マンション売却における掲載写真:カメラ・画像処理で売りやすく!お問い合わせの数も倍増

マンション売却 掲載写真 マンション売る・マンション売却

今回は、マンション売却における不動産サイトに掲載する写真の話

不動産会社のホームページ、スーモやYahoo不動産、アットホームなどに掲載される写真、アレです。

この写真の選定、質によって

  • 売却価格
  • 売却日数

に大きな開きは出てきますので、
画像の質を担保するために行うこと、選定の重要さ、また、本サイトの新しいサービス:無料画像加工サービスを紹介します。

マンション売却時の写真

マンションを売ることを決め、不動産会社と媒介契約を行うと本格的に売却活動に向けて動き出します。

そこで即行われるのがお部屋の写真撮影です。

一般的であれば、デジカメやスマホで営業が撮影し、それをポータルサイト等に掲載していくわけです。

しかし、その写真の取り扱い1つで、

  • 早く売れるか?
  • 高く売れるか?

の大きな分かれ道、その写真の質が運命を左右するといって過言ありません。

内見までの流れ

マンション売却の流れの中で、
内見・内覧までの流れを挙げると

  • 一括不動産査定サイトで不動産会社とコンタクト
  • 不動産会社と媒介契約(一般媒介契約・専任媒介契約)
  • ネット広告・ポスティング・新聞折込等の告知
  • 購入検討者(ユーザー)からのお問い合わせ
  • 購入検討者と打ち合わせ・条件確認
  • 購入検討者からの内覧希望
  • 売主と買主の内覧の日程調整

多少のショートカットがあったとしても、上記の流れで内覧実現となります。

マンション売却経験者や売却中の方であれば、内覧までのハードルの高さを実感した人は少なくないかもしれません。

ただ、多くの人は、こんなものなのか?
っと、満足している人も少なくないかもしれません。

現状何が起きているか?確認しよう!

そこで、

  • もし、今売却中であれば、実際に掲載されている自分の物件(家・マンション)をネットで検索してください。
  • これから売却ということであれば、自分の地域の現状売られている物件を検索してください。

不動産ポータルサイトとして

2サイトを開き、
ここで、地域、間取り、金額をあなたの物件に合わせて検索してみてください。

一覧で近隣の物件が出てくると思います。
それが、自分の物件であり、ライバルとなる物件です。

売却中の方であれば、
そこで掲載の写真の違いを確認してください。

パッと見て、

  • 他社より優れているか?
  • 他社と同等か?
  • 他社より劣っているか?

感じ取れると思います。

どの不動産会社もキレイな写真を撮影し掲載してくれるわけではありません。

ここで感じた気持ちは、あなただけでなく購入希望者・検討者も抱く同じ気持ち・感想です。

ここに出てくる写真の差が、今の不動産売却における不動産会社の考え方の差です。

写真に求めるものはこれだけ!

要するに、

  • 室内が広く見えるか?
  • 写真がキレイか?明るいか?
  • 少しでも新しい物件に見えるか?

写真でこの部分が表現できれば、お問い合わせの可能性は増えます。

極端な話でもなく、実際には
狭くて、決して新しい物件でなくても、写真1つで内見まで誘導は可能だ!っということです。

マンション売却 掲載写真

例えば、

  • 飲食店を探すとき、
    ”まずそうな写真の店”と”美味しそうな写真の店”でテンションが変わるでしょう。
  • お見合いの写真も、写真の印象で相手をなんとなく想像するでしょう。
  • インスタグラムもそうですが、写真の質の重要性が高まっているように画像から受ける印象は非常に大事になっています。
少し話は脱線しますが、
ネットにおける写真に一番力を入れているのが風俗業界です。この業界は10年以上前からホームページに力を入れ、そこにおける写真の質はかなりの物でした。
女の子の写真の加工が半端なく、今ではパネマジという言葉も定番化しつつあります。
不動産業界も最近では、
大手をはじめ、写真撮影、画像加工に力を入れている不動産会社が大半を締めますし、
オプションとしてインテリアコーディネート( ホームクリーンアップ)に プロのカメラマンが撮影・加工をセットしたプランを設けている会社もあります。
*この辺のプランを設けている会社は後半紹介したいと思います。

ただ、残念なことに不動産会社の中には

  • 写真を載せればOK
  • 枚数をたくさん載せればOK

という会社があるのも現実です。

また、間取りの画像に関しても、この家を内見したいと思わせる間取り図なのか?

夢と希望をもって、マンションの購入を考えている人に夢を見させることができるのか?

写真はもちろんですが、間取り図も確認するといいと思います。

マンション売却中の写真がガッカリだった場合

では、写真の質を担保する方法はあるか?

これから売却を始める人は、お願いする不動産会社がどような

  • 撮影のカタチ
  • 画像処理のカタチ

を取るかわかりませんが、確実にこだわったほうがいいでしょう。

それに対して、
現状、マンション売却中で残念な画像が使われているのであれば、1日も早く変更したいところです。

そこで、打破する方法として考えられることがいくつかあるので紹介しましょう。

意外と忘れがち:駄目もとで

マンション分譲時、基本的にしっかりしたパンフレットを作ります。

マンション自体が建つ前に作るものですが、そこで使われているロビーや室内、水回り(キッチン・お風呂)などの写真の質は担保されています。

よって、管理人や施工した会社、販売会社に連絡をすることで、画像データを入手できる場合があります。

プロカメラマンによる撮影

不動産会社がオプションで持っているプロによる撮影です。

プロによる撮影は完成度が違います。

ただ、スタイリストがついていなかったり、インテリアの配置などまで行き届いていないこともあるので、不動産会社に確認が必要です。

前提として専任媒介契約となりますので、一般媒介の場合は適用できませんし、専任媒介でも割引だけ(有料)の場合があります。

マンション売却 カメラマン

ホームステージング・ルームデコレーションサービス

以前、ホームステージングを紹介しました。

ホームステージングとは?
売却するマンションに家具や小物などのルームデコレーション・インテリアコーディネート行い、売却を進める方法です。
海外では一般的に行われている売却の方法の1つで、日本でも徐々に広がってきているのが現状です。

ノムコム(野村不動産)などのホームステージングサービスでは、撮影が込みになっているため専任媒介契約という条件が付きますが、写真の質を確保するために活用してもいいともいます。
ちなみに、野村不動産は、収納術・整理方法のプロが部屋を片付け、水回りのクリーニングを行うホームクリーンアップというサービスがあります。
このプランでも、撮影が込みになっています。

自分で画像加工

一番手っ取り早いのがこの方法です。

スマホのアプリで加工(全体的に明るく)するだけでも、それなりのものが出来上がります。

私がマンション売却を行った時は、自分でスマホで写真を撮り、それをフォトショップで加工し各不動産会社の担当に渡しました。

また、各営業マンも撮影はしていたので、その中からいいものがあれば拝借し加工し、すべての営業さんに共有しました。

主要な部分である”リビング”と”キッチン”、”玄関”の写真だけしっかりしたものを用意すれば、
あとは不動産会社各社の考えで、外観やロビー、共有スペースなどはお任せする形でいいと思います。

逆に、枚数を増やそうとしてトイレやベランダ、お風呂などは、キレイに撮りたくても簡単に撮れない箇所なので、掲載することが逆にデメリットになる場合もあるため、掲載しませんでした。

マンション売却 画像処理

マンション売却は、各不動産会社がライバル・敵関係ではありますが、
足を引っ張り合っていたら売れるマンションも売れなくなります。
画像を共有し合うことを拒む会社があれば、それは囲い込みを当たり前にするような会社と疑ってもいいでしょう。写真を改善することで相対的に底上げになるわけですし、それによって売却しやすくなるとなれば、協力できる部分は協力関係を築くべきです。

マンション売却用:写真加工サービス始めます

私(筆者)のマンション売却体験を元にこのサイトを立ち上げ、少しでもスムーズにマンション売却を実現するためのサポートをしたいと考えています。

また、売却ツールとしてチラシデザインもその1つです。

ご自由にお使いください。

最近、お問い合わせを頂いた中で、
見取り図が昔ながらの見取り図で、どうにかなりませんか?
というお問い合わせを頂きました。

マンション売却時に不動産会社が用意してくれる見取り図に関しては、
見取り図作成ツールを使用していると思うので、昔から同じツールを使い続けている不動産会社はいつまでたっても古臭いものになってしまいます。

私もツールを用意しデザインすることはできますが、時間がかかりそうだったので、簡単に何かお手伝いできないか?
っと思ったのが、室内の画像の質の向上でした。

あまり褒められた画像でなかったため、既存に使っている画像を送信してもらい、コチラで簡単に画像処理を施しました。

アングル・構図や家具のレイアウントは変えられないため、
画像処理の限度はありますが、少なからず、現状の画像より印象の良いものになりました。

ということで、
画像処理に困っているヒトがいれば、週1回くらいのペースで画像処理受けたいと思います。

【こんな感じでビフォアフター】

ちょっとしたことかもしれませんが・・・・。

もちろん無料ですし、カメラマンを派遣するから有料などということはしませんので安心してください。

ただ、マンション売却体験談として、詳しくよかったこと苦労・こうしておけばよかったなど、お聞きできればと思います。

>>画像処理依頼はこちら
一番下にフォームがありますので、そちらに画像処理希望という形でお問い合わせください。
【画像の受け渡し】
画像の受け渡しは、ギガファイル便等でURLをお知らせいただければと思います。
>>ギガファイル便

マンション売却時の写真:まとめ

マンションを売るとき、最終的には内覧で実際に室内を見て決定するものです。

しかし、内覧の予約が入らなければ売買締結まで進みません。

その意味で写真の存在は、お見合い写真みたいなものです。

その写真で物件に対してどのようなイメージをもってもらうことができるのか?

なんとなく想像がつくかと思います。

今回は、
これからマンションを売る人、そして売却中の人に、写真・画像処理の必要性を紹介しました。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました