築浅マンションを売却する時の注意点・不動産会社選びが大きなポイント

築浅マンション売却マンション売る・マンション売却

マンション売却と言っても
築浅物件もあれば、築古物件もあります。

今回、築浅マンションの売却について紹介しますが、
現状の新築マンション価格の上昇をみても築浅マンション需要は高いですから、
賢い売り方ができれば、都心・地方関係なく相場以上に売ることはできると思っています。

そこで、築浅マンションを売却する時の注意点・不動産会社選びについて紹介したいと思います。

築浅マンション売却

築浅マンションの売却の前に、築浅物件を考えてみましょう。

築浅マンションに具体的な定義はありません。

3年以内、5年以内、8年以内、10年だと少し経ちすぎている・・・というニュアンスで語られるため、今回は5年以内を築浅マンションという定義で進めたいと思います。

綺麗・新しい

築浅物件の魅力は、
なんといっても(それなりに)新しいということでしょう。

室内に劣化は見られず、エントランスなど共用部も綺麗でしょう。

設備に目を向けると
築10年・15年を超えると、

  • 設備は時代遅れ
  • 設備の故障

のリスクまで生まれます。

築浅マンションであれば、
設備はそれなりに新しいですし、故障の心配も少ないでしょう。

築浅マンション 売却

購入金額

築浅物件と言っても、新しさで言ったら新築マンションでしょう。

ただ、冒頭でも紹介しましたが、
新築マンションの上昇が半端ありません。

  • 資材の高騰
  • 人件費の高騰

都内であろうと地方であろうと、建築費の高騰は、新築価格の上昇を避けることができません。

建築コスト高騰とマンション価格の関係:新築より築5年のマンションの方が、実は価値が高いかも!?
建築コスト高騰とマンション価格 昨今の新築マンション価格の上昇は、 土地購入・土地確保による取得費用もありますが、それにあわせて建築コスト高騰も要因の1つです。 そこで今回は、建築コスト高騰とマンション価格の関係について紹介し...
さらに、都心では、

  • 土地価格の値上がり
  • 土地取得の難しさ

もあり、新築マンション販売実績も伸び悩みを見せているのが現状です。

新築マンションの場合

  • 宣伝広告費
  • フルカラーのパンフレット
  • 物件専用のオフィシャルサイト
  • モデルルーム(用地確保・モデルルーム設置)

そこに、人件費がかかってきますので、中古マンションとは雲泥の差でお金がかかっています。

新築プレミアとも言われ、住み始めた瞬間(中古マンション)から15%ほどの価値が低下します。

新築マンションが中古になった瞬間に築浅マンションになるというわけです。

新築プレミアを考える:新築マンション購入時のチェックポイント
新築プレミアって? 新築プレミアという言葉を聞いたことがあるでしょうか? プレミアを「プレミアム」の略ともいわれていますが、 新築マンション = プレミア”ム”(高級な)マンションというわけではありません。 不動産でいう...

築浅マンション売却のポイント

新築に比べ価格も抑えられ、需給関係でも優位に立てる築浅マンションですから、
そのメリットを最大限活かしマンション売却にのぞみたいところです。

そこで、築浅マンションを売却するポイントですが、

不動産会社選び

マンション売却において、一番重要なのが不動産会社選びです。

築浅物件でも同じことが言えます。

不動産会社選びを間違えなければ、
引渡しまで売主は、特別に難しい手間もトラブルも迷い・悩みなく進みます。

逆に、不動産会社選択を誤ると
売れない悩み、営業マンへの不満、安値売却、そもそも売れないという負のスパイラルに陥ります。

媒介契約

その不動産会社との付き合い方が媒介契約です。

  • 1社に任せる専任媒介契約
  • 複数社にお願いする一般媒介契約

この判断は、築浅物件のメリットを活かす上で非常に重要な選択となります。

売り出し方

売り出し方は、当たり前の話ですが、築浅の最大限にアピールする必要はあります。

最近の売却方法で、リフォームやリノベーションをしてマンションを売却する方法が高値で売却が実現できています。

と言っても、これは化粧のようなもので、分かる人にはわかります。

築30年のマンションには、それなりの劣化がありそれを表向き隠しても、構造部分には手は入りません。

築浅物件はその部分に不安がないだけでなく、
ホームステージングを施すことでモデルルームのような部屋を演出することが可能となります。

居住中で売却する場合は難しいですが、空室で売却を検討している人は是非、活用してください。

【無料でホームステージングが行える不動産会社】

ホームステージングでマンションは高く売れる?マンション売却テクニック
このページはホームステージングについてまとめたページです。 最近注目されていますが、その活用法を間違うと失敗してしまうので、是非、最後まで読んでいただき、売却の参考にしてもらえればと思います。 ホームステージングとは? ホ...

築浅マンション

築浅マンション売却:まとめ

築浅物件は、都心では貴重な物件です。

立地良し、築年数が新しい物件は多くの人が検索します。

ただ都心の場合、築浅物件自体も上がっているという状況ですので、

  • 買主をどう説得するか?
  • 資産価値をアピールできるか?

有能な営業マンとの出会いは、多くの不動産会社とのコンタクトをおすすめします。

《不動産査定の考え方》

不動産査定は、適当に複数の不動産会社に依頼すればいいと思っていませんか?
 
実は、それ大間違いです。
 
査定する意味もなく、売却失敗にもつながります。

テレビや冷蔵庫など型番がある商品は相場のブレは少ないですが、
不動産は、近隣状況・社会環境・権利関係など各々変わってきます。

それを見越して、簡単ツールでありながら幅広い情報を収集できるのが一括査定なのです。

多くの不動産売却成功者は、以下のことをしています。

  • 仲介:不動産屋を通して個人に売却する時の相場の確認
  • 不動産屋に直接、買取ってもらう時の相場を確認。
  • 築古、事故物件、相続など訳アリの物件に強い、専門の仲介業者に相場を確認
  • 近所の人の目が気になる人は、売却後も、同じところに住み続けるリースバック

マンション売却 成功
引用:マンションナビ

査定のバリエーションを広げておくことが、リスクマネジメントにもつながるのです。

売却と買取

仮に、家を売ってマイナスになったとしても、所得税や住民税が減税されます。

査定額とともに税金(減税)のことまで含めて多くの不動産会社と相談できる機会を作れるのが一括査定なのです。

用途に合わせた不動産査定サイト

住所・メールアドレスがしっかりしていれば査定可能です。
名義人でなくても、また平米数や築年数が曖昧でも、不動産会社が確認して査定してくれます。
*もちろん、無料です

最近は、複数の会社に一括査定をするのがトレンドなので、ちょっと多めに5サイト紹介します。

一般的な不動産査定・仲介

【”イエウール”】
登録が簡単、不動産会社登録数も多い、
可愛いデザインと使いやすい、トーク形式で進むので登録が簡単です。

>>”イエウール”で査定をする

【”マンションNAVI”】
マンション査定ならマンションNAVI

>>”マンションNAVI”で査定をする
【”おうちダイレクト”】
セルフ売却:仲介手数料0円の
>>”おうちダイレクト(Yahoo不動産)”で査定をする
買取・リースバックなど
【”いえカツLIFE”】
専門性の高い不動産、離婚やオーバーローンなどの一括査定が可能なサイト
*弁護士などの専門家にお願いする前に査定をするならコチラがおすすめ

>>”いえカツLIFE”査定をする
【”オープンハウス”】
最短48時間で即現金化が可能

>>”オープンハウス”査定をする
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました