離婚による財産分与における不動産売却について。住宅ローン付きの家・マンション売却の流れ、売却のタイミング

入居中マンション売却 離婚による財産分与
スポンサーリンク

離婚の際、財産を誰がどれだけ取得するのか、お金の面での清算が必要になります。

このような事態に備えて定められているのが、財産分与です。

スポンサーリンク

離婚の財産分与(不動産売却・お金)とは

離婚の財産分与とは、夫婦が婚姻生活中に共同して形成取得した財産を、貢献度の度合いに応じて分割することです。

急いて離婚を完了させてしまうと、本来であれば請求できたはずの財産も相手方が消費により散逸してしまったりして事実上何らの財産も取得することが出来なくなるので、離婚の際に取り決めをつけておくことが大事です。

財産分与の対象となる財産と言えば、婚姻中に貯めた定期貯金と言った金銭がまず想定されますが、

財産的価値から言えば婚姻中に取得した一戸建て住宅や分譲マンションなどの不動産もそれにあたります。

財産分与 マンション売る

夫の名義の不動産の財産分与

例えば、不動産の名義が半分ずつの共有であれば財産分与の対象になるというのは容易に想像できますが、名義人が夫一人名義であった場合、財産分与の対象になるのか疑問を抱かれることもあるでしょう。

この点については、婚姻生活中に夫婦が協力して形成維持された財産については、その名義の形式面に関わらず、夫婦の共有財産と考え離婚時には各自の貢献度に応じて分配しよう、との考えから実質的に共有財産であれば財産分与の対象になります。

そのため夫名義の不動産であっても婚姻後に取得した不動産については財産分与の対象になります。

離婚して生活形態が変わる以上は、いっそのこと売却して売買代金で財産分与を済ませてしまうと言うのは良くある話です。

そのため財産分与において不動産売却の比重は大きいと言えます。

しかし、多くの場合不動産購入時に住宅ローンを設定されています。

大成有楽不動産販売

スピード買取サービス
スピード買取サービス
・早期処分を望まれている方
・賃貸中の物件をご売却したい方
・周囲に知られずにご売却したい方
・内見などの手間を省きたい方
・無駄な経費(仲介手数料等)をかけたくない方
・買い替え等で売却するタイミングが既に決まっている方
・即現金化が可能です。

【適用基準・買取条件】
物件所在地大成有楽不動産販売センター主要エリア内
対象物件個人の居住用のマンション
物件基準[マンション]新耐震基準(昭和56年6月1日以降の建築確認取得)
面積広さ50㎡以上(登記簿)かつ2LDK以上

大成有楽不動産販売

オープンハウス

オープンハウスの不動産の買取窓口
オープンハウス
オープンハウスでは、マンションだけでなく、
土地・中古戸建・店舗・ビル(一棟)などの買取を積極的に行ってくれます。
最短48時間:即現金化が可能です。

対象地域
東京都東京23区・武蔵野市・三鷹市・小金井市
神奈川県川崎市・横浜市
埼玉県さいたま市・川口市・蕨市・戸田市
愛知県名古屋市内
千葉県市川市、船橋市

オープンハウス公式

アイデアルの不動産売却査定

豊富な知識と、全国のネットワークで「より確実」に「高値」と「スピード売却」を実現

アイデアルの不動産売却査定
アイデアルでは不動産全般「土地」「建物」「戸建て」「アパート」「マンション」「更地」「借地権」「底地権」など、なんでも売却可能
アイデアル

いえカツLIFE

専門知識がないと扱えない不動産案件。
相続、離婚、現金化、不動産売却に困った時の強い味方が”いえカツLIFE”の不動産相談です。
いえカツLIFE
売却方法によって不動産査定額、売却可能時期は大きく変わります。
分譲マンションはもちろん、一戸建て・土地・投資マンション・倉庫・農地などの査定・買取・相談無料
いえカツLIFE 口コミ

離婚による財産分与:不動産売却と住宅ローン

住宅ローン残高の確認

離婚時において住宅ローンが残っている場合ローン残高を確認することから始まります。

不動産売却してもなお剰余金が出なければ、不動産を売ってもローンだけが残ることになってしまいかねません。

住宅ローンが残っているマンション

不動産の売却価格を確認する

そこで次のアクションは不動産価値を調べることになります。

普通は個人が買主を探してくるのは難しいので不動産会社と媒介契約を結んで不動産売却のサポートを受けることになることが多くなりますが、事前に不動産価値を調べておくことで以後の手続きの見通しも付くことになるので、先にアンダーローン・オーバーローン確認をすることは意味があります。

仮に万が一残債が出るオーバーローンの場合には売却は出来ないので、離婚後の返済を誰が行うのかなど金融機関との間で協議をする必要もでてくるからです。

要するに、マンションがどれくらいで売れるのか?

少しでも高く売り、住宅ローンをしっかり返すことが大きなポイントとなります。

マンションを高く売るために

財産分与におけるマンション・家の売却の場合、住宅ローンとの兼ね合いがありますので、即売却という流れでは進めません。

よって

  • 相場を知る
  • 少しでも高い見積もりを得る
  • 売却する不動産会社を決定する

の流れになります。

マンションを高く売るために

不動産価額の相場を調べる上で一番簡便なのは
不動産会社のホームページで、売買対象不動産近郊の類似した住居形態の不動産についての販売価格を幾つか参照します。

都市部など物件が多ければそれなりの相場額は把握出来ることは可能でしょう。

少しでも高い見積もりを取る方法

不動産サイトに掲載されている販売価格は、売主の希望が反映された価格の可能性もあり、妥当な価格と言えるかといえば若干信用性に問題があります。

そこで相場を知ったうえで無料の不動産一括査定サイトを活用します。

複数の業者に査定を依頼する際も相場を把握しているので、価格面で満足できて信用できる業者を探しやすい傾向にあります。

また、複数社との競合になるので、査定価格を交渉によって高くすることができるため、200万、500万程度の売却価格アップも期待できます。

一括査定サイトの有名どころとマンション売却のコンシェルジュタイプのソニー不動産
これらサイトを活用することで、査定額を確認しましょう。

高額マンション査定を実感してください

マンションを売るとき、大手に頼めがいいと思っていませんか?

実は、その答え正解です。

理由は、1人でも多くの人に売買している不動産・マンション情報が行き渡るからです。
大手のならではの広告力・資金力で”スーモ”・”アットホーム”・”HOME'S”などでバンバン告知をします。

小さい不動産会社は、広告予算がまかなえず、広告が1社だけになってしまったり・・・。
場合によっては、不動産流通機構”レインズ”に載せて後は待つだけと言うような不動産会社も実際にあります。

不動産一括査定サイト”すまいValue”は、大手不動産会社へ最短60秒で無料査定が可能です。

住まいバリュー

  • 三菱地所ハウスネット
  • 三井のリハウス
  • 野村の仲介
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 小田急不動産株式会社

相場確認は、マンション売却の第一歩。
すまいValue


>>無料査定はこちらから

価格を調べてみて売却しても剰余金がでる見込みが出た場合、どのような選択肢を考えるべきでしょうか。

離婚 マンション売却

売却・保有・将来売却判断

マンションの価値がある程度分かり、オーバーローンにならないことが確認できれば、

次の判断として、マンションを売却・保有・将来売却判断の3種から考えることになります。

仮に売却しても不動産売却後もローンも残らず、2人で分配してもまとまった収入を見込めるのであれば売却を前提にさらに手続きを進めることになるでしょう。

場合によっては、今後の住居等の問題からマンションを売却せず、そのまま生活し続ける場合もあります。

その場合は、現金の授受で財産分与という形にする場合もありますが、不動産を売却しそれを財産分与に充てるのが一般的です。

不動産売却における必要な書類

実際の不動産売却のために手続きに入る場合、次に重要なのは書類を取り揃えることです。

不動産を売却するに当たっては、まず登記済み証(権利書)を探しておきます。

平成17頃以降では不動産登記識別情報と言う書類になっていますが、一度紛失すると法務局では再発行してくれません。

次に印鑑証明書免許証などの本人確認記録、住所移転している場合には住民票も用意します。

これらは売買契約時や登記の際に必要になります。

固定資産税納税通知書なども用意します。

売買時には固定資産税を日割り計算で清算や売買登記申請の際の登録免許税の算出に必要な書類です。

建築確認済証及び検査証建築設計図書工事記録などは一戸たての場合に必要です。

これらは建築基準法などの法令を遵守した建物であることを証明すると共に、実際の設計図面とそれに沿った工事が行われたことを証明します。

買主がリフォームなどを検討の際に、改築内容の参照に必要になるからです。

マンション売却 必要書類

マンションの場合には、管理規約修繕積立金管理費にかんする組合規約なども用意します。

買主の購入後の生活やランニングコストに関して重要な内容だからです。

物件によっては、耐震診断報告書アスベスト使用調査報告書などもあれば用意しておきます。

以上の書類を用意して手続きを進めますが、離婚成立後に実際の作業が進捗することも多いので、住宅に関する離婚協議書の作成しておくことが重要です。

書面で合意しておけば相手方の翻意を防げるからです。

これらの書類や手続きに関しては、離婚時に弁護士を依頼することでスムーズに処理が進みますので、なんとなく知っておくレベルで問題ありません。

体験談:離婚による財産分与でマンション売却

マンションを売って財産分与しました

長年連れ添った夫から突然別れたいと切り出され、抵抗は示したものの結局離婚をすることになりました。
私たちは結婚当初に購入したマンションにずっと住んでいたのですが、その家は売ることになりました。
売却後、夫は新しい住まいを探し、私は実家に戻るということで話がついたからです。
我が家には財産と呼べるほどの貯金もなく、車なども持っていなかったので、マンションを売ったお金を分けることで財産分与にしようということになりました。
子供は成人していたので養育費などもなかったので意外とスムーズに終わりました

財産分与で住宅ローンが残っているマンションを売却

住宅ローンが残っているマンションを売却しました

両親を亡くし残った財産はマンションであったのですが’、住宅ローンが残っていたこともあり私自身経済力が低かった為財産分与でローンも払う事が出来ず、兄弟と相談し財産分与でローンを支払っても結局の所残るお金は無い事も分かり、売る事になったのです。
財産分与については財産が残っていれば得する事もあるのですが、そうではない時には損をする事も分かりました。
結局の所売却してもお金が足らず50万円程支払ってしまいました。

夫名義 マンション売却

離婚で夫の名義のマンションを売却し財産分与しました

夫とは結婚してから性生活がなく、自分に何か不満があるかと悩んでいたところ夫の浮気が発覚し、双方合意の上離婚をすることになりました。困ったのは夫名義で購入したマンションです。
夫が今の住まいを出て行って新しい住まいを探すと主張し、住むところのなくなる私は反対したのですが、夫名義であるため売ることを承諾させられてしまいました。
マンションを売ったお金は半分私のものになるということですが、実家に戻ることも難しかったので現在はアパートを借りそこで生活しています。

>> マンション売却のテクニックはトップページで <<

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました