《妻が考える財産分与》離婚による”マイホーム”の考え方

妻が考える財産分与離婚による財産分与

離婚後の生活で一番心配なのが、

やっぱり”お金”でしょう。

妻にありがちな財産分与の失敗事例を挙げると

離婚後もマイホームに住み続けたい願望が強く、
家の価値以上のローンを背負わされてる
不動産会社と夫が結託し、
財産分与額をチョロまかされる
家がなかなか売れず、
離婚後も夫と頻繁に連絡を取らざるを得ないwww
家が売れず、値下げ・値下げにより安く買い叩かれ、
慰謝料・養育費に影響がでる

最悪な財産分与は絶対避けたいところです。

離婚をする場合、今住んでいる家の扱いがどうなるか、気になりますよね?

夫名義の不動産・財産分与

多くの場合、家の名義は夫になっていると思います。

財産分与はどのような割合で分割されるのか心配かもしれませんが、

婚姻生活中に家を購入した場合、夫婦で協力して築いた共有財産と考えます。

家の権利は”折半”

家の名義・ローン返済が夫であったとしても、

その割合は、
半分ずつ(50%・50%)

そこで悩むのが、マイホームをどうするか?ということ。

  • 家を売って財産分与
  • 離婚後も家に住み続ける

財産分与で失敗しないために

財産分与の成功のポイントは、

家が高く売れるか?の確認
あくまでも確認レベル
 
高く売れることが確認できれば、

  • 住宅ローンを返済し財産分与
  • 家を売らずに住み続ける

選択肢が広がります

結果的に、
慰謝料養育費の心配もなくなります。

 

ここ数年の地価上昇も伴い1000万円・2000万円、資産価値がアップしていることも多々あります。

”問題”は住宅ローンが残ってしまう場合

家の価値 マイナス 住宅ローン = ?

家を売っても住宅ローンが残ってしまいそうな場合をオーバーローンと言います。

この場合、借金の押し付け合いに発展します。

夫婦間で借金の擦り合いなすりあいに発展しないためにも、

オーバーローンにならない家の売却は必須ですね。

*ローン(家)の名義人が夫の場合、分与を放棄することも可能です。
名義人である夫の借金という見方で、実際に裁判の判例でも出ているので、拒否することで借金を回避できます。
財産分与において、妻は若干有利なポジションです。

家が高く売れるか?オーバーローン?
>>家の価値の確認がまだの人はコチラ
*旦那さん名義でも内緒で確認が可能です。

家の価値 下げる

財産分与で”まず”すること

離婚が頭によぎったら、

財産分与のために、まず家の価値を事前確認してください。

家の価値を知ること

  • 【財産】利益は出るのか?
  • 【負の遺産】住宅ローンが残るか?

は、事前にチェックする必要があります。

家の価値が 【財産】利益は出るのか? 【負の遺産】住宅ローンが残るか? 把握しておきましょう。

家の査定って簡単なの?

家の査定のイメージとし、

査定員が家に来て、室内を見ながら査定していくイメージじゃないですか?

しかし、そんな必要はありません。

机上査定きじょうさていなら、

査定員が家に来ることなく、

メールで査定額を確認できます。

それも、簡単(1分程度)に・・・。

【↓↓ こんな感じで ↓↓】
イエウール査定

もちろん、
旦那さん名義でも内緒で確認可能です。

財産分与で成功すると
↓↓ 嬉しいことばかり ↓↓

  • 離婚後のお金に余裕が出ます
  • すっきり次のステージに進めます
  • 顔色・表情が晴れやかになります

 
だからこそ、
旦那さん任せにして、
 
財産分与で損をする人の典型例の仲間入りは避けてください。
 
そもそも、妻の方が有利なポジションなのですから・・・

不動産に詳しくない人は”こちら”で確認するといいと思います。

タイトルとURLをコピーしました