親子間で行った場合に注意するべきこと

マンション 売る

マンション売る

マンションを売るのを親子間で行った場合に注意するべきこと

親子間や兄弟などの間でマンションを売買を検討している人もいるでしょう。

親子間ということで、

  • マンション売る・・・・売買
  • マンションを譲る・・・・贈与

の2パターンが考えられます。

所有権が父から子への移転という外見的には同じでも、売買と贈与ではその処理の仕方が大きく変わってきます。

まず、真っ先に考えるのが、安い金額で売却することでしょう。
相場5000万円のマンションを1000万で売ったことにすれば、親として上手に相続できた!と思うかもしれない。

しかし、そんなに甘い話ではありません。
税務署は、このような不正とも言える贈与には目を光らしています。

一般的に、このような親子間での売買は、みなし贈与と言われ、
相場の金額と売買価格の差額部分、この場合、4000万円(5000万円-1000万円)に関して、贈与があったとみなして贈与税が課税されます。

 

親子間でのマンション売買の抜け穴はあるのか?

先に紹介したとおり、税務署は、親子間での所有権移動に関して、厳しく見るため、そのために幾つか準備する必要があります。

①相場を確認。
税務署は、土地の価格、建物のの評価をベースに、近隣の売買価格と照らし合わせて評価額を出します。
そこで、こちらもあらかじめ、幾つかの不動産会社に概算金額を出してもらい、その最低価格の金額を相場とし、売買価格の決定を行うのです。
不動産評価に関しては、絶対的にこの金額でなくてはいけない!という決めごとはないので、不動産価格は上下するものです。
その最下位の評価額より、少し下の金額での親子間の売買であれば、税務署も何もいってこないでしょう。

面倒なマンション概算査定は一括査定サイトの活用を
>> RE-GUIDE不動産一括査定
★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
高額査定を期待できる一括査定サイトです、一括査定のメリットを最大限に活用することで高額売却が実現可能です。
マンション査定
>> 公式サイトはこちら
>> NTTデータの不動産査定サイト【HOME4U】
★★★★★ 【高額査定】【豊富な情報網】【全国対応】
入力1回で簡単一括査定、大手買取会社から地場に強い企業まで
マンション売却 一括
>> 公式サイトはこちら
>> マンションナビ
★★★★★ 【高額査定】【全国対応】
>> イエウール
★★★★☆ 【全国対応】
また、コンシェルジュタイプのソニー不動産も合わせて登録しておくといいでしょう。
>> ソニー不動産
★★★★★ 【手厚いサポート】【首都圏のみ対応】

売却する前のリフォームもおすすめ

贈与税対策として、最近よく使われるのが、不動産贈与前のリフォームです。

リフォーム費用が相続税の課税対象から外れるのはもちろんですが、
リフォームした建物自体の評価額はそのままとなるため、親子間で売買成立後にリフォームするよりも断然お得です。

タウンライフリフォーム相談センターを活用すれば、あなたに合ったリフォーム会社をご紹介してくれます。
また、提案内容をもとにお見積もり費用や条件で徹底比較できるので納得のリフォームが可能です。
タウンライフリフォーム公式サイトはこちら
https://www.town-life.jp/

 

 

 

昨今の親子間のマンション売買・財産分与について

全国の多くの人は、さまざまな暮らしをしています。

賃貸アパートに暮らし、日々の暮らしを楽しんでる人も多くいます。

新社会人になり、大手企業で働きながら毎日、一生懸命働いている人も多くいます。

大学進学で、住みなれた我が家を離れ、一人暮らしをしている人も多くいます。

高齢の両親の、世話や介護の面倒を見ながら日々の暮らしを過ごす人も少なくありません。

核家族で、共働きをしながら可愛い我が子を、しっかり育ててる人も多くいます。

中には、高齢の両親が住んでる家を、我が子に売ることもあります。

親子間なので、とても安く譲ってもらえます。

このような時にも、不動産会社へ行き、売買のことなどの説明を受けます。

不動産会社では、専門のスタッフの人が親切に丁寧に接客してくれるので、とても安心です。

マンションの売却の仕方などを、しっかりと聞くことが大事でしょう。

マンションを親子の間で売るときのことや注意すべきことなどを聞くことが大事です。

関連記事:
財産分与のためのマンション査定と売却の方法(相続・離婚)
財産分与のためのマンション査定と売却

マンション売る

▲ページトップに戻る