マンション投資・不動産投資

マンション投資・不動産投資マンション投資・不動産投資

マンション投資

不動産投資・マンション投資はたくさんの種類があります。

  • 新築・中古ワンルームマンション投資
  • 新築・中古ファミリー層向けマンション投資
  • 一棟マンション・アパート投資
  • ビル投資(オフィスビル投資)
  • 遊休不動産・空き家投資

など様々です。

各々メリット・デメリットがありますので、その判断ポイントは投資する案件によって変わります。

地価相場が上昇中の都心では、
物件価格も上昇しているため、その考え方も変わってきています。

一昔前までは、
不動産投資は、利回りを重視し家賃収入という副収入を得るイメージが強かったですが、

最近では、

  • 生命保険的な考え方(団信)
  • 老後のための資産形成

などから、

  • 場所は都心
  • 間取りはワンルーム
  • 家賃はそのまま返済

と、かなり現実的な堅い投資をイメージするようになってきました。

マンション投資・不動産投資カテゴリでは、
その投資に失敗しないための基礎・お金の回し方・物件の増やし方・ローンの考えか・セミナー情報などを紹介しています。

不動産購入・投資をするなら絶好のタイミング

考えてみてください。
新築マンションと中古マンション、どちらが安く購入できると思いますか?

普通に考えれば、中古マンションだと思います。

しかし、そうとも限りません。

一軒家であっても、マンションであっても、土地を仕入れ、そのもとに開発・建設・建築が始まります。

  • ここ5年の都心の土地は非常に高いものでした。
    このタイミングで仕込まれた新築マンション、コスト自体が高いため、販売価格が上がります。
  • 逆に、コロナウイルスによって、今後、地価は2,3割、場合によってはそれ以上、下落します。
    このタイミングに仕込まれるマンションは、コスト自体が安いため、販売価格も安くなるでしょう。

1例として挙げれば、要するに

  • ①今、新築マンションの4,5年後(中古マンション)
  • ②4,5年後の新築マンション(新築マンション)

を比較した時、新築マンションの方が安く買える可能性がある、それが不動産の基本です。
*実際には①は販売価格を大きく割り込む価格になるわけですが・・・。

ということは、これから、

  • 不動産購入
  • 不動産投資

の絶好のタイミングが訪れます。

少しでも安く購入できれば、明日でも1か月後でも1年後でも3年後でもタイミングは問わないでしょう。

そこで、家を安く購入する方法、不動産投資の基本を紹介したいと思います。

不動産購入

不動産価格が下がるということは、うがった見方をすれば、家を安く買えるタイミングです。

今まで高いと思っていた家の価格が下がっていくわけですから、購入のチャンスは広がります。

そのためにも、少しでも安い家の情報を随時入手したいところですね。

《必読》コロナで300万円で家が買える?!一軒家・マンションを少しでも安く購入する方法
幸か不幸か、コロナウイルスによって、不動産相場の大幅下落、購入のタイミングが近づいてきました。 実際に大きく動くのは1年後・2年後と予想していますが、投げ売りが始まりつつあるのも事実です。 住宅ローンが返済できない ...

不動産投資

不動産を安く仕入れられるということは、
不動産投資においても、今までは考えられない利回りを実現することが可能となります。

このタイミングで、不動産投資を考えられる人が、不動産投資の勝ち組になることでしょう。

ただ問題もあります。

  • 投資の種類(ワンルーム・戸建て・ビル等)
  • 購入のタイミング
  • 金利の相談

特に銀行はこのところ、不動産投資への審査が厳しくなっていますので、銀行とセットになっている不動産投資会社を活用することも1つの方法です。

ワンルームマンション投資なら【リノシー】
《今ならAmazonギフト券プレゼント中!》
ワンルームマンション投資 リノシー
今まで5000円だったAmazonギフト券プレゼントが10000円に増額中!!
10,000円のAmazonギフトを是非、受け取ってください

コロナウイルスによって、
不動産市況は、大きく崩れると予想されます。

3割、場合によっては5割安で購入できるチャンスが訪れようとしています。

【不動産市況:今後の見通し】

不動産市況は経済よりかなり遅れてきます。

  • コロナ自粛・経済下火(4月)
  • 各種補助・給付・助成金で一時しのぎ
  • 業績悪化・オフィス空室率上昇(秋・冬)
  • ボーナス減額・カット(冬)(今)
  • 本格的第2波:3波?(ウイルスが活発になり、免疫力が下がる””)(今)
  • 給料減額・ローン返済が不透明(1年後)
  • ペアローン(共働き夫婦)破綻急増(1年後)
  • 売り物件過多(2年後)
  • 不動産市況最悪(2年後以降)

さらに厄介なのがこれが世界的だということです。
海外マネーが流れてくるのであれば、日本一人勝ちという状況も作れますが、それも期待薄です。

今は、不動産価格が下がるという風潮の割に、下落が見られない状況かもしれませんが、確実に内覧数・売買件数は減りつつあります。

イメージは出来ても、実感が後から付いてくるそれが不動産市況です。

その証拠というわけではないが、

  • 不動産査定を行うと、高めの査定結果が出ます。
  • しかし、不動産会社の買取依頼の場合、かなりシビアな数字が提示されます。

場合によっては、半額という状況。

不動産会社も自分が買い取るとなると非常に慎重な数字を出す、ダブスタ的な状況となっています。

≪追記:202011.27≫
知人の話だと幸い9月・10月の不動産売買は高水準だったようです。
理由は1つで、新規の売り物件が意外と増えておらず、現状、供給が追いついていないことだそうです。
購入者は安く購入を考えているので、売り物件が増えたら一気に雰囲気が変わるかも?とも言っていました。
売却を考え始めている人は今のうちかもしれません。

①不動産購入のタイミング?

不動産市況が下がる流れであれば、不動産購入のタイミングとも言えるでしょう。

急いで買う必要がありませんが、
以前紹介した家を安く購入する方法の活躍の出番かもしれませんね。
探しに行くのではなく、最新情報を的確にゲットする

《必読》コロナで300万円で家が買える?!一軒家・マンションを少しでも安く購入する方法
幸か不幸か、コロナウイルスによって、不動産相場の大幅下落、購入のタイミングが近づいてきました。実際に大きく動くのは1年後・2年後と予想していますが、投げ売りが始まりつつあるのも事実です。 住宅ローンが返済できない 1日も早く現金化しなくては

②不動産投資の準備も

安く不動産を購入できれば利回りがグーンっと上がります。

高利回りであれば投資の回収も早く軒数も増やしやすいでしょう。

年収500円以上の人限定になりますが、
不動産投資を活用した10年後・20年後の人生プランを確認するといいと思います。
簡単なアンケートで老後資金作りにぴったりの投資スタイルを確認できます

>>詳細はコチラ

③マイホームを持っている人限定

当たり前ですが、
家を購入した時の金額 = 今の価値ではありません。

家は株のように売り買いをするものではありません
とは言え、れっきとした財産です。

その財産を守るためにも、気になったタイミングでマイホームの査定を行うことをオススメします。
家の価値が 【財産】利益は出るのか? 【負の遺産】住宅ローンが残るか? 把握しておきましょう。
心配になる前に、ちょっと気になった人、
不動産査定の詳しくない人はこちらから確認するといいと思います。
*年に1度くらい行うことをおすすめします。

LINE風に会話形式で家の査定(相談も可)

初めての人におすすめ!登録が簡単!

↓↓ カウンセラーが分かりやすく誘導してくれます。

イエウール

全国対応・無料・24時間OK

【体験談】家の査定をしてみました(共働きペアローン夫婦)

イエウール公式サイト
>> 公式サイトはこちら <<

そこで、不動産投資を始める絶好の時期ですが、
始める人のシチュエーション・立ち位置に気を付ける必要があります。

会社の業績が悪化しボーナスが減るなど、1年後・2年後の方が安く買えるかもしれません。

しかし、始めるタイミングで自身の年収が下がってたら不動産投資のローンが厳しくなります。

せっかく安く買える絶好のチャンス利回り10%/15%のチャンスでありながら、タイミングを逸しかねません。

そのため、早めに市況を確認しながら、不動産投資会社とコンタクトを取っておくといいかもしれません。

《無料不動産投資セミナー筆者の見解》

バブル時代の住宅ローン金利は8%など当たり前でした。
しかし、今は上手に交渉すれば1%台も実現可能です。
もちろん、都心の不動産投資は利回りが悪いですが、
この金利差は、特需と言え、それが今の不動産投資の盛り上がりの要因です。

そのため、多くの人は不動産投資セミナーに参加しているのですが、
絶対に覚えておかないといけないことは、入り口を間違うと借金地獄に陥るということです。
そこで、筆者の肌感覚で、初心者・中級者が行くべき不動産セミナーを紹介します。

  • 都心のワンルームマンション投資
  • 田舎の戸建て投資
  • オフィスビル投資
  • ホテル需要を見越したホテル投資
  • 海外の不動産投資

このあたりのたくさんの投資セミナーがありますが、
まず、初心者の形には

  • 不動産投資とは何か?
  • 今の現状・首都圏の市況
  • お金の流れ・不動産投資の全体像

を知ることが重要です。

初心者の第一歩

これから不動産投資を行う、不動産投資が分からないという方は、こちら(【首都圏の方】・【それ以外の方】)で基礎を固めるといいと思います。

《Amazonギフト券プレゼント中!》
ワンルームマンション投資 リノシー
今まで5000円だったAmazonギフト券プレゼントが10000円に増額中!!
10,000円のAmazonギフトを是非、受け取ってください

合わせて、
以前、紹介した  家を安く購入する方法 も参考になると思います。

ショートカット
投資物件情報をいち早く手に入れることで、安く家が買うことができます。(無料・匿名OK)
詳細はこちら
マンションコラム

新型コロナウイルスで民泊大丈夫か?我慢・事業譲渡・売却

【今がチャンスかも?】 今回、新型コロナウイルスで民泊が大打撃ではないか? そのための対策や今後の見通し、一時撤退(M&A)、つなぎ融資まで紹介しています。 民泊オーナーには耳が痛い話かもしれません。 しかし、現...
マンション投資・不動産投資

不動産投資をするなら法人化したほうがいい風向きになってきた(法人化のタイミング)

不動産投資を行う場合、 個人がいいのか? 法人がいいのか? よく語られます。 ただ、不動産投資に限らず、個人・法人問題の場合、 税金対策をメインに語られることが多く、その観点からある程度、給与所得と事業所得や不動産...
マンション投資・不動産投資

いい物件ってどうやって仕入れるの?新着物件メールとは?不動産投資の成功者の行動

不動産投資で成功する方法を質問すれば、 成功者の多くは 「購入時で勝ち負けが決まる」 というでしょう。 私も同意です。 最近、とある初心者不動産投資セミナーの参加したときに、 あれ?なんとなく疑問を感じたので、今回は、不...
マンション投資・不動産投資

一軒家投資・戸建て投資に向いている人、向いていない人

最近、都心の不動産が上昇していることから、地方の一軒家不動産投資(戸建て投資)に目を向けている人もいるでしょう。 ただ、 安い 利回りがいい などの理由で、安易に手を出してしまうと リフォーム費用の出費が...
マンション投資・不動産投資

地方の高利回りボロアパート物件投資と都心のマンション投資の比較 

不動産投資は 与信枠を活用しお金を借りてできる投資ですから非常に魅力的な投資です。 ただ、その投資スタイルは複数あり 新築・中古ワンルームマンション投資 新築・中古ファミリー層向けマンション投資 一棟マンション・アパ...
マンション投資・不動産投資

マンション・アパートの借主・入居者が民泊を行っている時の解決策:マンションオーナーのリスク

海外からの観光客が増え、ホテル需要が高くなったことで、 一時期、民泊がホテル不足を解決する最善策だと言われていました。 そして、多くの人は所有しているマンションだけでなく、賃貸マンションを借り民泊運用を行う人までいました。 し...
サブリース

サブリース・家賃保証、何が問題なのか?マンション投資の基本

不動産投資を検討している友人から、サブリースについて質問されました。 家賃保証というシステムでありながら、 いろいろ問題・事件がニュースとして紹介されているだけに サブリースが いいものなのか?悪いものなのか? メリッ...
マンション投資・不動産投資

不動産投資はビジネス!経営者目線が必要なワケ

老後資金構築のために、サラリーマンやOLも行っている不動産投資。 一棟マンション投資を行っている人もいますが、その多くはワンルームマンション投資でしょう。 融資が通りにくくなったなどの障壁がありますが、徐々に浸透し増えてきている...
エリア

地方での不動産投資・アパート経営を考える:パート2(エリアの選び方)

都心の不動産価格が上がっているため、その矛先が地方に向かいつつあります。 と言っても、 人口減少傾向は、都心より地方の方が割合が高くリスクもあるため、 エリア選び 立地の選び方 物件選び 考え方 は、都心の...
マンション投資・不動産投資

海外の不動産投資を考える:メリット・デメリット

最近、海外の不動産投資の話をよく聞きます。 利回りが良かったり、地価上昇が期待出来たり、ある意味、魅惑の地だからこそ気になるのが海外の不動産投資です。 そこで今回は、 海外の不動産投資についてメリット・デメリットを紹介したいと...
タイトルとURLをコピーしました