マンション売却後の銀行との付き合い方:チャンスを無駄にしてはいけません

マンション売却 銀行マンションコラム

マンション売却ブログとして、
2019年5月から賃貸運用していたマンション売却活動をブログとして紹介していましたが、無事に引渡しが終了しました。

  • リフォームに2週間
  • ホームステージング
  • 売却活動を開始し3週間で申込

————————
販売開始から引渡しまで2ヶ月、想定以上に早く売却が進みました。

今回は、その売却後の話

マンション売却後の銀行との付き合い方について、私の実体験と共に紹介したいと思います。

《マンション売却ブログ》:令和元年5月から2か月で売却完了・引き渡し終わりました
みなさん、こんにちは。 以前にも少し話しに出た、都心のマンションを売却することにしました。 筆者が以前、マンションを売ったときは、居住用のマンション売却でしたが、 今回は、空室の状態での売却なので、売り方も少し変わります。 ...

マンション売却 銀行

マンションを購入するときに、住宅ローンをお願いするのが金融機関・銀行です。

ローンの審査を通すために複数の銀行に審査を依頼し、一喜一憂するのが銀行との付き合い方でしょう。

ただ、この銀行との付き合いは購入時だけではありません。

マンション売却時も銀行との付き合い方次第で、今後の流れが変わってきます。

マンション売却後の銀行への入金

マンション売却を行うと大きなお金が動きます。

住宅ローンを借りていた銀行へそのお金が入金されるわけですが、銀行はそのお金の動きを注視します。

《購入から売却・銀行の動き》
500万円を頭金に入れ、5000万円を銀行から住宅ローンを受け、5500万円のマンションを購入したとします。

10年後、住宅ローン残は”3500万円”に減ります。

仮に、そのタイミングで5000万円でマンションを売却した場合、銀行に住宅ローン返済すると1500万円お金が残ります。

銀行は、この1500万円の今後の動きを確認するというわけです。

実際に私の場合、
以前、マンションを売却した時、住宅ローンを返済し5000万円ほどのお金が残りました。

そのお金の半分の2500万円を他の銀行へ送金しました。

すると翌日、その銀行から電話が届きました。

*銀行から電話があることは基本的にありませんが、

  • 「昨日、入金いただきありがとうございます」
  • 「入金いただきました資金の用途はお決まりですか?」

これが何を意味するのか?

営業の電話なのですが、今回のポイントはここにあります。

マンション投資 銀行

資産運用

それが、以前紹介した
マンションを活用した資産運用:老後の生活費の賢い稼ぎ方・運用方法 にもつながります。

マンションを活用した資産運用:老後の生活費の賢い稼ぎ方・運用方法
このページは、以前シークレットページとして公開していたページです。 自宅マンションの不動産価値を活用しながら、老後のための資産運用。 超低金利の今だからできる裏技的な運用方法です。 【こんな方におすすめ】 現在...
現状の超低金利時代は、
銀行にお金を預けておくだけでは、利息は期待できません。
しかし、
融資してもらう分には、その低金利を有益に使うことができます。

マンションを売って、銀行に現金が残るシチュエーションは、銀行とのより密接なつながりを作るきっかけになるのです。

先ほどの例を持ち出すと、
銀行に2500万円を資金移動し銀行から連絡が来たタイミングで、一度お話を聞きたいと面識を持つことができます。

私の場合は、
不動産投資をする上で、金利の優遇をしてくれないか?
という相談をしました。
5000万円の物件を購入するために、500万円だけ頭金に入れる形で4500万円を低金利で融資をお願いできないか?

こんな感じでした。

提案の方法はいろいろです。

  • いい物件があれば紹介してくれないか?
    融資の面、金利の面も面倒みてもらえると非常にうれしいです。
  • 居住用のマンションを新たに購入というものいいでしょう。
    手元の現金を一切使わず、フルローンをお願いすることで、低金利で融資をえることが可能となります。
  • 銀行は1つではないので、反応が悪ければ別の銀行にコンタクトを取るのもいいでしょう。
  • 知り合いに銀行の人がいれば、相談するのもいいでしょう。

借金の考え方

いずれにしても、
手元にある2500万円を頭金に使わないというのが大きなポイントです。
手元にある現金を別の資産運用を行うことで、老後の資金作りになります。

  • 住宅の購入
  • 不動産への投資

これはどちらも、借金して購入することができます。

低金利の今だからこそ、住宅ローンやプロパーローンなど低金利でお金を借りる絶好のチャンスなのです。

株やFX、投資信託・債権などは借金して投資ができませんので、現金あってのものです。

手元の資金を上手に活用するチャンスが、銀行のとの付き合い方次第で変わるということです。

銀行との付き合い方

お金持ちの思考

お金持ちは借金が大好きと言われます。

  • いい借金をして資産を増やしていく。
  • 増えた資金を、さらに借金をして投資していく。

その所以がそこにあります。

別にその思考が真似しろとは言いませんが、
低金利で借入が可能であれば、これを活用しない手はないということです。

  • 借入で不動産投資
  • 現金で硬い投資

を行うことで、2倍の資金を老後のための資産運用ができるといえるのです。

マンション売却時の銀行との付き合い方:まとめ

マンションを売却し手元に残ったお金をどう使うか?

老後に必要な2000万円問題で、国民に投資・貯蓄という意識が生まれました。

だからこそ、借金 = 悪 という考えではなく、良質な借金を知るタイミングではないかと思います。

また、併せて不動産投資も検討するといいでしょう。

《無料不動産投資セミナー筆者の見解》

バブル時代の住宅ローン金利は8%など当たり前でした。
しかし、今は上手に交渉すれば1%台も実現可能です。
もちろん、都心の不動産投資は利回りが悪いですが、
この金利差は、特需と言え、それが今の不動産投資の盛り上がりの要因です。

そのため、多くの人は不動産投資セミナーに参加しているのですが、
すべてのセミナーに参加した結果、入り口を間違うと借金地獄になりかねません。
そこで、筆者の肌感覚で、初心者・中級者が行くべき不動産セミナーを紹介します。

  • 都心のワンルームマンション投資
  • 田舎の戸建て投資
  • オフィスビル投資
  • ホテル需要を見越したホテル投資
  • 海外の不動産投資

このあたりのたくさんの投資セミナーがありますが、
まず、初心者の形には

  • 不動産投資とは何か?
  • 今の現状・首都圏の市況
  • お金の流れ・全体像

を知ることが重要です。

初心者の第一歩

初心者の方は、【J.P.Returns 株式会社】の都心の築浅中古マンションセミナーに行くと、全体像が変わると思います。
セミナー内容、資料をしっかりまとっていますし、基礎講座的なセミナーです。
>>J.P.Returnsの無料セミナー情報はこちら

初心者の第二歩

不動産投資とはどのようなものがあるのか?
メリット・リスクを勉強した上で、次に参加するセミナーは、【リノシー】です。
AIを活用したワンルームマンション経営なのですが、管理料・退去から入居まで重要さを認識することで、不動産投資に関しての知識が広がります。
>>リノシーの詳細はこちら

JPリターンズ、リノシーのセミナーを受けることで、最低限の投資知識が身につくと思います。
となると、具体的にどのような物件をどのように管理していくのか?
中級レベルの考え方で投資に望むことができると思います。

中級者の第一歩

そこで、【セカオピ】の面談はかなり知識が深くなると思います。
不動産投資のセカンドオピニオン的な存在で、どこから不動産を購入すればいいのか?
不動産物件価格のカラクリや購入を間違えないことで10年後、20年後の姿までイメージすることが可能です。
>>セカオピの詳細はこちら

視野を広げる

中級者向けとして、目先を変えた空き家投資は利回りを求める意味で、【建築商売】知っておいてほしいです。
回収36ヶ月〜民泊ではないホステルビジネスフランチャイズセミナーは密な人間関係を作ることも可能です。
ホステルビジネスフランチャイズ投資詳細はコチラ

筆者もいろいろセミナーに参加して随時、更新・紹介していきます。
不動産投資会社のオファーもお待ちしております。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました