マンション売却中のストレス、なかなか売れない・内覧がない

マンション売却 ストレスストレス

マンション売却は非常にストレスが溜まります。

不動産購入時も住宅ローンの審査などでストレスが溜まりますが、売却の方が数倍いってもおかしくありません。

そこで、今回はマンション売却中のストレスについて紹介します。

スポンサーリンク

マンション売却中のストレス

それでは、どのようなストレスが溜まるのか?
一覧にまとめてみました。

マンション売却は時間がかかるものです。

売却を始めてから引渡しまで3か月・6か月かかります。
売買契約から引渡しだけでも、3ヵ月くらいの期間を取ることもあります。

人によってはストレスの連続で押しつぶされそうになるのがマンション売却でもあるのです。

お問い合わせがない

自宅マンションと購入希望者との最初の接点がお問い合わせです。

スーモやアットホーム、Yahoo不動産、また不動産会社の掲載サイトからお問い合わせ・資料請求を受けるわけですが、

不動産屋選び・価格設定を見誤ると物件ページへのアクセスすらありません。

立地が悪かったり、事故物件だったり理由はいろいろありますが、お問い合わせがないストレスは今後への不安も募ります。

マンションに問い合わせがない!売れない原因・問題点
このページは、 マンションを売却中だけど、お問い合わせがない!という人のために、その原因と改善方法を紹介します。 お問い合わせがない! この状況を打破しない限り、早く・高くマンションを売ることはできませんので、少しでも参考にしても...

マンション売却中 ストレス

内覧が入らない

お問い合わせがあるのに内覧の予約が入らないとストレスが溜まります。

内覧で室内の状態を見てもらわないことには、購入の申し込みは入りません。

お問い合わせがあるのに、資料請求もあるのに、内覧に進まないのは

  • 営業マンが悪いのか?
  • 何が悪いのか?

ストレス、フラストレーションが溜まります。

マンション売却までの内覧件数:平均何件?でも、それって必要?
このページは、マンション売却までの内覧件数・平均件数を紹介しているページです。 これから売却を始める人だけでなく、実際、マンション売却中で内覧件数が少なく、長い間売買が決まらない人も含めて、是非、最後まで読んで参考にしてもらえればと思...

申込みが入らない

かなり深刻なのが、この申し込みがないストレスです。

内覧があるのに申し込みが入らない。

申込み=購入ではないとはいえ、購入の意思表示である申しこみが入らないのは非常に悩みます。

申込みに至らなかった原因は何のか?どこなのか?

この部分を紐解き、室内のデメリット部分を少しずつ改善していく作業もまたストレスになります。

値引き交渉がまとまらない

値引き交渉もストレスになります。

住宅ローンの返済がある場合、
販売価格から仲介手数料、諸経費を引いた差額が、住宅ローン残を割ってしまえばオーバーローンとなってしまいます。

マンションを売却して借金が残るということは許されません。

となると、値引き交渉を安易に許容することはできませんし、だからと言って購入意思のある買い主を逃すのも痛い、複雑な状況はストレスとの戦いです。

マンションが売れないストレス

不動産屋が信用できない

マンションがなかなか売れない状況が続くとそのストレスの矛先は不動産屋の営業マンに向きます。

だからと言ってストレス発散ができるわけでもなく、イライラがたまります。

  • お問い合わせ・内覧が入らないストレス
  • 内覧の誘導・説明にストレス
  • 申込みまで進展しない営業マンへのストレス

など、マンション売却は不動産会社選び、営業マン選びが大きなウエイトを占めています。

結論から言えば、売れない原因は営業マンにあります。

不動産業界は、なんだかんだ言ってブラックです。

売主を下に見ているのも事実です。

営業マンは表向き、売主の代弁者ですが、実際は手数料をどれだけ多く取れるか?

他社からお問い合わせがあっても、仲介手数料が半分になるので適当にあしらう。

買主も自社で見つけて、仲介手数料をしっかりゲットする。

これだけしか考えていません。

  • 好きな人からのお願い
  • 嫌いな人からのお願い

どちらを優先していますか?

  • 100万円の手数料がもらえる仕事
  • 200万円の手数料がもらえる仕事

どちらの仕事に力を入れますか?

答えは明確でしょう。

統計的には、中小より大手の方が囲い込みなど悪質な行為が多くみられるデータも発表されているので、大手だから安心という神話も捨ててください。
大手だろうと中小だろうと営業マンの熱意と人間性です。

問い合わせがない状況であれば、営業マンに遊ばれている・妨害を受けています。
即不動産会社を変えてください。

不動産会社を見直す

不動産会社の見直しは、難しくありません。

最低5社に、無料査定してもらい、その5社で競争させてください。

しっかり、お問い合わせ・内見予約を持ってくる会社が即見つかると思いますし、その会社・営業マンと密な関係築いていくことで、売却スピードは一気に上がります。

さらに、裏技的なスパイスを取り入れることで、一気に加速します。
*これに関しては、不動産査定後、売買活動が始まった方なら、お問い合わせをいただければメールで紹介させていただきます。
セカンドオピニオン的にお問い合わせを受けております。
*最近お問い合わせの数多く、シチュエーションが違うため、1件1件返信しているため、即対応できないことご了承ください。

>>詳細はこちら

マンション売却するなら トピックス査定は素早く、売却は慎重に

5月はゴールデンウイークもあり、内見が多く意外と動く時期です。
と書きたいところ。

しかし、それほど甘くない状況になりつつあります。
新型コロナウイルスで世界的な景気後退は決定的になりました。
追い打ちをかけるかのように3月24日、オリンピック延期が発表されました。

【今後の見通し(最悪バージョン)】
不動産市況は経済よりかなり遅れてきます。
最悪の状態は2・3年後と考えます。

  • コロナ自粛・経済下火(今)
  • 各種補助・給付・助成金で一時しのぎ(これから)
  • 業績悪化(半年後)
  • 給料減額・ローン返済不能(1年後)
  • 売り物件過多(2年後)
  • 不動産市況最悪(2年後以降)

今は、不動産価格が下がるという風潮の割に、下落が見られない状況でしょう。

ただ、それが不動産市況です。

そのためにも、緊急事態宣言の発令で外出自粛の今のタイミングに査定を行い、どれくらいの金額の売れるのか?確認しておくことといいと思います。

本来、相場を知るだけなら、一括査定サイトを活用する必要はありません。
マンションレビューならメアド登録程度で、多少古い情報ではありますが簡単に住んでいるマンションや近隣の相場を知ることができます。

しかし、コロナショックによる不動産市況の動きは、想像を超える下落・動きが見て取れます。
正確な相場を知らないことには、販売価格も住宅ローン返済の計算、資産価値を図ることはできません。

不動産会社同士の競合という意味もある一括査定サイトは、コロナによってさらに重要性を成してきたとも言えます。

《不動産査定の考え方》

不動産査定において、
適当に複数の不動産会社に依頼すればいいと思っていませんか?
 
実は、それ大間違いです。
 
査定する意味もなく、売却失敗にもつながります。

テレビや冷蔵庫など型番がある商品は相場のブレは少ないですが、
不動産は、近隣状況・社会環境・権利関係など各々変わってきます。

それを見越して、簡単ツールでありながら幅広い情報を収集できるのが一括査定なのです。

多くの不動産売却成功者は、以下のことをしています。
マンション売却 成功
引用:マンションナビ

  • 普通に不動産屋に売却をお願いする時の査定
  • なかなか売れなかった時のために、不動産買取りの査定
  • 築古、事故物件、相続など訳アリの物件に強い、専門の仲介業者に査定
  • 売却後も、同じところに住み続けるリースバック
  • 査定は無料なので、最高額で売却するために成功者は複数の不動産会社に査定依頼を行います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました