老後2000万円問題の対策は十分ですか?不動産投資で解決する老後2000万円問題

老後2000万円問題の対策は十分ですか?不動産投資で解決する老後2000万円問題とは? マンション投資・不動産投資

《不動産投資の考え方》

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

参考:新築マンション平均価格

【物件選びをどうするか?】

利回りの観点から物件選びで勝ち負けが決まるのが不動産投資です。

不動産投資は、銀行から融資を受けて物件を購入するため、”年齢”との兼ね合い・リスクとリターンを天秤にかける必要があります。

不動産市況が落ち込むのを待って銀行の融資を受けられない年齢になってしまったら、老後のための私的年金作りなどの話にもなりません。

そのため、不動産投資会社への相談+物件紹介が1つのポイントです。

総額40万円分以上のポイ活に

初めての方も、ご検討中の方も/
マンション投資コンサルタントに無料オンライン相談

  • 会社員に人気の投資
  • 効率的な資産形成
  • 不労所得を確保
  • 生命保険効果(団信)
  • 仲介手数料0円の売主物件


Amazonギフトカードがもらえるセミナー16選

老後2000万円問題 不動産投資

老後2000万円問題」は、
我々の老後生活費用として、年金だけでは不足し、その不足金額が「2000万円」と言われニュースになりました。

この問題は、現代の高齢社会において、誰もが直面する現実であり、その解決策を見つけることは、我々の生活を安定させるために極めて重要です。

その解決策の一つとして、投資や資産運用が注目されています。

特に、不動産投資、株式投資やNISA、iDeCoなどの制度を利用した投資は、老後の生活費を補うための有効な手段となります。

しかし、投資にはリスクも伴います。

そのリスクを理解し、適切な知識と準備を持つことが、成功する投資には必要不可欠です。

そこで、今回は、

  • 老後2000万円問題とは?
  • いつから準備が必要か?
  • 老後2000万円問題に有効な投資先
  • 老後2000万円問題を不動産投資で解決する方法
  • 不動産投資のメリット・デメリット
  • おすすめの不動産投資会社

を紹介します。

老後2000万円問題とは

この問題の発端となったのは、2019年に公表された金融庁の金融審議会の報告書です。

この報告書によれば、老後の生活費用として2000万円が必要とされています。

2000万円問題をわかりやすく説明すると、
平均的な高齢夫婦の場合、
公的年金などでは毎月約5万円の赤字が続き、退職後の30年間で2000万円が不足する可能性があるとの見立てです。

これは、サラリーマン世帯、持ち家が前提であるため、実際には2000万円以上、必要となる見立てです。

生活費の確保が大きな問題となっており、これに対する対策として、資産運用や資産形成が必要というわけです。

少なからず、老後資金の不足は、年金だけでは生活が厳しいという現状は間違いありません。

不動産投資 老後2000万円問題

老後2000万円問題解決に不動産投資も選択肢の1つ

高齢夫婦の生活費は、毎月約25万円は最低でも欲しいものです。

この不足分を補うためには、投資や貯蓄によって準備が必要というのが、老後2000万円問題の本質です。

特に投資は、長期的な視点で見ると、貯蓄だけではなく、資産運用が重要となります。

その中でも、不動産投資は安定した収入を得ることができるため、老後資金の準備におすすめの方法となります。

《不動産投資のメリット》

老後生活の安定
家賃収入により、老後生活の安定を図ることが可能です。
これにより、老後2000万円問題は解決し老後の生活にゆとりを持つことが可能となります。
また、物件があることで、将来的に生活費が不足した場合でも、物件を売却することで一時的な資金を得ることも可能です。
家賃収入
不動産投資の最大のメリットは、家賃収入を得られることです。
これにより、定期的な収入を得ることが可能となります。
また、家賃収入はインフレに強いという特性もあります。
資産価値の保持
不動産は、価値が長期的に見て下がりにくいという特性があります。
これにより、資産価値を保つことが可能です。
また、物件を購入することで、自己資金を現物資産に変えることができます。
節税効果
不動産投資には、節税効果もあります。
特に、相続税対策として不動産投資を活用することが可能です。
また、家賃収入は所得となりますが、物件の経費を差し引くことができるため、税負担を軽減することができます。
参考ページ:不動産投資は節税対策になる?

《不動産投資のデメリット》
不動産投資には、空室リスクや物件の修繕費用などのリスクがあります。
これらのリスクを管理することが重要です。
特に、空室リスクは老後2000万円問題以前に、破綻の危機にもなりかねません。

資金調達
不動産投資には大きな資金が必要となります。
特に、不動産投資ローンを利用する際には、金利や返済計画を検討する必要があります。
また、ローンの返済が困難になった場合、物件を売却しなければならない可能性もあります。
そのため、不動産投資に精通している会社とのコンタクトは非常に重要です。
ローンの審査・金利の優遇など無駄な出費・労力を排除することが可能です。
物件選び
成功する不動産投資には、物件選びが重要です。
立地や物件の状態などを考慮する必要があります。
また、物件の価格が適正であるかどうかも重要なポイントとなります。

不動産購入の基本は、投資に限らず、
・住んで良し
・貸して良し
・売って良し
三拍子そろった物件である必要があります。
管理負担(管理費負担)
不動産投資には、物件の管理負担が伴います。
これには、入居者の管理や修繕の対応などが含まれます。
これらの管理負担を軽減するためには、賃貸管理会社に管理を委託することも考えられます。

老後2000万円問題におすすめの不動産投資会社

不動産投資は、準備が非常に重要です。

収益物件の購入は、マイホーム同様、人生で一番大きな買い物となります。

銀行や信金から借金をして購入する以上、失敗は許されませんし、即退散もできません。

そのため、事前に不動産投資会社への相談等で、疑問・悩みを解決しておく必要があります。

そこで、老後2000万円問題解決におすすめの不動産投資会社をピックアップしました。

《アセットジャパン》
信頼と安心から紹介率91.7%。
与信枠を上手に不動産投資&再投資、無料カウンセリング(オンライン)。
年収・年齢だけでなく、家族構成や将来のヴィジョン・資産状況に合わせて個別に資産運用の提案・家計の見直し・ライフプランシミュレーション作成
日本の老後2000万円問題とは?

【アセットジャパンの口コミ】
不動産投資を検討していたのですが、他の会社より優良物件をご紹介いただけて大満足です。
何か売り込まれると思ってましたが親身になってお金の相談にも乗ってくださいました。
アセットジャパン;公式サイトはコチラ

 

《リノシー》
老後2000万円問題対策として不動産投資会社を選ぶ場合、実績のある会社にもコンタクトしたいところです。

不動産投資”No.1”(株式会社東京商工リサーチアンケート調べ)
リノシーは株式会社GA technologiesが運営する都心のワンルーム中古マンションが特徴の投資会社です。
2013年創業し、2018年07月東証マザーズ市場に新規上場、増収増益の急成長企業です。
2000万円問題 持ち家
【リノシーの口コミ】
信頼している友人が不動産投資していると知って、興味を持ちました
不動産投資に決めてからは、仕事と遊びに集中する元通りの生活に戻っています

まずは資料請求・個別相談予約も

参考ページ:
Amazonギフト券がもらえる不動産投資相談
おすすめの不動産投資会社

【不動産投資の始め方】
不動産投資を始めるには、まず自己資金を確保することが重要です。

貯蓄や退職金などが考えられますが、
不動産投資ローンを利用することで最低限の頭金・手付金で投資を始めることが可能です。

老後のための準備は、早く始めることに越したことはありません。

リスクを小さく、ゆっくり資産を確保・増やしていく観点からも、できれば20代、遅くとも40代までに準備しましょう。

物件の選定
次に、物件の選定を行います。
ここでは、立地や物件の状態、価格などを考慮します。
特に、立地は家賃収入や物件の価値を大きく左右します。

不動産投資の基本は、家賃でローンを返済していきます。
空室が発生するようなエリア選定では、老後2000万円問題の解決になりません。

融資の申請
物件を選定したら、次に融資の申請を行います。
ここでは、金利や返済計画を検討します。
また、金融機関によっては不動産投資ローンの審査が厳しい場合もあります。

基本的に、物件の選定・融資の斡旋は不動産投資会社が段取りをつけてくれます。

  • エリアの考え方
  • 資産形成のシミュレーション
  • 金融機関の紹介・審査

サラリーマンや公務員の不動産投資は、手間をかけずに資産運用が基本です。

物件の管理・運用
不動産投資は、物件を購入しておしまいではありません。

客付け(借主)をして、家賃を回収、適切な管理・修繕、借主が退去したら原状回復(クリーニング)と新たな借主を見つける、このサイクルです。
これらの管理は、賃貸管理会社に委託することが可能です。

関連ページ:賃貸暮らしで老後は大丈夫?

老後2000万円問題を解決するための投資・運用方法

老後2000万円問題を解決するための投資は、不動産投資だけではありません。

状況に合わせて投資方法を選び、無理のない形で準備したいところです。

そこで、老後2000万円問題を解決するための投資方法を羅列しました。

株式投資

株式投資は、企業の株式を購入し、その価格上昇や配当金により利益を得る方法です。
長期的に見ると、株式投資は高いリターンを期待できる一方で、株価の変動によるリスクもあります。

長期投資
株式投資は、短期的な価格変動に左右されず、長期的な視点で投資することが重要です。
特に、配当金を再投資することで、複利効果により大きな利益を得ることが可能です。

分散投資
一つの企業の株だけを持つのではなく、複数の企業の株を持つことで、リスクを分散することも大切です。
また、国内株だけでなく、海外株にも投資することで、さらにリスクを分散することが可能です。

投資信託

自分で株を選ぶのではなく、プロの運用者が選んだ株をまとめて購入する投資信託も一つの方法です。
特に、インデックス投資信託は、手数料が低く、分散投資を簡単に行うことができます。

NISA(少額投資非課税制度)

NISAは、一定の金額までの投資利益が非課税となる制度です。
この制度を利用することで、株式投資や投資信託による利益を非課税で得ることができます。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoは、自分で運用方法を選べる年金制度です。
積立金や運用利益は非課税で、老後の生活資金として利用することができます。

定期預金・貯蓄

リスクをとりたくない場合は、定期預金や貯蓄も一つの方法です。
ただし、利回りは低いため、インフレによる資産の目減りに注意が必要です。

金・プラチナなどの貴金属投資

貴金属は価値が安定しており、インフレヘッジとして利用されることがあります。
ただし、価格変動のリスクや保管の問題もあります。

仮想通貨投資

ビットコインなどの仮想通貨も投資対象として注目されています。
高いリターンを期待できますが、価格変動のリスクが非常に高いです。

不動産投資 2000万円問題

老後2000万円問題の投資:体験談・口コミ

老後2000万円問題解決のための投資について、一番気になるのは口コミや体験談だと思います。

インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い口コミ・悪い口コミ・怪しいなどを探しました。

2000万円問題 わかりやすく

私は30代の会社員で、老後2000万円問題から老後の生活費について深刻に悩んでいました。
そこで、自分の資産を増やすために株式投資を始めることにしました。
初めての投資だったので、まずは投資信託から始め、徐々に自分で株を選ぶようになりました。
また、NISAの制度を利用して、税金を気にせずに投資を楽しむことができました。
今では、投資による収入が増え、老後の生活費についての不安が少し軽減されました。
関連ページ:30代の不動産投資の始め方

2000万円問題 夫婦で不動産投資

私は60代で退職し、退職金をどう運用するかを考えていました。
リスクを取りたくなかったので、定期預金に預けることを考えていましたが、息子から不動産投資のことを教えてもらい、それに興味を持ちました。
自分で物件を選び、退職金と預金で購入しました。
定年までに2000万円以上の資産をためていましたが、今では、家賃収入も安定しており、老後の生活費についても安心しています。
参考ページ:定年退職後の不動産投資

老後資金 2000万円問題

私は40代の自営業者で、自分のビジネスに全力を注いでいましたが、老後のことを考えると不安がありました。
そこで、不動産投資に挑戦することにしました。
価格変動のリスクはありますが、家賃収入が安定しているという点が魅力的でした。
今では、複数の物件から安定した家賃収入を得ることができ、老後の生活費についての不安が大幅に減りました。

よくある質問・Q&A

老後2000万円問題について疑問・質問など不動産投資に関して、よくある質問をまとめました。

不動産投資は初心者でも始められますか?

はい、初心者でも始められます。ただし、リスク管理や物件選びなど、知識を身につけることが重要です。

不動産投資に必要な資金はどのくらいですか?

物件の価格や自己資金の額によりますが、一般的に銀行等から融資を受けて始めます。
そのため、一定の年収があり、勤続年数3年以上で融資の審査対象になります。
少額の自己資金で始められるのも、不動産投資の魅力です。
参考ページ:頭金なしの住宅ローン

不動産投資で得られる収入はどのくらいですか?

物件の立地や大きさ、家賃の設定などによりますが、ワンルームマンション投資で一般的には月10万円程度の収入を得ることが可能です。

不動産投資のリスクは何ですか?

不動産投資のリスクには、空室リスクや物件の修繕費用などがあります。
これらのリスクを管理することが重要です。

参考公式サイト
金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書:金融庁
ゆとりある老後生活費:厚生労働省
老後のお金:国民生活センター

老後2000万円問題 不動産投資;まとめ

老後2000万円問題は、我々の老後生活に大きな影響を与えます。

この問題を解決するためには、適切な投資・運用方法を選ぶことが重要です。

不動産投資、株式投資やNISA、iDeCoなどの制度を利用した投資は、老後の生活費を補うための有効な手段となります。

しかし、投資にはリスクも伴います。

そのリスクを理解し、適切な知識と準備を持つことが、成功する投資には必要不可欠です。

また、投資は自分のライフスタイルやリスク許容度に合わせて選ぶことが大切です。

自分に合った投資・運用方法を見つけ、老後の生活にゆとりを持つことが可能となります。

今回は、老後2000万円問題解決のための不動産投資について紹介しました。