1階にテナントが入っているマンションのメリット・デメリット:売却に有利?

1階にテナントが入っているマンション1階にテナント

1階にテナントが入っているマンションは珍しくありません。

  • 賃貸専用のマンションは1階にテナントとしてコンビニや薬局、飲食店が入っている場合があります。
  • 商業ビルを兼ねているマンションも1,2階はテナント・オフィスという場合もあります。
  • タワーマンションには商業施設として1階にテナントが入っていることがあります。

では、1階にテナントが入っているマンションはどれくらいの価値があるのか?売却に有利なのか?

今回は、
1階にテナントが入っているマンションのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

テナントが入っているマンション

マンションの1階のイメージ、どのようなものでしょうか?

1階のイメージ

昔から、マンションやアパートの1階は

  • 女性が1階に住むのは危険だ
  • 塀を乗り越え、泥棒の被害に合いそうだから2階以上に住みたい
  • セキュリティが心配だから1階には住みたくない。

住む人から懸念されているのが1階の位置づけです。

店舗の場合

居住用として嫌われる1階ですが、
店舗として考えると1階はプラチナ物件です。
1階のテナントは路面店として、一番賃料が高いのが現実です。

ちなみに、
1階のテナントの価値が最上位ですが
次に2階、地下、3階、4階・・・・・と続いていきます。

また、住居として人気の最上階・上の階ですが、ビジネスを行う上ではデメリットととらえられています。
*例外として夜景のキレイなビルに関しては上階の価値も高いですが・・・。

商業地に増えつつある

1階がテナントという物件は、
一棟オーナーが1階を活用するために、テナントとして設定した物件が一般的です。

さらに賃貸専用物件や商業ビルと融合したマンションなども収益性を挙げるための1つとして1階をテナントとして設計します。

最近では、テナントの家賃収入を管理費に当てるマンションも出てきていますし、1階が居住用として人気がない分、

  • エントランスホール・駐輪場に使うか?
  • テナントを入れるか?

この辺りは、
オーナーの考え方次第ですが、1階がテナントとなっているマンションは商業地では投資用マンションも含めて増えているのも事実です。

テナントが入っているマンションのメリット・デメリット

それでは、テナントが入っているマンションは高く売れるでしょうか?

その前にメリット・デメリットをpickupしてみした。

メリット

コンビニの場合、

  • 夜遅くまで買い物が可能。
  • 24時間営業であれば防犯にもなる。
  • 公共料金の支払や宅配の荷物預かりにも便利

飲食店やパン屋・総菜屋なら、自炊が面倒な時に便利です。
最近のドラッグストアなら、薬以外にも日常品や食品などもそろっています。
病院であれば、通うのが楽です。

などのメリットがあります。

1階がテナントのマンション

デメリット

もちろん、デメリットもあります。

騒音問題

騒音問題が1つです。
24時間営業のコンビニであれば、真夜中でも人の出入りがあります。
飲食店であれば、お酒の入ったお客の騒ぎ声も気になるかもしれません。

ニオイ問題

ニオイ問題もあります。
飲食店の場合、必ずダクトがあります。
排気口からのニオイは無視できません。

ネズミ・ゴキブリ

食べ物を扱うテナントであれば、ネズミ・ゴキブリも発生します。
ネズミの場合、糞や壁に穴をあけたり、配線を切ったり放っておくことはできません。

1階にテナントが入っているマンションは高く売れる?

それでは、1階にテナントが入っているマンションは高く売れるでしょうか?

結論から言えば、
そのマンションにもメリット・デメリットが少なからずありますので、買いたたかれたりする心配はありません。

もちろん、
1階のテナントが気になるという内覧者もいるでしょう。

ただ、
すべての人はそのような反応ではありません。

1階にコンビニはあって便利ですね。
という人もいますので不動産会社選びと値段設定をしっかり行えば、何も難しくありません。

《私が行ったマンション売却方法紹介》

私は、根っからのケチ思考です。
1ヵ月頑張って働いて30万円稼ぐのであれば、少し手間がかかってもマンション売却で100万円上乗せをすることを選択しました。

なので少しでも高くマンションを売るために、有名な一括査定サイトすべて(当時5サイト)に査定依頼を行い、時間をかけて不動産屋の営業マンと打ち合わせを行いました。

結果的に、相場以上に売却することができましたが、すべての人が時間に余裕があるわけではないでしょう。

登録は簡単ですが、不動産会社の営業マンとの打ち合わせに時間を取られるので、3サイトくらいの登録で相場の確認、高値売却を実現できるでしょう。
今は、少し前と違って大手企業が査定サイトを運営しているので昔より安心して活用できます。

≪おすすめサイト≫

  • 《Yahoo不動産と提携の一括査定》
    大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、ロイヤルハウジング、京急不動産、ソニー不動産など
    >>おうちダイレクト
  • 【仲介以外に買取・リースバックも】
    センチュリー21、ハウスドゥ、西武エステート株式会社、朝日リビング株式会社など
    >>いえカツLIFE

になります。

そこで、現状(2019年8月)、オススメするサイトですが、

  • Q:首都圏じゃなくても大丈夫?
    A:多くのサイトは都道府県関係なく登録可能ですので心配もありません。
  • Q:お金はいくらかかるの?
    A:無料です。査定以外にも近隣の売買結果や同じマンションの売買情報を確認可能です。
  • Q:登録作業が面倒なんじゃない?
    A:スマホで登録可能ですし、3分もあればOK!忙しい方でも気軽に登録が出来ます。
    また、細かい間取りや㎡数などは、大体の数字で問題ありません。
  • Q:しつこい電話営業が来るんじゃないの?
    A:実際に家に来ることなく机上査定(概算査定)が可能です。
    メールでやり取りも可能なので相場だけを確認したいという人にもおすすめです。
≪私のようにもれなく登録するなら≫

  • 【NTTデータの不動産査定サイト】
    イオンハウジング、株式会社オープンハウス、イエステーション、京王不動産株式会社、京阪電鉄不動産株式会社、スターツピタットハウス株式会社、
    など
    >>HOME4U
  • 【マンション専用の査定サイト】
    住友林業ホームサービス株式会社、三菱UFJ不動産販売株式会社、リストインターナショナルリアルティ株式会社、株式会社ワッフル不動産販売、みずほ不動産販売
    など
    >>マンションナビ
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました