女性の不動産営業スタッフの方がおすすめかも?:マンション売却は男性・女性どちらが営業がいいか?変更は可能?

不動産会社 女性スタッフマンション売る・マンション売却

一概に不動産と言ってもその種類は多岐にわたり、

  • デベロッパー
  • 不動産仲介(賃貸・売買:流通)
  • 不動産管理
  • など

さらに、そこから業務に細分化されます。

今回は、その中から、マンション売却に必要不可欠の不動産仲介の営業スタッフ(営業マン・営業ウーマン)にスポットをあて

男性と女性の不動産営業スタッフ

  • どちらがいいのか?
  • 変更は可能?

などについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

女性の不動産営業スタッフ

不動産業界にもたくさんの女性スタッフがいます。

事務だけでなく、営業スタッフにも多くの女性を見かけます。

それでは、不動産営業において、

      男性スタッフ
      女性スタッフ

どちらが担当につくとメリットが多いでしょうか?

お互いに良さ

  • 男性は、経験をウリにしていくことに長けています。
    今までの経験則から、最適な答えを導き出し、営業に反映させます。
  • 女性は、丁寧な説明と気配りに長けています。
    その1例として、内覧時に隅々まで説明を行ってくれるのが女性の特徴の1つです。

もちろん、人それぞれ個性がありますし、経験年数で自分のスタイルを確立していますが、全体的なイメージとして間違っていないでしょう。

淘汰されていくもの

なんだかんだ言っても営業の世界、結果が求められます。

昔から男社会だったこの業種に女性が進出し、女性の地位をしっかり勝ち取りはじめたのが今の状況なので、

男性・女性で言えば、女性のスタッフの方がどっしりしている傾向があります。

そもそも不動産業業界は離職率が高いため、
久しぶりに連絡した営業スタッフが離職していたり、他の不動産会社に転職をしていたりすることも多々あります。

また、会社すらなくなっていたり、統合されていたりすることもあります。

その意味で、経験と実績を積んだ女性スタッフがベテランになればなるほど、説得力・決断力に磨きがかかるようにも思います。

不動産売却 営業ウーマン 

不動産営業スタッフ:女性がおすすめ?

マンション売却において、不動産会社選びと営業スタッフ選びは非常に重要です。

不動産一括査定を行い、
不動産会社から任命された営業スタッフと実際に会って、今後のプランを説明してもらい、
この人なら任せられる!っと思う人と媒介契約を行うわけですが、初めてあった人が有能なのか?
正直、分からないものです。

優秀なマンション売却の営業マンを紹介したいと思っても、エリアが違えば、満足な営業を望むことはできません。

優秀なマンション売却の営業マンを紹介したい!!っと思ったけど・・・。
マンション売却で優秀な営業マン こんな小さなサイトにもたまにお問い合わせメールが届きます。 優秀な営業マンを紹介してほしいというものでした。 マンション売却は、営業マンのスキルが全てであると思っています。 そこで、最近届...

となると、
最初の段階で、

  • 女性スタッフ
  • 男性スタッフ

の選別をした上で、営業スタッフを選ぶのも1つの方法かもしれません。

例えば、
居住中でマンションを売却する場合、
居住している以上、生活感をぬぐうことはできませんん。

となると、少なからず室内のイメージに支障が起きます。
その細かな問題点を見つけることがデキるのが女性スタッフであったりします。

  • キレイにしなくてはならない所
  • 片づけないといけない所

また、内覧する女性ウケするアピールポイントも提案してくるかもしれません。

ついでに高級マンションを売却する場合は、
これは女性・男性関係なく、安心感が問われます。

たまに、賃貸マンション仲介の営業マンに金髪のチャラチャラした人を見かけます。
人を見かけで判断するのは良くないですが、あまりいい印象を受けません。

高級マンションを買う層は、安心感・清潔感、そこに信頼感を重視します。
各営業所も物件の質によって、女性・男性に限らず営業スタッフを配置しています。

不動産営業スタッフ:女性に変更は可能?

不動産営業マンは実際に実務を確認するまで、その判断はつきません。

よって、単純に男性がおすすめ!女性がおすすめ!という結論は出せませんが、

もし、一般媒介契約で複数の不動産会社と媒介契約を結ぶのであれば、是非、女性も同じ割合で入れることをおすすめします。

一般媒介契約はある意味、チーム戦のようなものです。

お互いの不動産会社の営業マンはライバル関係にありますが、上がってくる情報は、共有してこそ早く売買が進むものです。

内覧者から受けたマイナスイメージを払拭するために、対応策を考え、それが効果的であれば他の営業スタッフに伝えることで、より売りやすくなります。

その意味でも、女性目線は1つの切り口になるともいます。

そこで、営業マンを女性スタッフに変更することが可能なのか?

答えはYSEです。

ただ、変更をお願いするのも気が引けますし、

媒介契約を切るのも今後のことを考えるとなかなか判断できるものではありません。

できれば、
最初の段階で、女性の営業スタッフに依頼しておきたいところですし、
追加で不動産会社を増やすときに、査定時に女性スタッフをリクエストしたいところです。

不動産 女性スタッフ

不動産営業の女性スタッフ:まとめ

今回は、不動産会社の営業スタッフである女性の営業ウーマンについて考えてみました。

男性は男性の魅力・メリットがあります。
女性にも女性ならではの視点があります。

もし、今、営業スタッフが男性であれば、女性の視点でどのような売却方法をするのか?

試してもいいかもしれませんね。

不動産一括サイトで簡単に、不動産会社とコンタクトが取れますので、ご活用ください。

マンション売却するなら トピックス査定は素早く、売却は慎重に

5月はゴールデンウイークもあり、内見が多く意外と動く時期です。
と書きたいところ。

しかし、それほど甘くない状況になりつつあります。
新型コロナウイルスで世界的な景気後退は決定的になりました。
追い打ちをかけるかのように3月24日、オリンピック延期が発表されました。

【今後の見通し(最悪バージョン)】
不動産市況は経済よりかなり遅れてきます。
最悪の状態は2・3年後と考えます。

  • コロナ自粛・経済下火(今)
  • 各種補助・給付・助成金で一時しのぎ(これから)
  • 業績悪化(半年後)
  • 給料減額・ローン返済不能(1年後)
  • 売り物件過多(2年後)
  • 不動産市況最悪(2年後以降)

今は、不動産価格が下がるという風潮の割に、下落が見られない状況でしょう。

ただ、それが不動産市況です。

そのためにも、緊急事態宣言の発令で外出自粛の今のタイミングに査定を行い、どれくらいの金額の売れるのか?確認しておくことといいと思います。

本来、相場を知るだけなら、一括査定サイトを活用する必要はありません。
マンションレビューならメアド登録程度で、多少古い情報ではありますが簡単に住んでいるマンションや近隣の相場を知ることができます。

しかし、コロナショックによる不動産市況の動きは、想像を超える下落・動きが見て取れます。
正確な相場を知らないことには、販売価格も住宅ローン返済の計算、資産価値を図ることはできません。

不動産会社同士の競合という意味もある一括査定サイトは、コロナによってさらに重要性を成してきたとも言えます。

《不動産査定の考え方》

不動産査定において、
適当に複数の不動産会社に依頼すればいいと思っていませんか?
 
実は、それ大間違いです。
 
査定する意味もなく、売却失敗にもつながります。

テレビや冷蔵庫など型番がある商品は相場のブレは少ないですが、
不動産は、近隣状況・社会環境・権利関係など各々変わってきます。

それを見越して、簡単ツールでありながら幅広い情報を収集できるのが一括査定なのです。

多くの不動産売却成功者は、以下のことをしています。
マンション売却 成功
引用:マンションナビ

  • 普通に不動産屋に売却をお願いする時の査定
  • なかなか売れなかった時のために、不動産買取りの査定
  • 築古、事故物件、相続など訳アリの物件に強い、専門の仲介業者に査定
  • 売却後も、同じところに住み続けるリースバック
  • 査定は無料なので、最高額で売却するために成功者は複数の不動産会社に査定依頼を行います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました