海外の不動産投資を考える:メリット・デメリット

海外不動産投資マンション投資・不動産投資

最近、海外の不動産投資の話をよく聞きます。

利回りが良かったり、地価上昇が期待出来たり、ある意味、魅惑の地だからこそ気になるのが海外の不動産投資です。

そこで今回は、
海外の不動産投資についてメリット・デメリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【物件情報無料サービス】
匿名で物件リクエストをして不動産投資にまつわる相談やお問い合わせができる無料サービス!!
気に入った物件があったら、個人情報を開示してそのまま不動産投資会社と商談へ進むことができます。

不動産投資 海外

海外の不動産投資について、
私個人としては、まだ手をつけていませんし、今後、手を出すかと問われると可能性は低いですが

  • シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジア、フィリピンなどの東南アジア不動産投資
  • ハワイやロサンゼルス、テキサスなどのアメリカ不動産投資
  • オーストラリアの不動産投資

など、いろいろ話が来ます。

不動産投資は、

  • 購入価格
  • 利回り
  • 出口(キャピタルゲイン)

などを基本としますので、
話を聞く限り、うま味十分の投資と感じることもあります。

メリット

海外の不動産投資の中で、特にアジア投資の場合、

  • 経済成長
  • 人口推移

などをウリにしています。

経済成長や人口増加により市場が盛り上がれば、需要も増えますし賃金も上がります。
家賃収入(インカムゲイン)も増える可能性もありますし、安定感も増します。

需要が上がれば、売却(キャピタルゲイン)によって譲渡益も計算できます。

もう1つ挙げるとすれば、通貨分散にもなります。
円だけでなく、複数の通貨を組み合わせることでリスク分散にもなります。

メリットがあれば、逆にデメリットもあります。

デメリット

海外の不動産投資のデメリットとしてカントリーリスクがあります。

戦争が起きることはないかもしれませんが、国の状況が変わることもあるのが新興国です。

また、通貨分散が為替リスクになる場合もあります。

そして一番の懸念点が不透明な部分が多いところです。

そもそも、国が違えば言葉が違い、国民性が違い、法制度も違います。

簡単に物件を見に行くこともできませんので、
代理人や仲介会社に委託する形になりますので言いなりになりがちです。

物件選び、融資、管理を任せることは悪いことではないですが、
不動産においては、良い事ばかりではなく悪い事、問題も起きます。

その時、しっかりした対応をしてくれる会社と逃げる会社、また、オーナーの意向を聞かない会社もあります。

オーナー自身が知識不足なため、強く言えず、うやむやになってしまうこともあります。

個人的に面倒くさがりなので一任したいタイプですが、国外じゃなくても国内でいいかな?っというのが筆者の想いです。

海外 不動産投資

海外の不動産投資ならリスク分散として

メリット・デメリットのある海外の不動産投資ですが決して否定はしません。

日本人はどちらかと言うと言語の問題もあり、海外移住にも抵抗があります。

それ以上に日本の方が

  • 住みやすい
  • 安全

という意識があるため、積極的に外に出る必要がないのかもしれません。

それもあってか、海外不動産投資という言葉だけで大丈夫?という不安を抱いてしまうのはしょうがない事かもしれません。

ただ、投資は不動産に関係なく分散が基本ですから、
株式・債券、国内不動産、海外不動産投資、満遍まんべんなく行うことはある意味、健全な投資と言えるでしょう。

国内だけでなく海外も

国内である程度、不動産投資で資産を築いているのであれば、海外に不動産を持った方がいいでしょう。

知見を広げる意味もありますし、リスク分散だけでなく更なる高みを目指す意味でもいいでしょう。

経費・福利厚生

不動産投資という観点だけでなく、海外に不動産を持つということは、その地に行くことは、経費に計上できます。

ハワイに不動産を持つことで、ハワイ旅行は物件確認・不動産会社との打ち合わせなど経費に計上できます。

よって、好きな国があるのであれば、その国に資産を持つことも福利厚生として活用できるので悪くないでしょう。

ちなみに、不動産を持っていなくても、海外旅行を視察として経費に計上することもできます。
しかし、それはあくまでもそれなりに海外に物件も所有し説得力のある計上が出来てのこと。
税部署が入らないから大丈夫ということで、雑な形状をしている人もいますが、厳密にはNGです。

海外不動産投資:まとめ

海外不動産投資は、都心の物件が上昇しているだけに選択肢として挙がってくるのは納得です。

リスクを取りながら投資をするとはいえ、レベルが高いのが海外不動産投資だと個人的に考えています。

国内でも都心だけでなく、まだまだ面白い物件がたくさんあります。

人口は減少傾向かもしれません。

地方の過疎化・空き家は増えていくかもしれません。

だからこそ、仕込める物件が増えている・ライバルが少ないとも言えます。

海外不動産投資 リスク 

筆者は、不動産投資セミナーに参加するのが好きなので、
いろいろな情報やたくさんの知り合いから情報をもらうのでタイミング次第で海外投資を始めるかもしれません。

ただ、1つ言えることは、不動産投資は

  • 国内・海外(都心・地方・田舎)
  • ワンルーム・区分
  • 一軒家
  • 一棟
  • ビル

などの様々特性をもっているので、少しでも知っておくといいでしょう。

おすすめの不動産セミナーや海外投資セミナーがあれば、随時紹介したいと思います。

《無料不動産投資セミナーはこちら》

物件を買って・人に貸すだけでのシンプルな不動産投資ですが投資スタイルは複数あります。
そして、本には載っていない、また数倍の知識を得ることができるのがセミナーです。

このページでは、多種の不動産投資セミナーを紹介していますが、質問事項を事前にまとめてセミナーに参加することをおすすめします。
例えば、

  • 現在の年収で、どれくらいのローンが下り、いくらくらいの物件が購入できるのか?
  • 20年後、30年後の資産シミュレーション
  • ローン返済以外にかかる費用
  • 急な出費のタイミングやその金額

セミナーで即決する必要はありません。
ただ、不安や疑問を少しでも解決できると本格的に不動産投資・オーナーに近づけます。

筆者独自の★の判断を表示しています。

【J.P.Returns 株式会社:★★★★★】
都心の築浅中古マンションを取り扱い、物件集めにも定評があります。
【無料セミナー随時開催】
>>個人面談はこちらから
【リノシー:★★★★★】
AIを活用したワンルームマンション経営
【無料相談随時開催】
>>リノシーの詳細はこちら
【建築商売:★★★】
高利回りの遊休不動産・空き家投資
回収36ヶ月〜民泊ではないホステルビジネスフランチャイズセミナー
ホステルビジネスフランチャイズ投資詳細はコチラ
【セカオピ:★★★★★】
不動産鑑定士や金融や投資に強い1級ファイナンシャルプランナーなど専門性の高いセカンドオピニオンサービス
あなたになった形を提案してくれます。
【無料相談随時開催】
>>セカオピの詳細はこちら
【不動産投資スクール:★★★★★】
2人に1人が大家さん、不動産投資の学校
【無料相談随時開催】
>>スクールの詳細はこちら
マンション投資・不動産投資海外
マンション売るなら@不動産売却体験談・㍇売却のポイント
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました