マンション査定で掃除は必要ですか?高評価?高く売れる?

マンション査定で掃除は必要ですか?高評価?高く売れる?

マンション査定をする前には必ず掃除をしておいてください。

掃除をしているかどうかでマンション査定額が変わってくるからです。

と、結論から書かせてもらいましたが、
マンション査定には、いくつかのテクニックがあります。
その中の1つが、掃除を含めて印象という部分です。

マンションの価値:掃除

マンションの査定額というのは建物そのもの価値(立地、築年数、近隣の現状環境、今後の見通し、マンションにおける事件の有無など)だけではありません。

  • やはりキレイなのか?
  • 丁寧に使われていたのか?

という印象の部分も大きく左右します。

劣化が少なく見えるだけで、見た目にもきれいということで、中古でも売れやすくなるために、マンション査定額がアップするのも納得がいくでしょう。

また、きれいに保たれていることによって、きちんととした人が使っていたマンションということで高い評価を得られやすいのです。

この点においては、日ごろのマンションは手入れの仕方によって劣化具合が違ってきますので、しっかりと掃除をしている方のマンションならその後もトラブルが出にくいという通説みたいなものがあります。

とはえい、
普段はあまり掃除をしない方もおおいでしょう。

そんな方は、査定前に、きっちりと掃除しておくことがポイントとなります。

壁やフローリングについている汚れに関しては、しっかり掃除しておきたいところです。

掃除もプロに任せるのもおすすめ

上記の通り、掃除をしっかりし、少しでも清潔感のあるお部屋にすることが、査定額アップにおすすめということを紹介しました。

しかし、掃除だけでは済まない箇所もあると思います。

壁の穴、床の傷などは、小手先の掃除や手直しではどうにもならないと思います。

そんなときは、積極的に掃除のプロ、壁紙の張替え、プチリフォームまで検討することをお勧めします。

例えば、壁紙がそれです。
壁をキレイに拭こうとしても、黄ばんでしまっていたり、また、傷まで取り除くことは難しいでしょう。

是非、壁紙の張替えくらいは行ってください。
これを行うだけで、断然、査定額があります。

ここでのポイントは、全室、クロスを張り替える必要はありません。
寝室などは基本的に汚れていない場合もありますので、リビングだけでもその印象を大きく変えることができますし、クロスを張り替えたことを、マンション査定員に伝えるだけでその分、査定額アップは間違いありません。

問題の相場ですが、1部屋30000円~位を見ておくといいでしょう。
クロス張替え面積によって変わってくるので相場ですが、この程度の出費で余裕で元が取れます。

>>クロス張替えの見積もりサイトはこちら
https://www.renoco.jp/
*一括で業者比較ができるので最安値業者を見つけるのにおすすめです。

リノベーションで査定額アップ

不動産物件買取会社の中でも、リノベーションを主に行っている会社の場合、安く仕入れて、そこに手を入れて高く売るという流れでビジネスが成り立っています。

私の知人も、
200万程度かけてリフォームし、500万ほど上乗せしてマンションを転売していました。

これは、プロだけに限りません。
個人でも、容易に手の出せる範囲です。

特に、築年数が経っている古いマンションであったり、駅から遠いなどのデメリットを抱えているマンションにおいては、このリフォームを行うことで、強気の金額で押し通すことが可能となります。

例えば、キッチン
古いマンションの場合、キッチン1つで、年代を感じてしまいます。
さらに、マンション購入の最終的な決定者は奥さんであることが多いため、キッチンのリフォームだけで、成約率もアップします。

【リフォーム後】
キッチンリフォーム

リビングルームも代表的な1つ
リビングルーム リフォーム
フローリングとクロスを変えるだけでも、生活感が一気に変わり、築年数を感じさせなくなります。

リフォームして高く売れるの?

リフォームやリノベーションにお金をかけることで査定額、売却があがるのか?
素朴な質問・疑問を持っている人もいるかもしれません。

マンション・不動産の売却に関しては、買主と売主の相違があっては売れません。
同じような場所に同じような部屋があった場合、買主はお互いのオーナーに減額をもとめることでしょう。

しかし、同じような地域に、個性的な部屋があった場合、多少金額を積んでも買いたいという買主がいるのが現状です。

要するに、少しでも違いを見せることが、高額売却のポイントとなりますし、そのポイントが掃除であったり、リフォームであったりするのです。

掃除だけで、これだけで査定額が数十万違ってくることもあるのです。
たかが査定を侮ってはいけません。

▲ページトップに戻る