不動産査定の重要性:通帳を確認するように家の資産の確認を

不動産査定 重要性マンション売る・マンション売却

日本人はどうしても現金が第一なので、
資産を銀行預金と考えている人が多いでしょう。

しかし、不動産もれっきとした資産ですし、その資産管理を怠ってはいけません。

そこで、今回はその資産管理・確認の方法として不動産査定の重要性を紹介したいと思います。

先に結論を言うと、
通帳記入で残高を確認するように、不動産査定で家の価値を随時確認してください。
スポンサーリンク

不動産査定 重要性

あなたの資産は今、どれくらいありますか?

という質問に対して、多くの人は銀行に幾ら預けているのか?
通帳の確認を行うでしょう。

もちろん、銀行預金も資産の1つです。

厳密に言うと流動資産です。
簡単に動かすことができる現金・預金・有価証券などになります。

  • 預金は基本的に、大きく増えることも・大きく減ることもありません。
  • 有価証券は、株や投資信託は、株価や報告書でその価値を定期的に確認することができるでしょう。
それに対して、
土地や建物などの不動産を固定資産というわけですが、この不動産は預金違って資産価値が上下動をします。
そこで質問
あなたが持っている家・不動産の査定を行ったことありますか?

多くの人は、
査定は売却するときにするものだと思っているでしょう。

しかし、それは間違いです。

人生で大きな買い物である不動産ほど、資産の比重が多いものはありません。

不動産査定は、通帳記入のようなものだと考えてください。

不動産査定が、人生設計・老後の資産つくりにどれ大事なのか?
その重要性は以下です。

不動産査定 重要性

老後2000万円問題

老後2000万円問題がニュースで報じられました。

実際には、2000万円では足りないと思いますが、
この趣旨は、若いうちから丁寧に資産形成をしていきましょう!という話です。

  • そんなこと当たり前と考える人
  • 急に言われてもという人
  • 今からでは間に合わないという人

いろいろいるでしょうが、その意識を変えていく大きなタイミングでもあるでしょう。

その第一歩が、
今ある資産を見直すことです。

家を持っていれば、不動産査定で家を価値を知る。
その価値が、

  • 妥当な価値なのか?
  • 上がりすぎているのか?
  • 下がりすぎているのか?

これが、あなたの不動産における投資の評価です。

買い替えで現金を残す

不動産価値が上がっているのであれば、資産運用として買い替えするのも1つの方法です。

買い替えは家を売り、新しい家を買うわけですが、

新しい家を購入する場合、
フルローンで購入すれば、家を売却した分のお金を現金化することができます。

たとえば、
10年前に3000万円のマンションを住宅ローンで購入し、地価上昇・資産価値が上がっていて同じ3000万円で売却できる場合。
住宅ローンは10年間で1000万円返済していれば、ローン残高は2000万円。
マンションを売却し、住宅ローン残を返済して1000万円手元に残りします。

新しく購入するマンションは同等レベルの3000万円のマンション。
このとき頭金を入れず、100%住宅ローンで購入(フルローン)で購入すれば、手元に1000万円が残るということです。

引っ越すという手間はかかりますが、

  • 運用するための現金
  • 万が一の時のための現金

が手元に残るのです。

この万が一の時のお金、現金を持っておくということは安心につながります。

不動産査定 現金

今は空前の低金利ですから、住宅ローン金利は1%未満。
手元にある現金(1000万円)を3%で運用するだけでも、資産運用になります。

マンションを活用した資産運用:老後の生活費の賢い稼ぎ方・運用方法
このページは、以前シークレットページとして公開していたページです。 自宅マンションの不動産価値を活用しながら、老後のための資産運用。 超低金利の今だからできる裏技的な運用方法です。 【こんな方におすすめ】 現在...

節税を活用する

上記の場合、住宅ローン控除の活用が可能です。

住宅ローン控除は新築マンション・中古マンション、どちらにも適用されます。

ただ、その期間は基本的に10年。

10年を買い替えのタイミングに据えることで、住宅ローン控除という大きな節税につながります。

築10年のマンション売却:新築マンション購入から10年後の考え方
このページは築10年のマンション売却についてまとめたページです。 マンション売却をスムーズに進めるためにも、是非、最後まで読んでいただき参考にしてもらえればと思います。 築10年のマンション売却 新築マンション購入...

不動産査定の重要性:まとめ

資産が上下動する不動産資産に関して、どうして多くの人は無関心なのでしょうか?

不動産査定を行えば、家の価値が分かりますし、あわせて近隣の売買状況も把握できます。

個人的に、無関心な人が減るとやっと日本人も老後に向けた資産運用の始まりではないか?
っと感じています。

通帳記入をするように不動産査定を行い、
その資産を確認するとともに、運用方法を考える思考は、
不動産という大きな資産を購入した人の基本的な行動だとも持っています。

安心して査定依頼できる一括査定サイトを活用することで、1回の登録で複数の査定をお願いすることが可能です。
ちなみに、

  • 家に来て査定する訪問査定
  • 室内を見ることなく近隣の状況から算出する机上査定

机上査定をお願いすることで、誰にも知られずにメールでやり取りも可能です。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました