財産分与のためのマンション査定と売却の方法(相続・離婚)

財産分与 マンション売却

財産分与の マンション売る

財産分与でマンション売るとき

  • 離婚をして財産分与をする場合
  • 相続絡みで財産分与をする場合

マンションを売却してお金に換えたほうがお互いにすっきりするでしょう。

住宅ローンを完済している家・マンション(アンダーローン)であれば、売却したお金を財産分与の対象にして、公平に分割できます。

ただ、そのとき一番問題となるのは、その売却の進め方でしょう!

ポイント単純に1つです。
マンション査定は複数の不動産会社に依頼をし、信頼できる担当者に売却をイチからお願いすればいいのです。

売却の準備、税金の説明、各種手続き、全て行ってくれます。

財産分与でマンション売却

住宅ローンが残っている場合

しかし、住宅ローンがまだ払い終わっていない状態(オーバーローン)では、そのままでは売れないことがあります。

まずはマンション査定を複数の不動産会社に依頼をして、不動産の価格を把握したうえで、ローン分を完済できるようならば、抵当権を解除できるので通常の不動産売買の方法で売ることができます。

しかし、ローンが完済できないようなケースでは、そのままでは抵当権が解除できないので買い手がつきません。

マンションの売却額とローン残高の差額を貯金などでうめることができればよいですが、それもできなければ通常の方法では売ることができません。

負の遺産の場合も

このままでは財産分与どころか、負の遺産という状況になってします。

財産分与をあきらめ、

  • 一方に所有権(名義)の半分を買い取ってもらう。
  • 財産分与を行わない
  • 財産分与自体を放棄する

など形も考えらます。

このようなケースの場合、弁護士や管財人など専門家の意見を取り入れることも必要となります。

ローン完済 財産分与

いずれにしても、マンション売却査定だけでなく、弁護士や司法書士、不動産管財人など、複雑になればなるほど重要になります。

もちろん、不動産自体を最高値で売却することは一番のミッションなので、
不動産査定は、一社でも多くの業者を入れて、最高額で売却するためのノウハウを伝授してもらうことは必要でしょう。

トップページで、財産分与だけでなく高額マンション査定を実現できるサイトを紹介しています。
>> マンション売却サイトランキングはこちら <<