【2024年版最新】浴室リフォーム・お風呂リフォームで使える補助金制度・助成金。工事費用や申請方法・注意点を解説

【2023年版】浴室リフォーム・お風呂リフォームの補助金・助成金。DIYでももらえるの?!リフォーム会社の選び方? リフォーム
リフォーム業者比較
リフォームをするなら、

  • トコトンこだわりたい
  • 1円でも安くリフォームをしたい

節約できるところは節約したいと考えるものです。

そこで無視できないのが、
補助金・助成金を活用したリフォームです。

ややこしい、補助金システム

補助金の活用において悩ましいのが、

どれが該当するのか?
似たような募集があることです。

例えば、↓のように

リフォーム関連の補助金

・子育てエコホーム支援事業
・既存住宅における断熱リフォーム支援事業
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金
・介護保険の住宅改修費補助
・自治体のリフォーム補助金・助成金
など

該当しそうな補助金が複数出てきます。

補助金・助成金は、
お住いの地域によって、その内容も補助額も変わります。

また、申請時期に合わせる必要があったり、
逆に、予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

《補助金申請強いリフォーム会社探しなら》
SUUMOリフォーム
タウンライフリフォーム

 

浴室・お風呂リフォーム 補助金

日本では、住宅リフォームにおける補助金や助成金制度が多数存在しています。

これらの制度は、特に浴室やお風呂のリフォーム、エコ対応、バリアフリー改修などを促進するために設けられており、子育て世帯や高齢者、障害を持つ人々の生活の質の向上を目的としています。

2024年現在、多くの自治体や政府機関がこれらのリフォームを支援するための様々なプログラムを提供しており、リフォーム工事の費用を補助するものから、特定の条件を満たす住宅に対する助成金まで、幅広い選択肢があります。

この記事では、これらの補助金や助成金制度の詳細、利用方法、対象となるリフォームの種類、申請の手続きについて詳しく解説・テクニックを紹介します。

補助金や助成金を利用することで、浴室リフォームの費用負担を抑えることが可能になります。

お風呂の蓋を変えるだけでもOK!

用条件を満たしている場合は、ぜひ利用を検討してみてください。

浴室リフォームで使える補助金の基本情報とその重要性

浴室リフォームの補助金は、国や地方自治体などが実施している制度です。

補助金を利用することで、工事費を抑えることができます。

《補助金の種類》
浴室リフォームの補助金には、以下のようなものがあります。

  • 介護保険の住宅改修補助金
  • 国の長期優良住宅化リフォーム推進事業
  • 地方自治体の補助金/助成金
  • 介護保険の住宅改修補助金

などが考えられます。

ややこしい、補助金・助成金申請方法・条件・システム

補助金や助成金の活用ですが、
毎年、そのレギュレーションが変わります。

更にお住いの地域によって、
浴室・お風呂リフォームの助成額や補助額も変わります。

また、申請時期・申請方法に合わせる必要があったり、
予算消化で補助金が終わっていることも少なくありません。

特に、少しでも出費を少なくしたい人にとって、

悩ましいのが、

どれが該当するのか?
リフォーム箇所を調整することで似たような募集が活用できる可能性もあります。
⇒浴室・お風呂リフォームトイレリフォーム断熱リフォーム畳 (フローリング)
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・介護保険の住宅改修費補助
・《終了》こどもエコすまい支援事業
  令和6年は、質の高い住宅ストック形成に関する省エネ住宅への支援(仮称)
・自治体のリフォーム補助金や助成金
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
・長期優良住宅化リフォーム推進事業
・《終了》こどもエコすまい支援事業
  令和6年は、質の高い住宅ストック形成に関する省エネ住宅への支援(仮称)
・自治体のリフォーム補助金や助成金
・介護保険の住宅改修費補助
など
該当しそうな補助金制度が複数出てきます。
もう終了しているもの、次年度予算が確定しているもの様々です。
断熱リフォームを検討してる場合
・《終了》既存住宅における断熱リフォーム支援事業
  次の公募は令和6年1月頃
・《終了》こどもエコすまい支援事業
  令和6年は、質の高い住宅ストック形成に関する省エネ住宅への支援(仮称)
・《終了》次世代省エネ建材の実証支援事業
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
省エネリフォームで補助金・助成金
・《終了》既存住宅における断熱リフォーム支援事業
  次の公募は令和6年1月頃
・《終了》こどもエコすまい支援事業
  令和6年は、質の高い住宅ストック形成に関する省エネ住宅への支援(仮称)
・自治体のリフォーム補助金と助成金
など
該当しそうな補助金が複数出てきます。
もう終了しているもの、次年度予算が確定しているもの様々です。

補助額が高いからと言って、上限や満額出るとは限らないため、

  • お風呂・浴室リフォーム時において

自分で判断するよりも、
補助金&助成金申請に実績のあるリフォーム会社選びがポイントとなります。

安く・早く・賢くなど相談相手で大きく変わります。

火災保険が適用できる場合も

また、火災保険が併用できる場合もあります。

・大雨が原因で雨漏り
・暴風によって壁にヒビ
・キッチンの水漏れ
・泥棒による被害
・漏電による破損・汚損

など、加入している火災保険によって適用が可能な場合があります。

ちなみに、火災保険の場合、
工事前に事前に見積額が保険会社から口座に振り込まれます。

厳密に言うと、入金後、施工会社を変更(もっと安い業者)してもかまいません。
*浮いたお金の返金の必要もありません。

補助金制度に実績のあるリフォーム会社が簡単にわかる 最新の相談できるサイト・比較できるサービス

そこでオススメしたいのが、
一括見積もりサイトの活用です。

1回の登録で複数の会社から相見積もりを取れるサイトです。

助成金・補助金を活用した見積もり比較

浴室リフォーム時の最安値比較

これなら助成金・補助金に詳しいリフォーム会社が簡単に見つかると思いませんか?

リフォーム会社比較サイト【SUUMOリフォーム】

株式会社リクルートが運営するスーモカウンター(リフォーム)の中立な立場のアドバイザーがあなたにぴったりなリフォーム会社を無料で紹介してくれるサービスです。
トイレリフォーム 補助金

  • リフォームプランニングサポート
    自宅の現状を聞き、どのようにリフォームを計画するのがいいのかをアドバイス
  • リフォーム費用情報サポート
    アドバイザーがあなたの希望の屋根リフォームをお聞きして、 リフォーム費用情報等を調査・紹介。

>>SUUMOリフォーム公式サイトへ

 

浴室リフォーム時に助成金/補助金を活用するメリット・デメリット

浴室リフォーム時に補助金などを活用するかどうかは、メリットとデメリットを比較して判断する必要があります。

浴室リフォーム時に補助金などを活用するメリットは、以下のとおりです。

《浴室リフォーム時に補助金や助成金を活用するメリット》

  • リフォーム費用を抑えられる
    浴室リフォームは、費用がかかることから、補助金や助成金を利用することで、費用を抑えることができます。
    補助金の種類によっては、工事費用の10%~90%を補助してもらうことも可能です。
  • リフォームの範囲を広げられる
    補助金を利用することで、リフォームの範囲を広げることができます。
    例えば、補助金の対象となる工事には、浴室の断熱改修や省エネ設備の導入などがあります。
    これらの工事を補助金を利用して行うことで、より快適で省エネな浴室にすることができます。
  • リフォームをより早く行うことができる
    補助金を利用することで、リフォームをより早く行うことができます。
    補助金の対象となる工事であれば、リフォーム業者が補助金の申請を行うことが可能です。
    そのため、リフォームの申請や審査の手間をかけずに、リフォームを進めることができます。

《浴室リフォームで使える補助金・助成金を活用するデメリット》

  • 申請手続きが必要
    補助金を利用するためには、申請手続きが必要となります。
    申請手続きは、補助金の種類によって異なりますが、必要書類を揃えて、指定の窓口に提出する必要があります。
    また、申請期限を過ぎると、申請することができないので注意が必要です。
  • 補助金の条件を満たす必要がある
    さらに、補助金の条件を満たす必要があることもデメリットです。
    補助金の種類によって、対象となる工事や工事費用、リフォーム者の資格など、さまざまな条件が定められています。
    条件を満たしていない場合は、補助金を利用することができないので、事前に確認しておきましょう。

2024年度、浴室リフォーム・風呂のリフォーム時に利用可能な補助金・助成金

リフォーム時に補助金/助成金を活用できるものとして
★こどもエコすまい支援事業
★長期優良住宅化リフォーム推進事業
★介護保険制度
★自治体のリフォーム補助金や助成金
などがあります。

こどもエコすまい支援事業(国)
ユニットバス・バリアフリー

こどもエコすまい支援事業の中には、

  • 子育て対応改修
  • エコ住宅設備の設置
  • バリアフリー改修

が考えられます。

【子育て対応改修】
浴室乾燥機
電気用品安全法に規定する「電気乾燥機」、「換気扇」または「ファンコイルユニットおよびファン付コンベクター」で、乾燥運転時に、換気運転(換気扇との連動も可)と連動し、温風で浴室内や浴室内に干された衣類の乾燥を行うもの(浴室内の天井または壁に設置されるものに限る)であること。
浴室乾燥機:21,000円/戸
【エコ住宅設備の設置】

高断熱浴槽 JIS A5532:2011に規定する「高断熱浴槽」と同等以上の性能を有すること。
高断熱浴槽:27,000円/戸
高効率給湯器
  • ヒートポンプ給湯機(エコキュート)
    JIS C9220:2018に基づく年間給湯保温効率、または年間給湯効率が3.0 以上(ただし寒冷地仕様は 2.7 以上)であること。
  • 潜熱回収型ガス給湯器(エコジョーズ)
    給湯暖房器にあたっては、給湯部熱効率が94%以上であること。給湯単能器、ふろ給湯器にあっては、モード熱効率が83.7%以上であること。
  • 潜熱回収型石油給湯機(エコフィール)
    油だき温水ボイラーにあっては、連続給湯効率が94%以上であること。石油給湯機の直圧式にあっては、モード熱効率が81.3%以上であること。石油給湯機の貯湯式にあっては、74.6%以上であること。
  • 電気ヒートポンプ・ガス瞬間式併用型給湯器(ハイブリッド給湯機)
    熱源設備は電気式ヒートポンプとガス補助熱源機を併用するシステムで貯湯タンクを持ち、年間給湯効率(JGKAS A705)が102%以上であること。

高効率給湯器:27,000円/戸

節湯水栓 JIS B2061:2017 に規定する「節湯形」の水栓と同等以上の機能を有すること。
節湯水栓:5,000円/台

【バリアフリー改修】

手すりの設置 便所、浴室、脱衣室その他の居室および玄関並びにこれらを結ぶ経路に手すりを取り付ける工事
転倒予防もしくは移動または移乗動作に資することを目的として手すりを取り付けるものをいい、手すりの取付けに当たって工事(ネジ等で取り付ける簡易なものを含む)を伴わない手すりの取付けは含まれない。
手すりの設置:5,000円/戸

段差解消 便所、浴室、脱衣室その他の居室および玄関並びにこれらを結ぶ経路の床の段差を解消する工事(勝手口その他屋外に面する開口の出入口および上がりかまち並びに浴室の出入口にあっては、段差を小さくする工事を含む)
敷居を低くしたり、廊下のかさ上げや固定式スロープの設置等を行う工事をいい、取付けに当たって工事を伴わない踏み台、段差解消板、スロープ等の据え置き等は含まれない。
段差解消:6,000円/戸

参考ページ:玄関ドアリフォーム補助金

《こどもエコすまい支援事業の申請の流れ》

  1. 住宅省エネポータルのアカウントを取得
  2. こどもエコすまい支援事業者に登録
  3. 工事請負契約の締結
  4. 共同事業実施規約の締結
  5. 工事の着手
  6. 交付申請
  7. 交付決定
  8. 実績報告(兼、請求)/ 補助金額の確定・交付(振込)
  9. 補助金の還元

参考ページ:こどもエコすまい支援事業者

長期優良住宅化リフォーム推進事業(国)
浴槽又はシャワー・改修工事

浴室リフォーム 助成金

長期優良住宅化リフォーム推進事業においては、

  • 三世代同居対応改修工事
  • 子育て世帯向け改修工事

などが、浴室リフォームに該当することが考えられます。

給排水設備及び給湯設備に接続された浴槽又はシャワーを有すること
間仕切り壁の移設、除却工事、設備の移設・交換工事
など。

浴室リフォーム 相場

介護保険の住宅改修

介護保険制度では、要介護者がいる家庭の住宅改修に費用の一部を補助する制度があります。

補助対象工事には、以下のようなものが挙げられます。
☆手すりの設置
☆床をすべりにくい床材に取替
☆床のかさ上げ等
☆入りやすい高さの浴槽に取替
☆開き戸から3枚引戸や折り戸に取替
☆内開き戸を外開き戸へ取付け直し
☆排水溝(グレーチング)の設置
☆床上げに伴う浴槽水栓等の位置の変更
など

参考ページ:高齢社会の住まいをつくる会

自治体のリフォーム補助金|助成金も複数

自治体によっては、独自の浴室リフォーム補助金|助成金を実施している場合があります。

補助対象工事や補助金額は、自治体によって異なります。

お住まいの自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

浴室リフォームの補助金助成金制度 申請を依頼する業者の選び方を解説

浴室リフォームの補助金や助成金申請を依頼する業者を選ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

助成金・補助金の対象となる工事を実施できる業者かどうか
補助金や助成金には、対象となる工事や工事費用などの条件が定められています。
そのため、まずは利用したい助成金・補助金の対象となる工事を実施できる業者かどうかを確認しましょう。
補助金や助成金の申請手続きを代行してくれるかどうか
補助金などの申請手続きは、業者が代行してくれる場合もあります。
申請手続きの手間を省きたい場合は、補助金・助成金の申請手続きを代行してくれる業者を選ぶとよいでしょう。
見積もり内容が明瞭で、信頼できる業者かどうか
補助金・助成金を活用したリフォームの見積もりには、補助金・助成金の額を除いた費用が明記されている必要があります。
また、工事や費用が明確で、信頼できる業者かどうかも確認しましょう。

具体的には、以下の点に注意点を気にながら見積もりをチェックしましょう。
* 具体的に記載されているか
* 工事費用が明確に記載されているか
* 工事費用に含まれる内容が明確に記載されているか
* 工事期間が明確に記載されているか
* 保証内容が明確に記載されているか

過去の施工実績や口コミを参考にする

過去の施工実績や口コミを参考にして、業者の技術力や対応力を判断するのもよいでしょう。

また、複数の業者から見積もりを取り寄せ、比較検討することも大切です。
複数の業者から見積もりを取ることで、費用や工事内容の違いを比較することができ、より納得のいくリフォームを実現しやすくなります。

浴室リフォームの助成金/補助金申請を依頼する業者を選ぶ際には、上記のポイントを押さえて、慎重に選ぶようにしましょう。

不動産売却のための浴室リフォーム・風呂リフォーム紹介

浴室リフォーム・風呂リフォームは、イメージや機能性が大きく変わるため、不動産売却時に少し手を入れるだけで
・高額売却:売却額への影響
・早期売却:購入希望者のイメージアップ
に繋がります。

風呂浴室リフォームの種類・内容を解説

浴室は、常に水にさらされているだけに、カビやヒビ、また、年代をダイレクトに感じるものです。

マンション売却 浴室リフォーム

《ユニットバス》
ユニットバス自体を交換することで浴室のイメージを一新します。

特に15年以上前の商品から、最新のユニットバスにリフォームするだけでイメージだけでなく、機能自体も大幅アップします。

追い炊き機能、ミストサウナ、節水、ジャグジーなどなど。

マンション売却 浴室リフォーム工事

《床・壁のカビ・ヒビ割れ》
カビやヒビ割れ、特にヒビ割れは、水の浸水から根幹部分の劣化に繋がります。

また、更なるカビの発生を促し、悪循環となります。

小まめに掃除し、タイミングよっては浴室リフォームも検討したいところです。

《浴室:水栓金具》
シャワーヘッドなど水栓金具もふくめ、劣化や消耗にも早めに対応したいところです。

《洗面室の床》
浴室を出た脱衣所などは、湿気から床を支えている土台が腐ることがあります。

床が抜けたり、シロアリの発生・被害にもつながりますので、気になった段階でリフォーム会社に確認を取るといいと思います。

不動産売却 浴室リフォーム費用

浴室リフォームの手順と費用

DIYで費用を抑える

浴室リフォームの方法は、大きく分けて

  1. 「プロに頼む方法」
  2. 「DIYでリフォームする方法」

の2つがあります。

【プロに頼む方法】
プロに頼む方法は、手間や時間をかけずに、安心してリフォームを行うことができます。また、
プロの技術で、より快適で安全な浴室にすることができます。

  1. リフォーム会社を探す
  2. 複数の会社から見積もりを取る
  3. 見積もりの内容を比較検討する
  4. 契約する
  5. 工事を行う

複数の会社から見積もりを取ることで、費用や工事内容の違いを比較することができ、より納得のいくリフォームを実現しやすくなります。

見積もりは、工事内容や費用、工事期間、保証などをしっかりと確認しましょう。

契約する際には、見積もりや保証などをしっかりと確認した上で、契約書を交わすようにしましょう。

工事中は、工事の進捗状況を確認しながら、何か問題がないか確認するようにしましょう。

【DIYでリフォームする方法】
DIYでリフォームする方法は、費用を抑えることができるのがメリットです。
また、自分の好みに合わせて、自由にリフォームすることができます。

  1. 必要な材料や工具を揃える
  2. 工事計画を立てる
  3. 工事を行う

必要な材料や工具は、ホームセンターなどで購入することができます。

工事計画を立てる際には、工事内容や必要な材料や工具、工事期間などをしっかりと考えておく必要があります。

工事を行う際には、安全に注意して、慎重に作業を行うようにしましょう。

浴室リフォームの費用と相場

浴室リフォームの費用は、リフォーム内容や工事規模によって大きく異なります。

一般的に、浴室リフォーム費用は、50万円~150万円が相場です。

具体的には、以下の工事内容の費用相場は、以下のとおりです。

工事項目 費用相場(税込)
浴室ユニットバス交換 100万円~150万円
浴室の床・壁・天井の張り替え 50万円~100万円
浴室の照明器具・換気扇の交換 10万円~30万円
浴室の給湯器の交換 20万円~50万円

一般的に、DIYでリフォームする場合の費用は、10万円~50万円程度が相場です。
DIYでリフォームする場合は、材料費や工具代に加えて、自分の労働力も費用に含まれることを考慮する必要があります。

DIYで行った時は、補助金は申請できるの?

浴室リフォームの補助金はもちろん助成金は、基本的には工事会社に依頼した場合に申請することができます。
そのため、DIYでリフォームした場合は、助成金・補助金を申請することはできません。

ただし、一部の自治体では、DIYでリフォームした場合でも、助成金・補助金を申請できる場合があります。
例えば、東京都では、「東京都住宅リフォーム助成金」の対象に、DIYで行うリフォームも含まれています。
節湯型シャワーヘッドなど。

参考ページ:自分で簡単・手軽にできる省エネDIY(東京都環境局)

よくある質問:Q&A・注意点

浴室リフォームの費用はいくらくらいですか?

一般的に、浴室リフォーム費用は、50万円~150万円が相場です。工事内容や工事規模によって異なります。

浴室リフォーム こどもエコすまい支援事業

浴室リフォームの工期はどれくらいですか?

工事内容や工事規模によって異なりますが、一般的に、1週間~2週間程度かかります。

浴室リフォーム時は、補助金・助成金は利用できますか?

基本的には、工事会社に依頼した場合に申請することができます。ただし、一部の自治体では、DIYでリフォームした場合でも、補助金・助成金を申請できる場合があります。

浴室リフォームには、税金の控除は利用できますか?

住宅ローン控除や、住宅の省エネ化を目的としたリフォームに対する控除など、いくつかの控除制度があります。

浴室リフォームには、どのようなことを決めておく必要がありますか?

工事項目、予算、工期、施工会社など、さまざまなことを決めておく必要があります。

浴室リフォームには、どのような業者を選べばよいですか?

実績や口コミ、費用、対応などを比較して、信頼できる業者を選びましょう。

浴室リフォームには、どのようなことに注意が必要ですか?

見積もりの内容をしっかりと確認する、契約書を交わす、工事の進捗状況を確認するなど、さまざまなことに注意が必要です。

浴室リフォームの際には、どのような保証を受けることができますか?

通常は、工事保証や品質保証を受けることができます。

浴室リフォームの際には、どのようなメンテナンスが必要ですか?

定期的に、浴室クリーニングや給湯器の点検などを行う必要があります。

浴室リフォームの際には、どのようなトラブルが起こりやすいですか?

見積もりの内容と実際の工事内容が異なる、工期が遅れる、施工が不十分など、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。

浴室・お風呂リフォームの補助金:記事まとめ

浴室リフォームは、費用や工期、工事内容など、さまざまなことを考慮して計画を立てることが大切です。

また、補助金・助成金や税金の控除制度を活用することで、費用を抑えることもできます。

浴室リフォームを検討している際には、以下の点に注意しましょう。

  • 工事内容を決める際には、家族構成やライフスタイル、予算などを考慮する
  • 複数の業者から見積もりを取り寄せて、費用や工事内容を比較する
  • 見積もりの内容をしっかりと確認し、契約書を交わす
  • 工事の進捗状況を確認する
  • 保証内容を確認する
  • 定期的にメンテナンスを行う

これらの点に注意して、快適で安全な浴室にリフォームしましょう。