ラッキーナンバーをマンション売却に生かしてみては?

ラッキーナンバー 値引き交渉 マンションコラム

人それぞれ、少なからずラッキーカラーやラッキーナンバーがあるでしょう。

”7”とか”8”とか”1”とか・・・。
縁起を担ぐ人、こだわる人、いると思います。

先日、マンション売却において、
そのラッキーナンバーをめぐる売却の話を聞きましたので、
今回は、ラッキーナンバーを活用した中古マンション売却について紹介します。

スポンサーリンク

ラッキーナンバー・星占い

毎朝、テレビの星座占いを見て一喜一憂している人いませんか?

私自身、今は朝、星占いを見る機会は減りましたが、
学生時代は”めざましテレビ”を見ていた関係で【7時またぎ】の占いを見ていました。

別に、それによって1日運勢がガラッと変わるわけではありませんが、
ラッキーアイテムなどは、なんとなく気にした思い出があります。

女性だけでなく、また占いに限らず、男性であっても何かしらの縁起担ぐものでしょう。

マンション売却 ラッキーナンバー

あなたのラッキーナンバーは何ですか?

ラッキーナンバー。

日本人は、比較的、”7”という数字にはいい印象を持っています。
逆に、”4”には、ネガティブな印象をもっています。

7という数字は、ラッキー7とも言われますし、
4という数字は、死(4)を連想させるものが所以です。

ちなみに、末広がりの8もイメージのいい数字です。

また、”しきたり”や”風習”にも用いられ、

  • 携帯電話(スマホ)の番号にこだわる人
  • 車のナンバープレートの数字にこだわる人
  • 名前の字画にこだわる人
  • 結婚式のご祝儀は2で割れない数字
  • 三菱、三井、三越など老舗・財閥に”3”が使われていたり

このように、”ラッキーナンバー”や”しきたり”、”縁起担ぎ”などを人それぞれ持っているわけですが、ただ、その数字への想いの重さは、それはまた人それぞれでもあります。

ラッキーナンバーにまつわるマンション売却

マンション売却やマンション購入は、人生で1,2を争う大きな買い物です。

何千万円というお金を住宅ローンという借金をして、購入するわけですから、人生で何度も行われるものでもありません。

だからこそ、そこに縁起担ぎが働くシチュエーションとも言えるのです。

最近聞いたマンション売却中の知り合いの話・体験談を紹介しましょう。

5月から都内の2LDKのマンションを7100万円で売却中の友人。

立地から考えると少し強気で、落としどころは6600万円あたりを想定していたようです。

エリアがいいということで毎週2・3件、コンスタントに内覧が入りホームステージング効果もあって反応は上々。

販売開始から3週間で申し込みが入りました。

入った価格は6600万円

近隣の成約実績がその金額だったので妥当とも言える数字ですが、

不動産会社からは購入の意識は高いということで、そこで知り合いは6900万円を提示しました。
2日後、不動産屋の営業マンから連絡があり、
「買主は中国の人で、風水や縁起などにこだわる人のようです。
6888万円の提示はいかがでしょう?」
8という数字は縁起がいい数字で8で揃えたいと・・・
ということでした。

この方は、”8”という数字にこだわられる中国の人でした。

そういえば、
北京オリンピックの開会式が、2008年8月8日午後8時8分8秒だったのを思い出しました。

ということで、買主さんのラッキーナンバーである”8”を決め手に6888万円で売却されたのでした。

マンション売却体験談 ラッキーナンバー

数字の魔力:ラッキーナンバーを活用したマンション売却

マンション売却は売主と買主の合意によって決まるものですから、

上で紹介したように、ちょっとした数字の魔力が要因になることもあります。

これを自身のマンション売却に引用するとすれば、同様に値引き交渉で活用できそうです。

値引き交渉のポイントは、”主導権を握ること”です。

その1つとして、相手に結論を求める数字の出し方です。

落としどころの数字を意識した上で、
例えば、3500万円をベースに考えている場合、
3777万円 や 3888万円など

  • ラッキー”7”
  • 末広がりの”8”

を設定。

買主さんに、
「お互い縁起のいい数字で、締結しませんか?」
こんな提案を不動産会社の営業マンに、伝えてもらってもいいでしょう。

値引き交渉は、お互いのキャッチボールで進みます。

買主は購入の意欲があっても、
・決心するタイミング
・購入価格・ポジション
などに強い意思を持っているとは限りません。

縁起が良い数字を提示することは、それが決心させることにつながるかもしれません。

最終的に、端数を切った
3770万円 や 3880万円 の数字が帰ってくれば御の字でしょう。

ラッキーナンバーとマンション売却:まとめ

今回は、数字にまつわる話としてラッキーナンバーについて紹介しました。

中古マンション売買事情として、日本国内はもちろん、中国、シンガポール、欧米など多くの人が日本の不動産を狙っています。

多少、下火と言われていてもすべての人が去ったわけではありません。

資産価値として望める地域には多くの人とお金が動くのは事実ですので、内覧相手・申し込み相手によっては、数字の魔力を使ってみてもいいと思います。

ちなみに、スーモで少し検索したところ、
7770万円、8880万円などの価格設定で売却を進めている物件がいくつかありました。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました