住宅ローン返済中ならば、団体信用生命保険を元に保険を考えよう!死亡保険の代わりになる?借り換え時に見直し?

保険

今回は、マンションを持っている人なら当たり前に加入しているであろう団体信用生命保険(団信)について紹介します。

  • 見直しは必要?
  • 死亡保険の代わりになる?
  • 借換え時の加入はどうする?

団体信用生命保険とは

住宅ローンの返済中に

  • 死亡した場合
  • 高度障害が発生した場合

にローンの残債を肩代わりしてくれるのが、この団体信用生命保険、通称”団信”です。

金利に保険料が上乗せされるので、入っているのを忘れている方もいるでしょう。

住宅ローンの返済中の方なら、フラット35を除いて強制加入になっているものなので、ぜひ確認してください。

ちなみに、そのフラット35でも平成29年10月1日申し込み受付分から団信付きになっています。

団体信用生命保険:団信の特約は各行さまざま

この団信ですが、基本は「死亡した場合や高度障害が発生した場合」のみを保障します。

ただし、各銀行のプラン次第ですが、特約(オプション)が増えているのが現実です。

  • ガン保障特約付き
  • 3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)保障特約付き
  • 7大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中に糖尿病、高血圧疾患、肝疾患、腎疾患)保障特約付き
  • 8大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)保障特約付き
  • 11大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎・大動脈瘤および大動脈解離・上皮内新生物・皮膚がん)保障特約付き
  • 就業不能保障保険

など、
介護保障特約や配偶者が連帯債務者の場合には、夫婦連生団体信用生命保険も活用できることもあります。
*もちろん、そのオプション分は金利に上乗せされます。

団体信用生命保険

借換えのタイミングでも

この団信の特約ですが、ローンの借り換えをするタイミングでも付け加えることができます。

繰り上げ返済を予定している方は、
その点を考慮して生命保険の特約や疾病・医療保険とこの団信の特約とは切り分けて考える方が有利かもしれません。

その観点から借り換え時は、今入っている生命保険・団信の内容と比較しながら、特約をつけるべきかを考えるといいでしょう。

また、健康上の理由で団信にご加入できない方用にワイド団信付住宅ローン(ワイド団信)というものもありますので、借換え時に活用を検討するのもおすすめです。

団体信用生命保険(団信)で生命保険は十分か?

それでは、団体信用生命保険に入っていれば、死亡保険を含む生命保険はカバーできるのか?

友人が、団信と生命保険を一緒に考えていたので、
バカバカしい話でそんなの当たり前と思うかもしれませんが、簡単に紹介したいと思います。

ローンの返済中に適用

まず、前提として知っておかないといけないのが、団信はローンの返済中しかカバーされません。

じゃぁ、ローン返済中なら安心だ!っと思っていいのでしょうか?

住宅ローンの返済が免除される保険

団信は、何か不足の事態(死亡など)に、住宅ローンの返済が免除される保険です。

死亡保険金のように、遺族に支払われるものではありません。

極端な話
3000万円のマンションを購入時に2500万円の住宅ローンを組んだとします。
住宅ローンを24年払い続け、ローン残が100万円となったときに、ローンを組んだ人が亡くなった場合、ローン残高の100万だけが免除されるものです。

また、3大疾病と認められた場合、

住宅ローン残高は免除されますが、通院費や治療費・入院費が支払われるものではありません。

住宅ローンのない不動産・マンションの相続できる

要するに、加入者が亡くなった場合、
住宅ローン完済の不動産・マンションを相続できるわけですから、残された遺族としては大きな資産になります。

しかし、ローン負担は無くなったとしても、生活するための費用・生活費が保障されるわけではありません。

当たり前ですが不動産(一軒家・マンション)を売却してはじめて、生活費のための現金を手に入れられるのです。

団体信用生命保険 加入義務

団体信用生命保険と遺族年金

住宅ローンの返済中に死亡した場合や高度障害が発生した場合を考えると、
遺族・家族には住宅が保障され、条件(国民年金・厚生年金保険の被保険者)を満たせば遺族年金も支払われます。

ただ、遺族年金に関しては、
自営業やフリーランスなど、遺族年金が少ない場合は遺族年金だけで生活費を賄うのに十分とは言えないこともあります。

また、特約をつけていても、特約に満たない理由で健康状態が悪化して退職してしまった場合、

  • 生活費をこれ以上切りつめようがない
  • 不健康がゆえに払わねばならない生活費が上がってしまう

場合もあります。

そのような場合を考慮すると、団信があれば、また団信の特約をつけさえすれば、生命保険が十分であるとは言い切れません。

団体信用生命保険と生命保険をライフステージに照らし合わせる

住宅ローンを契約している人の多くはファミリー層です。

特に小さなお子さんを抱えている場合には、今後のお子さんの教育費がかさんでいくことを考え、遺族が十分に生活していけるだけの死亡保険も必要となるでしょう。

会社員

会社員ならば、会社の福利厚生の中に法人保険として養老保険・ガン保険などがある場合もあるかもしれませんので
それが活用できれば、自分の生命保険の保険料を削減できるかもしれません。

自営業

自営業やフリーランス、経営者の場合は、より緻密に保険料と保険という権利を確保しなくてはいけません。

独身者

また、独身であっても(誰も扶養していない場合であっても)、自分の老後と葬祭費用、疾病・傷害のことを中心に生命保険を考える必要があるでしょう。

団体信用生命保険 見直し

プロに相談:団体信用生命保険と生命保険を相談

団体信用生命保険をベースに特約をどう組み込むか?

併せて生命保険の見直し兼ねて資料を揃えてFPに相談も1つの方法でしょう。

保険家族

保険家族は、ファミリー層を中心とした皆様へ、無料の見直し相談を提供しています。
相談は完全無料です。お客様のご都合に合わせて、場所と時間をお決めいただけます。
保険家族

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました