マンション購入ならペット可のマンションを買うべし!ペット共生時代

マンション購入 ペット可ペット可

マンション購入において、
売却を考えた上でマンション購入を行うのは基本中の基本です。

  • 購入のタイミング
  • 立地の選定
  • 物件選び

に加え、資産価値の見立ては大きなポイントです。

マンションを売ることを前提で物件選びしていますか?不動産購入の基本と売却アレンジ
マンション売る 前提 今回、これからマンションを購入したいと思っている人に、 売ることを前提に考えたマンションとはどうゆう物なのか? どのような物件を選べばいいのか? マンションを売ることを前提の物件選び...

売却を優位に進めるためには、
移り変わるニーズを読み解くことも1つの方法です。

その考え方の1つにペット可のマンション購入があります。

ペットを飼っていてもいなくても共通してペット可のマンションを選ぶべきだと考えています。

そこで、今回は、
マンションを購入するならペット可能なマンションを買ったほうがいい理由を紹介します。

スポンサーリンク

ペット可のマンション購入

猫・犬の飼育数は年々増加し、2000万匹に迫る勢いです。

0歳から19歳までの男女の人口総数が2000万人なのでそれに迫る勢いとも言えます。

ペット可のマンション購入
出典:総務省 人口推計

そんな状況ですから、
ペット可賃貸マンション需要は高く、ペット共生物件とも言われ一般化してきました。

ペット可能・ペット共生物件の現状

これだけ、ペットの数が増えているわけですから、
ペットと一緒に住みたい、ペット共生物件を考える飼い主の需要が高い中、
実際の所、すべてがペット可のマンションではなく、意外とペット不可のマンションが多いのも現状です。

管理組合でペット禁止のマンション、
また、賃貸オーナーも臭いや傷を嫌ってペット不可の選択するのも多々見受けられます。

トラブルになる場合も

ペットの飼育が禁止の状態で隠れてペットを飼っている住人がいます。

管理組合・住民にバレなければいいだろうと内緒で飼っているわけですが、鳴き声や足音などでバレることが多く、管理組合に密告されることは少なくありません。

トラブルの原因にもなり、賃貸の場合、ペットの飼育がバレることで契約解除・強制退去を言い渡される場合もあります。

マンション購入 ペット

オーナーにはメリットも

飼い主もバレたら

  • ペットを手放すか?
  • 退去するか?

このリスクは重々承知していますから、

ペット可能なマンション需要が高まるのも無理ないですし、また、オーナーとしてはペット可の賃貸物件にすることで、家賃設定にも優位に働くメリットもあります。

ペット可能に設定することで、

  • 退去時のクリーニング・修繕等を見込み、敷金を1か月分増額することも可能です。
  • 家賃自体も、数千円上げることもできます。

そんな状況ですから、
賃貸に出すにしても・売却するにしてもペット可能なマンションであるか?ないか?
の購入判断は、無視できないと言えるでしょう。

ペット可のマンション購入・売却

以前、ペットを飼っていた部屋のマンションの売却について紹介しました。

ペット可マンション売却:ペット(犬・猫)を飼っている人がマンションを売る時に絶対見るべきページ、資産価値は?
マンション売却 ペット可 犬や猫などペットを飼っている人は、マンションを売却するとき、 ペットを飼っていたことを告知しなくてはいけないのでしょうか? また、 臭い 床・壁の傷 などはキレイにしたほうがいい...

室内でペットを飼うと

  • 臭い

などで、売れない・売れ難いのではないか?
という心配があるでしょう。

しかし、その心配は一切いりません。

ニオイ

今の化学の進歩はニオイ問題をも打破します。

ペットのニオイは簡単に消すことができますので、内覧者がペットのニオイに気づかないレベルまで持っていくことも可能です。

ペットを飼っていれば、壁や床・巾木はばきのキズは付き物です。

壁紙・床の張替えで元通りになりますし多少お金をかけても売却前のリフォームは一般的になってきました。

リフォームをしてマンション売却するのはあり?!メリットは高く売れるだけじゃない!
マンション売却 リフォーム リフォームを行えば、マンションの売却価格を上げることができる! っとよく言われます。 しかし、実際に、売却する多くの人はリフォームをせず、そのまま売却する人が多いのが現状です。 これから売却すると...

マンション購入 ペットOK

ペットと暮らせるマンション購入なら

マンション購入時、ペットを飼っていない、飼う予定のない人は、実際のことペット可か否かを確認することはないかもしれません。

しかし、資産価値は立地だけではありません。

後々、売却や賃貸を選択したときに優位に進める可能性をどれだけ見出せるか?

  • ペット可のマンションとして賃貸にすることで家賃・敷金を高く取れる
  • ペットOKのマンション売却時も需要が高いだけで早く売りやすい

これは大きなメリットですし、大きな価値です。

ペットの数が増えている現状、当面はこの需要が低くなることは考えずらいですし、
管理組合・理事会で決議がされても、反対する人は少なからずいますし、現状、ペット不可のマンションがペット可になる可能性は少ないでしょう。

マンション購入 ペット共生

ペット可のマンション購入;まとめ

不動産購入は、人生で一番大きな買い物です。

ですから、後悔のない購入判断が必要です。

私個人の考えですが、
マンションに限らず一軒家であっても、不動産投資の考えをベースに購入時に勝ちを確定されられる物件を選ぶことが一番です。

そのためには

  • 少しでも安く購入
  • 立地の見極め
  • 賃貸需要
  • 売却時の展開

まで網羅し購入を決定したいところです。

その観点として、
ペットがOKなマンション購入は無視できないですし、

ペットがOKなマンションとペットNGのマンションの価格自体に差がない訳ですから、その答えは普通に考えればお判りになるでしょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました