あなたのマンション、管理費・修繕積立金の滞納はありませんか?

管理費・修繕積立金滞納 管理費・修繕積立金滞納

スポンサーリンク

管理費・修繕積立金滞納

マンションは住人みんなで管理・保持していくものです。
よって、

  • 管理費で日々の管理(掃除・管理人の配置)
  • 修繕積立金で、後の大規模修繕のための用意

資産価値を維持する必要経費の扱いですが、この徴収が滞ると・・・。

今回は、管理費・修繕積立金の滞納問題について紹介したいと思います。

滞納は一時的なことも

マンションを売却する場合、
不動産会社は、管理費・修繕積立金等の金額などを管理会社に確認します。

ただ、管理費・修繕積立金の滞納に関してまでは確認しないのが現状です。

聞いてしまう・知ってしまうと告知の義務が発生するからかもしれません。

とはいえ、総会では滞納の状況や対応など報告(総会資料)があります。
一般的には一時的な滞納であることが多いので、築年数の浅いマンションは、そこまでナーバスになることはありません。

しかし、最近問題になりつつあるのが、管理費・修繕積立金滞納から大規模修繕がままならず廃墟マンション化です。

マンションの通常総会には出席したほうがいい?初めての総会の心構え
マンションの通常総会の資料が届く時期になりました。 私のところにも複数の通常総会開催のお知らせが届いています。 今回は、この通常総会について、 そもそも何をするの? 出席したほうがいいの? その時の心構えは? ...

廃墟化マンションまでのストーリー

最近、よくニュースにもなるリゾート地の廃墟化タワーマンション、完全に負動産です。

別荘を持つことは、お金持ちのステータスとして今でも変わらないかもしれません。

リゾートマンション建設ラッシュ

リゾート地にタワーマンションが立ち並んだ昭和50年代。
経済成長も伴い、小金持ちも増え、リゾート地のタワーマンションを持つ人が増えました。
バブル期には、さらに拍車がかかり、リゾートマンション建設ラッシュとなりました。

リゾートマンションを売却するなら:維持・運営費用が重くのしかかる不動産売却
夏休みは、別荘がある軽井沢へ・・・。 リゾートマンション・別荘と言えば、お金持ちの象徴というイメージでした。 しかし、最近では、 ドラマのワンシーンにも使われることもなくなり、 それどころか、 リゾートマンシ...

バブル崩壊

しかし、そんな好景気は長く続くわけもなく、
問題の発端はバブル崩壊。

  • 手放さざるを得ない人
  • 購入者の激減
  • 資産価値の低下

リゾートマンションには空室が目立つようになりました。

修繕積立金滞納マンション

マンション管理

管理費・修繕積立金滞納者が増えると、まず、日々の管理が杜撰になります。

  • エントランスが汚く
  • 掃除が行き届かなくなり
  • ゴミ置き場は無法地帯

イメージの悪くなったマンションは、人が近づかなくなり、売却も難しくなります。

さらに、ここまでくると管理組合は機能せず、管理会社も管理費未払いから滞納者への対応などの業務にも影響を与えます。

滞納者への対応を怠ると滞納者の所在確認する難しくなり、捜索にかかる費用問題もあり、諦めざるを得ない状態に陥ります。

修繕積立金が安いマンションは危ないかも?
マンションを買うなら少しでも安く買いたい。 どうせ払うのであれば管理費や修繕積立金は安いほうがいい。 みんながみんな裕福でお金に困っていないわけではないため、安く済ませたいと思う人の方が多いでしょう。 ただ、修繕積...

修繕できず

滞納者が続出すれば、予定通り大規模修繕の計画はとん挫し、安全面だけなく、景観も損なわれます。

外壁塗装、1つ施すだけでマンションのイメージは変わります。

リゾートマンションであれば、売りであった共有施設の温泉も、このころは稼働するしていないでしょう。

となると、これが廃墟マンションのはじまりと言っていいでしょう。

管理も修繕積立金もままならないとなると、そこに住む住人も徐々にその地を離れます。

管理費・修繕積立金滞納マンションは売るに売れず

見た目で、住みたくないマンションとなった、廃墟マンションを買う人はいません。

仮にローン自体は終わっていたとしても、管理費・修繕費以外にも固定資産税などがかかります。

タダでもいいから、手放したい・・・。

売れないマンションを放棄することはできる?まだ売却手段あるはず!!
マンション売れない 放棄 最近、よく廃墟マンションや廃墟化した廃屋などのニュースをみます。 23区内はそれほど多くはありませんが、 地方に行くと廃墟化した家も多く、所有者が誰なのか? 自治体も悩ます場合もあるようです。 今...

これが、リゾートマンションの廃墟化リゾマンの現状です。

管理費・修繕積立金滞納は都内でも

この管理費・修繕積立金滞納問題は、リゾマンだけに限りません。

一時的な滞納も入れると、
都心でも、3棟に1棟くらいは滞納があるのが現実です。

親が亡くなり、息子に相続も息子の所在が分からないというケース。
この場合、息子の所在を確認し催促すればいいのですが、もっと厄介なのが海外(中国)オーナーのパターン。
国内に住んでいればまだいいものの、海外ということで音信不通という場合も・・。

さらに厄介なのが、

  • 滞納した金額を請求するために訴訟としても
  • 強制執行(給料差し押さえ)するにしても

それに関わる経費(弁護士)の方が高くつくため動きずらい。

一般的には、差し押さえを匂わせる、内容証明郵便でどうにかなるものですが・・・。

【法律問題全般に対応が可能な相談パートナー紹介】
【法律全般】WEB無料相談

修繕積立金滞納 マンション

早めの対処・対応がすべて

多くの人は管理会社任せのマンション管理だとおもいますが、管理状況を把握だけはしておいたほうがいいと思います。

特に、役員人事が毎年、順番制の場合、滞納者の取り扱いを軽視しがちです。

総会で滞納者について言及したくても、責任者にされるのは面倒ということで見て見ぬふりをしてしまったり・・・。

こんな時は、役員に矛先を当てるのではなく、管理会社に厳しく対処をお願いは重要でしょう。

分譲マンションの理事会役員の話。マンションに住むなら必ずやってくる管理組合
今回は、マンションを買う立場から、必ず確認しておきたいことが「理事会・管理組合」の話。 分譲マンションの理事会 理事会とは、マンションを管理する中枢機関になります。 収支決算案の決議 事業報告案の決議 収支予...

管理が行き届いていれば長期保有も

管理組合がしっかりし、管理費・修繕積立金滞納のないマンションは、住民の質の高いマンションとも言えます。

要するに、長期保有してもいいマンションとも言えます。

築年数が経った時に、質の高い住民の多いマンションの場合、建て替えの話もスムーズに進むでしょう。

建て替えによって、

  • 売却を選択する人
  • 一時退去を選択する人

明確な判断ができることは、その後のマンションの方向性を決めるのが容易になります。

逆に、そのようなマンションを今後、デベロッパーは探しに来るかもしれませんし、もう動いているかもしれません。

同様に、管理の行き届いたマンションは、マンション売却の負担軽減になります。

マンション売却の時のために、
あなたのマンションの管理費・修繕積立金の滞納はあるか、負動産になる前に知っておきましょう。

マンションを売ったら修繕積立金は戻ってくる?修繕積立金滞納でもマンションを売却できるか?
積立金は、目的や何かあったときのために積み立てる・プールするお金のことです。 マンションの場合、 大規模修繕を行うために修繕積立金がありますが、この修繕積立金、マンションを売却した時に返してもらえる?戻ってくるのでしょうか? ...
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました