後悔しない注文住宅の秘訣!失敗事例から学ぶ、理想の家づくりのための完全ガイド(口コミ・体験談)

後悔しない注文住宅の秘訣!失敗事例から学ぶ、理想の家づくりのための完全ガイド(口コミ・体験談) 家を建てる

注文住宅 後悔

「自分だけの理想の家を建てる」という夢を叶える注文住宅。

しかし、この夢の実現には多くの決断と計画が必要で、時には後悔を伴うこともあります。

今回は、実際に注文住宅を建てた人々からの貴重な経験談をもとに、

  • 予算の管理
  • 設計・デザイン
  • 契約前の確認事項
  • トレンド

まで、注文住宅を成功させるための重要なポイントを網羅的に解説します。

注文住宅で後悔している人は、意外と少なくありません。

予算の問題、設備の妥協、考えることが多いことから、
軸がブレ、理想の形から離れて行ってしまうことも想像がつくでしょう。

《注文住宅失敗しないためのチェックリスト》
注文住宅の計画は、夢を形にする過程ですが、失敗を避けるためには慎重なプランニングが必要です。
以下のチェックリストは、注文住宅の計画段階で確認すべき重要なポイントです。

土地選び
  • 立地条件: 交通の便、周辺環境、日当たり、風通し、地盤の状態など、立地条件を総合的に評価します。
  • 法規制: 建築基準法、都市計画法、地域の条例など、法規制を確認し、建築可能な条件を把握します。
予算計画
  • 総予算の設定: 建築費用だけでなく、諸経費、インテリア、外構工事など含めた総予算を設定します。
  • 予備費の確保: 予期せぬ出費に備えて、予備費を確保します。
設計の要望
  • 間取りの検討: 家族構成やライフスタイルに合わせた間取りを検討します。
  • 収納計画: 生活用品を効率的に収納できるよう、十分な収納スペースを計画します。
建築家や工務店
とのコミュニケーション
  • 信頼できるパートナーの選定: 実績や評判を基に、信頼できる建築家や工務店を選定します。
  • 要望の伝達: 自分の要望や理想を明確に伝え、共有します。
環境配慮
  • エコ素材の選定: 環境に優しい素材や設備を選定します。
  • 省エネ設計: 断熱性能や自然エネルギーの活用など、省エネ設計を検討します。
    建物の断熱性能を高めるために使用される材料。熱の伝わりを抑え、省エネに貢献します。
アフターサービス
  • 保証制度の確認: 建築後の保証制度やアフターサービスを確認します。
  • メンテナンス計画: 定期的なメンテナンスや点検の計画を立てます。

その他にも、土地取得時、工事前に以下のような調査・法令に順守する必要があります。
地盤調査じばんちょうさ: 土地の地盤の状態を調査すること。地盤が弱い場合は地盤改良が必要です。
建築基準法けんちくきじゅんほう: 建築物の安全性や衛生性を確保するための法律。建築に関する基本的な規制を定めています。
都市計画法としけいかくほう: 都市の計画的な開発を目的とした法律。用途地域や建ぺい率などを規定しています。
建築確認申請けんちくかくにんしんせい: 建築物を建てる際に、法令に適合しているかを確認するために行う申請。

これらのチェックリストを参考に、注文住宅の計画を進めることで、後悔を避け、理想の住まいを実現することができます。

注文住宅 後悔

契約前に確認すべき重要ポイント

注文住宅の建築は、一生に一度の大きな投資です。

銀行(金融機関)から年収の何倍ものお金を借り、不動産を購入する訳ですから、

注文住宅におけるお金に関する後悔は、人生を棒に振る可能性まであります。

そこで、契約前の失敗談をもとに、契約前に確認すべき重要ポイントを紹介します。

《契約内容の確認》
☆契約書の詳細
契約書は非常に重要な文書です。建築に関するすべての細部が記載されているため、内容を十分に理解し、不明点は事前に解消しておくことが重要です。
☆設計図
設計図には、間取りや設備の配置など、住宅の詳細が記されています。設計図を確認し、自分の要望が正確に反映されているかを確認しましょう。
《追加費用の有無》
☆見積もりと実際の費用
見積もりはあくまで予測です。実際の建築過程で追加費用が発生することがあります。追加費用の可能性について、建築家や工務店と事前に話し合い、明確にしておくことが大切です。
《工期の確認》
☆工期の明確化
工期が遅れると、それに伴う様々な問題が発生します。契約時に工期を明確にし、万が一の遅延に備えた対策を講じておくことが重要です。
《保証やアフターサービス》
☆保証制度
建築後のトラブルに備え、保証制度の内容を確認しておきましょう。どのような場合に保証が適用されるのか、保証期間はどのくらいかなど、詳細を理解しておくことが重要です。
☆アフターサービス
完成後のメンテナンスや修繕に関するアフターサービスの内容も確認しておきましょう。定期的な点検や緊急時の対応など、サービスの範囲を把握しておくことが大切です。
《その他の確認事項》
☆変更やキャンセルの条件
建築途中での変更やキャンセルが必要になる場合もあります。そのような場合の条件や手数料についても、事前に確認しておくことが重要です。
☆コミュニケーションの取り方
建築中のコミュニケーション方法も確認しておきましょう。定期的な打ち合わせのスケジュールや、緊急時の連絡方法などを事前に決めておくと安心です。

これらのポイントを確認し、契約前にしっかりと話し合うことで、後悔のない注文住宅建築を実現できます。私の経験が、これから注文住宅を建てる方々の参考になれば幸いです。

注文住宅でよくある後悔事例とその教訓

注文住宅を建てる際には、多くの夢と期待がありますが、残念ながら後悔するケースも少なくありません。

実際に注文住宅を建てた人々が経験した後悔事例と、それから学べる教訓を紹介します。

予算の見積もりが甘かった
予算を過小評価し、建築途中で資金が不足する事態に陥った。
教訓: 予算計画は慎重に行い、予備費を含めた総予算を設定することが重要です。また、建築費用だけでなく、諸経費やインテリア、外構工事なども考慮に入れる必要があります。
間取りが使いにくい
実際に住んでみると、家族のライフスタイルに合わない間取りで不便を感じた。
教訓: 間取りは家族のライフスタイルや将来の変化を考慮して検討する必要があります。また、設計段階でのシミュレーションや、実際の家具の配置を想定することも大切です。
収納スペースが不足している
足りない収納スペースにより、生活用品が溢れ、住みにくさを感じた。
教訓: 収納計画は重要な要素です。生活用品の量を見積もり、十分な収納スペースを確保することが必要です。また、収納の使い勝手も考慮することが大切です。
照明計画の不足
照明計画が不十分で、部屋が暗くなったり、眩しくなったりする問題が発生。
教訓: 照明計画は、居住空間の快適さに大きく影響します。自然光の取り入れ方や、人工照明の配置を慎重に計画することが重要です。
騒音問題
壁や床の防音性能が不足しており、隣室や上下階からの騒音に悩まされた。
教訓: 防音性能は、住宅の快適性に直結します。特に、多世代住宅や共働き家庭では、防音性能の高い建材の選定や、適切な間取りの設計が必要です。
メンテナンスの手間
メンテナンスが困難な素材や設備を選んだため、日々の手入れに苦労した。
教訓: 素材や設備の選定には、見た目だけでなく、メンテナンスのしやすさも考慮する必要があります。日々の手入れが容易な素材や設備を選ぶことが、長期的な快適さにつながります。
環境配慮の不足
環境配慮が不足しており、冷暖房費が高くなったり、自然災害に弱かったりする問題が発生。
教訓: 省エネ設計や耐震性能、自然災害への対策は、住宅の安全性と快適性に直結します。環境配慮や耐久性を考慮した設計を行うことが重要です。

これらの事例と教訓を参考に、注文住宅の計画を進めることで、後悔を避け、理想の住まいを実現することができます。

建築中のトラブルとその解決策

注文住宅における後悔は、自分自身の知識不足・準備不足だけではありません。

事前に建築中のトラブルも頭に入れておく必要もあり、これらのトラブルを事前に理解し、適切な解決策を講じることが重要です。

まず、工期の遅延は天候不良や資材の遅配、職人の手配問題などによって発生することがあります。

このような場合、契約時に工期の遅延に関する条項を確認し、遅延が発生した場合の対応を明確にしておくことが重要です。

また、定期的な進捗報告を受け、工期の遅延を早期に把握し対応することが大切です。

工務店 注文住宅 後悔次に、予算の超過は設計変更、追加工事、見積もりの誤りなどによって起こります。

予算計画を慎重に立て、予備費を含めた総予算を設定することが重要です。

追加工事や設計変更が発生した場合は、その都度見積もりを取り、予算内で収まるよう調整することが必要です。

設計変更の多発も一般的なトラブルの一つです。

建築途中での設計変更が多発すると、工期の遅延や予算の超過を引き起こすことがあります。

設計段階で十分な打ち合わせを行い、細部にわたる要望を明確にすることが重要です。また、建築途中での設計変更は、できるだけ避けるように心がけることが大切です。

資材の品質問題も見逃せません。

使用する資材の品質に問題がある場合、後の工程に影響を及ぼすことがあります。

資材の選定時に品質を確認し、信頼できるメーカーや供給元を選ぶことが重要です。

また、資材の納品時には品質をチェックし、問題があれば速やかに交換を要求することが必要です。

コミュニケーションの不足もトラブルの原因となります。

建築家や工務店とのコミュニケーション不足により、誤解やトラブルが発生することがあります。
注文住宅 日当たり 後悔
定期的な打ち合わせを設け、進捗状況や問題点を共有することが重要です。また、曖昧な表現を避け、具体的な要望や指示を伝えることが大切です。

施工の品質問題も無視できません。

施工の品質が低いと、後に修繕が必要になることがあります。

施工業者の選定時に、過去の実績や評判を確認することが重要です。

また、建築中に定期的な品質チェックを行い、問題があれば速やかに指摘し修正を要求することが必要です。

最後に、法令違反も重要な問題です。

建築基準法や地域の条例に違反する設計や施工が行われると、後に是正工事が必要になることがあります。

設計段階で法令遵守を徹底し、必要な申請や許可を取得することが重要です。

また、建築中も法令遵守を確認し、違反が発覚した場合は速やかに是正措置を講じることが必要です。

これらのトラブルと解決策を理解し、適切に対応することで、建築中の問題を最小限に抑え、理想の注文住宅を実現することができます。

後悔しない家づくり・注文住宅なら

注文住宅が選ばれる理由

注文住宅 後悔 ブログ

【完全オーダーメイドの自由度】
注文住宅の最大の魅力は、完全オーダーメイドであることです。
建築主は、自分のライフスタイルや好みに合わせて、間取りやデザイン、素材選び、設備などを自由に選ぶことができます。
例えば、家族構成に合わせた「多世代住宅」の設計や、趣味のための「アトリエ」の設置、エコフレンドリーな「省エネ設計」など、個々のニーズに応じた家づくりが可能です。
【長期的な価値の創造】
注文住宅は、個性的なデザインや機能性により、他にはない価値を持つ家を建てることができます。
「耐震性」や「断熱性」に優れた設計は、長期的な住宅価値を高める要素となります。
また、将来のライフステージの変化に対応した「フレキシブルな間取り」は、住み替えの必要性を減らし、長く快適に住み続けることができます。
【環境への配慮】
環境への配慮は、現代の住宅選びにおいて重要な要素です。
注文住宅では、自然素材を使用した「エコロジカルな建材選び」や、太陽光発電システムなどの「再生可能エネルギーの活用」、高い「断熱性能」による省エネ設計など、環境に優しい住まいを実現することができます。
【予算のコントロール】
注文住宅では、建築主が予算に応じて設計を調整できるため、コストパフォーマンスの高い家づくりが可能です。
例えば、「コンパクトハウス」の設計による建築コストの削減や、長期的な「ランニングコスト」の削減を考慮した設計など、予算に合わせた柔軟なプランニングが魅力です。
【地域性や文化の反映】
注文住宅では、地域の気候や文化を反映した設計が可能です。
例えば、雪国に適した「雪害対策」や、伝統的な「町家スタイル」のデザインなど、地域性を活かした住まいづくりが魅力です

注文住宅 後悔ばかり

注文住宅のデメリット

注文住宅は、自由度の高い家づくりを実現する一方で、高いコスト、長い建築期間、複雑な手続きなどのデメリットが存在します。
これらのデメリットを理解し、慎重に計画を立てることが、後悔のない家づくりにつながります。

高いコスト
注文住宅の最大のデメリットは、建築コストが高くなる傾向にあることです。完全オーダーメイドの家づくりは、規格住宅や分譲住宅に比べて、設計費用や建材費、工事費などが高額になりがちです。特に、高級素材の使用や複雑なデザイン、最新の設備導入などは、総建築費を押し上げる要因となります。
長い建築期間
注文住宅は、設計から完成までの期間が長くなることがあります。設計段階での細かな打ち合わせや、オーダーメイドの建材の調達、施工の複雑さなどが原因で、建築期間が延びることが少なくありません。これにより、一時的な住居の確保や二重の家賃負担などの問題が生じることもあります。
設計変更のリスク
注文住宅では、建築途中での設計変更が発生するリスクがあります。建築主の要望変更や、現場での問題発見などにより、設計変更が必要になることがあります。これにより、追加費用や工期の遅延、最終的な仕上がりへの影響が生じる可能性があります。
複雑な手続きとコミュニケーション
注文住宅の建築には、複雑な手続きや多くの関係者とのコミュニケーションが必要です。土地の選定、建築許可の申請、設計契約、工事契約など、さまざまな手続きを進める必要があります。また、建築家や工務店、施工業者など多くの関係者との連携が求められるため、コミュニケーションの負担が大きくなることがあります。
予期せぬトラブルの発生
注文住宅の建築中には、予期せぬトラブルが発生することがあります。例えば、天候不良による工期の遅延、資材の品質問題、施工のミスなどが挙げられます。これらのトラブルは、追加費用や工期の遅延、最終的な品質への影響をもたらす可能性があります。
買い手の見つかりにくさ
個性的でオーダーメイドの注文住宅は、将来的に売却する際に買い手が見つかりにくいことがあります。特に、独特のデザインや特殊な機能を持つ住宅は、一般的な市場での需要が限られるため、売却が困難になることがあります。
メンテナンスの難しさ
注文住宅では、特殊な建材や設備を使用している場合、メンテナンスが難しくなることがあります。例えば、特注の建材や輸入品の設備は、修理や交換が困難であったり、コストが高くなったりすることがあります。

注文住宅相談・注文住宅の一括資料請求ができるおすすめサイト

後悔しない家づくりを実現するためには、注文住宅の一括資料請求や専門家への相談が非常に重要です。

注文住宅の一括資料請求を利用することで、複数の建築会社や工務店の情報を手軽に比較できます。

資料には、各社の特徴、施工例、価格帯、提供サービスなどが詳細に記載されており、自分のニーズに合った会社を見つけやすくなります。

また、時間と労力を節約しながら、幅広い選択肢から検討できるのも大きな利点です。

[注文住宅の相談の重要性]
専門家への相談は、注文住宅の計画を具体化する上で不可欠です。
建築家やコンサルタントは、土地選びから設計、予算管理まで、あらゆる面で的確なアドバイスを提供してくれます。
また、自分では気づかないリスクや問題点を指摘してくれるため、後悔のない家づくりにつながります。

サービスの特徴とメリット

  • 複数の建築会社からの資料を一度に請求できるため、時間と労力の節約につながります。各社の施工例、価格帯、サービス内容を比較検討できるので、自分に合った会社を見つけやすくなります。
  • 建築家やコンサルタントは、土地選びから設計、予算管理まで幅広いアドバイスを提供します。専門的な知識を持つ彼らの意見は、後悔のない家づくりに不可欠です。
ユーザーのニーズに合わせた紹介

  • 一括資料請求を利用して、コストパフォーマンスの高い建築会社を見つけることができます。
  • 専門家との相談を通じて、オリジナリティあふれるデザインの提案を受けることが可能です。
事例や体験談の活用

  • 一括資料請求で得られる資料には、実際の施工例が豊富に含まれており、具体的なイメージを持つことができます。
  • 専門家への相談では、過去の成功事例や失敗談を聞くことができ、それらから学ぶことが可能です。
比較と選択の助言

  • 一括資料請求により、複数の会社を比較することができます。それぞれの特徴やメリットを比較し、自分に最適な選択をすることが重要です。
  • 専門家は、ユーザーのニーズや条件に合わせて、最適な建築会社や設計を提案してくれます。

これらのサービスを活用することで、後悔のない家づくりを実現し、理想の住まいを手に入れることができます。

そこで、後悔しない家づくり・注文住宅のために、
おすすめの一括資料請求サイト、住宅メーカー、コンシェルジュサービスを紹介します。

また、インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などの内容を確認し、良い口コミ・悪い口コミ・怪しい、お客様の声(口コミ・体験談)も追加しました。

タウンライフ家づくり

注文住宅 後悔ポイント
タウンライフ家づくりは、理想の注文住宅を実現するための一括資料請求サービス(大手ハウスメーカー35社以上)です。
多数の信頼できる建築会社から資料を一度に請求でき、デザインや価格帯を比較検討することが可能。
時間と労力を節約しながら、自分に合った建築会社を見つけることができます。

豊富な建築事例と多様なデザインを提供。
ユーザーのライフスタイルに合わせたカスタマイズが可能。地域に密着した工務店や建築家とのマッチングサービスを提供。
注文住宅 高い 後悔

どの会社に頼めば良いのか分からず、地元業者に依頼をしてもいい提案がありませんでした。
そんなとき、ここのサイトを見つけて試しに利用してみたら、複数の注文住宅会社から提案を受け取ることができ、自分に合ったプランに出会えました。

>>一括資料請求はコチラ

【運営会社】

アイダ設計

注文住宅 コンセント 後悔
アイダ設計は、個性豊かな注文住宅の設計・建築を手掛ける企業です。
顧客のライフスタイルや好みに合わせたカスタマイズが可能で、高品質な住宅をリーズナブルな価格で提供しています。
独自のデザインと機能性を兼ね備えた住まいを実現するため、多くの家族に選ばれています。

コストパフォーマンスに優れた注文住宅の提供。
予算に合わせた家づくりが可能。シンプルなデザインから高度なカスタマイズまで対応。
注文住宅 設備 後悔

友達や家族が遊びに来た時に面白い家だと思ってくれるようなお家を建てようと思い、アイダ設計に決めました。
1Fは中央にサニタリーフロアを設置し、洗濯や食事の片付けに便利な動線を意識した間取りにしました。またドアや壁を極力少なくし、居住スペースを最大限生かせるようにしました。
こだわりは、各部屋や土間部分をすべて三角形のレイアウトにしたことです。また天井板をなくし梁やダクトなどをあえて露出させることでおしゃれな内観を演出しています。
どの部屋にいても左右を見渡せる空間になっており、開放感をダイレクトに感じられることが寂しさを感じず良いなと思いました。
他では考えつかないデザインの家なので家に帰ってくると非日常を感じられます。自分たちのこだわりや要望が叶った家づくりができてよかったです。

>>注文住宅相談はコチラ

【運営会社】

  • 株式会社アイダ設計
  • 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町二丁目286番地
  • 一級建築士事務所登録 (4)第8520号
    宅建業 国土交通大臣免許(8)第4179号
    建設業 国土交通大臣許可(特-3)第14192号
  • 公式サイト:https://www.aidagroup.co.jp/

住まいの窓口​

注文住宅 ローン 後悔
住まいの窓口​1​は、注文住宅に関する総合的な相談サービスを提供しています。
専門のアドバイザーが、土地探しから設計、建築会社選びまでトータルサポート。
利用者のニーズに合わせた最適な提案を行い、理想の家づくりを実現するための強力なパートナーとなります。

幅広い住宅情報と専門家のアドバイスを提供。
豊富な情報量と専門家によるサポートで、理想の家づくりをサポート。
注文住宅 土地選び 後悔

見やすい資料と、図やメモを活用した説明でわかりやすかった。
会社ごとの得意分野や特徴なども詳しく教えていただきとても参考になった。

>>注文住宅相談はコチラ

【運営会社】

おうちキャンバス

注文住宅 後悔 ランキング
おうちキャンバスは、注文住宅の建築を検討している人々に向けた相談サービスです。
専門のコンサルタントが、家づくりのプロセス全体をサポートし、個々の要望に合わせた最適な提案を行います。
資金計画から設計、施工会社の選定まで、一貫したアドバイスで安心の家づくりを実現します。

ユーザーのニーズに合わせた柔軟なプランニング。
ユーザーの要望に応じたカスタマイズが可能。アフターサービスも充実している。
注文住宅 後悔 知恵袋

予算の立て方からおすすめのハウスメーカーまでわかりやすく説明して頂き、頭が整理できました。
こういった知識なしにハウスメーカーを訪れていたら、理想のメーカーにたどり着くまでとても大変だったと思います。

>>注文住宅相談はコチラ
【運営会社】

後悔しない家づくりのためには、情報収集と専門家の意見が欠かせません。
注文住宅の一括資料請求と専門家への相談を活用し、理想の住まいを実現しましょう。

よくある質問

注文住宅のローンを組む際、どのような点に注意すれば後悔を避けられますか?

注文住宅のローンを組む際、長期的な返済計画と予算の余裕を考慮し、無理のない金額を選ぶことが重要です。
また、金利や返済条件を比較検討し、最適なローンプランを選ぶことが後悔を避ける鍵です。
参考ページ:住宅ローンは変動金利?固定金利?

注文住宅の外観を決める際、後悔しないために重要なポイントは何ですか?

注文住宅の外観を決める際は、流行に左右されず、長期的に愛着を持てるデザインを選ぶことが大切です。
また、周囲の環境や将来のメンテナンスの容易さも考慮することが重要です。

注文住宅を建てる際、どのような妥協が後悔につながりやすいですか?

注文住宅を建てる際、特に妥協しがちなのが予算や間取りです。
しかし、長期的な居住を考えると、日常生活の利便性や快適性を犠牲にする妥協は後悔の原因となります。

工務店を選ぶ際、後悔しないために確認すべきことは何ですか?

工務店を選ぶ際は、過去の実績や口コミ、提案力を確認することが重要です。
また、コミュニケーションの取りやすさやアフターサービスの充実度も後悔を避けるために重要なポイントです。

注文住宅で失敗しやすいポイントと、それを避けるためのアドバイスは何ですか?

注文住宅で失敗しやすいポイントは、予算の見積もり過小、間取りの使い勝手の悪さ、資材の品質問題などです。
これらを避けるためには、事前の計画とプロフェッショナルとの十分なコミュニケーションが不可欠です。

注文住宅に中庭を設ける際、後悔しないために考慮すべきことは何ですか?

注文住宅に中庭を設ける際は、プライバシーの確保、日照条件、メンテナンスの容易さを考慮することが後悔を避けるために重要です。

注文住宅に和室を設ける場合、後悔を避けるためのポイントは何ですか?

注文住宅に和室を設ける場合、伝統的な要素と現代のライフスタイルを融合させることが重要です。
また、和室の位置や広さ、素材選びにも注意を払うことが後悔を避けるポイントです。

注文住宅で屋上を設計する際、後悔しないために注意すべきことは何ですか?

注文住宅で屋上を設計する際は、防水性や耐久性、安全性を十分に確保することが重要です。
利用目的に合わせた設計を行うことで、後悔を避けることができます。

注文住宅の階段を設計する際、後悔を避けるための重要なポイントは何ですか?

注文住宅の階段を設計する際は、安全性と利便性を最優先に考えることが重要です。
また、デザインや素材選びも長期的な視点で行うことが後悔を避けるために必要です。

注文住宅に書斎を設ける際、後悔しないために考慮すべきことは何ですか?

注文住宅に書斎を設ける際は、静かで集中できる環境を確保することが重要です。
また、十分な収納スペースや適切な照明設計も、後悔を避けるために考慮すべきポイントです。

注文住宅 後悔;まとめ

注文住宅を建てる際には、多くの決断と計画が求められます。

この記事では、実際に注文住宅を建てた人々の経験をもとに、後悔を避けるための重要なポイントを紹介しました。

予算の管理、デザインと機能性のバランス、契約前の確認事項、トレンドの理解など、注文住宅を成功させるためには多角的な視点からの検討が必要です。

今回の記事が、あなたの注文住宅計画をより良いものにするための一助となれば幸いです。

理想の家を建てるための一歩を踏み出す際に、この記事が役立つことを願っています。

≪告知:住宅メーカー・注文住宅業者様へ≫
おすすめの注文住宅(メーカー・サービス)として、掲載業者を募集しています。
一定基準を満たす企業様であれば、無料で掲載(リンクも可)させていただきます。
お問い合わせフォームより、お問合せください。
年末年始・大晦日・元旦も対応可能(24時間・全国対応)
注文住宅・補助金の活用

家づくりの実情

家づくりにおいて、本来は、
間取り(生活導線・快適な暮らし)
デザイン(おしゃれ・機能性)
設備(システムキッチン・最新設備)
等に集中したいところです。

しかし、実際のところ
資金計画(年収の何倍まで大丈夫?)・住宅ローン融資(銀行選び・ペアローン)・金利動向(変動金利・固定金利)・スケジュール管理、そして、補助金の確認・・・。

多くの人は、この準備に時間を割かれしまいます。

この準備、一般的に”約9か月”とも言われています。

とはいえ、ここをきっちり整理しておかないと、

“人生で一番”大きな借金”を背負う家づくりで失敗”してしまうため、一歩踏み出すのに時間を要しています。

ハウスメーカーは、各社強みや工法・こだわりが違うため、同じ間取りでも、感じるイメージ費用が全然違います。

1社・2社の比較では、判断がつかず、
後々、後悔してしまうことが多々あるため、気になるハウスメーカーには、間取りプラン・見積もりを出してもらい比較することが重要です。

間取りプランを申し込んでみよう

アドバイザーに相談できる注文住宅サイトとして、
家づくりのとびら(NTTグループ)をおすすめします

 

家を建てる注文住宅注文住宅 後悔