、大手から中小不動産会社、地元密着の不動産会社まで、幅広く査定依頼が可能です。
>> 公式サイトはこちら
sbi 不動産 売却

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました