自粛解除の今後、不動産が売りにくくなる危険

不動産が売りにくくなる危険マンションコラム

コロナウイルスによる自粛で、経済、もちろん不動産業界も止まっています。

解除後、徐々に動き出しているようで、

不動産会社の営業さんから連絡が来るようになりましたが、大手は同業他社の動きを見ながら出勤日制限・テレワーク・在宅業務などが続いています。

緊急事態宣言解除となったとは言え、解除=即V字回復は難しい状況で、
不動産仲介市況に絞っても、売買件数はかなり少ない推移が予想されます。

ただ、この売買件数において、
不動産業界ならではの悪しきしきたりが、さらにその件数を制限するのではないか?
若干心配しています。

そこで今回は、今後、不動産が売りにくくなる危険 について紹介したいと思います。

不動産が売りにくくなる危険

買主と売主

家を売るということは、
売る人 と 買う人 があって成り立つものです。

  • 家を売りたい!
  • 家を買いたい!

その仲介を行うのが不動産会社・営業マンというのは当たり前ですが、

コロナウイルスによって
仕事を失う・給料が減額等で不動産を売りたい・売らなくてはならない人は増えるかもしれません。

併せて、経済が下降気味の局面では、購入者も減ります。

給料が減れば、住宅ローンの融資額も減りますし、審査が厳しくもなります。

テレワークによって、オフィス需要が下がり、
繁華街では、飲食店や個店は廃業・倒産によってテナントの空きが目立つようになれば、不動産相場自体の下落も時間の問題でしょう。

必然的に売主は、
販売価格を下げざるを得なくなり、買主ももっと安く購入できるのはないか?
という思惑が錯綜するのが、今後の不動産市況を不透明・売りにくくなる要因にもなりそうです。
コロナウイルスによって都心の不動産価値が下がっていく理由
コロナウイルスと不動産 コロナウイルスによって不動産市況は大きく下落します 家・マンションの資産価値は大きく下がります 住宅ローン破綻も増えそうです。 特にダブルローン夫婦破産は時間の問題 2月の頭に、コ...

もっと気になる不動産会社の動き

  • 家を売りたい!
  • 家を買いたい!

その仲介を行うのが不動産会社・営業マンと書きましたが、そんなシンプルなものではありません。

不動産会社・営業マンの思考・本音は、儲からない仕事はしない!これです。

  • 売り手から”だけ”の仲介手数料(片手取引)なら全力で売買締結を阻止する
  • 売り手・買い手両方から仲介手数料(両手取引)のみを行う

囲い込みが行われるのが現実です。

囲い込み

コロナ自粛で、そもそも販売活動が制限されているわけですから、

手数料が2倍になる、売主からも買主からも仲介手数料を取る両手取引に持っていく傾向は如実に見られるでしょう。

これによって、大きな被害を受けるのが、家を売りたい売主ということになるでしょう。

買いたい人が目の前にいるのに、その人に情報が届かない。

これが、コロナ自粛解除の不動産が売りにくくなる危険の1つ目です。

コロナ自粛 不動産

最悪の場合も

両手取引のために、売れるものが売れない・売りにくくなる可能性を紹介しましたが、

悪しきしきたりはこれだけではありません。

それが購入者を業者に据える仲介手数料の2回転(専任返し)です。

売主には、

  • 「今の金額では売れないので値下げ」を要求する。
  • 「この金額(安い価格)であれば買主がいる」と売主を紹介する。

このような形で、安く転売業者に流します。
買主である転売業者は、即転売に動き出しますが、この売却の仲介にも入ることで

  • 個人 → 転売業者 で両手取引
  • 転売業者 → 買主 で両手取引

と、1つの不動産で2度の売買手数料を画策します。

不動産会社も業績を上げるために必死にブラックな手を使ってくるのは想像がつきますが、
こんな仲介業者に当たってしまったら、相場の4割・5割に値切られます

ちなみに、
不動産会社は、仲介手数料で成り立っているので、少しでも高い金額で売買締結したほうがいいと思いがちですが、
1億円の物件が9000万円になったとしても、

  • 1億円の3%:300万円
  • 9000万円の3%:270万円

売主としては、1000万円値下げはかなりの決断ですが、

仲介手数料で考えれば誤差(30万円)でしかありませんし、

それ以上に9000万円であっても両手取引であれば、540万円(270万円×2)の仲介手数料ですし、買主も見つけやすいですからね。

コロナ自粛 囲い込み

不動産が売れない危険を回避するには

正直、コロナウイルスによる経済は、かなり厳しいものになりそうです。

政府のウイルス対策は、他国の比にならないくらい上出来ですが、

経済においては、連鎖的に日本だけでなく世界規模で悪化は避けられないでしょう。

今回、不動産売却における不動産屋の悪質な妨害について紹介しましたが、
業績・売上にシビアな業界だけに、表には出ないかもしれませんが、裏で行われることは避けられないでしょう。

そこで、不動産屋に騙されることなく不動産を売る方法・回避する方法として、

  • 小まめに相場を確認する
  • 多くの不動産会社と付き合う
  • 売るタイミングを計る
  • 貸すタイミングも考える

選択肢を多く持ち、多少の知識を持つことです。

残念ながら
多くの人は、切羽詰まった状況で初めて家査定を行います。

  • 住宅ローンが払えず・・・
  • 離婚の財産分与で・・・
  • 転勤で・・・

高く売りたい < 早くりたい

時間に制限されると高く売ることはできません。

特に、今、家を売却することを考えていない人は、知ってもらいたいですが、

マイホームは財産です。

この財産を生かすも殺すも所有者次第です。

景気は、悪くなったり良くなったりを繰り返します。

不動産相場も同じです。

半年に1度程度、相場を確認しながら、資産の確認・売却のタイミングを計るといいと思います。

不動産相場に詳しくない人は
ここで確認するといいと思います。

《業界最大手》に一括査定ができる(相談も可)

  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村不動産アーバンネット
  • 三井不動産リアルティ
  • 三菱地所ハウスネットなど

査定件数36万件以上の豊富な実績

《業界最大手》に簡単一括査定ができるから安心・信頼度大

【体験談】家の査定をしてみました(共働きペアローン夫婦)

スマイバリュー公式サイト

>> 公式サイトはこちら <<

タイトルとURLをコピーしました