2020年の不動産市況:三極分化をベースに強引に上がっていくと予想

2020年の不動産市況2020年の不動産市況

いよいよ2020年。

今年は、夏に東京オリンピックを控えています。

都心の不動産価格は上昇傾向から横ばい状況ですが、今後どうなっていくでしょうか?

2020年の不動産市況を予想してみました。

スポンサーリンク

2020年 不動産市況予想

冒頭でも記述した通り、東京オリンピックを夏に控えています。

ラグビーW杯であれだけ盛り上がったわけですから、オリンピックでは超絶盛り上がること必至でしょう。

ただ、それがそのまま不動産価格に移行するか?

っと問われるとまた別の話。

兼ねてから不動産価格は三極分化を予想していますので、ベースはそれで変わらないでしょう。

  • 都市の商業地は上昇傾向
  • 都心の住宅地は横ばいor微下げ
  • 地方は横幅or大幅下げ

開発が行われている都心の商業部は強引に上げていくでしょう。
銀座だけでなく、渋谷も開発ラッシュから上げていくでしょう。

逆に住宅地に関して、
資金に余裕のある人の購入はあるでしょう。
ただ、このところの上昇度合い、需給関係から購買意欲に陰りが見えてくるように思えます。
都心のマンションを購入し、不動産投資を行うにも利回りが悪く、販売価格そのままでの購入ではうまみはないでしょう。

地方に関しては
一部の都市部や観光地など人の出入りが活発なところの資産価値は維持されるでしょうが、
少子化・人口減:俗に言われる田舎は、引き続き横ばい・下落傾向は続いていくでしょう。

不動産の二極分化・三極分化:マンション価値に格差が見え始めました
少し前の不動産ニュースでよく聞いたのが、 首都圏のマンション発売戸数は減っているが、物件価格は上昇しているというもの。 新築マンション価格が上がっているし、物件数自体も多くない。 特に都心の中古マンションでも強気な価格設定...

2020年 不動産市況予想

2020年不動産価値と経済

日本の経済、世界の経済も無視できません。

世界的には金融緩和傾向ですので、景気後退や世界同時不況などの事態は避けられそうです。

ただ、日本は世界経済とは逆行し、消費税増税を選択しました。

オリンピック前ということで絶妙のタイミングとも思えますし様々な対策を行っていますが、増税による影響・個人消費などの落ち込みも見られはじめました。

株価は上がっていますし、雇用統計も悪くないとはいえ、
そもそも増税前の景気自体、落ち込み傾向だっただけに表面化するか?しないか?
シビアに見ておいたほうがいいかもしれません。

アメリカ経済を中心に、
世界的には好転に支えられる可能性もあるため、余計な心配かもしれませんが・・・。

2020年 利上げ

2020年の不動産市況と住宅ローン金利

不動産市況を考えるときに、住宅ローン金利は無視できません。

先日の住宅ローン金利の引き上げのニュースがありました。

固定期間10年の最優遇金利は、三井住友銀行とみずほ銀行、りそな銀行の3行がいずれも0.05%引き上げ。

  • 三井住友信託銀行が0.75%
  • りそな銀が0.755%
  • 三菱UFJ銀行が0.79%
  • みずほ銀が0.85%
  • 三井住友銀が1.10%

に引き上げ。

ちなみに、変動金利は据え置きのようです。

住宅ローン金利が、これから上がっていくとは限りませんが、少なくとも人生で一番大きな買い物である不動産。

都心の場合は物件価格自体が上昇しているため、
住宅ローン金利の上昇によって、融資額が抑えられることになりかねません。

今後の見通しが不透明なので一時的な引き上げかもしれませんが、仮に上昇傾向が予想されるようだと駆け込み需要が生まれるかもしれませんし、不動産営業マンは煽り文句にしてくるかもしれません。

気になるIR贈収賄事件

不動産市況を揺るがすまではいかないでしょうが、ここにきて気になる事件が表面化しました。

それはIR贈収賄事件。

現状、秋元議員だけですが、今後、与野党の議員の名前が表面化してきそうな様相です。

賄賂は当たり前の中国ですし、IRと北海道と中国だけでなく沖縄と中国など、
そもそもIR誘致に積極的だったのは民主党だったわけですし、IRの枠を超えたチャイナマネーが政界を揺るがす事件になっていくかもしれません。

2020年の不動産市況:まとめ

外国人観光客・訪日観光客が年々増えていることから、ホテル不足が言われているのも事実です。

東京の資産価値上昇を逸したオリンピックのマラソン、札幌開催
東京オリンピックのマラソン・競歩の開催が東京から札幌に変更になりました。 少し強引な結果だけでなく、 今後、赤道付近でオリンピックは開催されない! それをIOCだけでなくJOCも認めた結果にもなってしまい、オリンピックの価値がどう...

その意味で、オリンピックで盛り上がる日本の資産価値が一気に下がることは考えにくいでしょう。

オリンピック後を心配する人もいますが、
余韻は続くでしょうから、問題は、増税による各種対策も終了した後、2021年に持ち越されるのではないか?っと感じています。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました