30代から始める不動産投資のメリットデメリット・注意点を解説、老後10万円の私的年金・売却を紹介:20代・40代との違い

《PR・広告》

30代の不動産投資の始め方:区分マンション・ワンルームマンション投資・一棟アパート投資 マンション投資・不動産投資

《不動産相談・お問合せでAmazonギフト券がもらえる》

不動産投資を行う人も、結果的に検討で終わる人も、

何年か前までは不動産投資会社、2・3社のセミナーや相談で不動産投資を始めていました。

しかし、投資物件価格の値上がりの現状、物件選びが難しい・大きなポイントとなっています。

ただ、不動産投資用の物件(オーナーチェンジ物件)、
特にお得な優良物件はあまり表に出てくることがなく、

不動産投資会社の内部で情報共有され、新しいオーナーに売却されている状況です。

そのため、現状、物件提供も兼ねて6~8社の不動産投資相談に行くのが主流となっています。

どうせ、何社かに話を聞くなら、アマギフもらえるセミナーや面談に参加したほうがいいと思いませんか?

ポイ活として40万円以上、稼げますからありがたいキャンペーンと言えるでしょう。
登録は1サイト2分程度なので、5サイト登録でも10分程度の労力です

6万円分のアマギフが貰える
JPリターンズ
おすすめエリア:東京23区
まずは、60秒、資料請求から

5万円分のアマギフが貰える

3万円分のアマギフが貰える

【おすすめ】
最大40万円以上のAmazonギフト券がもらえる不動産投資相談はこちら

不動産投資 30代

大学・大学院を卒業し社会人となった20代。

それから数年。
30代は、人生の中でも特に重要なライフステージです。

結婚や出産、子育てといった変化がある一方で、キャリア形成の中盤を迎え、収入も安定してきます。

この時期に、将来の安定と資産形成のために不動産投資を考える方も多いと思います。

しかし、不動産投資にはリスクも伴います。

そのため、投資を始める前には、しっかりとした知識と戦略が必要です。

本記事では、30代から始める不動産投資の魅力・メリット・デメリット・マンション投資を始める際の注意点、始めるタイミング、そして成功するためのポイントについて詳しく解説します。

《不動産投資の基本》

不動産投資とは

不動産投資とは、マンションやアパートなどの不動産を購入し、その家賃収入(インカムゲイン)や価格上昇による利益(キャピタルゲイン)を得ることを目指す投資方法です。

不動産投資には、資産運用の一環としてのメリットがありますが、デメリットやリスクも理解しておくことが大切です。

30代で不動産投資を始めたい! 投資を始めるメリット・デメリット・リスクを紹介

不動産投資、特に老後資金(私的年金)を意識したサラリーマンの不動産投資は1日も早いに越したことはありません。

【30代から始める不動産投資の6つのメリット】

  • 安定した給料基盤
    30代はキャリアの中盤で、収入が安定してくる時期です。
    これにより、ローンの返済能力が高まり、不動産投資を始めやすくなります。
  • 長期的な視野
    30代はまだ若く、長期的な投資を行う時間的余裕があります。
    これにより、物件価格の上昇を待つなど、長期的な投資戦略を立てやすくなります。
  • ライフイベントの対策
    結婚や子育てなどのライフイベントは、収入や支出に大きな影響を与えます。
    不動産投資による収入は、これらのライフイベントに対する一定の安定感を提供します。

不動産投資 30代

30代から始める不動産投資のデメリット 資金調達が難しい場合

  • リスクの存在
    不動産投資にはリスクが伴います。
    例えば、物件価格の下落や空室リスクがおきれば、投資による損失の可能性があります。
  • 資金調達の難しさ
    不動産投資には大きな初期投資(頭金)が必要です。
    30代はまだ貯蓄額が十分でない場合もあり、資金調達が難しい場合があります。
    融資の活用で始めることができますが、預貯金がなければ、その分借入額が増えることになります。

  • 時間と労力の必要性
    物件の選定や管理、ローンの返済など、不動産投資は時間と労力を必要とします。
    これらを本業や家庭生活と両立することは、一定のストレスを伴う可能性があります。
[不動産投資のリスクと対策]
不動産投資にはリスクが伴います。
空室リスクや地価下落リスク、ローン返済額の負担などがあります。
残債が大きくオーバーローンで投資用不動産物件が売却できない、任意売却・競売・・最悪破産までのリスクがあります。
これらのリスクを避けるためには、適切な物件選びや資金計画、保険(団体信用生命保険)の活用などが重要です。

30代の不動産投資戦略・物件選び 投資物件選択に関するポイント

30代の投資家は、安定した年収と一定の貯蓄を持っていることが多いです。

また、長期的な視点で投資を考えることができ、リスクを受け入れる余裕もあります。

【30代におすすめの不動産投資戦略】
不動産投資は、30代の投資家に限らず、中長期的な視点での投資がおすすめです。
傾向的にワンルームマンション投資が多く、一棟マンション投資や中古物件のリフォームなど、年収に合わせて時間をかけて価値を高める投資が適しています。

中古物件・戸建てのリフォーム

中古物件を購入し、リフォームを行うことで価値を高め、高い賃料収入を得る戦略です。
30代はまだ時間的余裕があるため、リフォームによる価値向上を待つことが可能です。
関連ページ;戸建てに向ている人・向いていない人

一棟アパート・マンション投資

年収1,000万円以上の方なら

一棟丸ごと購入することで、家賃収入を最大化する戦略です。
高額・高い物件購入になりますが、経営規模が大きく弁護士や医師、会社社長などの投資に向いています。
関連ページ:アパート投資の口コミ・評判
年収1,000万円以上なら一棟アパート投資がオススメな理由

都心の不動産投資

賃貸需要の高い都心の不動産投資は、利回りより空室リスク軽減が期待できます。
エリアの選定が重要となるため、不動産投資会社から優良物件の提供が1つのポイントです。
関連ページ:Amazonギフト券がもらえる不動産投資相談

地方都市への投資

首都圏ではなく地方都市に投資することで、物件価格を抑えつつ、地方都市の成長に乗る戦略です。
地方都市の成長を長期的に見込むことができる30代には、この戦略が適しています。

30代におすすめの不動産投資会社・マンション投資相談

不動産投資は、誰でも行えるものではありません。

金融機関から融資を受けて投資物件を購入するため、

上記3つなどが必要条件になります。

また、物件選択が利回りを大きく左右するため、不動産投資会社との関係も大きなポイントとなります。

不動産投資会社は独自ルートで物件を仕入れ、会員向けに情報共有するため、収益物件情報は表に出ないことも多々あります。

そこで、おすすめの不動産投資会社を紹介します。

アセットジャパン:資産運用の提案

信頼と安心から紹介率91.7%。
与信枠を上手に不動産投資&再投資、無料カウンセリング(オンライン)。
年収・年齢だけでなく、家族構成や将来的なヴィジョン・資産状況に合わせて個別に資産価値の向上、資産運用の提案・家計の見直し・ライフプランシミュレーション作成
アパート投資 30代

【アセットジャパンの口コミ】
不動産投資を検討していたのですが、他の会社より優良物件をご紹介いただけて大満足です。
何か売り込まれると思ってましたが親身になってお金の相談にも乗ってくださいました。
アセットジャパン;公式サイトはコチラ

武蔵コーポレーション

年収1000万円以上、医師・弁護士におすすめのアパート投資

アパート投資をシビアに考えると、

  • 安くいい物件をどう仕入れることができるのか?
  • 入居率100%を計算できる物件をどう考えるか?

 
武蔵コーポレーションのアパート投資の基本は、新築×中古のハイブリッド不動産投資です。
30代の不動産投資

  • 差押が付いている
  • 破産寸前
  • 全30室のうち5室しか入居していない
  • 改修工事に3,000万円かかる

などの物件を安く仕入れ、
建築の専門家・コンサルタントによる

  • 法規チェック
  • 構造チェック
  • 設備チェック
  • 雨漏りのチェック

など100項目をすべてチェック・確認した検査診断を実施、改善をもとに修繕費の算出・大規模修繕などで中古物件を再生します。

 
>>武蔵コーポレーション公式サイトへ

 

《リノシー》
3年連続売上実績 不動産投資”No.1”(株式会社東京商工リサーチアンケート調べ)
リノシーは株式会社GA technologiesが運営する都心のワンルーム中古マンションが特徴の投資会社です。
2013年創業し、2018年07月東証マザーズ市場に新規上場、増収増益の急成長企業です。

不動産投資 30代 始め方
【リノシーの口コミ】
信頼している友人が不動産投資していると知って、興味を持ちました
不動産投資に決めてからは、仕事と遊びに集中する元通りの生活に戻っています
まずは資料請求・個別相談予約も

【更新履歴】
2024年3月:記事リライト
2023年2月:画像追加
2022年9月:利用者の体験談・感想
2021年10月:初期記事アップロード

30代での不動産投資の注意点 コツコツ続ける・長期的な視点とは?

30代での不動産投資には、ライフイベントの影響を考慮することが重要です。

結婚や子育て、入学、卒業、老後など今後の生活を考慮に入れた投資計画を立てましょう。

子供が中学受験をすれば、小学3,4年生から学習塾代がかかります。
夏期講習、冬期講習は別途費用がかかりますし、私立中学に入学すれば学費がかかります。
高校・大学の費用もシミュレーションする必要があります。

《30代での不動産投資:一般的な3つの注意点》

  • ライフイベントの影響
    結婚や子育てなどは、収入や支出に大きな影響を与えます。
    これらのイベントを考慮に入れた投資計画を立てることが重要です。
  • ローン返済の負担
    不動産投資はローンを組むところから始まります。
    ・家を購入時の住宅ローン
    ・マンション投資用の不動産投資ローン
    二重ローンになる場合も少なくありません。

    ローン返済が生活費を圧迫しないよう、適切な返済計画を立てることが重要です。

  • リスクの理解
    不動産投資にはリスクが伴います。
    物件価格の下落や借主が見つからない空室リスクなど、投資による損失の可能性があります。
    これらのリスクを理解し、適切なリスク管理を行うことが重要です。

不動産投資の準備

始める際の融資額・投資物件選び

不動産投資は物件購入までは、いくらでの軌道修正が可能です。

逆にいれば、物件を取得してしまったら、簡単に軌道修正ができません。
右から左へ簡単に売却できないですし、権利関係も複雑です。

そのため、下記のような4つの不動産投資の知識・準備が必要です。

  1. 不動産投資の知識を身につける
    不動産投資を始める前には、不動産投資の基本的な知識を身につけることが重要です。
    経験豊富な不動産投資のプロに相談、書籍で勉強、セミナーで知識の蓄積などを活用しましょう。
  2. 資金計画を立てる・融資額の確認
    不動産投資には大きな資金が必要です。
    自己資金とローンをどの程度組み合わせるか、ローンの返済計画はどうするかなど、しっかりとした資金計画を立てましょう。
  3. 物件選定
    物件選定は、不動産投資の成功を左右します。
    立地条件、物件の状態、価格、家賃収入の見込みなどを考慮に入れて、物件を選択しましょう。
  4. ローンの申し込みをする
    不動産投資ローンの申し込みは、銀行や信用金庫などの金融機関で行います。
    ローン審査には、収入や勤続年数、他の借入れ状況などが影響します。

不動産投資の開始後のポイント・考え方

運用方法・家賃収入の管理

不動産投資ビジネスが始まったら、あとは惰性です。
要所要所で起きるトラブルやイベントに対して判断を下していくだけです。

不動産管理も管理会社への委託であるため、運用方法最低限のリスク管理で済みます。

物件の管理
物件の管理は、不動産投資の重要な部分です。
自分で管理するか、管理会社に任せるかを決め、適切な管理を行いましょう。
家賃収入の管理
家賃収入は、不動産投資の主な収益源です。
家賃の設定や入居率の管理、家賃収入の使い道などを考えましょう。
ローンの返済
ローンの返済は、不動産投資の負担となります。
返済計画を立て、適切に返済を行いましょう。
不動産投資の評価
不動産投資の運用状況を定期的に評価し、必要に応じて戦略を見直しましょう。

30代での不動産投資の成功例 投資体験者の声・成功しやすい投資方法

不動産投資は、それほど難しくないビジネスです。

ただ、不動産投資を検討している方からしたら、成功談・失敗体験談は気になると思います

そこで、30代で成功した不動産投資家の例を紹介します。

彼らは、適切な物件選びと資金計画、リスク管理を行い、収益性の高い不動産で安定的に収益を得ています。

不動産投資 30代 遅い

中古のマンションを購入(区分所有)しリフォーム

中古のマンションを購入(区分所有)し、リフォームを行いました。
リフォームにより物件の価値を高め、高い家賃収入を得ることができました。
また、リフォーム後の物件は需要が高く、空室リスクを低く抑えることができました。

不動産投資 30代 デメリット

地方都市のアパート購入

地方都市のアパートを購入しました。
地方都市の物件価格は首都圏に比べて低く、初期費用を抑えることができました。
また、地方都市の成長により、物件価格と家賃収入が上昇し、成功を収めました。

ワンルームマンション投資 30代 

一棟マンションで資産形成

一棟マンションを購入しました。
安定した収入により、大きな投資を行うことができました。
一棟マンションの家賃収入は大きく、ローン返済と生活費を確保しつつ、資産形成を行うことができました。

よくある質問・Q&A:疑問・心配・不安・注意点を解説

30代で不動産投資を始めるのは遅いですか?

30代で不動産投資を始めるのは遅いということはありません。
むしろ、安定した収入と一定の貯蓄を持っている30代は、不動産投資を始めるのに適した時期と言えます。

不動産投資はリスクが高いですか?

不動産投資にはリスクが伴いますが、適切な知識と戦略、リスク管理を行えば、リスクを抑えることが可能です。

不動産投資で成功する秘訣は何ですか?

不動産投資で成功するためには、適切な知識と戦略、資金計画、物件選び方、そしてリスク管理が重要です。

不動産投資は本業と両立できますか?

不動産投資は、本業と両立することが可能です。
しかし、物件の管理やローンの返済など、投資には手間と時間がかかります。
そのため、時間の捻出・時間管理をしっかりと行う意味で、不動産管理会社検索が重要です。

自分に合った最適な会社・管理会社を探している人におすすめ2選

不動産管理に便利なサイト

簡単に比較できるので、自分に合った最適な会社を選びやすいと思います。

  • マンション貸す.com
    不動産賃貸管理会社に一括賃料査定、利用時のメリット・デメリット、家賃相場の確認なら
  • 賃貸管理の窓口
    一番高く貸せる不動産会社検索なら”最大6社選定”マンション・一戸建て・アパートまで対応

不動産管理会社:マンション投資において重要な役割

不動産管理会社は、マンション投資において重要な役割を果たします。
主に、入居者(賃借人)の管理、賃貸契約の締結、更新、解除の手続き、および賃貸物件のメンテナンスやトラブル対応を担当します。
賃貸管理会社は、オーナー(貸主)と入居者の間のコミュニケーションの橋渡しをし、物件の価値を維持しつつ、収益性を高めることを目指します。
また、空室率の低減や適正な賃料設定など、賃貸経営の効率化にも寄与します。

30代の不動産投資:記事まとめ 20代・40代・50代・60代との比較

不動産投資は、多くの人が参入したいと考え、実際に不動産オーナーになる人も増えています。

そもそも、キャッシュフローの観点から若い世代・早ければ早いほど・ローン完済・返済期間などさまざまな側面で有利と言えます。

だからと言って、40代・50代・60代など中高年でも投資を行うことは可能です。

その中で30代は、安定した収入と一定の貯蓄を持ち、コツコツ続ける・長期的な視点で投資を考えることができるため、不動産投資を始めるのに適した時期です。

しかし、不動産投資にはリスクも伴います。

そのため、投資を始める前には、しっかりとした知識と戦略が必要です。

本記事を参考に、あなた自身の将来プランに合った不動産投資を始めてみてはいかがでしょうか。

また、不動産投資は一人で行うものではありません。

信頼できる専門家や情報源を見つけ、適切なアドバイスを得ながら、資産形成の一環として不動産投資を活用してみてください。

《参考ページ》
おすすめの不動産投資会社
資産所得倍増に関する基礎資料集:内閣官房
人生100年時代における資産形成:金融庁
定年退職後の不動産投資:定年後の退職金を使った不動産投資のメリットと成功事例・効果的な資産形成のポイント解説