あなたの売却中のマンション、Yahoo不動産(不動産ポータルサイト)に掲載されていますか?Yahoo不動産排除の影響は?

Yahoo不動産
スポンサーリンク

最近、マンション売却において現状、一番重要と言っていいネット広告。

今日は、その不動産のポータルサイトの話になります。

スポンサーリンク

不動産のポータルサイト

大手不動産のポータルサイトと言えば

などが有名です。


SUUMO(スーモ)TVCM「スーモとDA PUMP(30秒)」篇

現状のマンション売却において、

  • ポスティング
  • ダイレクトメール
  • 自社サイトへの告知

などの告知方法を比較すると、断然お問い合わせが多いのがポータルサイトからというのが現状です。

上記の不動産ポータルサイト以外にも

などがあります。

今回は、その中からYahoo不動産に絞って、
あなたの売却中のマンション、もしかしたらYahoo不動産に掲載されていないのではないですか?

という観点から紹介したいと思います。

ポータルサイト:Yahoo不動産とは?

Yahoo不動産はその名の通り、Yahoo(ヤフー)が運営している不動産ポータルサイトです。

その昔、2000年のはじめことは、ポータルサイトと言えばヤフー。

不動産だけでなく、トラベル(旅行)だろうと転職・求人だろうとこぞってヤフーが使われていました。

掲載件数も多く、ヤフー側もポータルサイトとして各企業・団体との連携でその地位を盤石にしていた。

潮目が変わったソニー不動産との提携

しかし、不動産業界に衝撃が走ったのが、2015年7月にヤフーとソニー不動産が資本業務提携を結んだところから。

これにより、業界団体が猛反発。

ヤフー×ソニー不動産への反発高まる–全宅連も「物件情報」提供打ち切りへ
ヤフーとソニー不動産が2015年7月に資本業務提携を結んで以来、ヤフーが運営する不動産情報サイト「Yahoo!不動産」が“物件情報ポータルとして公平、中立ではない”という判断のもとに物件情報の提供を打ち切る業界団体が続いている。
FRKに続いて、全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)もYahoo!不動産への情報提供を打ち切る方針を固めた。全宅連は現在、運営する不動産情報サイト「ハトマークサイト」から民間情報サイト(不動産関連会社が運営している物件情報ポータル)を経由してYahoo!不動産に物件情報を提供しているが、これを民間情報サイトにとどめ、Yahoo!不動産には提供しないようにする。
ヤフーへ不動産情報提供しません 業界が取りやめ決定、ソニー不動産との提携に反発
大手不動産情報サイトを運営するヤフーが、中古物件流通促進に向けてソニー不動産と業務・資本提携したことが不動産業界に波紋を広げている。大手業界団体が「不動産情報サイトの中立性を損ねる」として反発。12月にヤフーへの情報提供を取りやめることを決めた。

一般的な言い分としては、
ポータルサイトが、不動産会社と提携することは、優先的にその不動産会社に有利な働きをするのではないか?
というものでした。

しかし、業界が大反対した理由はこれだけではなく、
ヤフーとソニー不動産が、マンションの所有者(売り主)と購入検討者(買い主)を結びつける個人向け不動産売買プラットフォーム「おうちダイレクト」の公開を検討していた点が大きい。

要するに、メルカリのような個人間での不動産売買が浸透すると、仲介手数料でビジネスが成り立っている不動産会社は大打撃。

それを阻止するために、業界がある意味、Yahoo不動産を潰しにかかったとも言えるのです。

マンション仲介手数料“中抜き” ヤフー・ソニーの新サービスが起こす波紋
ヤフーとソニー不動産が発表した、個人間でのマンション売買を可能にする新サービス。不透明な既存の不動産流通業界を揺さぶり、“地殻変動”を起こす可能性を孕む。
「マンション流通革命、始まる。」──。検索サイト最大手のヤフーと、ソニー不動産が提携して始めた不動産売買の新サービス「おうちダイレクト」が、不動産業界に波紋を広げている。なぜなら、利益の源泉である仲介手数料を“中抜き”するサービスだからだ。

実際にポータルサイトであるYahoo不動産排除で何が起きたか?

この業界団体の動きは、マンション売却を行う上で何かしらの障害になったのか?

実は、売り主にとって大きなデメリットが起きている場合があります。

当たり前のようにポータルサイトであるYahoo不動産に掲載されていると思っていませんか?

この部分、不動産担当者は当たり前に知っていることですが、売り主には流れてこない情報ですし、特別なことがない限り知ることはできないでしょう。

ヤフー不動産

そこで、確認してみてください。
Yahoo不動産に売却中のマンション情報が掲載されているのか?
Yahoo不動産はこちら

掲載されていれば問題ないですが、
不動産売却において、媒介契約を大手不動産会社にお願いしている場合、掲載されていないと思います。

先に説明した業界団体に属する大手不動産会社は、当たり前のように、Yahoo不動産には掲載しません。

要するに、幅広いポータルサイトへの広告から購入希望者へのアプローチを行っていると思っていたことが、実は、大人の事情で阻害されていたということなのです。

ポータルサイト:Yahoo不動産に掲載するには

Yahoo不動産に掲載されていないことを知ってしまった以上、1日も早くYahoo不動産に掲載したいところです。

当たり前の話ですが、個人でYahoo不動産に掲載することはできません。

ヤフーとソニーグループの運営する一括査定サービス”おうちダイレクト“がサービスをはじめました。

おうちダイレクト

ヤフーとソニーグループの運営する一括査定サービスが開始されました。

おうちダイレクト

ヤフー不動産とソニー不動産の資本提携に関しては、
ヤフーはソニー不動産に18億円を出資、出資比率は全体の約43.7%を占めるということで、ヤフー不動産への掲載はもちろん、従来の広告など
「広告掲載量の最大化」を望めますね。

大手、フランチャイズ、地元密着など様々な特徴を持った不動産会社へ無料で査定依頼することができます。
おうちダイレクト公式サイト

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました