仲介手数料を安くする方法!!マンション売却におけるマンションマーケットや仲介手数料50%OFFはお得?損?

仲介手数料を安くする方法仲介手数料

マンションを売るときに、

  • いつ売るか?
  • 高く売れるか?

など、ともに

  • どの不動産会社にお願いすればいいのか?

この問題にぶち当たります。

そこでよく見るのが、

  • 仲介手数料50%OFF
  • 仲介手数料 1%・2%
  • 手数料定額49.8万円

などの仲介手数料の割引を唄う文句。

仲介手数料を安くしたい

仲介手数料に関しては、3%が一般的。

  • 3000万円のマンションを売ったときの手数料は90万円
  • 1億のマンションを売ったときの手数料は300万円

ただ、この仲介手数料が50%OFF(1.5%)だったら・・・。

  • 3000万円のマンションを売ったときの手数料は45万円
  • 1億のマンションを売ったときの手数料は150万円

たった1.5%の上下だけで、手数料として支払う金額が、
引越し代のみならず新居備品購入レベルの金額が浮くわけですから、その手数料を無視できませんね。

仲介手数料が安いマンションマーケット

そこで、マンション売却の仲介手数料を深堀するとマンションマーケットという会社を無視できないことが分かりました。

結論から言えば、不動産仲介手数料定額”49.8万円” 

マンションマーケットさんは、
マンションナビで一括査定可能

マンションマーケット

マンションマーケットとは?!

売主からすれば、
マンションをできるかぎり高く売りたい!
ただ、その利益を最大化するには、手数料を安くしたい!
これを実現できるのが、マンションマーケットさんのスマート売却サービスです。

不動産仲介手数料に関しては、上記でも触れたように
多くの不動産会社は、法定上限である「売買価格の3% + 6万円(税別)」の手数料設定が一般的です。

しかし、マンションマーケットさんは、
インターネットによる業務展開に特化、またその効率化をはかることを実現。
マンションマーケット
よって、スマート売却なら必要な仲介手数料は、なんと定額49.8万円なのです。

たとえば
あなたのマンションの
売却価格が3,000万円の場合、90万円(税別)の手数料がかかりますが、
スマート売却なら必要な仲介手数料は、なんと定額49.8万円。つまり、約40万円も節約ができます。

売却価格が1億円の場合、通常300万円の手数料が、マンションマーケットさんでは定額49.8万円というわけです。

【条件】

  • 専任媒介契約限定
  • その他、+6万円(税別)がかかります。

マンションマーケットさん、これで儲かるの?

定額49.8万円はうれしいけど、マンションマーケットさんは大丈夫なの?
っと、気になる人もいるでしょう。

これは、不動産業界のカラクリとして、別ページで詳しく紹介したいと思いますが、
マンション仲介に限らず、不動産仲介・アパート(賃貸)仲介もそうですが、売主、貸主(オーナー)との契約:元付けを担う業者(元付け業者)になることは重要です。

簡単に言えば、売買や賃貸の契約が決まれば、手数料が入ってくるわけですから・・・。

ただ、それだけでないのがここのポイントです。
売主との専任媒介契約を行うことで、物件情報の広告展開のイニシアティブを握ることができます。

昨今では、購入希望者(買主)との接点は、ネット広告の非常が大きく
SUMOやアットホーム、Yahoo不動産などのネット掲載、業者専門のレインズへ掲載する権利を有するということで、購入希望者の集客がスムーズにできるというわけです。

SUMO

さらに、
お問い合わせ・資料請求をしてきた購入希望者は、資料請求をした物件しか検討しているわけではありません。

近隣の同条件物件、類似した間取り・価格帯など、複数の物件を検討材料に入れます。

要するに、
他社が管理している物件を紹介も可能なので、客付け業者(客付けを担う業者)として、買主からの仲介手数料も期待できるのです。

定額49.8万円という安さで売主との専任媒介契約の件数が増えることが、
購入希望者獲得に大きく寄与し、それが、買いの仲介・売りの仲介双方からの収益を生むビジネスモデルがマンションマーケットさんのカラクリと言っていいでしょう。

マンションマーケットさんを全て信じていいの?

マンション売却主としては、マンションマーケットさんなら、仲介手数料:定額49.8万円だし、いいじゃ~ん!
ということになりますが、注意しておかなくてはいけないこともあります。

それは、

  • 売主目線であるか?
  • 買主目線であるか?

ということ。

パターン①
専任媒介契約の5000万円の物件を自社で購入希望主を見つけ、その物件の売買契約が決まった場合 
売主からの仲介手数料:49.8万円
買主からの仲介手数料:150万円(5000万円・3%)
——————————————
合計:199.8万円

パターン②
専任媒介契約の5000万円の物件を他社が購入希望主を見つけ、その物件の売買契約が決まった場合 
売主からの仲介手数料:49.8万円
——————————————
合計:49.8万円

パターン③
専任媒介契約の物件の資料請求から、5000万円の他社の物件の客付け業者として売買契約が決まった場合
買主からの仲介手数料:150万円(5000万円・3%)
——————————————
合計:150万円

マンションマーケットさんの収益構造を考えると
パターン③が一番おいしいケース。

うがった見方をすれば、専任媒介契約の物件が売れてしまうと、ネットへの広告が終了してしまいます。

要するに、購入希望者の獲得が望めなくなります。

もちろん、意図的に売却を成立させないというわけではありませんが、定額49.8万円の裏側にあるものを少しは考えておくといいでしょう。

仲介手数料は安ければいいというものではない!

仲介手数料を安くして、相対的な売却益を高くしたい!
という気持ちは分かります。
しかし、安いからどこでもいいというわけではありません。

少なくとも不動産会社選びだけはしたほうがいい。
ちょっと目にした程度で、手数料の安さに手を出さないほうがいいだろう。

手数料に関しての裏話

あなたは不動産会社の営業だとしましょう。

自社の媒介契約物件で

  • ①手数料3%の物件
  • ②手数料1%の物件

があったとします。

      どちらの物件を売ると営業成績が伸びるでしょうか?
      上司から、どちらの物件を売るように命じられるでしょうか?

仲介手数料を安くしたい

結論は明確でしょう。
手数料を安くで、天秤に掛けられる可能性があることもリスクとして考えておいたほうがいいでしょう。

仲介手数料を安くするだけなくバランスが重要

今回は、仲介手数料を安くする方法として、メリット・デメリットを紹介しました。

手数料の裏話でも紹介されてもらったように、
同じ会社の中に仲介手数料の異なる物件があると天秤に掛けられてしまうため、
その意味では、定額49.8万円のマンションマーケットさんがおすすめだと思います。

ただ、バランスは重要であるため、まずはマンションマーケットをはじめとした複数の不動産会社に査定をしてもらい、

  • 相場の確認
  • 近隣状況・不動産市況の確認
  • 売却の流れの確認

4社くらいの担当者に話を聞くだけで、不動産売却への見識があがります。

そのために活用したいのが一括不動産査定サイトです。

一括不動産査定サイトにマンションマーケットも入っています

一括不動産査定サイトを活用したい理由

  • 厳密な審査・企業調査に合格した会社のみ登録されている
  • マンションマーケットさんも登録されている
  • 一回の申込みで複数社に査定依頼ができる
  • 大手の不動産会社への申込も可能
  • 机上査定(査定員が家に来ない形の査定)も可能

があります。

机上査定

仲介手数料に関しては、1%でも下げたいということであれば、訪問査定のときに交渉は可能です。

マンション売却するなら トピックス査定は素早く、売却は慎重に

早いもので10月、6月以降、緊急事態宣言の解除で徐々に不動産業界も動きだしました。

しかし、現状もかなりの停滞模様です。
新型コロナウイルスで世界的な景気後退は決定的になりました。
2021のオリンピック開催が救いとなりそうですが不動産市況の行方は混沌としています。

【不動産市況:今後の見通し】
不動産市況は経済よりかなり遅れてきます。

  • コロナ自粛・経済下火(4月)
  • 各種補助・給付・助成金で一時しのぎ(今)
  • 業績悪化・オフィス空室率上昇(秋・冬)
  • ボーナス減額・カット(冬)
  • 本格的第2波(ウイルスが活発になり、免疫力が下がる””)
  • 給料減額・ローン返済不能(1年後)
  • ペアローン(共働き夫婦)破綻急増(1年後)
  • 売り物件過多(2年後)
  • 不動産市況最悪(2年後以降)

今は、不動産価格が下がるという風潮の割に、下落が見られない状況かもしれませんが、確実に内覧数・売買件数は減りつつあります。

ただ、それが不動産市況です。

その証拠というわけではないが、
不動産査定を行うと、

  • 一般ユーザーに売却(仲介)する場合、高めの査定結果が出ます。
  • 逆に、不動産会社の買取の場合、かなりシビアな数字が提示されます。

不動産会社も自分が買い取るとなると非常に慎重な数字を出す、ダブスタ的な状況となっています。

自宅の資産価値はどうなっているか?

当たり前ですが、家を買った時の価格と今の価格は同じではありません。
場合によっては、購入した時より高いかもしれません。

このような状況を考えると、
《今から動いても売れるのは年を跨いでしまう可能性もあります。》

今は、早く売るという局面です。

ただ、少しでも高く売却を実現するためには、1つでも多くの一括査定サイトを活用し、査定額を確認し売却の近道を下がることです。
そこで、筆者もマンション売却時に活用した一括査定サイトを紹介します。

急いでいない方は2・3サイトへの査定依頼、早く高く売りたい方は、すべてに査定をおすすめします。
不動産比較

不動産会社によって、査定価格は会社によって様々です。

複数社の査定依頼で、あなたの物件の最高価格がわかります。

都心であれば、1000万のプラスになるか?500万のマイナスになるか?

地方であっても相場で高く売れる人・損する人の分かれ道ですので、是非、活用ください。

家の価値を確認

不動産査定の必要性は、分かっていただいたかと思います。

ただ、その一括査定サイトを活用すればいいのか?

家の情報・個人情報の流出は許されません。

実績と信頼、大手不動産会社の安心感抜きには語れません。

そこで、以下の2サイトを活用ください。

  • ②業界トップの大手(三菱地所ハウスネット、三井のリハウス、野村の仲介、東急リバブル、住友不動産販売など)に一括査定ができるのがすまいvalue
  • ①LINE風に会話形式で家の査定ができるイエウール

LINE風に会話形式で家の査定

登録に時間がかからない、マンション・家や土地などの不動産一括査定できるサイトです。

イエウール

カウンセラーが分かりやすく誘導してくれます。

名義人でなくても、また平米数や築年数が曖昧でも、不動産会社が確認して査定してくれます。

全国対応・無料・24時間OK

イエウール公式サイト

大手(三菱地所、三井、野村、東急、住友など)に一括査定ができる唯一のサイト

↓の感じで、物件の種類や住所などを登録するだけ

大手不動産査定

《安心感》で群を抜く、安定志向の方におすすめ

*各社、現状はオリンピック開催を前提としていますが、状況次第で大幅ダウンの可能性もあります。

住所や部屋の築年数、大体の広さ、連絡先を入力するだけなので活用ください。

《一括不動産査定の活用方法》

不動産査定において、
適当に複数の不動産会社に依頼すればいいと思っていませんか?
 
実は、それ大間違いです。
 
査定する意味もなく、売却失敗にもつながります。

テレビや冷蔵庫など型番がある商品は相場のブレは少ないですが、
不動産は、近隣状況・社会環境・権利関係など各々変わってきます。

それを見越して、簡単ツールでありながら幅広い情報を収集できるのが一括査定なのです。

多くの不動産売却成功者は、以下のことをしています。
マンション売却 成功
引用:マンションナビ

  • 普通に不動産屋に売却をお願いする時の査定
  • なかなか売れなかった時のために、不動産買取りの査定
  • 築古、事故物件、相続など訳アリの物件に強い、専門の仲介業者に査定
  • 売却後も、同じところに住み続けるリースバック
  • 査定は無料なので、最高額で売却するために成功者は複数の不動産会社に査定依頼を行います。

専任媒介にするか?一般媒介にするか?は、各社の担当者と相談の上、最終決定するといいでしょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました