1日で後悔!!新築マンションだからこそわからない罠(床・天井の厚さ・構造):売却検討中

新築マンション 売却 マンション売る・マンション売却

先日、大学の先輩の家に、少し遅い新年の挨拶に行ってきた。。

先輩は、子供3人、金融系の仕事をしている子煩悩のパパ。

そして、昨年、新築のタワーマンションを都内に購入したという。

スポンサーリンク

新築マンションで後悔、もう売却ですか?

先輩の新築マンションへ行くのは、今回が初めてなのでちょっと期待。

場所は、都内某所:駅からは7分程度。

高級タワマンだけに、周辺環境もしっかりしているし、敷地内には充実の設備を完備。

室内も新築ということで設備も最新のものだし、キッチン、トレイなどは御影石、オプションの注文でゴージャス感満載。

先輩に

  • 私「新築はやっぱいいですね」
  • 先輩「ありがとう・・・ただ」
  • 先輩「もう引っ越したい・売却を考えているんだよ」
  • 私「えぇ・・・・!!」

新築マンションの落とい穴:売却したくなる後悔あるある

先輩の一言で、個人的にいくつか頭に浮かんだ。

新築マンションを購入する時は、まだ、マンション自体が建設中・建っていないため、
いざ、住んでみると気づくことも多々あります。

新築マンション”後悔”あるあるを挙げてみると

  • 実際の外の景色や夜景がイメージと違った。
  • 隣の家の人のガラが悪い。
  • 上の階の騒音・足音が気になる。
  • 周辺環境は静かだと聞いていたけど、実際はうるさかった

などが思い浮かびます。

新築マンション 売却

景色・夜景

景色や夜景に関しては、マンションのパンフレットやプロモーション映像でイメージが紹介されています。

しかし、購入する階数によって見え方は変わります。

また、低層階を購入する場合、その景観・景色のイメージが提示されることはありません。
よって、実際に入居してみると、隣のとの距離が近い・陽が思ったより入らないなど、想像と違うことが多々あります。

隣人トラブル

購入時に

  • お隣の人がどんな人なのか?
  • 同じ階の人はどんな人なのか?

確認はできません。

契約担当者が同じであれば、ざっくりとした情報は教えてもらえることはありますが、詳細を確認できないですし、実際に接してみないとわからないものです。

足音・騒音

実は、先輩が1日でマンションを売却したいと思ったのが上の人の足音でした。

先輩はこれまで、収益物件として運用するなど3物件ほどマンションを購入しているため、ある程度のイメージはできていたようですが
それなりの高級なマンションで、これほど上の階の人の足音がするのに驚いたとのことです。

高層階は、低層階より音が響く・気になるということを聞きますが、他のマンションではそれがなかったようで、構造上(床の厚さ)、諦めざるを得ないようです。

売れ残りの新築マンションを購入するなら:値引き交渉の基本
消費税増税が10月に迫ってきました。 マンション購入において、 個人が売り主の中古マンションは増税に関係ありませんが、 新築マンションは消費税がガッツリかかってきますので、駆け込み需要もありそうですが、そんな雰囲気はないようです。...

新築マンション 足音

新築マンションを売却したくなった先輩、でも一般的には

では、こんな気持ちになる人は多いのでしょうか?

一般的に、多くの人は新築マンションに住むという気持ちがいっぱい・テンションが上がり、

  • 小さなことに気づかなかったり
  • 上の階の足音に関してもこんなものだと思ったり
  • 多少のことに目をつむったり

が一般です。

しかし、先輩の場合、過去にも複数マンション購入を経験をしているだけに、気付いてしまったのでしょう。

これが幸せなのか?不幸せなのか?は別として、
高級マンションを購入して、上の階の人の足音に悩まれるというのは、売却したくなるのも納得です。

新築プレミアを考える:新築マンション購入時のチェックポイント
新築プレミアって? 新築プレミアという言葉を聞いたことがあるでしょうか? プレミアを「プレミアム」の略ともいわれていますが、 新築マンション = プレミア”ム”(高級な)マンションというわけではありません。 不動産でいう...

建築費用高騰も原因か?

現状、資材費・人件費が高騰しています。

  • 土地の取得費用
  • 材料費
  • 人件費

高騰の現状ですが、そのままの費用をマンション価格に反映させることができません。

そのため、至る所でコストダウンを行い、少しでも上昇幅を抑えようとしているわけです。

以前、建築コスト高騰による、マンション設備・オプションの変化を紹介しました。

  • 今まで普通に付いてものが”オプション扱い”になった
  • 部屋の広さを担保するために、エレベーターや共有スペースが削られた

などで販売価格を抑えています。

その意味で、床・天井の構造においても、実際見えない部分だけに最低限の基準クリアに設定が変更されているかもしれません。

建築コスト高騰とマンション価格の関係
新築より築5年のマンションの方が、実は価値が高いかも!?

新築マンション 即売却

後悔した先輩は新築マンションを売却するのか?

ということで、入居1日目でマンションを売りたくなった先輩は、実際に売却に望むのか?

慣れれば気にならないとも言っていますが、買い替えを検討しているようです。

  • 新築マンションにするか?
  • 中古マンションにするか?

次回は、中古マンションで室内などしっかり見た上で購入する形になるだろうとは言っていますが、
併せて、施工者は大手(竹中・鹿島・大成・清水・大林)以外のマンションは買わないとも言っていました。

私も断言します。
新築に限らず、中古マンションを購入するときは、施工会社・建設会社は絶対、こだわったほうがいいです。

今の中古の不動産販売価格を見ると、施工会社は販売価格に加味されていないことが多いと感じます。

同等の価格であれば、施工会社で選ぶというのはありだと思います。

施工会社で資産価値が変わる時代が来るかも

マンションの寿命は60年とも、80年、それ以上とも言われている。

地震のない海外の国では、メンテナンスをしながら長く住むことが資産価値を生むとも言われるだけに、100年以上の家など普通にあります。

日本のマンションを一緒にはできませんが、
不動産に対する考え方が、憧れやブランドから、より現実的な見方(駅近・好アクセスなど)になっている現状を考えると、施工会社の比重がもう少し高くなってきてもおかしくないですね。

新築マンション 気に入らない

新築マンション即売却?;後悔させないために

今回は、先輩の新築マンションへのがっかり体験談を紹介しました。

ただ、上の階の足音・騒音は、マンションの作り(床の厚さ・構造)によってかなり変わります。

私自身、マンション売却を行った時も、賃貸物件でも、この足音に対しては具体的な告知義務がないため、聞かれた時だけ答えました。

駅までの距離は通勤・通学においても大きなウエイトを持つでしょう。

それと同様に、
床の厚さ・構造による騒音は、生活におけるストレスにもつながります。

床の厚さ・構造においても、
分かりやすい表記で、差別化できるようになるといいかもしれませんね。

今回の先輩の件で、床・壁の厚さ・構造に対して、次回もう少し深堀して紹介したいと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました