【必読】マンションを早く売りたい人!今すぐ売るためのコツ・不動産会社の選び方

マンション売る 早く 早くマンション売る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンションを早く売りたい!

マンション・家などの不動産を売却する場合、少しでも高く売りたい!という意図だけでなく、
1日も早く売却したい!
お金にしたい!
という人も少なくありません。

早急に売らなくていけない理由はいろいろありますが、

  • 住宅ローンが払えなくなった
  • 借金の返済にマンションを売って完済したい
  • マンション売却益で次のマンションの頭金にしたい(買い替え)
  • 今が最高の売却のタイミング、今しかない

などが考えられます。

マンションは早く売れるのか?

不動産売買における流れを簡単に説明すると

  • 売買してくれる不動産選び
  • 不動産会社と契約(一般媒介・専任媒介)
  • マンション購入希望者探し
  • マンション購入者決定
  • マンション売買契約
  • マンション引渡し

が基本的な流れです。

マンション売る 今すぐ

この中で
一番重要なのが、不動産会社探しになります。
スピード感をもった不動産会社探しに失敗すると売れるものも売りません。
また、市場調査や現地不動産動向に疎(うと)い会社の場合、売却価格設定を間違うと時間もかかります。

私なら最高額で売るためにまず”これ”やります。

高くマンション・不動産を売るために、不動産一括査定サイトを活用します。。
無料で査定をしてくれますし、登録も簡単、相場を知ることができます。

ただ、闇雲と登録しても時間の無駄です

以下3サイトで準備OK

半年に1回の周期で相場の動きを確認するために、
以下の3サイトに登録することで、相場の確認だけでなく、今後の売却の準備は一通り済みます。

住まいバリュー

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売、小田急不動産株式会社:最短60秒で無料査定申し込み。
大手不動産の魅力は、その広告予算です。
スーモなどのポータルサイトへの広告、Googleなどへのバナー広告、新聞折込、ポスティングなど地元の不動産会社ではできないアピール力は、現状の不動産売却では最大限の強味です。
住まいバリュー公式サイト
3人に2人が「すまいValue」を活用しています
>> 公式サイトはこちら
住まいバリュー 査定
*オプションが充実している野村の仲介はおすすめです

おうちダイレクト

★★★★★ 【高額査定】【Yahoo不動産掲載可能】【地域限定】
ヤフーとソニーグループの運営する一括査定サービス。
一部の大手、フランチャイズ、地元密着など様々な特徴を持った不動産会社へ無料で査定依頼することができます。

おうちダイレクト

一括査定で500万円アップ:4300万円→4800万円

>> 公式サイトはこちら
おうちダイレクト公式
【対象地域】:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、愛知県、北海道札幌市、福岡県福岡市

RE-GUIDE不動産一括査定

★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
高額査定を期待できる一括査定サイトです、一括査定のメリットを最大限に活用することで高額売却が実現可能です。
登録不動産会社数が多いため、大手から中小不動産会社、地元密着の不動産会社まで、幅広く査定依頼が可能です。
大手では見落としてしまう細かい配慮・小回りの利く対応は、RE-GUIDE不動産一括査定ならではの特徴です。
リガイド
一括査定で400万円アップ:1850万円→2250万円

>> 公式サイトはこちら
sbi 不動産 売却

【相談窓口をはじめました】
最近、よく以下のようなお問い合わせを頂くようになりました。
 ・どの不動産会社に査定依頼を出したらいいですか?
 ・転勤が決まり、3か月以内に急ぎで売却する方法はありますか?
 ・どの不動産会社にお願いしたらいいですか?
 ・現在、売却中ですが一向に売れる気配がありません。
などなど。

マンション売却は、地域・立地・築年数・間取り・売却期間によって、不動産会社選定・売り方を変えたほうがスムーズに進みます。
よって、その状況に合わせた売却方法、査定サイト選定を個別に提案させていただきます。
セカンドオピニオン的に気軽にお問い合わせください。
マンションコンサル

安くすれば売れる!と思ったら大間違い!

人間には欲があるのは当たり前ですが、現実はまた別です。

早く不動産を売るときに、考えることが1つあります。

  • 売買金額を一切無視してでも、早く売りたいのか?
  • 相場程度であれば、多少値段交渉があっても早く売りたいのか?
  • 1円でも高く、そして、早く売りたいのか?

どのパターンでしょうか?

実は、どのパターンでも、不動産会社選びが大きなポイントとなるのです。

早く売るためには、相場より安くすればすぐ売れる!
っと思っている人いませんか?

実は、必ずしもそうとはいえません。

囲い込み問題がそれです。
ここでは簡単に説明しますが、
不動産会社は売主から仲介手数料をもらいますが、同時に買主から仲介手数料をもらうことができます。

貴方のマンション売却の担当している不動産会社が、買主からも手数料を取ろうとしたら、どうするか分かりますか?

他社からのお客様紹介を断るのです。

せっかく、この物件を欲しいといっているお客様がいるのに、他社からの紹介だと買主からの手数料が他社にいってしまうため、

  • 契約段階に入っています。
  • 売却が終了しました。
  • オーナーが売るのを辞めたようです

などを伝え、断ってしまうのです。

自社のサイトや、自社で登録した不動産サイトからの集客以外からの申込を適当な言い訳で断るのが囲い込みというものなのです。

囲い込み自体は、違法なものではないですが、
昔からの悪しき慣習を、今でも当たり前のように行っている不動産会社(主に大手)は今でもいます。
関連記事:「囲い込み」問題とは?!

よって、どの不動産会社にお願いするか?
お願いの仕方も、

  • 「一般媒介」(複数の会社に売却を依頼)
  • 「専任媒介」(1社に絞って売却を依頼)

どうするか?
という、不動産会社選びで大きくその差が出てきます。

不動産会社選びについては、下で紹介していきます。

早く売る場合の注意点

マンションを早く売りたい場合、いくつか気をつけないといけないこと認識しておくべきことがあります。
これを考えるとに、売る側の立場ではなく、買う側の立場となって考えてください。

  • 内装が確認できない・内覧ができないマンションを購入したいですか?
  • リフォームされたマンションとされてないマンション、どちらを購入したいですか?
  • 安いマンション・高いマンション どちらを購入したいですか?
  • 即入居可・空室なのか?

上記のことから
早くマンションを売るのであれば
即入居できる形、リフォーム済みの形にしておく
また、売却価格設定においては、近隣相場を意識した金額に設定する。

場合によっては、
リフォームすることもできず、簡単な掃除だけでマンション販売に踏み切らざるを得ない場合もあるでしょう。

入居中での内見は、生活感たっぷりという状態という場合もあると思います。
その場合に関してですが、一般的に現在売りに出ている7・8割は入居中での売買物件ですので、心配はいりませんが清潔感を保っておくことは必要でしょう。

マンションを早く売る不動産会社選び

東京オリンピックを控え、
アベノミクスによる株価高騰に加え、海外投資家の積極的な不動産売買も重なり、売りたい人より買いたい人のほうが多く、現在の不動産価格、不動産市況からもマンションは売りやすい状況ではあります。

となれば、どれだけ早く、スムーズに、できれば少しでも手元に金が残るように高く売りたくなるものです。

そこで大きなポイントとなるのが、先にも紹介したとおり不動産会社選びです。

不動産会社はどこでも同じだと思っていませんか?
当たり前の話ですが、会社である以上、業績のいい会社・悪い会社があり、それはその時々で業績が上下します。

今すぐマンションを売りたい

不動産会社も同じで、強味を最大限に活かせている時期は好調ですが、内部環境・外的環境が変わることでその業績は急降下します。
その昔は、地主を多く持っている不動産会社が優位になっていましたが、相続税などの問題で不動産の整理が一巡した今、その強味は薄れています。

そこで、今選ぶべき不動産会社について考えると
早く売却するということを第1に考えると、フットワークの軽さでしょう。

ユーザーに親切でスピーディーな対応をしてくれるところ、また、国内外に顧客を持っている会社となるでしょう。

不動産会社は、マンションを売ってその売買額に対して手数料が売り上げになります。

早く売るために安く売っては手数料収入・儲けが少なくなります。

その意味では、売買成立を念頭に売主と買主との調整の上手な会社選びも1つのポイントです。

【マル秘】売買会社選定のポイント

それでは、早くマンションを売ってくれる不動産会社選びをはじめましょう。

まず、売買の仲介会社は日本に多数ありますので、その中からあなたに合う会社を選ぶことになります。

不動産会社の強味弱味、接客対応を確認するのは、インスピレーションも1つの要素です。

一括査定申込サイトを活用することで、1回の申込で多数の不動産会社にお問い合わせを出せるので、手間が省けます。
また、大手から地域密着の企業まで、厳選された会社が登録されているので安心して活用できます。

一括査定サイトに登録したら

少しでも早くマンションを売るためには、1社でも多くの担当者に会いましょう。
ただ、その際は、早く売りたいという意思を隠し、熱意や強味、相性を確認しましょう。

闇雲にたくさんの会社に伝えてしまうと逆に足元を見られてしまう場合もあるので
その中から、この会社に任せたいという会社に
早く売りたい!
という希望を伝えましょう。

早く売りたい!
というフレーズは、不動産会社からすれば非常にうれしい言葉です。

マンション売却を考えている人の多くは、

  • いつ売ればいいのか?
  • どのタイミングで売ることが最大の収益になるか?

というお問い合わせ感覚の査定が多いため、売りたい!という意向は、即収益につながるため、積極的に力を貸してくれることでしょう。

あとは、担当者に
早く売却を実現するための流れを確認しましょう。

先に伝えたとおり、今は売り手市場です。

よって、不動産担当者も選択肢を多く持って、売却をすすめることができるでしょう。

これが、バブル崩壊直後の場合だとしたら、不動産物件は溢れ、多額の債務を抱えた人が困惑している・・・・。
不動産価格は崩れ、購入金額の3分の1の金額でもマンションは売れず、住宅ローンが重しになり、・・・・。

イメージするだけで、今の状況の良さは実感できると思います。
今が売り時だからこそ、早くマンションを売ることが可能な時期であり、さらに、マンション・不動産価格が高騰している時期だからこそメリットを存分に活用しましょう。

囲い込みの確認も必須!

先で紹介したら、他社からの紹介を門前払いする件、囲い込みの確認とできれば言質をとるのも忘れてはいけません。

個人的に悪質だと思っている不動産会社の手口は

  • 囲い込み
  • 値切り交渉

の2つだと思っています。

買主からも売主からも仲介手数料を取るための囲い込み。

そして、早く売買成立を急ぐ値切り交渉。

考えてみてください。

4000万円のマンションを購入した場合、
仲介手数料は120万円

ただ、これを3900万に値切ったとすると
仲介手数料は117万円

実は、仲介手数料3万しか変わりません。
不動産会社からすれば、売主の気持ちより、早く売買したい!それが本心ともいえるのです。

よって、売主ファーストみたいな顔をしていても、そうでない場合も多々です。

多くの不動産会社の担当に会う(室内を見てもらう)メリットは、
相手を知るだけでなく、自分も知ってもらう・室内も知ってもらうことができることです。

たとえ、「一般媒介」「専属専任媒介」「専任媒介」の契約にはいたらなかったとしても、
直接会って腹を割って話し、また室内を見ていることで、購入希望者への物件の伝え方も変わってきますし、また、何かあったときに相談もできます。

その意味では、多くの人に会う事にデメリットはありません。

高額マンション査定を実感してください

マンションを売るとき、大手に頼めがいいと思っていませんか?

実は、その答え正解です。

理由は、1人でも多くの人に売買している不動産・マンション情報が行き渡るからです。
大手のならではの広告力・資金力で”スーモ”・”アットホーム”・”HOME'S”などでバンバン告知をします。

小さい不動産会社は、広告予算がまかなえず、広告が1社だけになってしまったり・・・。
場合によっては、不動産流通機構”レインズ”に載せて後は待つだけと言うような不動産会社も実際にあります。

不動産一括査定サイト”すまいValue”は、大手不動産会社へ最短60秒で無料査定が可能です。

住まいバリュー

  • 三菱地所ハウスネット
  • 三井のリハウス
  • 野村の仲介
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 小田急不動産株式会社

相場確認は、マンション売却の第一歩。
すまいValue


>>無料査定はこちらから

マンションを早く売るために、一括不動産査定を行いました

マンションを売るときには時間をかけることが大切だと思いますが、急に転勤が決まり売却にかけられる時間が限られていたので、早く売るために一括査定を利用しましょう。
一括査定を利用したことによって、素早くマンションの売却価格を比較できました。
その結果一括査定をしてから売却までのスピードは速く、思っていた以上にマンションを早く売ることができました。
しかも売却価格を比較してから業者を決めることができたので、予想以上に高額で売れたので満足です。
マンションを早く売ると、比較する時間がないので売却価格が抑えられがちです。
しかし一括査定を利用すればスピードと売却価格の両方に納得できたので、マンションを早く売るならおすすめです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました