夫が考える【財産分与】離婚による”マイホーム”の考え方

財産分与不動産コラム

夫が考える財産分与

離婚における財産分与で一番もめるのが、

一番お金が動くマイホームの分与です。

  • 早く高く家を売却したい!
  • 住宅ローンが返済できない場合どうなるのか?
  • 離婚後も今の家に住み続けたい

お金の問題だけでなく、
今後の生活のためにも疑問や不安が尽きないでしょう。

 
のちのちトラブらないように、
協議のもと決定していくのが『財産分与』です。

 

離婚後も借金が残る?

財産分与で必ずしも、
お金がもらえるとは限りません。

 
家を売却しても
住宅ローンが残る場合、

    • 最悪、

    • 慰謝料(一時金)
    • 養育費(継続的)
    • 離婚後もローン返済(継続的)

三重苦になりかねません。
 
特に、
妻・弁護士任せにすると、

  • 取れるものも取れない
  • 特に夫の場合、負債を背負合わせる

など、
最悪な離婚協議・財産分与になってしまう場合があります。

 

*財産分与の請求期間は、離婚の時から2年以内となっていますが、離婚時に解決しスッキリしておきたいところです。
 
離婚をする場合、今住んでいる家の扱いがどうなるか、気になりますよね?

 

 

オーバーローン?

家の価値マイナス 住宅ローン=?
 
オーバーローン(住宅ローン残より家の価値が低い)の場合は、
借金の押し付け合いに発展します。
 

夫側には、
少し耳の痛いかもしれない話ですが、
法的に、住宅ローンは名義人の借金という見方で取られます。
 
名義人が夫の場合、
妻は財産分与を放棄という形で借金を回避される場合があります。
*ペアローン・連帯保証人の場合は別

 
夫婦間で借金の擦り合いなすりあいに発展しないためにも、
 
オーバーローンにならない家の売却・財産分与の判断が必要です。


>>家の価値の確認がまだの人はコチラ

離婚 今の家に住みたい

夫名義の不動産・財産分与

 

多くの場合、
家の名義は夫になっていると思います。
 
財産分与はどのような割合で分割されるのか心配かもしれませんが、
 
婚姻生活中に家を購入した場合、夫婦で協力して築いた共有財産と考えます。

 

家の権利は”折半”

 

家の名義・ローン返済が夫であったとしても、
 
その割合は、
半分ずつ(50%・50%)
 
そこで悩むのが、
マイホームをどうするか?ということ。

  1. 家を売って財産分与
  2. 離婚後も家に住み続ける

どちらも、一筋縄ではいきません。
 
必ず、妻の存在が、
離婚協議とは別で、家の売却においてストレスになります。
 
また、早く売りたい思惑を
不動産屋に逆手に取られる場合もあるのが離婚時の不動産売却です。

 

>>離婚時の家の売却で妻がストレスになるパターン

>>不動産営業マンに嵌め込まれるパターン

>>離婚後も今の家に住み続ける場合

 

財産分与で失敗しないために

 

財産分与の成功・失敗の第1歩は、家の価値を事前確認です。
 
それでなくとも、
夫の方が財産分与に不利になることがありますので、
 
家の価値を知ることで

  • 【財産】利益は出るのか?
  • 【負の遺産】住宅ローンが残るか?

は、事前にチェックする必要があります。

 

家の価値が 【財産】利益は出るのか? 【負の遺産】住宅ローンが残るか? 把握しておきましょう。

高く売れそうだったら、奥さんに

家を売っても住宅ローンが残りそうだから

家を売らずに、

ローンを背負う形で自分が家を分与する形でもいい?

っと、

かけ引きしたくなるのが、離婚における財産分与の本質です。
 
不動産に詳しくない人は”こちら”で確認するといいと思います。

*奥さんに内緒で確認可能です。

【注意】
昨日、無料査定を行った方、メアドが間違っていたようです。連絡手段が断たれてしまうため、 捨てアドでOKなので登録時はご注意を。
タイトルとURLをコピーしました