不動産売却仲介手数料”ゼロ・無料”の会社は大丈夫?メリット・デメリットを考える。

不動産売却仲介手数料”ゼロ・無料” マンション売却中の方が読むページ

不動産仲介手数料”ゼロ”

不動産仲介手数料”ゼロ”の条件としては、専任媒介契約に限るわけで、その決定は慎重に考える必要がありますが、手数料無料は魅力だと思います。

今回はたまにチラシで見る不動産売却仲介手数料”無料:0円”の会社について紹介したいと思います。

手数料が安いのはうれしいと思うけど・・・

以前、仲介手数料を安くする方法を紹介しました。

その中で紹介したのが、手数料を安くすることのデメリット。

たとえば、

  • ①手数料3%の物件
  • ②手数料1%の物件

があったとします。
営業マンから考えると、

      どちらの物件を売ると営業成績が伸びるでしょうか?
      上司から、どちらの物件を売るように命じられるでしょうか?

もちろん、手数料3%の物件を積極的に売却することでしょう。

1億の物件で

  • 3%:300万円
  • 1%:100万円

ですから・・・。

では、今回紹介の売却仲介手数料”ゼロ”の会社はどうなのでしょうか?

不動産売却仲介手数料”ゼロ”会社とは?

不動産会社は、仲介料で成り立っているので、手数料”ゼロ”ではビジネスが成り立たないと考えます。

実際に儲かるの?

ビジネスは成り立ちます。

あくまでも売却においての仲介手数料が無料ということので、買主からはしっかり3%の仲介手数料を受け取ります。

ビジネスはどんな業種でも、みんなと同じことを行っても勝ち組にはなれません。

アイデアであったり、イノベーションを起こさなければ企業の発展はありません。

その意味で売却仲介手数料が0円ということで、売主とのパイプを作り、売り物件を確保するビジネスモデルは面白いと思います。

《REDS(レッズ):仲介手数料無料》
大手業界紙でも注目の仲介手数料無料の不動産システム。
仲介手数料無料だから、より高く売却・価格交渉も。
東証一部上場の株式会社ヒノキヤグループのグループ企業:東京23区を中心にREDS(レッズ)
レッズ 手数料無料

不動産売却仲介手数料無料

不動産売却仲介手数料”ゼロ”会社のメリット・デメリット

それでは、不動産売却仲介手数料”ゼロ”の会社にマンション売却をお願いするメリット・デメリットを考えてみました。

メリット

メリットは、単純に仲介手数料が”ゼロ円”になるということでしょう。

1億の物件を売却した場合、
仲介手数料は

  • 3%で300万円
  • 1%で100万

これが”0円”になるわけですから、そのメリットは大きいと言えるでしょう。

デメリット

デメリットに関しては、可能性が高いという観点をベースに紹介します。

囲い込み

「囲い込み」問題とは?
売却の委任契約を受けた媒介不動産会社(窓口業務を行う会社)が、

  • 故意に物件情報を隠す
  • 他社からの問い合わせに関して妨害する

などする行為です。
今回の場合、自社で買主を見つけ、買主からの仲介手数料3%をもらえないとビジネスは成り立ちません。

よって、囲い込みのリスクは避けて通れません。

仲介手数料無料 デメリット

干す・値こなし

不動産業界では、囲い込み同様、干す・値こなしの横行しています。

簡単に説明すると

  • 売れない物件を装うことを「干す」
  • 物件の価格を下げさせることを「値こなし」

どちらかというと、干す・値こなしはセットで行われることが多く、

  • 【囲い込み】は、自社で購入主を見つけるために、他社を寄せ付けない行為
  • 【干す・値こなし】は、値下げを促すための行為

として、数段、悪質度があがります。

長い間売れない物件だと売主に思わせることで、売主は不安を感じます。
値下げに応じること間違いないでしょう・・。

なぜ、干す・値こなしが起こるのか?

値こなしを意図的に行う業者の心理は、少しでも安くして、

  • 成約しやすくしたい
  • 安く買い取って転売したい

この2つです。

不動産会社の担当は、表向き売主の味方というスタンスを見せていますが、必ずしもそうとは限りません。

付き合いの深い会社や個人からの購入意向があれば、干す・値こなしを意図的に行うことでしょう。

また、安く買い叩ければ、その物件を右から左へ流すだけで利益倍増です。
1億円の物件を値こなしで8500万円で購入できれば、同じ1億で転売することでそれだけで譲渡益1500万円です。(税金は別として)

不動産仲介手数料 無料

不動産売却仲介手数料”ゼロ”のメリットを最大化できるシチュエーション

上記でメリット・デメリットを紹介しましたが、手数料”ゼロ”の会社がすべて悪いというわけではなりません。

もちろん、悪徳会社もあるかもしれません、口コミで悪く書かれている会社もあるでしょう。

しかし、活用方法を徹底することで、最大限のメリットを受けることも可能です。

【その1】1日も早く売りたい場合

転勤や借金などの観点から、1日も早く売却を完了しないといけないという場合があるかもしれません。

この場合、売却仲介手数料”ゼロ”の会社は活用できる場合があります。

1日も早く、マンションを売ってお金にする方法として、以前、不動産買取保証・現金化サービスを紹介しました。
ただ、

  • 買取保証の場合、3ヶ月以降の買取になり、査定額の10%ほどの割引
  • マンション買取即現金化の場合、最短2日で入金が可能ですが、査定額は25%ほどの割引

の割引は覚悟が必要です。
もちろん、事前の査定の段階でその買取金額が決まるため、上記のパーセンテージは上下しますが、相場どおりの金額で買い取ってくれることはないと思ったほうがいいでしょう。

【その2】同じマンションに売り物件が複数ある場合

現状、都心では売り物件より買い物件が多い需給関係なので、同じマンションに複数売り物件があっても強気の金額で様子をみているのが現状です。

しかし、場所によっては相場が横ばいであったり、2020年のオリンピックを控えているものの悪い意味で様子見傾向のある地域もあります。

そんなとき、同じマンション内に複数売り物件が並ぶ状況では、他の部屋との差別化が1つのポイントなります。

この場合、売却仲介手数料”ゼロ”の会社は活用できる場合があります。

不動産仲介手数料”ゼロ”を活用して手数料分を安く設定する

そこで、売却仲介手数料”ゼロ”のメリットを最大限に活用です。

  • 1日も早く売却したいけど、安く買い叩かれるのは避けたい!
  • 同じマンションの他の部屋と差別化をしたい!

ということで、
本来の仲介手数料3%分を、売り出し価格から引いてあげるというテクニックです。

たとえば、同じマンション、同じ階、同じ間取りだとして

  • 貴方の部屋:マンション販売価格が9700万円
  • お隣の部屋:マンション販売価格が1億円

となれば、購入希望者からすれば、9700万円に魅力を感じるでしょう。

  • お隣の部屋は、1億で売れても、3%:300万円の仲介手数料を払うことで、実質9700万円が手元に残ります。
  • 貴方の部屋は、9700万円で売れても、手数料”0円”なので、9700万円が手元に残ります。

同じ、9700万円が残り、さらに早く売れやすいシチュエーションをもたらすのです。

不動産仲介手数料0円

不動産仲介手数料”ゼロ”の口コミ

不動産仲介手数料”ゼロ”を売りにしている会社は1つや2つではありません。

10年以上の実績のある会社もあります。

メリット・デメリット・リスクを考えらながら専任媒介契約から販売活動を行うわけですが、不動産売却手数料:無料の会社を活用した人の口コミをピックアップしてました。

ポジティブ

  • TV等で紹介されていた会社なので安心してお願いし100万円節約することができました。
  • 3%の手数料を支払うのは馬鹿馬鹿しいと思います。
  • 広告費を削減しているということですが、意外と早く買主が見つかりました。
  • SUUMOなどのポータルサイトには広告してくれたので、成約も想定内の期間でした。

ネガティブ

  • 仲介手数料無料を売りにする業者にロクなのいません。
  • 200万円値下げしたらそうですか?っと値下げ交渉してきた。
  • レインズに載ってないことが分かり、即別の会社に変更しました。
  • 手数料(3%)分の値下げを提案されました。

などなど

不動産仲介手数料”ゼロ”会社・まとめ

口コミを抜粋してみましたが、メリット・デメリットでも紹介したとおりの結果でした。

ただ、どの不動産会社にお願いしても”売れない物件”は売れませんし、相場より強気の金額であれば需給関係がマッチしなければ成約しません。

よって、仲介手数料”ゼロ”会社だから駄目だったとも言い切れないのが現状です。

ということで、
仲介料無料を唄っている会社はいろいろあるため、絶対やめろ!とか絶対おすすめ!とは言えませんが、シチュエーションにあわせて検討してみたらと思います。

紹介できる会社

REDS(レッズ):仲介手数料無料

仲介手数料無料 レッズ
大手業界紙でも注目の仲介手数料無料の不動産システム。
仲介手数料無料だから、より高く売却・価格交渉も。
東証一部上場の株式会社ヒノキヤグループのグループ企業:東京23区を中心にREDS(レッズ)

不動産売却の仲介手数料が最大無料

不動産売却の仲介手数料
不動産会社を通して物件を売買すると、3%+6万円 の仲介手数料が発生します。
REDS (レッズ)では、資質と経験を兼ね備えたベ テランスタッフのみでの運営による人件費の削減 と、店舗費や広告宣伝費の削減により、仲介手数料 の【最大無料】を実現。

両手仲介を狙わない。だから「早く売れる」

両手仲介
不動産会社は、仲介手数料を得たいがために、自社 だけで物件を「囲い込む」ことをしてしまいがちで す。
REDS (レッズ)では、お客様から売却の依頼を受 けたらすぐに不動産会社の情報ネットワークに物件 の情報を掲載。
多くの不動産会社での一斉に 販売活動を行うため、早期売却が期待できます。

売却専任エージェントだから「高く売れる」

売却専任エージェント
お客様の「代理人」となるエージェント制度です が、売主様と買主様のエージェントが一緒ですと、 両者のバランスをとってしまいがちです。
REDS (レッズ)では、不動産売却をご希望のお客 様に対しては、担当エージェントが売主様の利益だけを追求。

上場企業グループ会社のREDSだから売却後も安心

株式会社ヒノキヤグループ
「REDS (レッズ)は、東京証券取引所第一部に上場 「する株式会社ヒノキヤグループのグループの企業です。
上場企業グループの安定した基盤を活かして、 「法務・税務の専門家ネットワークを駆使したアフタ ーフォローで、売却にまつわるお客様の不安も解消!!

レッズ 手数料無料
REDS (レッズ)公式サイトはこちら

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました