優秀な有能な不動産売却の営業マン:勉強熱心・事前の準備を欠かさない

不動産売却 営業マンマンション売る・マンション売却

優秀な不動産営業マンとはどのような人なのか?

マンション売却とマンション購入では、若干求める資質が違います。

マンション購入の場合、
フットワークが軽く、情報集力に長けた営業マンが重宝されます。

不動産購入においては、よりいい物件を早くキャッチするある意味でマメな作業を必要とします。

レインズに掲載されたら即連絡してくれる営業マン、欲しい物件を伝えると即調べてくれる営業マン、当たり前かもしれませんが、これができる営業マンは意外といません。

私の知り合いは賃貸の仲介を専門に行っていますが、毎朝・昼・帰り際で3回、レインズチェックをしているとのことです。

小さい不動産屋ですが、信頼できるし親身に動いてくれる、私も沢山の方を紹介しています。

マンション購入時においても、このタイプが、付き合いたい不動産営業マンと言えるでしょう。

では、マンション売却における優秀な有能な不動産営業マンはどのような人材でしょうか?

スポンサーリンク

優秀な有能なマンション売却の営業マン

不動産売却と購入を比較すると

  • 購入は攻め
  • 売却は待ち

のスタンスです。

  • 購入の場合、積極的に獲物を探し続ける
  • 売却の場合、網を張り獲物がかかるのを待つ

よって、マンション売却における優秀な営業マンは
不動産購入の

  • フットワークが軽い
  • 情報収集能力に長けている

ことより、

  • 勉強熱心
  • 機転が利く

営業マンです。

勉強熱心

中古マンション売却で営業マンの作業・流れは

  • アプローチ
  • ヒアリング
  • プレゼンテーション
  • クロージング
  • アフターフォロー

になります。

買主と売主の間いに入り、売買を成立させるにあたり、
プレゼンテーションからクロージングへの流れをどれだけスムーズに進められるか?

この部分、営業マンの質が問われます。

  • 内覧前の事前情報
  • 内覧時の対応
  • 内覧後の詳細説明

例えば、マンション周辺の環境について

有能な営業マンは、近隣の

  • スーパー
  • 病院
  • コンビニ
  • ドラッグストア
  • 学校
  • 共有施設

を把握・勉強・下調べしています。

下調べするだけのことだと思いますが、多くの営業マンは行いません。

さらに優秀な営業マンは、実際に足を運びます。

購入希望者は、
新生活・室内のレイアウトなどの住環境をイメージするとともに、生活環境もイメージします。

その際、

  • 駅までどれくらいの距離なのか?
  • 駅の出入り口から改札、ホームまでは何分かかるのか?
  • スーパーまでどれくらいの距離なのか?
  • 病院(内科・耳鼻科・歯科)はどのあたりにあるのか?

を、説明できることでより具体的なイメージ・想像させることはできます。

事前情報をまとめる・頭に入れておく営業マンに出会えたら売却もスムーズでしょう。

ちなみに、
googleマップから近隣を地図をプリントし、
駅・コンビニ・病院・スーパーをマーカーでポイントをチェックしておくだけもいいので、営業マンに代わって用意しておくだけでもいいでしょう。
【売れない理由は営業マン?】売却理由をベラバラ言う”悪い不動産営業マン”
お付き合いをしている不動産営業マンから、 とある地域のファミリータイプ物件が、相場以上のいい値段で売買締結したという話を聞いていた時の一コマ。 そこで聞いた、営業マンとしてあり得ない行動、悪い不動産営業マンの話を紹介します。 ...

不動産売却 優秀な営業マン 

機転が利く

マンション購入は、人生でも大きな買い物だけに、購入希望者も慎重です。

とはいえ、購入に踏み切る後押しを求めてもいます。

機転の利く営業マンは、

  • 見ないところの説明
  • 心に刻み込む説明

の説明が上手な傾向があります。

内覧時の説明でも、

  • 「こちらがキッチンです」
  • 「IH調理器/IHクッキングヒーターになっています」

誰が見てもわかります。

そんな説明必要でしょうか?

少なくとも
IHなのでガス漏れの心配やタイマー管理ができるので調理が楽になります。
位は説明したいものです。

セキュリティがしっかりしたマンションであれば、

セキュリティの強調の仕方が違います。

  • 営業マン:「このマンションは最上位のセキュリティです。」
  • 内覧者:「そうなんですかぁ」
  • 営業マン:「24時間有人管理、各部屋セコムのセキュリティと連動しています。」
  • 内覧者:「セコムと連動は安心ですね」
  • 営業マン:「また、風除室・エントランス・エレベーター・玄関の4カ所(4段階)のセキュリティです。」
  • 営業マン:「さらに、自分の部屋の階以外にはエレベーターは止まりませんので、最近は海外の人(民泊)などもあるので安心です」
  • 内覧者;「これは安心ですね」

ここまで、説明で、購入希望者の心にセキュリティでの安心感は埋め込めたと言えるでしょう。

これが、後に来るクロージング時に、後押しになるのです。

マンション売却における営業マンは人間性・演出するチカラのある人を選択したい
人生でも大きな買い物と言える不動産。 家・マンションの買主の多くは、 初めて家を買う 初めてマンションを買う というシチュエーションですから、 仲介する不動産会社の営業マンの存在は大きいと言えます。 マンショ...

優秀・有能なマンション売却の営業マンの探し方

人間性というのは、どの業種にも求められます。

何千万円のお買物であるマンション購入ですから、売主はそれを仲介する営業マン、不動産選びを簡単に考えてはいけません。

  • 近所の不動産屋にお願いする
  • ポスティングに入っていた不動産会社にお願いする
  • 大手なら安心と即決する

慎重に考えたい・検討してほしいところです。

そこで、優秀な営業マンの探し方ですが、とことん、営業マンに会う、これだけです。

やはり会ってみるまで分かりません。

ただ、会ってみて好感触でも、実際に実務がでくないという人もいる。

調子の良い人です。

でも、それを判断できる目を持つことが、マンション売却で成功するポイントでもあります。

マンション売却するなら トピックス査定は素早く、売却は慎重に

5月はゴールデンウイークもあり、内見が多く意外と動く時期です。
と書きたいところ。

しかし、それほど甘くない状況になりつつあります。
新型コロナウイルスで世界的な景気後退は決定的になりました。
追い打ちをかけるかのように3月24日、オリンピック延期が発表されました。

【今後の見通し(最悪バージョン)】
不動産市況は経済よりかなり遅れてきます。
最悪の状態は2・3年後と考えます。

  • コロナ自粛・経済下火(今)
  • 各種補助・給付・助成金で一時しのぎ(これから)
  • 業績悪化(半年後)
  • 給料減額・ローン返済不能(1年後)
  • 売り物件過多(2年後)
  • 不動産市況最悪(2年後以降)

今は、不動産価格が下がるという風潮の割に、下落が見られない状況でしょう。

ただ、それが不動産市況です。

そのためにも、緊急事態宣言の発令で外出自粛の今のタイミングに査定を行い、どれくらいの金額の売れるのか?確認しておくことといいと思います。

本来、相場を知るだけなら、一括査定サイトを活用する必要はありません。
マンションレビューならメアド登録程度で、多少古い情報ではありますが簡単に住んでいるマンションや近隣の相場を知ることができます。

しかし、コロナショックによる不動産市況の動きは、想像を超える下落・動きが見て取れます。
正確な相場を知らないことには、販売価格も住宅ローン返済の計算、資産価値を図ることはできません。

不動産会社同士の競合という意味もある一括査定サイトは、コロナによってさらに重要性を成してきたとも言えます。

《不動産査定の考え方》

不動産査定において、
適当に複数の不動産会社に依頼すればいいと思っていませんか?
 
実は、それ大間違いです。
 
査定する意味もなく、売却失敗にもつながります。

テレビや冷蔵庫など型番がある商品は相場のブレは少ないですが、
不動産は、近隣状況・社会環境・権利関係など各々変わってきます。

それを見越して、簡単ツールでありながら幅広い情報を収集できるのが一括査定なのです。

多くの不動産売却成功者は、以下のことをしています。
マンション売却 成功
引用:マンションナビ

  • 普通に不動産屋に売却をお願いする時の査定
  • なかなか売れなかった時のために、不動産買取りの査定
  • 築古、事故物件、相続など訳アリの物件に強い、専門の仲介業者に査定
  • 売却後も、同じところに住み続けるリースバック
  • 査定は無料なので、最高額で売却するために成功者は複数の不動産会社に査定依頼を行います。

優秀なマンション売却の営業マンを紹介したい!!っと思ったけど・・・。
マンション売却で優秀な営業マン こんな小さなサイトにもたまにお問い合わせメールが届きます。 優秀な営業マンを紹介してほしいというものでした。 マンション売却は、営業マンのスキルが全てであると思っています。 そこで、最近届...
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました