不動産投資の【ベストチョイス】の口コミ・評判:マンション投資のセカンドオピニオン、Amazonギフト券プレゼント中

ベストチョイス 不動産投資 ベストチョイス

《不動産投資の考え方》

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

参考:新築マンション平均価格

【物件選びをどうするか?】

利回りの観点から物件選びで勝ち負けが決まるのが不動産投資です。

不動産投資は、銀行から融資を受けて物件を購入するため、”年齢”との兼ね合い・リスクとリターンを天秤にかける必要があります。

不動産市況が落ち込むのを待って銀行の融資を受けられない年齢になってしまったら、老後のための私的年金作りなどの話にもなりません。

そのため、不動産投資会社への相談+物件紹介が1つのポイントです。

総額40万円分以上のポイ活に

初めての方も、ご検討中の方も/
マンション投資コンサルタントに無料オンライン相談

  • 会社員に人気の投資
  • 効率的な資産形成
  • 不労所得を確保
  • 生命保険効果(団信)
  • 仲介手数料0円の売主物件


Amazonギフトカードがもらえるセミナー16選

ベストチョイス

マンション投資のベストチョイスは、
不動産投資で失敗しないため・将来の資産形成のためのサポートして優良な不動産投資会社を紹介するサービスです。

不動産投資の知識を得るうえでセミナーや相談会に参加することは、本を読むことより有効ですが、

その反面、強引な勧誘にあったり、その会社のスタンス・ポジションを植え付けられたり、負の側面もはらんでいます。

1つの事象を語る上で
立ち位置を変えれば、褒めること・けなすことも可能ですから・・・。

その意味では、
セカンドオピニオン的な存在であるベストチョイスの無料相談が人気の理由も納得です。

新築・中古不動産投資の無料相談
完全中立的な立場でのアドバイス
今ならAmazonギフト券3万円分プレゼント中!

〔関連ページ〕Amazonギフト券が貰える不動産投資セミナー
詳細はコチラ

ベストチョイスとは?

今まで不動産投資セミナー・マンション投資相談としていろいろなタイプの投資会社を紹介してきました。

不動産投資は、
家を買って貸すだけのシンプルなビジネスでありながらこれだけ細分化されるわけですから、各々のメリット・デメリット、また、そもそもの参加資格の有無(資産・年収)も変わってきます。

となれば、それを筋道・交通整理役のアドバイザーが必要なるでしょう。

例えば保険の見直し。
FP(ファイナンシャルプランナー)に見直してもらうことで

  • 毎月の支払いが10,000円安くなりました!
  • 掛け金は同じなのに保障の質が格段に上がりました!

など、かなりの節約になります。

ベストチョイスは、
その不動産投資に対して、投資ポリシーに適した不動産投資会社の優秀な担当者をご紹介するサービスです。

ベストチョイスの強み

日本人は、投資に疎いというのは昔から言われています。

投資をギャンブルというイメージでとらえる人もいますし、

リスクがあるものには一切、手を出さない!

という人すらいます。
そもそも車・電車・飛行機にもリスクがありますので、ダブルスタンダード(ダブスタ)なのに・・・

ただ、投資に目を向けなければならない状況になってきました。

その不安の原因として
複数のマイナス要因が今の日本に訪れています。

  • 高齢化社会
  • 人口減少
  • 年金問題
  • 年功序列・終身雇用制度崩壊
  • (定期)預金低利息

ベストチョイスの強みは、
その数々の不安に対して、選択肢を持った形で提案してくれます。

高齢化社会・人口減少

人口は増えていないのに高齢化社会が進むことで、社会保障・年金問題が浮き彫り。

そもそも年金制度ができた時の平均年齢は65歳程度でした。
要するに、定年の60歳から65歳までを年金という形でフォローしよう!というのが起源です。

ベビーブームなど人口増加でもあり、みんなで支えるという図式が形成されていました。

しかし、高齢化・人口減少の今、

  • 当時の11.2人で1人の老人を支える計算
  • 今は、2.2人で1の老人を支える計算

となっています。

それが年金の不安(年金受給)に繋がっています。

サービス内容

将来設計をシミュレーション

不動産投資のプロが、お客様の年齢、年収などの情報を元に、不動産投資の将来設計をシミュレーション。将来の収益を見える化いたします。

適した物件をアドバイス

新築物件・中古物件、区分・一棟、エリア・物件価格など数ある条件の中で、お客様が今買うべき物件、将来買うべき物件などをご提案いたします。

不動産投資会社との面談に同席可

「自分ひとりじゃ知識的に不安」「聞き洩らしがあるのではないか」などの不安を抱えるお客様の為に、弊社担当者が不動産投資会社様との面談に同席いたします。

ご検討中の物件の収益性を再評価

既にご検討中の物件の収益性を弊社にて改めて再評価。メリット・デメリットをお伝えし、お客様がより納得感を持って物件をお選びできるようサポートいたします。

ぴったりの不動産投資会社を紹介

数ある不動産投資会社様の内から、それぞれの特徴、得意分野などを元に、お客様の不動産投資設計にぴったりの会社をお教えいたします。

企業とマッチング

不動産の売買は、公開されていない情報が多く、特に一般投資家は正しい判断をしにくいため不動産取引において収益を上げにくい環境にあります。

ベストチョイスは、不動産投資のセカンドオピニオンとして、一般投資家が正当な取引が行えるように企業とマッチングさせることができます。

不動産への投資

資産形成のために不動産投資は有効な手段です。しかし、投資家のライフプランや嗜好性にあわせて最適な投資不動産販売会社を選定することが重要です。
ベストチョイスは、あなたにピッタリの不動産投資会社やその担当者をご紹介します。

不動産の売却

資産のイグジットとして不動産の売却は重要な取引です。しかし買取先や仲介会社選びによって、物件あたり数百万円の差額が発生することがあります。
ベストチョイスは、あなたにピッタリの不動産買取業者をご紹介します。

404 Not Found

年功序列・終身雇用制度崩壊

私も父親もそうでしたが、

  • 年功序列
  • 終身雇用制度

の環境下で家族を支えてくれました。

転職という選択肢は社会環境的も少なく、給料の不安も少なく、退職金の計算、老後のイメージも計算しやすいものでした。

しかし現状は、好景気・不景気を別にしても、
年功序列は無くなり、企業側からは、ある意味足かせだった終身雇用も減りつつあります。
リストラも一般的になり、サラリーマンに求められるものも変わりました。

更に、非正規労働者の拡大から、ボーナス・退職金を期待できない人も増えたことで老後の見通しができない人、
それはサラリーマン(会社員)でもあっても同様に、不安にかられるようになりました。

(定期)預金低利息

二昔・三昔?前、昭和のことは、銀行利息が投資になりました。

養老保険(定期付養老保険)に積み立てるだけで、老後の心配は不要。

銀行の利息も、4%・5%の時もありました。
宝くじ当たったら利息だけで生活できるなんてフレーズもありました。

しかし今は、銀行の預けておいても何もなりません。

これらの日本における重なるネガティブ要素に対して、投資が本気で見直されてきました。

なぜ今不動産投資なのか?

では、なぜ、不動産投資なのか?

金融緩和による低金利

預金利息は期待できないということは、低い金利でお金が借りられるという逆の側面を持っています。

日銀による低金利が継続しており銀行は融資を積極的に行う必要という要素もあります。

だからこそ、サラリーマンの不動産投資が注目されてるのですが、それだけではありません。

最近のセミナーや相談会では定番ですが、ベストチョイスも基本的にその考えです。

私的年金

時間の経過とともに資産が増えていくのが不動産投資です。
将来が不安定な今、不動産投資をすることで、安心した老後を過ごすため、安全に資産を形成できます。

医者や弁護士の不動産投資は、利回りを取りに行く、即利益を追求する不動産投資です。
*一棟アパート・ビルなど(1億円~、利回り7%とか)

サラリーマン不動産投資は、給料・ボーナスのある今は多くを望まない。
家賃収入をそのままローンの返済へ。
ただ、資産価値が上がったら売却することもできるし、30年後はローンも払い終え、家賃が生活費に。
私的年金のなります。

安定収入

不動産投資は、融資の審査によりますが、自己資金”0”でも始められる、借金して行える投資です。
家賃収入に関しても保証会社を入れることで滞納の心配がありません。

生命保険

不動産を持つと団体信用保険に加入します。
これは金利の中に保険の支払いが入るので毎月の保険料の支払いは無くなります。
それでいて、万が一の時には保険からローン残高が支払われるので借入全額免除され相続できます。
最近は、“がん団信”を付けることもできるので、がん(ステージ1でも)と診断されればローン完済。
ある意味、保険料のない生命保険をかけているようなものです。

節税効果

会社員の場合、会社で自動的に税金が引かれています。
不動産を持つことで、総合課税として損益通算が可能です。
確定申告により税金の還付が可能なため、節税効果も期待できます。

参考ページ:不動産投資の節税対策

インフレ対策

物価の上昇が原因で金融商品における実質的価値の低減がインフレですが、最近、よく聞くようになりました。
インフレによって物件の価値上昇はリスク管理になりますね。

ベストチョイスのマンション投資

これからのメリット・デメリットを
今置かれている個人個人の環境に合わせてプランニングしてくれるベストチョイスのマンション投資相談。

ベストチョイス 不動産投資

もちろん、良いことばかりではありません。

投資にはリスクがありますので、

  • そのリスクの存在
  • リスクとの付き合い方
  • リスク回避方法

を事前に把握することで、後から

こんなはずじゃなかった
という失敗に繋がらないです。

初心者だけでなくシミュレーションも

そこで、こんな方に特に、ベストチョイスの不動産投資相談をオススメします。

  • 不動産投資の仕組みを知りたい
  • 不動産投資のリスクを知りたい
  • 不動産投資会社の選び方を知りたい
  • ローンの組み方を知りたい
  • 不動産投資会社から提案を受けているが、正しいのかわからない
  • 自分にあったシミュレーションが欲しい
  • 一棟か区分?新築か中古?メリットとデメリットを対比して理解したい
  • 利回りや収益性についての正しい考え方を体系的に理解したい
  • 複数の提案物件を、シミュレーションを元に選択したい
  • 最適な金融機関やローンをシミュレーションを元に選びたい

初めて投資を始める人であれば気になる質問の数々だと思います。

さらに、ベストチョイス(best choice)というだけあって、
物件を扱う不動産投資会社事のシミュレーションは、要注目です。

物件を扱う不動産投資会社によっても、得られる利益には差が出ます。
また同じ会社でも営業担当者によって融資や物件選びに違いがあるので、優良な会社の優秀な営業担当者をつけることが、重要なポイントです。

ベストチョイスの口コミ

ベストチョイスの不動産投資相談

ベストチョイスの口コミ・評判

ベストチョイスについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

ベストチョイス 評判

投資はギャンブルと思っていたが、友人に聞いて不動産投資に興味が湧き、自分で調べてみるも、各社比較してみても違いが分からなかった。。。
ベストチョイスの担当者Mさんお話を聞いて納得、どこの不動産投資会社の商品が自分に合っているのか?
また安定収益を求めつつ利益を最大化するお話をお伺いでき、追加の購入を考え始め、また相談に乗っていただいています。

ベストチョイス 口コミ

年金問題が騒がれてから、将来について不安を抱えるようになった。
実際投資といっても株式、FX、仮想通貨、投資信託など少額で試してみるも、自分には向いていないことが分かり不動産投資に興味を持った。
税金や保険のメリットがあることに加え、年金の代わりとして設計がきちんと行えることが、伺え不動産投資の概念が変わりました。
最初に将来設計のシミュレーションを無料で提供していただけたことで気づけたことが多く、もっと早くにベストチョイス担当Yさんに出会えていればと思っています。

ベストチョイスの相談はいつ受けるか?

不動産投資の知識は、随時、アップデートしていく必要があります。

  • 不動産市況
  • 銀行の動き
  • 開発・再開発情報

などなど。

例えば、3年前なら年収500万円であれば、簡単に融資がとおりました。
しかし、今後500万円でも渋る金融機関が出てくるかもしれません。
その理由が、物件価格が上がっているということなのですが、少なくとも融資枠が今まで以上に余裕がなくなってきている状況であることは間違いありません。
銀行の融資も一時期はオリックスが融通が利く時期がありました。
その都度、会社の方針性が変わりますし、会社ごとに付き合いの深い金融機関があるのも事実です。

この辺りは、フラットな立場のベストチョイスなどでなければ、知ることは難しいかもしれません。

新築・中古不動産投資の無料相談
営業される心配なし!
完全中立的な立場でのアドバイス
マンション投資は比較してこそ
マンション投資は、いかに物件を安く購入することができるがポイントです。

そこで、一緒に比較したいAmazonギフト券が貰える不動産投資サイト

  • JPリターンズ
    50,000円分
    ▼えらべるデジタルギフト
    ・Amazonギフトカード
    ・PayPayポイント
    ・楽天ポイント

    手厚いサポートが定評・初心者にオススメ

ベストチョイスと併せることで10万円近いお小遣い稼ぎになりますね。

《参考サイト》

  • 株式会社ベストチョイス
  • 〒103-0023 東京都中央区八丁堀2-2-11-602
〔関連ページ〕不動産投資セミナー比較・口コミ
おすすめ”不動産投資会社”比較はコチラ