夫が考える【財産分与】離婚による自宅(マンション・一軒家)の考え方

財産分与マンションコラム
  • 1日も早く離婚をしたい
  • 綺麗な離婚をしたい
  • 離婚後の人生設計が心配

財産分与では、妻と夫・夫婦それぞれ考えること・行動が違います。

  • 全体的なことを考え、離婚における財産分与を考える人
  • 自分のことを中心、有利な財産分与を考える人

様々です。

とはいえ、やることは決まっていますし、

有利な離婚・不利な離婚の分かれ道は、万全の準備あってのものと言えるでしょう。

そこで、このページでは、
夫が考える全体的な【財産分与】について、紹介したいと思います。

離婚による財産分与

婚姻生活中に家を購入した場合、夫婦で協力して築いた共有財産と考えられています。

仮に、家の名義・ローン返済が夫であったとしても、
婚姻後に取得した不動産については2人の財産、財産分与の対象になります。

  • 家・貯蓄・車等の財産
  • 不動産価値
  • 慰謝料

をもとに、2人で半分ずつというのが、基本的な考え方です。

家と現預金の財産分与を簡単に紹介すれば、

  • 資産価値:3000万円の家
  • 3000万円の現預金等

を夫婦2人で分けるようなものです。

ただ、きっちり2等分できないのが現実。

  • 家の価値:4000万円の家
  • 3000万円の現預金等

の場合は、お互いが3500万円になるように現金で調整します。

ただ、
大きなお金が動く不動産だけでなく、資産価値の考え方・売却にかかる未知数の時間など、
一筋縄ではいかないので慎重に考えたいところです。

さらに、

  • 住宅ローンが残っている場合
  • 離婚後、住み続ける場合

などの要素もプラスされるため、離婚における財産分与は慎重に進めなければいけないのです。

今住んでいる家をどう考えるか?

離婚による家の位置づけを考える場合、いくつか抑えなくてはならないことがあります。

  • 住宅ローンが返済できない場合どうなるのか?
  • 子供の教育のために離婚後も今の家に住み続けたい
  • 1日も早く売却して分与したい
  • 自分の共有持ち分だけ売却したい

など、
必ずしも、プラスの資産とは限りませんし、状況によっては売却したくないということもあるでしょう。

お金の問題が大きく圧し掛かるため、離婚後の生活のためにも正しい判断をしたいところです。

オーバーローンの心配

当たり前ですが、
家を購入した時の金額と現状では、大きく変わってきます。

特に資産価値が下がり、家を売っても住宅ローンが残る場合(オーバーローン)は、負の財産(負動産)の処分でもめます。

それだけでなく、
さらに不動産で厄介なのが、

  • すぐにお金に換金・売れるものではありません
  • 販売価格で売買が成立するものではありません

見立てを裏切るのが不動産でもあります。

なかなか売れず、販売価格の値下げは当たり前です。

筆者自身、初めて都内のマンションを売却した時、
もともと強気な価格だったこともありますが、
半年間あまりいい反応がなく、一気に1000万円値下げして局面を打開したこともあります。

逆に、昨年売却した不動産は、
リフォーム(一部保険適用)&ホームステージングで相場より2割ほど高く売却することができました。

家の売却は、
不動産会社にお願いすれば、すべてやってくれますが、
高く売ってくる・早く売ってくれるものではなく、不動産会社選びを間違えると嵌め込まれる場合すらあります。

離婚後も今の家に住み続ける場合

家を売却せずに、どちらか一方が今の家に住み続ける場合、
家の価値をいくらに見積もるか?

ここに焦点が絞られます。

離婚における財産分与は、

預金や退職金、家財や車などとともに家の試算をお互いの協議のもと分割しますので、

家の価値を見誤ると、どちらか一方が有利・不利な財産分与になってしまいます。

お互いの思惑が錯綜

家の査定において便利なのが、不動産一括査定サイトなのですが、

ここで一括査定を行うと各社独自の査定方法で査定金額を提示されます。

会社によって、厳しい査定を行うところもありますし、
査定ということで、売主を喜ばせるために高く査定額を提示する不動産会社もあります。

1000万以上、査定額が違うことは多々あります。

家の査定

  • 大手の不動産会社は、現実的に売れるであろう査定額を提示する傾向
  • 中小の不動産会社は、チャレンジ価格として強き(高め)の査定額を提示する傾向

がありますので、

同じ家であっても、

  • 家の価値を3000万円相当
  • 家の価値を4000万円相当

などの査定額によって分与の考え方自体が違ってくるわけです。

今の家に住み続ける画策

離婚後も家に住み続けたいのであれば、

家の価値を、

  • 高く見せた方がいいか?
  • 安く見せた方がいいか?

どちらが得か分かりますか?

現金等が3000万円相当と過程した場合、

家の価値を3000万円で見積れば、家と現金等で2等分でいます。

しかし、
家の価値を4000万円と見積ってしまうと、家の価値が1000万円上回ってしまいます。

財産分与は、半分半分に分け合うことが前提ですので、
離婚後も家に住み続けたい側の人は、1000万円の半分”500万円”を相手に払う必要が出るのです。

質問の答え

離婚後も家に住み続けたい側の人は、少しでも家の価値を低く見せたいと思うのが普通なのです。

相手の出方もチェック
【妻が考える離婚における財産分与】離婚による家・財産の考え方
みなさん、こんにちは。妻が考える離婚における財産分与について、今回は、”ミホ”が紹介させていただきます。離婚による財産分与離婚による財産分与で一番もめるのが”家・不動産”の考え方です 旦那名義の家でも私にも財産が分与されるか? 住宅ローンが

離婚後の楽しい生活のために

離婚後の明るい未来は、家の価値を把握からはじまります。

家の価値が 【財産】利益は出るのか? 【負の遺産】住宅ローンが残るか? 把握しておきましょう。

家の資産価値を見誤らないよう
不動産に詳しくない人は”こちら”で確認するといいと思います。

女性(奥さん)もこのページを見ています

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました