【妻が陥る財産分与の罠】離婚による家・財産の考え方:放棄と行使の判断

離婚による財産分与

離婚による財産分与

離婚における財産分与については、

  • 慰謝料の算出
  • 家・貯蓄・車等の扱い
  • 不動産の位置づけ

などやることが多いと思います。

その財産分与の中で一番厄介なのが、権利が複雑な不動産の問題です。


離婚をする場合、今住んでいる家の扱いがどうなるか、気になりますよね?

離婚をする場合、今住んでいる家の扱いがどうなるか、気になりますよね?

  • 旦那名義の家でも私にも財産が分与されるか?
  • 住宅ローンが返済できない場合どうなるのか?
  • 家から追い出される形になってしまうのか?
  • 子供の教育のために離婚後も今の家に住み続けたい!
  • 早く売却して慰謝料としてもらいたい
  • 自分の共有持ち分だけ売却する方法を知りたい

お金の問題だけでなく、今後の生活のためにも疑問や不安が尽きないでしょう。

それを、のちのちトラブらないように、協議のもと決定していくのが『財産分与』です。

そこで、今回は、妻が陥る財産分与の罠として、財産分与において注意すること、失敗体験談を紹介します。

夫名義の不動産・財産分与

多くの場合、家の名義は旦那さんになっていると思います。
 
とはいえ、妻にも、家の財産の権利は発生します。
 
婚姻生活中に家を購入した場合、夫婦で協力して築いた共有財産と考えます。
 
よって、夫名義の家・マンションであっても、
婚姻後に取得した不動産については、専業主婦であっても財産分与の対象(夫婦平等で2分の1ずつ、50%・50%)になります。

ただ、必ずしも2等分にしないといけないというわけでなく、
家を売っても住宅ローンが残る場合、財産分与を放棄することも認められています。
*名義人である夫の借金を、妻が肩代わりする必要はないという判例があるからです

オーバーローンの心配

当たり前ですが、
家を購入した時の金額と現状では、大きく変わってきます。

特に資産価値が下がり、家を売っても住宅ローンが残る場合(オーバーローン)は、負の財産(負動産)の処分でもめます。

《夫が仕掛ける罠》
オーバーローンの場合、そこで起こる夫の画策が、

  • 家が高く売れることをカモフラージュする
  • 財産分与を持ち掛けてくる(オーバーローンを隠す)
  • 離婚後も今の家に住み続ける条件で負動産を押し付ける

など、少しでも借金を妻に背負わそうとします。

要するに、
家の価値(概算・資産)を見誤ってしまうと、

  • 離婚しても資産価値以上の借金(ローン)が残ってしまう
  • 現金をもらう場合、言い値・少額しかもらえない

など、
取れるものは取りたいけど、逆に無知なことをいいことに借金をパートナーに押し付けられることもあり、
離婚(財産分与)はある意味”戦い”と言えるのです。

住宅ローン残が1000万円、家の価値が1500万円であれば売却して2等分(250万円ずつ)すればいいですが、
住宅ローン残が1500万円、家の価値が1000万円、価値のない家(マイナス500万:オーバーローン)の場合は拒否することができますし

最近では、自分の共有持ち分だけを買い取ってもらう方法もあるので、活用とするといいと思います。

旦那さんの嘘を見抜くためには

あらかじめ、たくさんの選択肢を持っておくことです。

結託けったくしている場合があるので、少なくとも旦那が連れてきた専門家(弁護士・不動産屋・)の言いなりにはならない方がいいと思います。

【離婚を考えたら即内緒で資産の確認】

上記のことより、
財産分与の成功・失敗は、家の価値を事前に知っておくことです。

家の価値が 【財産】利益は出るのか? 【負の遺産】住宅ローンが残るか? 把握しておきましょう。
 

 

相手任せにすると、あとで痛い目にあうことになります。
体験談はコチラ

 

今後の生活・老後の生活のためにも
離婚における財産分与で絶対、失敗しないでください。

そこで、2つのチェックを。

離婚後の生活

離婚後の生活を考えると上手に財産分与を行い、できればそのお金が家を購入も1つの方法です。

コロナウイルスの経済への影響もあり、
安く家を購入できるチャンスなので、家の査定と共に関連ページも一読ください。

《必読》300万円で家が買える?!一軒家・マンションを少しでも安く購入する方法
幸か不幸か、コロナウイルスによって、不動産相場の大幅下落、購入のタイミングが近づいてきました。 実際に大きく動くのは1年後・2年後と予想していますが、投げ売りが始まりつつあるのも事実です。 住宅ローンが返済できない ...

参考サイト

LINE風に会話形式で家の査定

マンションだけでなく、家や土地などの不動産の一括査定できるサイトです。

イエウール

名義人でなくても、また平米数や築年数が曖昧でも、不動産会社が確認して査定してくれます。

*各社、現状は東京オリンピック開催を前提としていますが、状況次第で大幅ダウンの可能性もあります。
*定期査定として、1か月以内に査定を行った人は意味がないと思います。

全国対応・無料・24時間OK
イエウール公式サイト


error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました