ディスポーザーが動かない時、どう対処する?ディスポーザーの故障の原因・交換・修理について解説。異物混入を防ぐ方法・対策

ディスポーザー故障 ディスポーザーの故障
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢の再来リスクも

そこで、売主に寄り添ったSRE不動産(ソニーグループ)で査定を行いませんか?
他社と異なる点として、
1⃣AIによる人の感情が入らない査定
2⃣エージェントによる質の高い売却プラン
査定員が家に来ることなく”高額査定”が期待できるのは他社と大きな違いです。
*ソニーグループの安心感と高精度AI

無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

ディスポーザーが動かない!原因は?故障?

ディスポーザーとは、
調理を行ったときや食事後に出てしまう生ごみを処理ができるもので、キッチン用シンクの排水口の下に設置されます。

水とともに生ごみを流すと粉砕されて、そのまま排水管を通って処理層に流れていきます。

いつまでも室内に生ごみを放置がなくなり、室内を清潔に保ちやすく、メリット・デメリットもありますが、

今では、マンションのキッチンには必須のアイテム・ディスポーザー動かない・故障時について詳しく解説します。

ディスポーザー 故障

欠陥マンションじゃないけど・・・

  • ディスポーザーの調子が悪い
  • ディスポーザーが動かなくなった
  • モーターが空回り

マンション欠陥ではないと思うけど・・・・・。

そんな場合、
考えられるのは、寿命もしくは間違った使い方によるディスポーザー故障を引き起こしている場合があります。

大量にある生ごみをいっぺんに入れてしまった場合は、詰まって動かなくなるのは当たり前で、

その場合は、十分な水と生ごみを小分けにして少しずつ処理を行っていくことで直りますが、

問題は、しっかり掃除をしていても、

寿命もしくは機械的なトラブルによる故障です。

キッチンで欠かせないディスポーザーの故障は一大事と言えるでしょう。

悪臭:臭い匂いなど匂い問題もそれに付随します。

ディスポーザー 故障 原因

ディスポーザーが故障の原因

どうする?ディスポーザの症状・定期的な点検やメンテナンス

ディスポーザー故障の原因としては、粉砕できないものを排水口に落としてしまったことによるものが割と多くあります。

また、過度な使用、長期間の放置、老朽化などが主な原因として挙げられます。

粉砕できないものとして、
箸やスプーンなどから、ペットボトルのフタ、アルミホイルなどが一般です。

素手で取り除くのは危ないので、トングがある家庭では利用したほうが良いです。

菜箸(さいばし)など長さがある箸でとるのもいいでしょう。

何も詰まっていない場合には漏電していないか、コンセントが刺さっているかの確認をします。

長く使用していると部品の摩耗が起きたり、ゴミの詰まりでディスポーザー故障が起きることもあります。

掃除などので常に滑り滑りを取ったりメンテナンスを行うことで長く利用して行くことができますが、

設置後何年も経過している場合は取り換え時期になっている可能性がありますから、専門業者に見てもらうのもおすすめします。

設置したばかりで動かなくなったときには、業者が正しく取りつけなかった可能性があります。

【主な理由】

  • 過度な使用
    ディスポーザーは長時間の使用には適していません。過度に使えば、モーターやブレードに過度な負荷をかけ、 overheating(過熱)や wear out(摩耗)を引き起こす可能性があります。
    適切な時間を守り、一度に大量の廃棄物を処理しないようにすることが重要です。
  • 長期間の放置
    ディスポーザーを長期間使用せずに放置すると、内部に残った食材が乾燥・硬化し、動作時に詰まりや故障の原因となることがあります。また、放置による湿気や錆の発生も故障のリスクを高めます。
    短時間でも動作させることで、内部をクリーンに保つことが推奨されます。
  • 老朽化
    長年の稼働により、ディスポーザーの部品は自然に摩耗します。特にブレードやモーター、シールなどの部品は、頻度に応じて劣化することがあります。定期的な点検やメンテナンスを行い、必要に応じて部品の交換やアップグレードを検討することで、故障のリスクを低減できます。

故障の兆候: 保護装置が作動、これらのサインに注意しよう

異常な音・モーターが空回りの劣化・

ディスポーザーから異常な音がする、水が漏れる、動作が遅いなどのサインは、故障の兆候として認識すべきです。

  • 異常な音
    ディスポーザーから異常な音がする場合、それは何らかの問題が発生しているサインです。
    特に、金属的なキンキンとした音やガリガリとした摩擦音は、ゴミが混入しているか、ブレードやモーターに問題があることを示している可能性があります。このような音を感知した場合、すぐにディスポーザーの電源を切り、原因を特定し対処することが必要です。
  • 水の漏れ
    ディスポーザーの下部や接続部から水が漏れてくる場合、シールやガスケットの劣化、接続部の緩みなどが考えられます。水の漏れを放置すると、キッチンの下やキャビネット内に水損害を引き起こす可能性があるため、早急な対応が必要です。漏れの原因を特定し、必要に応じて部品の交換や修理を行うことで、問題を解消できます。
  • 動作の遅延
    ディスポーザーの起動時や動作中に動作の遅延を感じる場合、モーターの劣化や電気的な問題が考えられます。
    また、内部の詰まりやゴミの混入も動作の遅延の原因となることがあります。遅延を感じた場合、まずはディスポーザーの内部を確認し、異物や詰まりがないかチェックします。それでも問題が解消しない場合、専門家に相談することを推奨します。

ディスポーザーが動かない

ディスポーザーが故障時の初期対応方法について 異物・スプーン

故障を感知した際は、まず電源を切り、混入していないか確認します。
異物が原因の場合は取り除き、リセットボタンを押して再起動を試みます。

電源を切る
ディスポーザーに異常を感じた場合、最初に行うべきことは電源を切ることです。これにより、さらなるダメージや事故のリスクを最小限に抑えることができます。特に、異音や異臭が発生した場合、直ちに電源をオフにし、プラグをコンセントから抜くことを推奨します。電源を切った後は、原因を特定し、適切な対応を行う前に安全を確保することが重要です。
異物の確認と取り除き
電源を切った後、ディスポーザーの中にゴミなどが混入していないか確認します。
原因で詰まっている場合、専用のツールや長い棒を使用して、慎重に取り除くことができます。ただし、絶対に手をディスポーザーの中に入れないように注意してください。異物を取り除いた後、再度ディスポーザーを動作させて、正常に動作するか確認します。
リセットボタン
多くのディスポーザーには、過負荷や異常を検知した際に自動的に停止する保護装置が備わっています。保護装置が作動します。
このような状況でディスポーザーが動作しなくなった場合、リセットボタンで再起動することができます。リセットボタンは、ディスポーザーの下部や側面に位置していることが多いです。ボタンを押してリセットした後、再度ディスポーザーを動作させて、問題が解消されたか確認します。
ディスポーザーの交換時期とサインとは?

ディスポーザーの使用年数が長くなると、効率が低下したり、頻繁に故障するようになることがあります。

ディスポーザーの平均的な寿命は、品質や頻度、メンテナンスの状態によって異なりますが、8〜15年程度とされています。

使用年数がこの範囲に近づくと、部品の摩耗や劣化が進行し、故障のリスクが高まる可能性があります。

利用年数だけを基準に交換を判断するのではなく、他のサインと合わせて判断することが重要です。

ディスポーザーの効率が低下すると、食材や廃棄物の処理に時間がかかるようになったり、完全に処理できないことが増える可能性があります。
また、異音や振動が発生しやすくなることも効率の低下のサインとして挙げられます。
これらの症状が現れた場合、ディスポーザーの性能が低下している可能性が高く、交換を検討するタイミングかもしれません。

ディスポーザーが頻繁に故障する、または同じ問題が繰り返し発生する場合、それは交換のサインとして捉えるべきです。
特に、異物の混入や過度な使用などの外的要因が原因でない場合、内部の部品やシステムに問題がある可能性が高いです。
修理のコストや手間を考慮すると、新しいディスポーザーに交換する方が経済的で効率的な場合もあります。

ディスポーザーの故障 業者に依頼・プロによる修理 vs. 自分での修理: どちらが良いのか?

プロによる修理は、確実性や安全性が高い一方、コストがかかることがあります。
自分での修理はリスクが伴いますが、適切な知識とツールがあれば挑戦することも可能です。

【プロのメリットとデメリット】
メリット

専門的な知識と技術
プロはディスポーザーの構造や機能に関する知識と技術を持っているため、確実な修理が期待できます。
安全性
適切なツールや機器を使用することで、安全に修理作業を行うことができます。
保証
修理後の動作や部品に対する保証が提供されることが多いため、安心して利用できます。

デメリット

コスト
プロに修理を依頼すると、それなりの費用がかかることが多いです。
待ち時間
修理の予約や部品の手配など、修理が完了するまでに時間がかかる場合があります。

ディスポーザー 故障の原因

【DIYのリスクと注意点】
リスク

不適切な修理
知識や技術がない場合、不適切な修理を行ってしまうリスクがあります。
安全上の問題
適切なツールや機器を使用しない場合、怪我や事故のリスクが高まります。
保証の喪失
メーカーの保証がある場合、自分で修理を行うと保証が無効となる可能性があります。

注意点

  • 適切なツールの使用: DIYの際は、適切なツールや機器を使用することが重要です。
  • 電源の切断**: 修理作業を行う前に、必ずディスポーザーの電源を切り、プラグをコンセントから抜くことを忘れないようにしましょう。
  • 知識の取得: 修理を行う前に、ディスポーザーの構造や機能に関する知識をしっかりと取得することが推奨されます。

ディスポーザの基礎知識について解説

ディスポーザーの種類とそれぞれの故障リスク
ディスポーザーには、連続式やバッチ式などの種類があります。それぞれのタイプには特有の特徴とリスクが存在するため、選ぶ際の参考にしてください。

連続式ディスポーザー
特徴: 連続式ディスポーザーは、スイッチをオンにしている間、廃棄物を連続的に処理することができるタイプです。水を流しながら食材残渣や廃棄物をディスポーザーに追加することができます。
リスク: 連続的に動作するため、過度な稼働や大量の廃棄物を一度に処理しようとすると、詰まりや過熱のリスクが高まる可能性があります。また、不注意で異物が混入しやすい点も注意が必要です。

バッチ式ディスポーザー
特徴**: バッチ式ディスポーザーは、一度に特定の量の廃棄物を処理するタイプです。ディスポーザーに廃棄物を入れ、蓋を閉めてから動作させます。一度の動作で処理できる廃棄物の量は限られています。
リスク**: 一度に処理できる量が限られているため、過負荷のリスクは低いです。しかし、蓋を閉め忘れたり、指定された量以上の廃棄物を入れると、詰まりや故障の原因となる可能性があります。

各タイプの特徴とリスク

連続式
  • 特徴**: スムーズな操作が可能で、家庭での日常的な使用に適しています。
  • リスク**: 不注意で異物が混入しやすく、過度な使用による詰まりや過熱のリスクが考えられます。
バッチ式
  • 特徴**: 安全性が高く、異物の混入リスクが低い。一度に特定の量を処理するため、計画的な使用が必要です。
  • リスク**: 操作がやや煩雑で、指定された量以上の廃棄物を入れると詰まりや故障の原因となる可能性があります。

ディスポーザーの正しい使用方法

ディスポーザーの故障を防ぐために

ディスポーザーを使用する際は、大きな食材は細かく切り、常に水を流しながら使うことが推奨されます。油や脂は詰まりの原因となるため、避けるようにしましょう。

  • 大きな食材は細かく切る
    ディスポーザーのブレードは、小さな食材や食品廃棄物を効率的に処理するために設計されています。大きな食材をそのまま処理しようとすると、ブレードに過度な負荷がかかり、詰まりや故障の原因となる可能性があります。そのため、大きな食材は手で細かく切ったり、キッチンの包丁を使用して小さくすることで、ディスポーザーの負荷を軽減し、スムーズな動作を保つことができます。
  • 常に水を流しながら
    ディスポーザーを動作させる際、常に水を流しながら使用することは非常に重要です。水は、食材残渣や食品廃棄物をディスポーザーの排水口へと流し込む役割を果たします。また、水の流れはブレードの冷却や摩擦の低減にも寄与します。水を流さずにディスポーザーを使用すると、詰まりや過熱、ブレードの摩耗を引き起こすリスクが高まります。
  • 油や脂は避ける
    油や脂は、ディスポーザーの内部にこびりつきやすく、時間とともに固まる性質があります。これが原因で、ディスポーザーの内部が詰まったり、排水管に油脂が堆積してしまうことがあります。また、油脂が堆積することで悪臭の原因ともなります。そのため、油や脂をディスポーザーで処理することは避け、別の方法で廃棄することが推奨されます。

ディスポーザートラブルを防止するためには、
・毎日の清掃
・定期的な点検
が欠かせません。
適切なケアを心がけることで、ディスポーザーの寿命を延ばすことができます。

毎日の清掃方法・専門家による点検

  1. 冷水を流しながらディスポーザーを動作させる
    利用後は、冷水を流しながらディスポーザーを数秒間動作させることで、内部の食材残渣を洗い流すことができます。
  2. 柑橘系の皮を使用する
    レモンやオレンジの皮をディスポーザーに入れて動作させることで、内部を清潔に保ちながら良い香りを放つことができます。これにより、悪臭の予防も期待できます。
  3. 中性洗剤を使用する
    週に1回程度、中性洗剤を少量入れてディスポーザーを動作させることで、油脂や汚れを効果的に取り除くことができます。

ディスポーザー 掃除方法

点検とメンテナンス

  • 外部の点検
    ディスポーザーの外部や接続部分に水漏れや異常がないか定期的に確認します。
  • ブレードの鋭利さの確認
    時間とともにブレードの鋭利さが失われることがあります。氷をディスポーザーに入れて動作させることで、ブレードの状態を確認できます。
  • モーターの動作確認
    ディスポーザーの動作音や振動を確認し、異常がないかチェックします。
  • 専門家による点検
    年に1回程度、専門家にディスポーザーの点検やメンテナンスを依頼することで、長期的な安全性や性能の維持が期待できます。

ディスポーザーのメンテナンスと長持ちのコツ
ディスポーザーの寿命を延ばすためには、定期的な清掃や正しい使用方法の実践が必要です。
また、油や脂を避けることで、詰まりのリスクを減少させることができます。

定期的な清掃
ディスポーザーの性能を維持し、寿命を延ばすためには、清掃が欠かせません。清掃方法としては、以下の手順を推奨します
1.冷水を流しながらディスポーザーを動作させる**:これにより、内部の食材残渣を洗い流すことができます。
2.氷と塩を使用する:氷をディスポーザーに入れ、その上に大さじ1杯の塩を追加して動作させることで、ブレードを研ぎながら汚れを取り除くことができます。
3.柑橘系の皮を使用する:レモンやオレンジの皮をディスポーザーに入れて動作させることで、内部を清潔に保ちながら良い香りを放つことができます。

正しい使用方法の実践
ディスポーザーの故障を防ぐためには、正しい使用方法を実践することが重要です。以下のポイントに注意して使用してください:
1.常に水を流しながら使用する**:これにより、食材残渣がスムーズに排出され、詰まりを防ぐことができます。
2.大きな食材は細かく切る**:大きな食材はブレードに負荷をかける原因となるため、使用前に細かく切ってから処理することを推奨します。
3.油や脂を避ける**:油や脂は内部にこびりつき、詰まりや悪臭の原因となるため、ディスポーザーでの処理は避けるようにしましょう。

適切な廃棄物の処理
ディスポーザーは食材の残渣や小さな食品廃棄物を処理することができますが、すべての廃棄物を処理することはできません。以下のものはディスポーザーでの処理を避けるべきです:
– 硬い骨や種
– コーヒーのかす
– 繊維質の多い野菜(例:セロリやトウモロコシの皮)
– 油や脂
これらの廃棄物は、ディスポーザーを詰まらせる原因となるため、別の方法で処理することを推奨します。

故障時の安全対策: これを絶対にやってはいけない

故障時には、絶対に手をディスポーザーの中に入れたり、強制的に動かしたりしないように注意が必要です。また、自己判断で部品を取り外す行為も避けるべきです。

手を入れない
ディスポーザーの内部に手を入れることは非常に危険です。ブレードや刃が非常に鋭いため、手を切ったり怪我をするリスクが高まります。また、電源がオフの状態でも、何らかの原因で突然動作する可能性が考えられます。異物を取り除く場合や詰まりを解消する場合は、長い棒や専用のツールを使用し、絶対に手をディスポーザーの中に入れないように注意してください。
強制的に動かさない
ディスポーザーが詰まったり動作しなくなった場合、強制的に動かそうとすることは避けるべきです。
無理に動かすことで、モーターやブレードに過度な負荷がかかり、さらなる故障や破損の原因となる可能性があります。詰まりや動作不良の原因を特定し、適切な方法で対処することが重要です。
自己判断で部品を取り外さない
ディスポーザー故障や問題を解決するために、自己判断で部品を取り外すことは推奨されません。部品の取り外しや修理には専門的な知識や技術が必要であり、誤った取り扱いにより故障が悪化するリスクがあります。また、安全上のリスクも考慮する必要があります。問題の特定や修理が必要な場合は、専門家やメーカーのサポートに相談することをおすすめします。

ディスポーザーは故障・水回りのトラブルは要注意!

ディスポーザーが故障してしまった。

マンションに備え付けのディスポーザーの場合、その寿命は10年前後と言われています。

劣化による誤作動や水漏れなどの場合、劣化とはいえ非常に残念に思うことでしょう。

毎日使うキッチンに欠かせないものなので早急に修理・交換をしたいところですが、意外とお金がかかります。

マンション指定のディスポーザー業者にお願いした場合とフリーで業者を探す場合、各々にメリット・デメリットがあり

前者の場合、修理や新規設置などスムーズに進みますが、料金が比較的高い傾向があります。

後者は、金額が安くなる代わりに、仕事の質を担保できません。

関連ページ:ナクスルの評判・口コミ:ハイブリッド式生ごみ処理機

ディスポーザーが動かない

キッチンリフォームを考えてみては?修理交換を紹介

ディスポーザーの故障を機に、キッチンリフォームを考えてみてはいかがでしょうか?

ディスポーザーで10万かけるのであれば、
キッチンリフォームに50万円かけるというのもありだと思います。

どうせ、お金をかけるのであれば、見える部分をリフォームで、気分も一新しますし家事にもハリがでます。

更に故障の原因によっては、
火災保険で全額まかなえる場合もあります。

決して安い買い物ではないので、
まずは、無料の見積もりサイトでキッチンのリフォームを調べてみるのもいいですね。

一括で各種メーカーに見積もりが取れるので、一番安い業者に依頼、ディスポーザーの故障を相談するのもありますね。

その際、火災保険が使えるか?
確認するといいですね。

キッチンリフォーム費用の無料一括見積もり

  • 気に入ったリフォーム会社を選べる!
  • 複数社のプランを比較・検討できる!
  • 利用は全て無料!

タウンライフリフォーム(一括見積もり比較)

650社以上(業界トップクラス)の中らから一括見積もりが取れるタウンライフリフォームです。

  • 全国650社以上(※2023年12月現在)の中からエリア・希望条件にあった会社から相見積もりが取れる
  • 見積もりを取っても契約の必要なし
  • 使いやすさ・利用満足度・サイト利用者安心度 No.1を獲得

気になる方は、
無料で利用できますし、
「家の種類」「連絡先」など最小限の情報を入力して送信ボタンを押すだけなので60秒もあれば、登録完了です。

【60秒で登録できる理由】
公式サイトのお問い合わせは質問形式になっており、

  1. TOPページの”チャットボット”からお問い合わせ
    キッチンリフォーム 補助金
  2. 戸建て・集合住宅を選択
  3. 築年数やや予算を選択
  4. 名前と連絡先を入力

これだけです。

[キッチンリフォーム以外にも]
リビング/ダイニング/洋室/和室/廊下/階段/玄関/リノベーション/風呂・浴室/トイレ/洗面所/外壁・外壁塗装/屋根・屋根塗装/エクステリア・外構/庭・ガーデニング/ベランダ・バルコニー/ポーチ

キッチンリフォーム 補助金 2024
タウンライフリフォーム公式サイトへ

タウンライフ株式会社
東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティタワー40階

ディスポーザーの故障

思い切って不動産売却もありかも

不動産相場の確認

マンションに住み始めて何年がたちますか?

ディスポーザーの故障が起こるタイミングですからそれなりに経過しているかもしれませんが、

マンションに備え付けの備品が故障したとなると、なんとなく連鎖の波を予感させます。

給湯器やエアコンなどなど・・・。

ということで、
今住んでいるマンションの価値を調べてみませんか?

今、絶好調の不動産相場を考えると、築年数がそれなりに経っていても、思いがけない査定結果が出る可能性は大いになります。

別に、売る売らないは関係なく、部屋の内見なく、見積もりを取ることができるので、相場を知っておくことも大事でしょう。

今後売却をしようと思った時に、事前に金額を知っておくだけでも、比較材料になりますしね。

不動産投資で失敗しない3つのポイント

上手にアマギフをもらいながら、不動産投資でも成功出来たら最高だと思います。

不動産投資で失敗しない3つのポイントは

  • 物件選び
  • ローン金利
  • 賃貸管理

になります。

物件の選び方

不動産投資で一番重要なのが物件選びです。

安く購入できれば、その分利回りが良くなります。

そもそも不動産投資は、時間をかけて資産を増やしていくものです。

利回りがたった”1%”違うだけでも、将来的に大きな差が生まれます。

例えば、3000万円のマンションの場合、

  • 利回り6%の場合の家賃は15万円
  • 利回り7%の場合の家賃は17.5万円

月2.5万円の差が生まれます。

もし、このマンションを値引き(値下げ)交渉で
2500万円で購入、家賃17.5万円で賃貸した場合、
利回りは、8.4%に上がります。
*単純計算で10年でローン完済

不動産投資セミナーや相談では、
この物件購入の強みを各社に確認することで、有利な投資生活を始めることが可能となります。

住宅ローンの考え方

住宅ローン(不動産投資ローン)は、通ればOKだと思っていませんか?

不動産投資ローンは、通すだけでなく、1%でも低い金利条件を獲得するものです。

金利が”1%”変わるだけで数百万円・場合によっては数千万円単位の返済額になります。

ざっくりとしたシミュレーションですが、

  1. 1億円を金利”1%”で融資
    (返済期間30年)
  2. 1億円を金利”3%”で融資
    (返済期間30年)

の場合、

  1. 1%の場合:毎月の返済32万円
    トータル返済額 1億1,500万円
  2. 3%の場合:毎月の返済42万円
    トータル返済額 1億5,000万円

総返済額で3,500万円の差が生まれます。

毎月の返済額で10万円の差になります。

不動産投資会社は、各金融機関(銀行)とのパイプを持っています。

ただ、少しでも低い金利で融資が受けられなければ、不動産投資の失敗の原因にもなります。

不動産投資成功者は、
物件価格だけではなく、融資の金利も厳しく判断しています。

賃貸管理の考え方

表面利回りは、物件価格と家賃だけを見て計算したものです。

実際には、
金利や管理費・固定資産税等を算出した実質利回りで、不動産投資の判断を行います。

上記で紹介した金利はもちろん、賃貸管理委託費用も無駄な出費にしないのが不動産投資です。

以前紹介した株式会社ジェイトラストが運営する”0カン”は、
東京・神奈川・埼玉・千葉にある物件に限定されますが、賃貸管理委託手数料”0円”サービスを提供しています。

一般的に賃貸管理委託手数料は家賃の3%~5%、安く1%程度です。

簡単シミュレーションをすると

  1. 家賃15万円・管理委託手数料5%の場合、
    管理費:7500円/月、9万円/年間
  2. 家賃15万円・管理委託手数料3%の場合、
    管理費:4500円/月、5.4万円/年間
  3. 家賃15万円・管理委託手数料0%の場合、
    管理費:0円

になります。

10年で考えると

  • 5%の場合:90万円
  • 3%の場合:54万円
  • 0カンの場合:0円

差が出るというわけです。

多くの不動産投資会社は、
自社で不動産管理までワンストップで行っていますが、管理費の値切りが実質利回りを良好にします。

  1. 物件を少しでも安く購入する
  2. ローンの金利を少しでも低く引っぱる
  3. 管理委託料を安く抑える

この3セットを重視することで

  • 貸して善し(インカムゲイン)
  • 売って善し(キャピタルゲイン)

成功者は、これを不動産投資セミナー・マンション投資相談で見極めているのです。

不動産投資で成功している人は、
5~10社の不動産投資セミナー・相談で知識を得ています。
小さな疑問・不安まで払拭することが、投資で失敗しない方法の1つでもあります。

参考ページ:ディスポーザー導入状況調査の概要(国土交通省)

給湯器トラブルもいいタイミング

マンションや家において、その要の1つが水回りです。

キッチン、お風呂、またそれらの配管、そして、ガス給湯器も経年劣化によるトラブルとして、お湯が出なくなれば、お風呂が使えなくなったり、皿洗いが億劫になったり、困ることは多々あります。

給湯器の寿命は一般的に10年と言われているので、10年の節目を考えてマンションの売却を検討するのも賢い選択だと思います。

参考ページ:安いガス給湯器の故障・交換、千葉・東京の給湯器サービスなら|ソフトユー

ディスポーザーの修理:故障によるマンション売却体験

ディスポーザーの故障によるタイミングでマンション検討・売却しました。

ディスポーザー故障の時

キッチンリフォームしました

ディスポーザーが故障してしまい、修理をするついでにキッチンリフォームを。
十年以上使っていたので、いろいろなところが古くなり、工事は2週間ほどかかり、ピカピカのキッチンとなりました。
一番変わったのはオール電化にしたことです。
棚も増え、全体的にすっきりとした感じがあります。まだ使い慣れていませんが、新しいキッチンで料理をするのはとても楽しいです。
きっかけとなったディスポーザーも調子よく動いてくれて、毎日がとても楽しいです。

 

ディスポーザー故障かも

いろいろガタがきているのでマンションの売却を検討

ディスポーザーが故障してしまった事その他にも部屋にガタがきてしまっていたのでマンションを売る決意をしました。
その時に査定を依頼したのですが、やはり通常の買取価格の半額以下でありました。
理由としては部屋の扉やガラスなどにも破損があり、相当な改修費が必要である事を理由にこれだけの査定額が下がってしまったのです。
また、部屋の汚れ具合も酷かったのも一つの理由なのです。
日ごろからきちんと掃除やメンテナンスをしておけばこういう事にはならなかったのです。

 

ディスポーザー故障 修理

水回りのトラブルを機にマンションを売却

業者に依頼

水回りのトラブルはマンション価値を下げる大きな要因なのでリフォームしマンション売却
中古マンションを購入したのですが、流石に20年も経つと壁や床だけではなく、水回りのトラブルに見舞われてしまい、売却をするとなるとかなりマンション価値が下がってしまうと聞いて、取り合えずそのままでは買い手も付かないと判断し、新しい機能を取り入れてリフォームして売却したところ、リフォームした分は元が取れ、想像以上に高値で売却が出来たので、良かったです。
やはり綺麗な状態にしたのが良いですね。

よくある質問

過熱保護装置・漏電ブレーカー

ディスポーザーが動かない原因は?

ディスポーザーが動かない原因は、大きく分けて以下の6つがあります。
☆コンセントが抜けている
☆過熱保護装置が誤作動している
☆スプーンなどの異物が混入している
☆食べ物カスの噛み込み
☆漏電ブレーカーが作動している
☆部品の劣化や故障

ディスポーザーが動かない時に自分でできる対処法は?

コンセントが抜けている、過熱保護装置が誤作動している、スプーンなどの異物が混入している、食べ物カスの噛み込みのいずれかが原因である場合は、以下の対処法を試してください。

★コンセントが抜けていないか確認する
★過熱保護装置が作動していないか確認する
★ディスポーザーの投入口から異物を取り除く
★ディスポーザーの投入口に詰まった食べ物カスを取り除く

ディスポーザーが動かない時に自分でできない対処法は?

漏電ブレーカーが作動している、部品の劣化や故障が原因である場合は、以下の対処法を試してください。
*漏電ブレーカーを復旧する
*ディスポーザーの修理を依頼する

ディスポーザーが動かないようにするにはどうすればいい?

ディスポーザーが動かないようにするには、以下の点に注意してください。
・処理できない物を処理しない
・熱湯を流さない
・漂白剤を流さない
・油を流さない
・適切な方法で洗浄する
・取付は必ずプロに依頼する

ディスポーザーの耐用年数は?

ディスポーザーの耐用年数は、一般的に7~8年と言われています。しかし、使用頻度やメンテナンスの状況によって、耐用年数は短くなることもあります。
ディスポーザーが動かなくなった場合は、まず自分で対処できる原因を探ってみてください。それでも動かない場合は、修理を依頼することをおすすめします。

噛み込みの原因の場合で動かない際の対処法

何かが噛みこんでディスポーザが動かないのですが?

ディスポーザーが動かなくなる原因で最も多いのが、何かが噛み込んだ場合です。
噛み込みの原因となるものは、以下のようなものが挙げられます。

★骨(鶏骨、魚骨、豚骨など)
★種(梅干し、キウイ、トマトなど)
★硬い皮(りんご、梨、パイナップルなど)
★金属(スプーン、フォーク、缶詰の蓋など)

噛み込みが原因でディスポーザーが動かなくなった場合は、以下の手順で対処してください。
★ディスポーザーの電源を切る。
★排水口の蓋を開ける。
★異物を取り除く。
★排水口の蓋を閉める。
★ディスポーザーの電源を入れる。

異物を取り除く際は、以下の点に注意してください。
★怪我をしないように、手袋やゴム手袋を着用する。
★異物が鋭利なものの場合は、注意して取り除く。
★異物を取り除いてもディスポーザーが動かない場合は、修理を依頼する。
噛み込みの原因となるものを処理しないことが、ディスポーザーの故障を防ぐことにつながります。
処理できない物は、必ず手で処理するようにしてください。

ディスポーザー動かない:記事まとめ

ディスポーザーが動かない原因として、コンセントが抜けている、過熱保護装置の誤作動、スプーンなどの混入、食べ物カスの嚙み込み、漏電ブレーカーの作動、部品の劣化や故障が挙げられます

この記事では、ディスポーザーが動かない原因と、その直し方についてご紹介しました。

ディスポーザーが動かない原因と対策、修理や交換が必要になる目安、そして修理や交換の相場から業者選びのポイントまで解説しています

ぜひ、最後までチェックしてください。

家がいくらで売れるか?
調べたことありますか?

査定は無料、また、不動産会社の人が家に来ることなく査定(机上査定)が可能なので、上手に活用してみてください。

大手不動産会社

  • 《AI査定:ソニーグループのSRE不動産》
    SRE不動産
    AI査定のメリットは不動産会社の人が自宅に来ることなく”その場で・内緒で査定可能”です。
  • 《岡田准一さんのCMで有名!》
    東急リバブル
  • 《宮沢りえさんのCMで有名!》
    三井のリハウス

一括査定サイト