親子間でマンション売買を行った場合に注意するべきこと:相続税対策のリフォームも

マンション 売る

マンション売る

スポンサーリンク

マンションを売るのを親子間/親族間売買で行った場合に注意するべきこと

親子間や兄弟などの間でマンションを売買を検討している人もいるでしょう。

親族間売買ということで、

  • マンション売る・・・・譲渡
  • マンションを譲る・・・・贈与

の2パターンが考えられます。

所有権が父から子への移転という外見的には同じでも、売買と贈与ではその処理の仕方が大きく変わってきます。

まず、真っ先に考えるのが、安い金額で売却できないか?ということでしょう。

相場5000万円のマンションを1000万で売ったことにすれば、親として上手に相続できた!と思うかもしれない。

しかし、そんなに甘い話ではありません。
税務署は、このような不正とも言える贈与には目を光らしています。

一般的に、このような親子間での売買は、みなし贈与と言われ、
相場の金額と売買価格の差額部分、この場合、4000万円(5000万円-1000万円)に関して、贈与があったとみなして贈与税が課税されます。

 

親子間の場合、抜け穴はあるのか?

先に紹介したとおり、税務署は、親子間での所有権移動に関して、厳しく見るため、そのために幾つか準備する必要があります。

①相場を確認。
税務署は、土地の価格、建物のの評価をベースに、近隣の売買価格と照らし合わせて評価額を出します。
そこで、こちらもあらかじめ、幾つかの不動産会社に概算金額を出してもらい、その最低価格の金額を相場とし、売買価格の決定を行うのです。
不動産評価に関しては、絶対的にこの金額でなくてはいけない!という決めごとはないので、不動産価格は上下するものです。
その最下位の評価額より、少し下の金額での親族間売買であれば、税務署も何もいってこないでしょう。

 

 

相続税対策にリフォームも考えよう

贈与税対策として、最近よく使われるのが、不動産贈与前のリフォームです。

リフォーム費用が相続税の課税対象から外れるのはもちろんですが、
リフォームした建物自体の評価額はそのままとなるため、親子間で売買成立後にリフォームするよりも断然お得です。

リノコを活用すれば、あなたに合ったリフォーム会社をご紹介してくれます。
また、提案内容をもとにお見積もり費用や条件で徹底比較できるので納得のリフォームが可能です。

>> リフォームならリノコ

 

相続の形にするか?売却・譲渡の形にするか?

親子間でマンションを引き渡すとき譲渡にするか?相続にするか?

しかし、時期は無視できません。

  • 地下相場が上がっている時期
  • 地下相場が下落している時期

単純に、市場時価は、税金にも関わってきます。

地価が著しく上がっている時に関しては、避けたいところでもありますので一括査定で何社かに依頼することで、相場を知ることができるでしょう。

大成有楽不動産販売

スピード買取サービス
スピード買取サービス
・早期処分を望まれている方
・賃貸中の物件をご売却したい方
・周囲に知られずにご売却したい方
・内見などの手間を省きたい方
・無駄な経費(仲介手数料等)をかけたくない方
・買い替え等で売却するタイミングが既に決まっている方
・即現金化が可能です。

【適用基準・買取条件】
物件所在地大成有楽不動産販売センター主要エリア内
対象物件個人の居住用のマンション
物件基準[マンション]新耐震基準(昭和56年6月1日以降の建築確認取得)
面積広さ50㎡以上(登記簿)かつ2LDK以上

大成有楽不動産販売

オープンハウス

オープンハウスの不動産の買取窓口
オープンハウス
オープンハウスでは、マンションだけでなく、
土地・中古戸建・店舗・ビル(一棟)などの買取を積極的に行ってくれます。
最短48時間:即現金化が可能です。

対象地域
東京都東京23区・武蔵野市・三鷹市・小金井市
神奈川県川崎市・横浜市
埼玉県さいたま市・川口市・蕨市・戸田市
愛知県名古屋市内
千葉県市川市、船橋市

オープンハウス公式

アイデアルの不動産売却査定

豊富な知識と、全国のネットワークで「より確実」に「高値」と「スピード売却」を実現

アイデアルの不動産売却査定
アイデアルでは不動産全般「土地」「建物」「戸建て」「アパート」「マンション」「更地」「借地権」「底地権」など、なんでも売却可能
アイデアル

いえカツLIFE

専門知識がないと扱えない不動産案件。
相続、離婚、現金化、不動産売却に困った時の強い味方が”いえカツLIFE”の不動産相談です。
いえカツLIFE
売却方法によって不動産査定額、売却可能時期は大きく変わります。
分譲マンションはもちろん、一戸建て・土地・投資マンション・倉庫・農地などの査定・買取・相談無料
いえカツLIFE 口コミ

ちなみに、
そのマンションが自宅である場合は、
譲渡所得から3,000万円を控除できるため、単純に相続がお得か?というとそうでもないことも知っておくといいでしょう。

 

 

昨今の親子間のマンション売買・財産分与について

全国の多くの人は、さまざまな暮らしをしています。

賃貸アパートに暮らし、日々の暮らしを楽しんでる人も多くいます。

新社会人になり、大手企業で働きながら毎日、一生懸命働いている人も多くいます。

大学進学で、住みなれた我が家を離れ、一人暮らしをしている人も多くいます。

高齢の両親の、世話や介護の面倒を見ながら日々の暮らしを過ごす人も少なくありません。

核家族で、共働きをしながら可愛い我が子を、しっかり育ててる人も多くいます。

中には、高齢の両親が住んでる家を、我が子に売ることもあります。

親子間なので、とても安く譲ってもらえます。

このような時にも、不動産会社へ行き、売買のことなどの説明を受けます。

不動産会社では、専門のスタッフの人が親切に丁寧に接客してくれるので、とても安心です。

マンションの売却の仕方などを、しっかりと聞くことが大事でしょう。

マンションを親子の間で売るときのことや注意すべきことなどを聞くことが大事です。

親子間でマンションの売買を行いました:体験談

老後の生活を考えると、所持しているマンションを売却する必要が発生しました。しかし、売却を専門に行なっている業者に売ると手数料なども考慮すると安くなってしまうので、親子間で取引をするようにしたのです。マンション売買の際に必要な書類はほとんどありません。税金の問題さえ考慮すれば簡単に売却できるので、非常に簡単に売却することが出来ます。それだけでなく、親子間の取引になるので、安心して支払いを受け取ることが出来る点が非常に良いメリットだと思います。支払いが遅滞なく行われるので、普通の一般人を相手に取引をするよりは非常に安心できます。周辺住民の方への配慮も出来るので、問題が殆どないというメリットがあるのです。

両親が高齢になってきたため購入していたマンションを、子どもの私が買うことにして親子の間でマンション売却をしました。
普通に相続したり新築で住宅ローンを組むよりも、手続なども難しくなくスムーズに済みました。
普通にマンションを売却しても仲介手数料などがかかり、自分たちの希望している金額で売ることは難しいです。また、親子なので全くの他人に売るよりも安心して取引なども出来ますし、買い取った後もリフォームを行ったので相続税対策にもなりました。
親子間でマンションの売買を行いましたが、その時に気を付けたのは税務署から贈与とみなされないようにすることでした。
相場よりもはるかに安い価格で売却をすれば相続税の節約になりますが、税務署から贈与とみなされる可能性が高くなります。
贈与にならないためにやることはまず、複数の不動産会社に査定をしてもらって相場を把握することです。
一番安い価格(最下位の評価額)よりも少し下くらいの金額にしたら税務署から目をつけられる可能性が低いです。
父の名義になっていたマンションを自分の名義に名義変更することにしました。
最初は簡単に出来ると思っていたのですが、実際には親子間で名義変更を行う時は不動産の売買を行うことが一般的だということをその時知りました。
ただ自分たちでなんとかする方法はよく分からなかったので、行政書士に依頼することにしました。
間に誰かに入ってもらう方が効率的に出来ると思ったからです。そして間に行政書士に入ってもらったおかげで、我が家の場合は無事不動産の売買をスムーズに終えることができました。
息子が結婚するにあたり、不動産譲渡として親子でマンションを売買しました。
父親である私が名義のマンションで、通常の相続である贈与ではかなりの相続税が掛かることがわかり、懇意にしている司法書士のアドバイスを受けて親子間の売買へと踏み切りました。
息子が支払ったマンション購入費も私が立て替えているので、結果としてはどちらも損得なくてよかったです。
おかげで100万近い税金の節約にもつながり、いい贈与が出来たと感じています。

マンション売る 親子間

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました