【夫が考える財産分与】離婚による自宅・住宅ローンの考え方

財産分与不動産コラム

離婚における財産分与

  • 住宅ローンが返済できない場合どうなるのか?
  • 離婚後も今の家に住み続けたいという妻
  • 早く高く家を売却したい

お金の問題だけでなく、今後の生活のためにも疑問や不安が尽きないでしょう。

のちのちトラブらないように、協議のもと決定していくのが『財産分与』です。

ただ、
妻・弁護士任せにすると、

  • 取れるものも取れない
  • 特に夫の場合、負債を背負合わせる

など、最悪な離婚協議・財産分与になってしまう場合があります。

*財産分与の請求期間は、離婚の時から2年以内となっていますが、離婚時に解決しスッキリしておきたいところです。

離婚をする場合、今住んでいる家の扱いがどうなるか、気になりますよね?

夫名義の不動産・財産分与

多くの場合、家の名義は夫になっていると思います。
 
財産分与はどのような割合で分割されるのか心配かもしれませんが、
 
婚姻生活中に家を購入した場合、夫婦で協力して築いた共有財産と考えます。

その割合は、半分ずつ(50%・50%)

離婚後も借金が残る場合も

財産分与で必ずしも、お金がもらえるとは限りません。

最悪の場合、慰謝料養育費、更に離婚後も住宅ローン返済になりかねません。

特にオーバーローンの場合

家の価値 マイナス 住宅ローン = ?

オーバーローン(住宅ローン残より家の価値が低い)の場合は、
借金の押し付け合いに発展します。

安易に売却せず、どちらか一方が住み続ける方が賢い選択になる場合もあります。

少し耳の痛いかもしれない話ですが、
法的に、住宅ローンは名義人の借金という見方で取られます。
名義人が夫の場合、妻は財産分与を放棄という形で借金を回避される場合があります。
借金(住宅ローン)が残り、さらに慰謝料・養育費となったら最悪のパターンです。

夫婦間で借金の擦り合いなすりあいに発展しないためにも、
出来れば夫婦で協力して、オーバーローンにならない家の売却を行いたいところです。

離婚時のマンション売却ページでも紹介していますが、
高額売却のためのいくつか注意(↓↓↓)しなくてはならないことがあります。

離婚時の家売却:NGワードは1つ:安易に進めると売れなくなります
離婚時の不動産売却 離婚に際し、考えることは幅が広く 親権 慰謝料の算出 不動産の位置づけ などやることが多いと思います。 その財産分与の中で一番厄介なのが、権利が複雑な不動産の問題です。 特に、...

オーバーローンと財産分与額

失敗しないための第一歩はここからです。
家の価値が 【財産】利益は出るのか? 【負の遺産】住宅ローンが残るか? 把握しておきましょう。

《心当たりある人は》

  • 家の価値知りたい
  • オーバーローンの確認をしたい
  • 財産分与を拒否したい
  • 妻からの査定額が本当か?確認したい

不動産に詳しくない人は”こちら”で確認するといいと思います。

LINE風に会話形式で家の査定

登録が簡単、不動産一括査定サイト”イエウール”

イエウール

全国対応・無料・24時間OK

タイトルとURLをコピーしました