不動産AI査定のメリットデメリット:おすすめマンション・不動産無料査定サイト紹介。不動産売却の利用・仕組み・注意点を解説

《PR・広告》

不動産AI査定のメリット・デメリット:査定員が家に来ないメリット:不動産AI査定サイトの口コミや評判をまとめました。 AIマンション査定
不動産ニュース

クラモア(東証プライム上場のスターツコーポレーションのグループ会社)の調べでは、
ここ1年間で約300万円アップ5年1000万円アップのデータが紹介されています。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません

当たり前ですが、住宅ローン金利が上昇すれば、
・返済苦の人が出ます。
・購入者の融資額が減り・購入希望額が下がります。
必然的に、不動産市況に影響を与えます。

株価も急激な上昇で新高値を更新している現状。
バブル崩壊の悲劇が薄れている現状だからこそ、
真剣に資産に向き合うことをおすすめします。

このタイミングで家の価値を確認することで、

  • オーバーローン・アンダーローンの確認
  • 近隣の不動産市況・売買実績の確認
  • 同じマンション内・近所の売り物件の確認

また、家の価値が想像以上に高ければ、老後資金等、気持ちに余裕もできます。

マンション売却体験談としてブログ形式で紹介してありますので、
家の価値の仕方や売却の考え方などの参考になればと思います。

マンション売却体験談はコチラ


 

不動産AI査定

不動産業界もIT化の波が押し寄せてきています。

いまだにFAX・電話を駆使している町の不動産屋もありますが、

大手不動産・上場会社・ベンチャー企業など人工知能(AI学習)を駆使・開発・導入が進んでいます。

  • 顧客管理業務の自動化
  • 顧客への物件提案
  • 不動産予測・投資予測

などとともに、マンション査定・不動産査定においても、AI査定が導入されるようになりました。

今回は、ビックデータを解析することで機械的に算出されるAI査定について

  • 不動産AI査定のメリット・デメリット
  • AIを採用しているマンション査定サイト
  • 不動産AI査定の口コミ・体験談

について解説します。

《AI査定なら》

不動産無料AI査定:メリット・デメリット コンピューター vs 人による評価

コンピューターの性能が大きく向上したことにより、コンピューターによる機械学習、AI(Artificial Intelligence:人工知能)技術の流れが進みました。

マンション査定におけるAI査定は、

  • 現状の不動産市況
  • これまでの不動産価格の推移
  • 今後の不動産価格の予想
  • 近隣の売買実績・取引価格
  • 現状の売却物件情報

などの大量なデータ(数値データ)をもとに査定・シミュレーション価格を算出、人の意思・意図を介さず査定額を算出することが可能です。

では、その不動産AI査定のメリット・デメリットはあるのでしょうか?

メリット
無料査定・使い勝手・仕組み

AI査定のメリットは、簡単だ!ということです。

スマホから住所・マンション名・間取り・メールアドレス等を入力すれば、即査定額をチェックできます。

AI査定の場合、自動査定なので営業マンや査定員が家に来ることなく、その場でいくらで売れそうか確認が可能です。

通常の不動産査定には机上査定・訪問査定があります。

訪問査定の場合、不動産会社の営業マンが家に来て、室内の状態を確認し査定額を後日算出するため、

  • 家に入られるのが嫌だ
  • 日程を調整するのが面倒くさい

と感じる人もいます。

机上査定であっても、その場で査定額を確認できるわけではないため(2・3日要する)、その場で査定額を確認できる不動産AI査定は大きなメリットといえるでしょう。

デメリット
戸建て・土地・地方の物件の査定価格の精度

不動産AI査定にデメリットがあるのか?

不動産査定を行う場合、住所・築年数・面積・構造・室内の状態等の観点から査定を行います。

AI査定は、売買事例・取引価格等の観点からマンション査定には強みがありますが、戸建てにおいては精度が下がります。

戸建ては、家主が思い思いに建築するものです。
間取りも建築様式も素材も違います。

土地の価格は相場があるためAIも簡単に算出できますが、建物の価格・価値に関しては判断材料が乏しく、査定が行えない不動産サイトもあります。

また、都心と田舎では蓄積されているデータ量から、高い精度は期待できないと考えられます。

おすすめの不動産会社・AI査定サービスランキング 今すぐ無料査定”

【不動産査定の流れ】
不動産・マンションAI査定の具体的な4つの手順

  1. 情報登録
    不動産の基本情報(市区町村・所在地、専有面積、築年数、家の状況などの項目)をAI査定システムに入力します。
  2. データマッチング
    入力された情報は、過去の取引データや市場動向とマッチングされます。
  3. 査定価格の算出
    AIアルゴリズムが複数の要因を分析し、査定価格を瞬時に算出します。
    人の手を介さないことで通常より高く出力されることも
  4. 結果の提示
    査定価格や市場分析の結果がオーナーに提示・査定価格が表示されます。

不動産AI査定のデータ収集と分析

データベース構築/機械学習/定期的なデータ更新

データベースの構築
  • 不動産取引記録、公示価格、固定資産税評価額など、多岐にわたるデータが収集されます。
特徴量の抽出
  • 地理的位置、交通アクセス、周辺環境など、価格に影響を与える特徴量が抽出されます。
機械学習の適用
  • 抽出された特徴量を元に、AIが不動産価格の予測モデルを学習します。
価格予測の精度向上
  • 定期的なデータの更新とAIモデルの再学習により、予測の精度が向上します。

不動産査定やマンション査定を行う場合、
基本的に一括査定サイトを活用し複数の不動産業者に査定を依頼し査定額を比較するものです。

ただ、すべての査定額が揃うまで、長くなると1週間程度かかります。

不動産AI査定なら
査定依頼を行えば、即査定額が確認できるため、その場で比較検討が可能となります。

そこで、不動産AI査定を採用している不動産査定サイトを紹介します。

1:SRE不動産(エージェント採用)

ソニーグループ:SREホールディングス株式会社(SRE Holdings Corporation)が運営する不動産テック
不動産AI査定
 
≪SRE不動産の特徴≫

  • AIを活用した価格査定
  • 売却物件の広告量
  • エージェント制(片手仲介)」を採用

売却専門エージェントが100%売主の味方としてサポート

不動産AI査定サイト

2:おうちクラベル(ビックデータ解析)

多くの情報・ビックデータ解析を活用したAI一括不動産査定サイト
AI不動産一括査定サイト
 
”おうちクラベル”の一括査定は、
以下の3つ

  1. 安心感と販売力のある大手企業
  2. 大手企業に負けない店舗ネットワークが強みのフランチャイズ企業
  3. 地元に根付き独自の販売ルートを地元密着企業

への一括査定が可能です。

不動産一括査定サイト AI

3:すむたす売却(オンライン10秒査定)

すむたすは、AI技術により実際の売却価格をオンライン上で査定が可能です。
AIオンライン査定
すむたすは、シンプルで分かりやすいプロセス(内見対応、価格交渉、室内の修繕やリフォームなど面倒なことは一切なし)によって、すぐ手軽に売却できます。
また、一般的な不動産仲介会社で売却した場合、物件価格の3%が仲介手数料としてかかりますが、すむたすなら仲介手数料が最大無料のサービスとなっています。

不動産AI査定サイト ヤバイ

4:カイトリー(買取価格を知ることができる)

最短5秒で買取参考価格が返ってくる「査定スピード」
不動産AI査定 口コミ
 
≪カイトリーの特徴≫
中古マンション再生事業に関わるiBuyerサービス

  • 営業電話等の電話連絡なしに査定結果がメールで送信
  • 買取業者だからこそできる最短3日で現金化
  • 先日付買取保証(買取保証金額)

「年間仕入れ実績1000件以上、20000査定」を行ってきたデータから弾き出される信頼性。

不動産AI査定 評判

不動産売却エージェント選びなら”タクシエ”

タクシエ(TAQSIE)は、
三菱地所リアルエステートサービスは中立的な立場に立ち、各不動産会社のエース級エージェント、約350名の中から売却条件にぴったりな人をマッチングするサービスです。
不動産AI査定 制度

エース級の不動産売却エージェントとのコンタクトを取るのであれば、非常におすすめなサービスです。

少なからず質の高い売却提案を聞くだけでもいいですし、現在、うまく売却活動が進んでいない人にも活用してもらいたいサービスです。

不動産AI査定サイト

スピードAI査定:東急リバブル

東急リバブルのスピードAI査定。
東急リバブルは新築/中古マンション、一戸建て、土地、不動産の購入のための物件情報を提供。
スピードAI査定:東急リバブル
 
≪東急リバブル≫

  • 所有マンションについて、売るか貸すかお悩みの方は、売却・賃貸「W査定」も利用可能
  • マンション、一戸建て、土地、売却・査定の相談も充実・安心なサポートサービスで対応
不動産AI査定 東急リバブル

これから多くの企業が導入されると思われますので、随時、追加していきます。

《準備中》

  • 住友不動産販売
    ステップAI査定 最短60秒 電話番号不要
    AIが所有不動産の売却価格、月額賃料を今すぐ無料査定
  • 三井のリハウス
    リハウスAI査定:全国仲介取扱件数No1の三井不動産リアルティ。
  • 近鉄のAI不動産査定:近鉄不動産
    不動産査定のノウハウや不動産取引に特有の知識を活用した機械学習ソリューションによって、所有不動産の無料査定
  • 住まい1」AI不動産査定|三菱UFJ不動産販売
    業界最高水準の査定精度
    AI不動産査定 豊富な取引データをもとに、マンション・一戸建て・土地をWEB上で無料査定
  • LIFULL HOME’S「プライスマップAI簡易査定」

関連ページ:不動産無料査定ランキング

不動産AI査定と従来の一括査定方法

従来の査定方法

人間の経験と直感
従来の査定は、不動産業者や鑑定士の経験や知識、直感に大きく依存していました。
物件の調査
物件の現地調査や、周辺環境、アクセス性、築年数、物件の状態などを手動で調査して査定価格を導き出していました。
時間のかかるプロセス
手動でのデータ収集や分析には時間がかかり、査定結果を得るまでに数日から数週間かかることも珍しくありませんでした。
主観の影響
査定士の経験や知識、感じる市場の動向など、主観が査定価格に影響を与えることがありました。

AI査定方法

データベース活用
AI査定は、過去の取引データや物件情報、地域のデータなどの大量の情報をデータベースとして活用します。
迅速な分析
AIは大量のデータを瞬時に分析し、査定価格を導き出すことができます。そのため、査定結果を得るまでの時間が大幅に短縮されます。
客観的な査定
AIは客観的なデータに基づいて査定を行うため、人間の主観の影響を受けにくいと言われています。
継続的な学習
AIは新しいデータが入力されるたびに学習を続け、査定の精度を向上させることができます。

従来の査定方法は人間の経験や直感に依存する部分が多いため、時間もかかる傾向がありました。
一方、AI査定は大量のデータを迅速に分析し、客観的かつ迅速な査定結果を提供することができます。
しかし、AI査定も完璧ではなく、データの質や正確性、AIのアルゴリズムに依存するため、最終的な査定価格を決定する際には専門家の意見も参考にすることが重要です。

《AI技術がもたらす正確性とスピード》

  • 大量データの処理: AIは大量のデータを瞬時に処理する能力を持っています。これにより、従来の手動分析では考慮しきれなかった多くの要因を査定に取り入れることができます。
  • 継続的な学習: 機械学習の技術を利用したAIは、新しいデータが入力されるたびに自らを更新し、査定の精度を向上させることができます。
  • 客観的な分析: AIは感情や先入観なくデータを分析するため、客観的な査定結果を提供することができます。
  • 迅速な結果提供: 従来の手動分析に比べ、AIはほんの数秒から数分で査定結果を出すことができます。

不動産業界におけるAIの役割・状況

査定の自動化
AIは物件の特徴や過去の取引データを基に、迅速かつ正確に物件の査定価格を算出することができます。
市場動向の予測
AIは大量の市場データを分析することで、不動産市場の将来的な動向や価格変動を予測することができます。
顧客対応の最適化
AIを活用したチャットボットや顧客対応システムを導入することで、顧客の質問や要望に迅速に対応することが可能となります。
物件のマッチング
AIは顧客の希望・要望や予算を考慮して、最適な物件を提案することができます。
業務効率の向上
AIは煩雑な業務プロセスを自動化することで、業務の効率化やコスト削減を実現します。

これらの役割を通じて、AIは不動産業界において、より迅速で正確なサービス提供を可能にし、業界全体の効率化や価値提供の向上に貢献しています。

不動産AI査定の特徴:精度と信頼性

不動産AI査定の精密さと信頼性の評価
AI査定の精密さは、取引実績データや市場動向データといった大規模なデータセットの質と量によって大きく左右されます。

AIシステムはこれらのデータを基にして機械学習アルゴリズムを用いて価格を予測しますが、その信頼性はデータの正確性、更新頻度、及びアルゴリズムの洗練度に依存しています。

精密な査定を行うためには、不動産市場の動向を反映した現行のデータと、過去の長期間にわたるデータの両方を組み合わせることが重要です。

≪AI査定の正確性と誤差範囲≫
AIによる不動産査定の正確性は、予測モデルが訓練されるデータのバリエーションに大きく影響されます。
例えば、「特徴量エンジニアリング」によって選ばれる属性が査定価格に最も影響を与える要素である場合、その属性に基づいてモデルを訓練することで、より精度の高い査定が可能になります。
しかし、どのような予測モデルも一定の誤差範囲を持ち、特に個別の物件の独自の特性や市場の突発的な変動は、予測の難しさを増加させます。

不動産AI査定の精度と信頼性は、先進的なデータ分析技術と継続的なモデルの改善によって向上し続けています。
査定の精度を高めるためには、定期的なデータ更新とモデルの再訓練が必要であり、市場の変動に迅速に対応する柔軟性も求められます。
AI査定のさらなる発展には、技術の進歩と市場の理解の深化が鍵となります。専門家としては、これらの要素を正確に理解し、適切に評価することが不可欠です。

AIマンション・不動産査定と従来の査定方法の違い 初めての方が、利用する場合

スピードと効率
AI査定はデータをリアルタイムで処理し、数分以内に査定額を提供することが可能です。
一方、従来の査定は数日から数週間かかることが一般的です。
データ量
AI査定は大量のデータポイントを処理でき、市場動向、歴史的取引価格、立地条件など、多岐にわたる変数を考慮に入れます。伝統的な方法では、不動産鑑定士が限られた情報に基づいて評価を行います。
オブジェクティビティ
AIはアルゴリズムに基づいて一貫した査定を提供し、人間のバイアスの影響を受けにくいです。
対照的に、伝統的な査定は鑑定士の主観が結果に影響する場合があります。
不動産AI査定のメリットと利点

★コストの削減: AI査定は人件費を削減し、より多くの査定を低コストで提供することが可能です。

★透明性の向上: AI査定プロセスは、使用されるデータと算出方法を開示することで、透明性を提供します。

★アクセシビリティ: オンラインでアクセス可能なAI査定ツールは、どこからでも簡単に不動産価値を把握できるため、利便性が高いです。

★精度の向上: 継続的な学習とデータの更新により、AI査定の精度は時間とともに向上します。

不動産AI査定は、その迅速性、コスト効率、およびデータ駆動型のアプローチにより、不動産業界における革新的なツールとして注目されています。
これにより、伝統的な査定方法を補完し、場合によっては置き換える可能性があります。専門家はこの技術を活用して、不動産の価値評価をより効率的かつ正確に行うことができるでしょう。

マンションAI査定の口コミ・体験談をご紹介 コラム・グーグルクチコミ等より

不動産AI査定について、一番気になるのは、体験談(口コミや評判)だと思います。

ツィッターやインスタグラム、フェイスブック、Google口コミ、公式サイトなどから探してみました。

マンション AI査定

システム(査定・仲介)の素晴らしさを実感しました。

このたびは大変お世話になりました。

貴社の前に他の会社2社へ依頼した経験もあったのでだからこそ内見数の違いを実感、システム(査定・仲介)の素晴らしさを実感しました。
本当に売主の立場に立ったサービスを提供されており、貴社に依頼することが出来たことを感謝申し上げます。
又、担当の〇〇様には本当にお世話になりました。
これまでのご経験と豊富な知識からいつも冷静な分析と的確なアドバイスをくださり安心しておまかせできました。
お人柄も素晴らしく、小さな子どものいる当方の都合に合わせて、夜遅い時間帯にもご足労頂いたり、常に寄りそってサポートして頂きました。心より感謝申し上げます。
SRE不動産の口コミより

マンションAI査定

売却相談から売却完了までは約1ヶ月

「KAITRY」はWeb上で瞬時に査定金額が出る不動産AI査定もメリットのひとつですが、売却にあたって拘束される時間が短いのも大きなポイントだと感じます。
主に面談が必要になるのは【売却相談/訪問査定】【契約】【決済(引き渡し)】の3回のみ。それぞれの所要時間は約30分〜1時間程度。しかも、買取担当の方には職場の近くに来てもらっていたので、始業前や休憩時間にサクッと済ますことができました。
売却相談から売却完了までは約1ヶ月ほどでしたが、こんなに簡単に売却できてしまうとは思わず、逆に「いいのかな?」と思うほどでした(笑)。スムーズな取引に満足しています。
カイトリーの口コミより

不動産AI査定 良い口コミ

不動産会社の人がそれぞれ家に来ることを知らずに一括査定に申し込みをしたことがあり、「げ、訪問があるの?」という感じで、断ってしまいました。

2人とも仕事がありますし、不動産会社さんに何度も会うのは厳しいなと思っていました。

しばらく経ってから、たまたま検索でスマ売のことを知り「1度の訪問で複数社の査定を受けられる」というポイントが気に入って申し込みました。これなら良いねと夫婦で話したのを覚えています。

AI不動産・マンション査定 

不動産AI査定から各社とのやり取りはチャットなので、タイムリーなやり取りがしやすく、一つの場所で完結するのが楽でした。

また、渡邉さん(担当者)が適宜アドバイスしてくれたり、不動産会社に対してプッシュしてくれたりと、フォローをしてくれました。

自分からは言いづらいこともありましたし、不動産の売却について知識がなかったので、必要な時に渡邉さんが第三者的にサポートに入ってくれたのは、心強かったです。自宅の売却をしたいという友人にも紹介しました。

 

訪問査定との併用活用も

スピードAI マンション査定は、ただ、相場を知るだけでなく、売り方にもいろいろな特徴があります。

  • カイトリーは、そのまま買取まで進めることが可能です。
  • ウレタも、「早く売る」:AI査定で算出された価格にて最短2日で現金化も可能です
  • Howmaの場合、不動産会社に会わずに売却まで実施可能です。

仲介が普通な不動産取引とは少し違うサービス形態が広がっています。

ただ、その分、怪しいとか騙されているなどの心配もあります。

本格的に売却を検討している人は、訪問査定との併用がオススメです。

関連公式サイト
一般社団法人日本ディープラーニング協会
人工知能ビジネス創出協会
一般社団法人AI・IoT普及推進協会
一般社団法人 日本人工知能協会
不動産投資とAIの活用

《更新履歴》
2024年1月:企業追加
2023年4月:体験談追加
2022年11月:使い勝手のいいサイト紹介
2022年7月:新規記事アップ

AI査定サイトを利用する際の注意点について

  • データの質
    AI査定の精度は、使用されるデータの質に大きく依存します。不正確や古いデータを基にした査定は、誤った結果を生む可能性があります。
  • 過度な依存
    AIが提供する査定結果はあくまで参考の一つであり、最終的な判断は人間が行うべきです。AIの結果に過度に依存することなく、専門家の意見や市場の実情も考慮することが重要です。
  • 技術の理解
    AI査定の背後にある技術やアルゴリズムを理解していないと、その結果の意味や信頼性を適切に評価することが難しくなります。
  • 透明性の欠如
    一部のAI査定ツールは、どのようなデータやアルゴリズムを使用して査定結果を導き出しているのかが不透明な場合があります。そのため、使用するツールの透明性を確認することが重要です。
  • 個人情報の取り扱い
    AI査定を行う際には、物件に関連する情報や個人情報が取り扱われることがあります。これらの情報の取り扱いや保護に関する方針を確認し、適切な対応をとることが必要です。
  • 市場の変動
    不動産市場は様々な要因によって変動します。AI査定は過去のデータに基づいて分析を行うため、急激な市場の変動には迅速に対応しきれない場合があります。

更新の頻度: AI査定ツールやデータベースは定期的に更新される必要があります。使用するツールが最新の情報や技術を反映しているかを確認することが重要です。

よくある質問・気になる疑問を紹介

AI不動産査定とは何ですか?

AI不動産査定は、人工知能技術を使用して、不動産の価値や市場価格を自動的に評価するシステムのことを指します。過去の取引データや物件の特徴、地域の情報などを基に、査定価格を算出します。

AIによる査定の精度はどれくらいですか?

AIによる査定は、大量のデータを元にした分析に基づいていますが、地域や物件の特性によっては誤差が生じることもあります。一般的には、初期の査定や参考価格としての利用が推奨され、最終的な価格設定は専門家の意見も取り入れることが望ましいです。

AI査定と人間による査定の違いは何ですか?

AI査定は、大量のデータを短時間で分析し、査定価格を出すことが得意です。
一方、人間による査定は、物件の微細な特徴や地域の将来的な発展性など、定量的に評価しにくい要素も考慮することができます。
感情が査定額に反映されるデメリットもあります。

AI不動産査定のサービスを利用する際の注意点は?

AI不動産査定は便利なツールですが、あくまで参考の一つとして利用することが推奨されます。
実際の取引価格や最終的な査定価格を決定する際には、不動産の専門家との相談を行うことが重要です。

AI不動産査定のサービスは有料ですか?

サービスによって異なりますが、多くの場合、査定は無料で提供されています。
ただし、詳細な査定レポートや追加のサービスを利用する場合には、有料となることもあります。

AI不動産査定の結果が出るまでの時間はどれくらいですか?

多くのAI不動産査定サービスでは、入力された情報を基に数秒から数分で査定結果を提供します。
ただし、サービスによっては、より詳細な分析を行うために少し時間がかかる場合もあります。

AI不動産査定はどのようなデータを基に査定を行っていますか?

AI不動産査定は、過去の不動産取引データ、物件の特徴(面積、築年数、設備等)、地域の情報(駅からの距離、周辺の施設や環境)、経済指標などの多岐にわたるデータを基に査定を行います。

AI査定の結果に不満がある場合、どうすればよいですか?

AI査定は参考の一つとして利用することが推奨されます。
結果に不満がある場合は、不動産の専門家や他の査定サービスとの比較を行い、より正確な査定価格を導き出すことが可能です。

AI不動産査定の技術は今後どのように進化していくと思われますか?

AI技術は日々進化しており、今後はより高精度な査定が期待されます。
また、物件の3D画像やドローンによる空撮データなど、新しいデータの取り込みによる査定の精度向上や、ユーザーのニーズに合わせたカスタマイズされた査定結果の提供などが進むと考えられます。

AI不動産査定サービスを利用する際のプライバシーは守られていますか?

多くのAI不動産査定サービスは、ユーザーのプライバシー保護を重視しています。
査定を行う際に入力される情報は、査定目的のみに使用され、第三者に提供されることはありません。ただし、サービスごとのプライバシーポリシーを確認し、安心して利用できるものを選ぶことが重要です。

不動産AI査定は、ヤバイ・怪しいという噂は本当ですか?

