高層マンションを売るケース:売却のタイミング・そもそも高層マンションは人気があるの?

高層マンション売却

高層マンションを売るときに考えること

高層マンションは、その名の通り首都圏を中心、大都市部に存在していると断言できる物件です。

だからと言って、購入する人は、首都圏・大都市在住の人とは限りません。

海外の投資家や資産家が好んで購入するケースも多く、これが高層マンションの魅力であり、人気の理由ともいえるです。

高層マンション 売る

高層マンションを売る場合、

  • 立地
  • 広さ(間取り)
  • 駐車場の有無
  • 何階に位置するか
  • 共有スペース・施設

というのがポイントになります。

ただ、高層マンションと言っても低層階の可能性も十分考えられます。

1階から5階までは商業施設及び企業の事務所になっていたり、一定の高さから居住スペースとして建設される高層マンションも数多いので一概には言えませんし、高層階になればなるほど購入代金や管理維持費が高くなりますが、購入者が高層マンションを選択する場合、その眺望を期待するため、売買する階数が大きなポイントになるのは間違いありません。

また

  • バルコニーは有るか?広さはどうか?
  • 利用出来る共有施設は有るか(フィットネスジムやプール)
  • コンシェルジュの有無
  • 防犯設備(セコムなど)

の設備・オプション・サービスによって価格は大きく異なります。

立地と合わせ、建物の価値が重要視される事が多いのも高層マンションの特徴です。

そのため、売却をスムーズに進め、契約成立後のトラブル回避の為にも、不動産会社への委託・価格設定が重要となってきます。

トップペーで高額査定が期待できる一括査定サイトを紹介しています。
>> マンション売却サイトランキングはこちら <<

高層マンションは高く売れる?

地震対策

高層マンションの多くは、免震構造などは定番となっているため、最悪の事態を回避するめに地震対策に対しては安心できるでしょう。

日本では東日本大震災などの大規模な地震が起こっていることから、マンションの購入者は、大きな地震でも耐えられるがどうかで選ぶケースも増えています。

そのような判断基準があることから、耐震性の高い高層マンションが人気となる状況が生まれています。
高層マンション 貸す

立地善し!通勤難民知らず

高層マンションの多くは、通勤に便利な一等地に建設されている特徴があります。

万が一電車が止まってしまっても、徒歩で帰れるために通勤難民にならずにすむとメリットを求める人も少なくありません。

設計の段階で、販売戸数の多い高層マンションだからこそ、それに対する立地や住環境への配慮が、高層マンションが高く売れる原因ともなっています。

災害対策:自家発電装置

高層マンションでは災害時でも電力供給ができるように、ガスタービンを活用した自家発電装置を備えている場合が多いのも特徴です。

さらに水や食料の備蓄スペースを建物内に設けているところがあります。

このような万全な備えがあることからも、災害対策を重視したい人からも人気・支持されています。

東京オリンピック マンション査定

東京オリンピックを見据えて

都心の物件においては、2020年に東京オリンピックが控えている現状から、ウォーターフロントを中心にオリンピックをまじかで見たい人の入居も期待できます。

したがって、2020年に掛けて物件の価格は高くなっているもの現実です。

高層マンションの査定方法

マンションを所持していれば、高層マンションに限らず部屋を貸す事で利益を得る事も考えるはずです。

しかし、売却益・家賃収入、管理費負担や税金など様々な考慮から売却という選択は自然な流れかもしれません。

そこで高層マンションを売るなら、売り時・高く売却する為のテクニックについて学んでおきたいところです。

高層マンション 買取

売るとなると当然査定依頼をする事ところから始まりますが、業者によって査定の方が違います。

マンション売却の基本は、相場をしっかり確認するとともに、近隣の売買実績、同じタイプの販売状況の確認が必須です。

仲介をお願いする業者選びに関しては、
1社でも多くの不動産会社の話を聞き、疑問に思うことがあれば随時解決しながら、信頼できる不動産選びが必須となります。

売却を早く進めたい場合は買取保証を付ける形で、マンション売却を進める形もいいですし、ただ手間をかけた分だけ高い価格で高層マンションを売れるので忘れないようにしましょう。

高層マンションを売る