1. TOP
  2. 司法書士への報酬について

司法書士への報酬について

司法書士への報酬

司法書士

マンション売却の司法書士への報酬

マンションを売る時には、マンションが幾らで売れるのかと言った査定を受ける事になります。

  • 査定の方法には机の上で数字などのデータを基にして行う方法
  • マンション売却の対象となる物件を見て貰い、建物全体や室内の状態、そして数字データや近隣エリアでの売却価格などを加味してマンション売却価格を決める方法

の2つが在ります。

関連記事;マンション査定の豆知識、訪問査定と机上査定:売却相談について

マンションを売るときの司法書士への報酬

ただし、机の上で行われる査定と言うのは、現状の把握が出来ていないため、マンションを見て貰った時に査定額が上昇する事もあれば下がる事も在ります。

実際にマンションを売却となる場合は、相場と室内の状況をもとに金額を決定し、資料請求や内見などの動きを見ながら1か月半ごとに金額を調整していきます。

マンション売買契約が完了することでマンションの所有権が変更となり、
住宅ローンを利用してマンションを購入している場合には銀行が設定している抵当権の解除などと共に、事務処理が行われます。

所有権の変更と言うのは
登記の抹消手続きが必要になりますし、抵当権の解除などの場合は法律が関与してくるため司法書士に依頼をするケースが多くなっています。

登記の抹消手続きや抵当権の解除など書類の作成から手続きに至る全ての作業を司法書士に依頼をすることになるため、マンション売却時には諸経費の一つとして司法書士への報酬と言う費用が必要になる事を覚えておくことが大切です。

抵当権の解除

マンション売る