不動産AI査定は、人工知能(AI)を活用して、物件の情報や市場動向、近隣の取引事例などのデータを基に、物件の査定価格を自動で算出する技術です。
近年、技術の進化とデータの蓄積により、多くの不動産会社やプラットフォームがこの技術を導入しています。

[怪しい・噂の背景]
伝統的な手法に慣れ親しんでいる人々にとって、新しい技術や方法は疑念を抱くことがあります。
AI査定もその一つとして、一部の人々から疑問や不信感を持たれることが少なからず怪しいという噂が立つのだと思います。
そもそも、AI査定の仕組みはブラックボックスが多く、精度を正確に理解していない人が、誤った情報や先入観をもとに、誤解や情報の歪曲を拡散することあるかもしれません。

真実は?

現代のAI技術は高度に進化しており、大量のデータを基に高い精度で査定価格を算出することができます。ただし、最終的な査定価格は、AIの結果を基にした上で、不動産の専門家が確認・調整することが一般的です。
また、AI査定を採用している多くのプラットフォームや会社は、査定の方法や基準を公開しており、透明性を持って運営されています。
そのため、AI査定は、短時間で査定結果を得ることができるため、物件の売却を検討している人々にとって、迅速に情報を得ることができる利点があります。

「不動産AI査定はヤバイ・怪しい」という噂は、新しい技術への不信感や誤解が背景にあると考えられます。
しかし、現代のAI技術は高い精度と透明性を持っており、多くの不動産会社やプラットフォームが信頼して導入しています。
最終的な査定価格の決定には、専門家の確認や調整が行われるため、AI査定を利用することによるリスクは低いと言えます。
それにも関わらず、不動産の売却は大きな取引であるため、どのような方法で査定が行われているのか、その背景や基準を理解し、納得の上で進めることが重要です。

参考ページ:すむたす売却

AI査定で「3000万円」と出たのですが、本当に3000万円で売却できますか?

AI査定は、過去の取引事例や周辺環境などのデータに基づいて算出されるため、あくまでも参考値となります。
実際の売却価格は、市場動向や物件の状態、修繕履歴、買主のニーズなど様々な要素によって左右されます。

オススメページ:テラスオファー(Terass Offer)
匿名査定サイトのメリット、不動産エージェントの探しを紹介

マンションAI査定:まとめ

AIを活用したマンション査定は、相場を確認するのに非常に有効といえるでしょう。

不動産査定サイトを紹介しているページでもおすすめしていますが、

不動産は人生で一番大きな買い物であり、そう簡単に売り買いできない厄介な資産です。

その資産を生かすも殺すも所有者(家主)の考え方次第です。

家を購入したら、住宅ローンを完済することが素晴らしいことではありません。

市況によっては売却もいいですし、賃貸運用・民泊など活かし方にバリエーションを持たせることが可能です。

その意味で、不動産AI査定を活用しながら、随時資産の推移を確認するだけでも、資産管理の一役を担う形になります。

マンション・一軒家のAI査定は、まだまだ創成期の段階なのでこれからどんどん精度が上がっていくことでしょう。

また、これを機に個人売買の時代が近づくかもしれません。

不動産査定サイトおすすめ比較:口コミ・評判
家・マンションを売るならどこがいい?大手と一括不動産査定サイト

不動産AI査定サイト 比較
引用:国土交通省

上の表は、日本と欧米の不動産売買件数の中古と新築の比較です。
日本は新築住宅の流通が多く、アメリカをはじめ欧米は中古物件(既存住宅)というデータです。
地震大国ということでスクラップアンドビルドという側面もありますが、理由はそれだけではありません。

日本は、不動産業者が共有するレインズで売買物件情報が管理されています。
アメリカは、MLSで管理されていますが、この不動産データベースは一般消費者も閲覧が可能です。

不動産AI査定が一般的になると不動産相場を随時確認する人が増えることでしょう。

資産価値として不動産を考える人が増えれば、中古物件の売買も頻繁になるでしょうし、それに合わせて売り方もバリエーションも増えるでしょう。
MLSのように個人も参照できる環境になれば、日本の不動産の悪しき慣習でもある”囲い込み”なども減ることでしょうし、クリーンな売買環境になるかもしれません。

今回は、

  • 不動産AI査定のメリット・デメリット
  • AI不動産査定サイトの口コミや評判

などもコラム的に紹介しました。