マンション売却中のストレス、なかなか売れない・内覧がない

マンション売却 ストレスストレス

マンション売却は非常にストレスが溜まります。

不動産購入時も住宅ローンの審査などでストレスが溜まりますが、売却の方が数倍いってもおかしくありません。

そこで、今回はマンション売却中のストレスについて紹介します。

スポンサーリンク

マンション売却中のストレス

それでは、どのようなストレスが溜まるのか?
一覧にまとめてみました。

  • お問い合わせがないストレス
  • 内覧が入らないストレス
  • 申込みが入らないストレス
  • 値引き交渉がまとまらないストレス
  • 転居先が決まらないストレス(居住中の場合)
  • 不動産屋が信用できないストレス

マンション売却は時間がかかるものです。

売却を始めてから引渡しまで3か月・6か月かかります。
売買契約から引渡しだけでも、3ヵ月くらいの期間を取ることもあります。

人によってはストレスの連続で押しつぶされそうになるのがマンション売却でもあるのです。

お問い合わせがない

自宅マンションと購入希望者との最初の接点がお問い合わせです。

スーモやアットホーム、Yahoo不動産、また不動産会社の掲載サイトからお問い合わせ・資料請求を受けるわけですが、

不動産屋選び・価格設定を見誤ると物件ページへのアクセスすらありません。

立地が悪かったり、事故物件だったり理由はいろいろありますが、お問い合わせがないストレスは今後への不安も募ります。

マンションに問い合わせがない!売れない原因・問題点
このページは、 マンションを売却中だけど、お問い合わせがない!という人のために、その原因と改善方法を紹介します。 お問い合わせがない! この状況を打破しない限り、早く・高くマンションを売ることはできませんので、少しでも参考にしても...

マンション売却中 ストレス

内覧が入らない

お問い合わせがあるのに内覧の予約が入らないとストレスが溜まります。

内覧で室内の状態を見てもらわないことには、購入の申し込みは入りません。

お問い合わせがあるのに、資料請求もあるのに、内覧に進まないのは

  • 営業マンが悪いのか?
  • 何が悪いのか?

ストレス、フラストレーションが溜まります。

マンション売却までの内覧件数:平均何件?でも、それって必要?
このページは、マンション売却までの内覧件数・平均件数を紹介しているページです。 これから売却を始める人だけでなく、実際、マンション売却中で内覧件数が少なく、長い間売買が決まらない人も含めて、是非、最後まで読んで参考にしてもらえればと思...

申込みが入らない

かなり深刻なのが、この申し込みがないストレスです。

内覧があるのに申し込みが入らない。

申込み=購入ではないとはいえ、購入の意思表示である申しこみが入らないのは非常に悩みます。

申込みに至らなかった原因は何のか?どこなのか?

この部分を紐解き、室内のデメリット部分を少しずつ改善していく作業もまたストレスになります。

値引き交渉がまとまらない

値引き交渉もストレスになります。

住宅ローンの返済がある場合、
販売価格から仲介手数料、諸経費を引いた差額が、住宅ローン残を割ってしまえばオーバーローンとなってしまいます。

マンションを売却して借金が残るということは許されません。

となると、値引き交渉を安易に許容することはできませんし、だからと言って購入意思のある買い主を逃すのも痛い、複雑な状況はストレスとの戦いです。

マンションが売れないストレス

転居先が決まらない

居住中でマンションを売却する場合、媒介契約時に、退去日時を決定します。

買主・売主の意向のもとに決定しますが、3ヵ月程度が一般的です。

その3ヶ月間で、新居を探し引越しを済ませる必要があります。

賃貸マンションに引っ越す場合、物件が選びたい放題ということであれば問題ないですが、地域によっては物件が少なく、空き物件が出ても2ヵ月後から入居可能など即入居物件でないことでストレスがたまります。

とりあえず、空き予定の物件がでたら申込だけ入れておく、都心は賃貸需要も高いため、即申込が入る地域も少なくありません。

また、買い替えの先行売却の場合、
3ヶ月で、新しいマンションの申込、審査、入居(引越し)までは非常にタイトなスケジュールです。

予定通り買い替えが済めばいいですが、入居時期が合わなければ一時的に賃貸マンション住まいになることもあり、これまたストレスの要因です。

不動産屋が信用できない

マンションがなかなか売れない状況が続くとそのストレスの矛先は不動産屋の営業マンに向きます。

だからと言ってストレス発散ができるわけでもなく、イライラがたまります。

  • お問い合わせ・内覧が入らないストレス
  • 内覧の誘導・説明にストレス
  • 申込みまで進展しない営業マンへのストレス

など、マンション売却は不動産会社選び、営業マン選びが大きなウエイトを占めています。

もし、営業マン選びに間違えたと感じたら、不動産会社を変更するのも1つの方法です。

不動産会社はたくさんありますし、有能・無能な営業もさまざまです。

《私が行ったマンション売却方法紹介》

私は、根っからのケチ思考です。
1ヵ月頑張って働いて30万円稼ぐのであれば、少し手間がかかってもマンション売却で100万円上乗せをすることを選択しました。

なので少しでも高くマンションを売るために、有名な一括査定サイトすべて(当時5サイト)に査定依頼を行い、時間をかけて不動産屋の営業マンと打ち合わせを行いました。

結果的に、相場以上に売却することができましたが、すべての人が時間に余裕があるわけではないでしょう。

登録は簡単ですが、不動産会社の営業マンとの打ち合わせに時間を取られるので、3サイトくらいの登録で相場の確認、高値売却を実現できるでしょう。
今は、少し前と違って大手企業が査定サイトを運営しているので昔より安心して活用できます。

≪おすすめサイト≫

  • 《Yahoo不動産と提携の一括査定》
    大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、ロイヤルハウジング、京急不動産、ソニー不動産など
    >>おうちダイレクト
  • 【仲介以外に買取・リースバックも】
    センチュリー21、ハウスドゥ、西武エステート株式会社、朝日リビング株式会社など
    >>いえカツLIFE

になります。

そこで、現状(2019年8月)、オススメするサイトですが、

  • Q:首都圏じゃなくても大丈夫?
    A:多くのサイトは都道府県関係なく登録可能ですので心配もありません。
  • Q:お金はいくらかかるの?
    A:無料です。査定以外にも近隣の売買結果や同じマンションの売買情報を確認可能です。
  • Q:登録作業が面倒なんじゃない?
    A:スマホで登録可能ですし、3分もあればOK!忙しい方でも気軽に登録が出来ます。
    また、細かい間取りや㎡数などは、大体の数字で問題ありません。
  • Q:しつこい電話営業が来るんじゃないの?
    A:実際に家に来ることなく机上査定(概算査定)が可能です。
    メールでやり取りも可能なので相場だけを確認したいという人にもおすすめです。
≪私のようにもれなく登録するなら≫

  • 【NTTデータの不動産査定サイト】
    イオンハウジング、株式会社オープンハウス、イエステーション、京王不動産株式会社、京阪電鉄不動産株式会社、スターツピタットハウス株式会社、
    など
    >>HOME4U
  • 【マンション専用の査定サイト】
    住友林業ホームサービス株式会社、三菱UFJ不動産販売株式会社、リストインターナショナルリアルティ株式会社、株式会社ワッフル不動産販売、みずほ不動産販売
    など
    >>マンションナビ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました