南向きのマンションに異変?ベランダでの洗濯物・布団禁止を考える

南向きのマンションマンションコラム

最近、マンションの規約として布団干し禁止が増えています。

高層マンション、タワーマンションでは浸透してきました。

布団に限らず、洗濯物でさえベランダで干すのが禁止ということで、昔ながらの

  • パタパタという布団を叩く音
  • ベランダの洗濯を干す光景

が消え去りつつあります。

そこで思うのが、
南向き・日当たりがいいマンションのメリットが薄れつつあるのではないか?

今回は、
南向き・日当たりの良いマンションの資産価値、また、それに代わる重要ポイントも紹介したいと思います。

スポンサーリンク

南向きのマンション

風水や家相など特別なこだわりのある人、ない人関係なく、
昔から物件選びの中心に
南向きの家・マンション
は定番でした。

その定番は都心で今でも受け継がれ、

  • 隣同士がマンション・ビルであっても
  • 向かいに大きな建物があり、日当たりが悪くても

北向きより西向きより、南向きという馬鹿の一つ覚えのように浸透しました。

しかし、このところ、その南向きのマンションの優先順位が急激に下がっているように感じられます。

南向きマンション

南向きのマンションのメリット

日本では、ご存知の通り、太陽は東から昇り南の空を横切り西に沈みます。
南向きのマンションは、長い時間、日光が差し込むということが南向きの最大のメリットです。

  • 明るい
  • 冬でも温かい
  • 洗濯物乾きやすい・布団が干せる
  • ガーデニング・植物を育てやすい

等があります。

そのため、東・西・南・北、どの方角に向いているか?
新築マンションの設定金額において南向きマンションは最上位に位置しています。

南向きのマンションのデメリット

逆に、デメリットもあります。

日当たりがいい、温かいは、突き詰めれば、暑い、焼けるにつながります。

直射日光を受けた家具やフローリングは紫外線によって日焼けします。

また、夏は室内が蒸し風呂のように熱くなるため、エアコンは必須、光熱費に響いてきます。

お金の話であれば、上記で説明したように賃貸では家賃、分譲では販売価格に上乗せされます。

南向きのマンションの価値

まだまだ根強い南向き志向ですが、このところそのメリットを揺るがす事象が起きています。

それが、冒頭で紹介した

  • ベランダでの布団干しNG
  • ベランダでの洗濯物NG

です。

国や自治体で決定されたものではなく、マンションごとに決められている規約なのでマンションによってOK・NG様々です。

また、

  • 布団干しは、ベランダの手すりに掛けなければOK
  • 洗濯物は、ベランダでの手すりの高さより下に干すのはOK

など管理規約に差がありますが、少なからず昔とは違ってきたのは事実でしょう。

そもそもベランダでの物干し、なぜ規制する傾向になったのでしょうか?

ベランダでの布団干し、禁止の理由

ベランダで布団を干したり、洗濯物を乾かすという南向きのマンションで大きなメリットが、禁止されはじめた理由は大きく分けて2つあります。

それが、

  • 安全面
  • 景観

の2つです。

安全面

ベランダの手すりに布団を干し、それが風に飛ばされてしまったら・・・。

重力加速度を受けながら、そして抵抗を受けながら落下するわけえですが、

  • 加速しながら落下すれば、大事故につながるかもしれません。
  • 抵抗を受け、下の階のマンションのベランダ内に落ちたり、ガラスを突き破ったら迷惑になります。

高層マンションやタワーマンションが建ち始め、マンション規約に盛り込まれたルールが、中層のマンション、低層のマンションにも広がっているのが現状です。

景観

マンションの価値は住民で作っていくものです。

その1つとして景観があります。

ゴージャスなエントランスとは裏腹に
ベランダに布団が干してあったり、洗濯物が干されていると、どことなく団地の雰囲気を思わせる景観になってしまいます。

住民のエゴに聞こえるかもしれませんが、

  • 安全面を担保する
  • 景観を保つ

というのは、ゴミの分別などと同様に住民のモラルが10年・20年後のマンションに大きな差が生まれます。

24時間ゴミ出し可能なマンションの価値:ウリ文句にプラスしませんか?
マンション売却時のウリ文句はいろいろあります。 駅近 築年数 ターミナル駅 タワーマンション 最上階 ***小学校 学区内 床暖房 ディスポーザー 南向き トランクルーム 角住戸 宅配...

南向きマンション デメリット

南向きのマンションより今の時代重要視するもの

  • 布団が干せない
  • 洗濯物が干せない

南向きのメリットが薄れていることを考えれるとそれに代わる要素が浮き上がってきます。

それが換気と風通しです。

換気と風通し

外に洗濯物を干せないとなると、洗濯乾燥機もしくは室内干しの洗濯になります。

室内干しの問題点は、
生乾き・臭いなど気になることが多々あります。

我が家は、東芝のドラム式洗濯機で乾燥まで行っていますので、干すという作業はほぼないのですが、室内干しとなれば、それに関わる設備は無視できません。

設備面

  • 浴室乾燥は、浴室の床・天井・壁の水滴を拭き取るなど、しっかりした手順で行うことで室内干しが可能となります。
  • 24時間換気は、空気の循環・湿度の調整など体感的に快適感を実感できることはすくないですが、湿気を防いだり、マンションの構造的にも欠かせません。

立地・風通し

設備だけではありません。

南向きのメリットが薄れている状況で、室内干しを考えると風通しのいいマンションは無視できません。

風通しがいいと熱がこもったり、湿気でジメジメすることも少なくなります。

ただ、
風通しに関しては、上の階が良いとわけではりません。

実際に、内覧時に

  • オーナー:売主に確認
  • 実際に窓からの風通しを確認

したいところです。

私自身、12階に住んでいた時より3階の方が風通しは良かったですし、5階に住んでいた時は、北向きにもかからず、西日が適度に入り、風通しも適度に入る理想的な環境でした。

南向きマンションの価値

南向きのマンション:まとめ

角部屋・南向きのマンション北向きの暗い部屋と比較すれば、間違いなく角部屋・南向きでしょう。

ただ、布団や洗濯物が干せないとなると、そこに求めるもの、優先順位が変わると思います。

24時間換気や浴室乾燥などをしっかり完備しているのか?

この辺りは、今後、今以上にクローズアップされていくと考えられます。

またマンション売却において、
北向きだったとしても、風通しがよかったり24時間換気や浴室乾燥はフォローにも繋がるでしょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました