コロナ自粛で今後、不動産が売りにくくなる危険:不動産会社選びの注意点

不動産が売りにくくなる危険マンションコラム

コロナウイルスによる自粛で、経済、もちろん不動産業界も止まっています。

徐々に動き出しているようで、
小さい不動産会社の営業さんから連絡が来るようになりましたが、大手は同業他社の動きを見ながら出勤日制限・テレワーク・在宅業務などが続いています。

近いうちに、
首都圏の緊急事態宣言解除の運びとなりそうですが、解除=即V字回復は難しい状況で、
不動産仲介市況に絞っても、売買件数はかなり少ない推移が予想されます。

コロナウイルスによって都心の不動産価値が下がっていく理由
コロナウイルスが、ここまで拡大すると誰が予想したでしょうか? 2020年1月:中国に始まり、アジアで広がり始めたころ、欧米各国は、他人事のように傍観していました。 それがイタリアをはじめヨーロッパ全域に広がり、そしてアメリカへ・...

ただ、この売買件数において、
不動産業界ならではの悪しきしきたりが、さらにその件数を制限するのではないか?
若干心配しています。

そこで、今回は、今後、不動産が売りにくくなる危険 について紹介したいと思います。

不動産が売りにくくなる危険

買主と売主

家を売るということは、
売る人 と 買う人 があって成り立つものです。

  • 家を売りたい!
  • 家を買いたい!

その仲介を行うのが不動産会社・営業マンというのは当たり前ですが、

コロナウイルスによって
仕事を失う・給料が減額等で不動産を売りたい・売らなくてはならない人は増えるかもしれません。

ただ、経済が下降気味の局面では、購入者も減ります。
給料が減れば、住宅ローンの融資額も減りますし、審査が厳しくもなります。

テレワークによって、オフィス需要が下がり、
繁華街では、飲食店や個店は廃業・倒産によってテナントの空きが目立つようになれば、不動産相場自体の下落も時間の問題でしょう。

必然的に売主は、
販売価格を下げざるを得なくなり、買主ももっと安く購入できるのはないか?
という思惑が錯綜するのが、今後の不動産市況を不透明・売りにくくなる要因にもなりそうです。

もっと気になる不動産会社の動き

  • 家を売りたい!
  • 家を買いたい!

その仲介を行うのが不動産会社・営業マンと書きましたが、

不動産会社・営業マンの思考・本音は

  • 片手取引なら全力で売買締結を阻止する
  • 両手取引のみを行う

囲い込みが行われるのが現実です。

両手取引によるマンション売却リスク:知って驚愕、不動産屋の悪徳手口まで
マンション売却を実際に行ったことがある人で 大満足の売却を実現した人はどれくらいいるでしょうか? 大満足と言っても人それぞれ感じ方が違いますが、 どんな人であっても、少なからず不動産会社から妨害にあっていると言っていいでしょう。 ...

コロナ自粛で、そもそも販売活動が制限されているわけですから、

手数料が2倍になる、売主からも買主からも仲介手数料を取る両手取引に持っていく傾向は如実に見られるでしょう。

これによって、大きな被害を受けるのが、家を売りたい売主ということになるでしょう。

買いたい人が目の前にいるのに、その人に情報が届かない。

これが、コロナ自粛解除の不動産が売りにくくなる危険の1つ目です。

コロナ自粛 不動産

最悪の場合も

両手取引のために、売れるものが売れない・売りにくくなる可能性を紹介しましたが、

悪しきしきたりはこれだけではありません。

それが購入者を業者に据える仲介手数料の2回転(専任返し)です。

売主には、

  • 「今の金額では売れないので値下げ」を要求する。
  • 「この金額であれば買主がいる」と安い価格で買主を紹介する。

このような形で、安く転売業者に流します。
買主である転売業者は、即転売に動き出しますが、この売却の仲介にも入ることで

  • 個人 → 転売業者 で両手取引
  • 転売業者 → 買主 で両手取引

と、1つの不動産で2度の売買手数料を画策します。

不動産会社も業績を上げるために必死にブラックな手を使ってくるのは想像がつきますが、
こんな仲介業者に当たってしまったら、相場の4割・5割に値切られます。

ちなみに、
不動産会社は、仲介手数料で成り立っているので、少しでも高い金額で売買締結したほうがいいと思いがちですが、
1億円の物件が9000万円になったとしても、

  • 1億円の3%:300万円
  • 9000万円の3%:270万円

売主としては、1000万円値下げはかなりの決断ですが、
仲介手数料で考えれば誤差(30万円)でしかありませんし、それ以上に両手取引・早く売れることを前提に考えるのが基本です。

コロナ自粛 囲い込み

不動産が売れない危険を回避するには

正直、コロナウイルスによる経済は、かなり厳しいものになりそうです。

政府のウイルス対策は、他国の比にならないくらい上出来ですが、

経済においては、連鎖的に日本だけでなく世界規模で悪化は避けられないでしょう。

今回、不動産売却における不動産屋の悪質な妨害について紹介しましたが、
業績・売上にシビアな業界だけに、表には出ないかもしれませんが、裏で行われることは避けられないでしょう。

では、不動産屋に騙されることなく不動産を売る方法・回避する方法はあるのか?

大手も中小も

ここに関しては、
営業マンもプロですから、気付かれないように話を進めていくので一筋縄ではいきません。

大手だから安心というのはもってのほかです。

  • やる人はやります
  • やる会社はやります

両手取引のための囲い込み件数は大手が抜けているというデータもあります。

囲い込み件数
引用:ダイアモンドオンライン

となると回避方法は、抑止する環境を作ることでしょう。

専任媒介契約より一般媒介契約のほうがいいかもしれません。

一般媒介契約と専任媒介契約:どちらが早く売れるか?高く売れるか?
媒介契約とは マンションを売るにあたっては、ふつうであれば適当な不動産会社と契約をして、物件の広告宣伝や契約希望者の内覧への対応、売買契約の手続きなどといったことがらを依頼するものです。 このような契約のことを媒...

両者、メリット・デメリットがありますが、
一般媒介契約で、2・3社にお願いすることで抑止にはなると思います。

本来は綿密、売却設定を考えたほうがいいですが、
エリアや戸建て・マンション・築年数などによって考え方もかわりますので、
もし、

  • 本気で売却を検討している
  • なかなか売れない

ということで、あれば、お問い合わせください。

マンション売却の質問・悩み・疑問をお聞かせください!
広告掲載について,マンションを高く売る、高額査定のポイント。また収益物件として不動産利用する場合のテクニック・注意することを紹介します。

まとめ

不動産は購入より売却のほうがパワーがいります。

さらに、今後考えられる環境から、早く・高く売りずらくなっていきそうです。

今回は、不動産が売りにくくなる危険について、囲い込み・両手取引・専任返しを紹介しました。

不動産相場に詳しくない人は
ここで確認するといいと思います。

LINE風に会話形式で家の査定

マンションだけでなく、家や土地などの不動産の一括査定できるサイトです。

イエウール

名義人でなくても、また平米数や築年数が曖昧でも、不動産会社が確認して査定してくれます。

*各社、現状は東京オリンピック開催を前提としていますが、コロナの拡大や景気動向次第で大幅に変わる可能性もあります

全国対応・無料・24時間OK
イエウール公式サイト

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました