エコ×エネの相談窓口:補助金の活用可能で無料設置!業界最大級の蓄電池一括見積もりサイト、電気料金削減・最安値比較をご紹介

《PR・広告》

エコ×エネの評判・口コミ:最安値の蓄電池は?太陽光発電を設置の方におすすめ!蓄電池の一括見積りサイト エコ×エネ
不動産ニュース

クラモア(東証プライム上場のスターツコーポレーションのグループ会社)の調べでは、
ここ1年間で約300万円アップ5年1000万円アップのデータが紹介されています。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません

当たり前ですが、住宅ローン金利が上昇すれば、
・返済苦の人が出ます。
・購入者の融資額が減り・購入希望額が下がります。
必然的に、不動産市況に影響を与えます。

株価も急激な上昇で新高値を更新している現状。
バブル崩壊の悲劇が薄れている現状だからこそ、
真剣に資産に向き合うことをおすすめします。

このタイミングで家の価値を確認することで、

  • オーバーローン・アンダーローンの確認
  • 近隣の不動産市況・売買実績の確認
  • 同じマンション内・近所の売り物件の確認

また、家の価値が想像以上に高ければ、老後資金等、気持ちに余裕もできます。

マンション売却体験談としてブログ形式で紹介してありますので、
家の価値の仕方や売却の考え方などの参考になればと思います。

マンション売却体験談はコチラ


 

エコ×エネの相談窓口

電気代が高騰している今、多くの方が節約方法を模索しています。

そんな中、注目されているのが蓄電池です。

蓄電池は、昼間に太陽光発電で発電した電気を貯めて、夜間に使うことができる画期的なシステムです。

電気代を節約できるだけでなく、停電時にも電力を供給できるので、安心・安全な暮らしを実現できます。

しかし、蓄電池は高価な買い物なので、導入を検討する際には慎重に判断する必要があります。

そこで、エコ×エネ相談窓口の出番です。

今回紹介するエコ×エネの相談窓口は、

WAVE株式会社が運営する蓄電池に関する一括見積もり(最大4社)を完全無料で提供しているサイトです。

・蓄電池を検討している方
・電気料金削減を考えている人
・卒FIT対策
に特におすすめです。

現状、国・自治体が、補助金を用意しているため、蓄電池の導入しやすい環境です。

本記事では、エコ×エネの相談窓口のサービスの特徴、利用するメリット・デメリット、体験談や口コミ、またよくある質問まで徹底解説します。

蓄電池の一括比較・見積りなら
今後、電気は売る時代から貯める時代に変わりますので、補助金の予算があるうちに、導入をおすすめします。
>>エコ×エネの相談窓口公式サイトへ

エコ×エネの相談窓口とは? サービスの特徴に関する情報提供

FIT制度の買取額減額と卒FIT後の影響について

FIT制度は再生可能エネルギーの普及を促進するために導入された制度で、電力会社が再生可能エネルギー発電所から買い取ることで、発電所の運営を支援しています。

日本のエネルギー政策において重要な役割を果たしています。

【買取額減額の仕組み】
この制度では、買い取る電力の量に応じて、政府が賦課金制度を通じて資金を調達し、発電事業者に支払います。

この賦課金は電気料金に上乗せされるため、電気料金の値上げにつながります。

2023年の買取額と10kW未満の一般家庭住宅用への影響
2012年と比較すると、2023年の買取額は10kW未満の一般家庭住宅用で42円から16円へと、約60%減額されています。

これは、太陽光発電のコスト低下により、当初設定されていた高額な買取価格が維持できなくなったためです。

卒FIT後の影響

この期間は、発電設備の種類や設置時期によって異なりますが、一般的に10年間です。

10年経過後は、固定価格での買取が終了し、電力会社との契約内容によっては、市場価格で売電することになります。

市場価格は、需給状況によって変動するため、期間中の固定価格よりも低くなります。

エコ×エネの相談窓口

売る時代から貯める時代

卒fit対策:電力会社との契約、3つの選択肢

卒FITとは

卒FIT(Feed-in Tariff)とは、太陽光発電の設置から10年経って売電期間が終了することを指します。

2009年に初めて本制度がスタートし、10年経過した2019年以降に多く見られる問題です。

初めは48円/kWhの買取価格でできましたが、11年目以降は7円〜9円/kWhまで大幅に下がり、高値で買取ってもらうことができなくなります。

そのため、契約期間の確認や終了後の活用について検討する必要があります。

終了後は、電力会社との契約内容によって、以下の3つの選択肢があります。

  1. 売電契約を継続する
    売電単価は市場価格に連動するため、期間中の固定価格よりも低くなる可能性があります。
    電力会社によっては、自家消費向けのプランを提供している場合があります。
  2. 契約を解除し、自家消費に切り替える
    自家消費するため、売電収入は得られません。
    蓄電池を導入することで、日中に発電した電力を夜間にも使用できます。
  3. 新たな契約を締結する
    時間帯別電灯料金プランなど、自家消費に適したプランを選択できます。
    電力会社によっては、蓄電池とのセットプランを提供している場合があります。

卒FIT後の戦略

再生可能エネルギーの導入による経済的利益を最大化

卒FIT後は、再生可能エネルギーの導入による経済的利益を最大化するために、以下のような戦略が考えられます。

蓄電池の導入
自家消費を増やし、有効活用を図る。

エネルギーマネジメントシステムの活用
発電量や消費量を効率的に管理し、電力の使用を最適化する。

余剰電力の地域内での共有
地域コミュニティ内で余剰を共有するシステムを構築し、ローカルな循環を促進する。

卒FIT後の太陽光発電の利用方法は、売電から自家消費へとシフトしています。
蓄電池はこの変化に対応するうえで重要な役割を果たし、太陽光発電システムの価値をさらに高めることができる技術として注目されています。
再生可能エネルギーのさらなる普及とともに、蓄電池技術の進化も期待されています。

蓄電池の一括比較・見積りなら
>>蓄電池の一括見積もりはコチラ

蓄電池見積もりなら”エコ×エネの相談窓口”

エコ×エネの相談窓⼝に依頼する3つのメリット

エコ×エネの相談窓口を利用することで得られるメリットは、消費者にとって非常に大きなものがあります。

蓄電池の適正価格を知ることができるのは、その中でも特に重要な利点です。

具体的には以下の3つです。

1:蓄電池の「適正価格」を知ることができる

蓄電池市場は、多くのメーカーと製品が存在し、価格帯も様々です。
エコ×エネの相談窓口では、これらの製品に関する幅広い情報を提供し、一般的な市場価格や性能、保証内容などを踏まえた適正価格の判断基準を提供してくれます。

悪徳業者の回避
蓄電池の導入を検討する際、過剰な販売手法や不透明な価格設定を行う悪徳業者に引っかかるリスクがあります。
相談窓口を通じて適正価格の情報を得ることで、これらのリスクを事前に回避することが可能になります。

また、適正価格を知っていることは、販売業者との価格交渉においても有利に働きます。
価格やサービス内容に関する正確な情報を持って交渉に臨めば、より良い条件での契約が期待できます。

蓄電池トラブル相談件数の増加

エコ×エネ 蓄電池比較

国民生活センターやエコ×エネのような第三者機関が公表する蓄電池のトラブル相談件数は、消費者が直面する可能性のある問題を具体的に示しています。

上記グラフは、国⺠⽣活センターが公表しているデータに基づいて作成したもので、蓄電池のトラブル相談件数は年々増加していることが分かります。

悪徳業者は、適正価格よりも高額な費用を請求したり、不必要な工事を行ったりするなど、消費者に不利益を与えることがあります。

エコ×エネの相談窓口は、第三者機関として、蓄電池の適正価格や適切な工事内容についてアドバイスを提供します。

最短60秒での一括見積もり依頼のメリット

優良販売施工会社を紹介

「エコ×エネの相談窓口」は、蓄電池の設置や施工業者に対して、完全無料で一括見積もりを依頼できるサービスです。

これにより、自宅から手軽に複数の優良販売施工会社の見積もりを比較できます。

従来の方法では、各業者を個別に訪問して比較する手間がかかりましたが、このサービスを利用することで、最短60秒で複数の見積もりを取得できます。

  • 時間と労力の節約
    従来の方法では、複数の業者に個別に連絡を取り、見積もりを依頼する必要がありました。
    それぞれの業者に足を運ぶか、電話やメールでやり取りすることは、多大な時間と労力を要します。
    エコ×エネの相談窓口を利用すれば、このプロセスを大幅に短縮し、効率化することが可能になります。
  • 複数社の比較が容易
    インターネットを利用して自宅から複数社の見積もりを一括で依頼できるため、条件や価格を簡単に比較することができます。
    最も条件に合ったサービスや価格の業者を選択することが可能になります。
  • 無料で利用可能
    見積もり依頼自体が無料であるため、費用をかけずに複数のオプションを比較検討できる点も大きなメリットです。
    予算に合わせた最適な選択を行うことができます。

悪徳業者を徹底排除

蓄電池設置・施工業者

「エコ×エネの相談窓口」は、蓄電池設置・施工業者の一括見積もりを依頼できるサービスです。

全国対応で、中立的な立場から最大4社を紹介しています。

このサービスは家庭用や産業用の蓄電池に対応しており、最大で半額程度の価格で蓄電池の導入と設置が可能です。

紹介される蓄電池設置・施工業者は、一定の基準を満たした優良業者ばかりで、安心して利用できます。

もし悪徳業者や問題がある場合は、相談窓口の担当者に連絡すれば適切に対応してもらえます

エコ×エネ 一括見積

独自のイエローカード制度
エコ×エネの相談窓口では、消費者からの悪評やクレームが多い業者に対して、「イエローカード制度」を適用します。
この制度により、特定の基準を満たさない業者は、提携を解除されることになります。
相談窓口を通じて紹介される業者は、信頼性が高く、消費者の利益を損なうような行為を行わない優良業者であることが保証されます。

消費者の保護も
悪徳業者による被害は、高額な契約や不当なサービス内容、強引な販売手法など多岐にわたります。
エコ×エネの相談窓口を利用することで、これらのリスクから消費者を守ることが可能になります。

エコ×エネの相談窓口が提供するサービスは、消費者がエネルギーソリューションを安心して選べるようサポートする重要な役割を果たします。
このようなシステムは、市場における透明性を高め、消費者と業者双方にとって公平な取引環境を提供することで、エネルギーソリューション市場の健全な発展を促進します。

総じて、エコ×エネの相談窓口を利用することのメリットは、単に適正価格の情報提供や便利な見積もりシステムだけではなく、消費者を不利益から守る強固な保護策が整っている点にもあります。
消費者はより信頼できる情報に基づいた選択を行うことが可能となります。

蓄電池導入のメリット・デメリット

環境への貢献・非常用電源・電気代の削減

蓄電池を導入することには多くのメリットがあります。

エネルギーの自立性の向上、コストの削減、供給の安定化など、さまざまな側面に及びます。

電気代・光熱費の削減
蓄電池は太陽光発電で得た余分な電力を蓄えて使えるため、電気代を削減できます。
太陽光発電を蓄電池に貯めて、夜間や曇りの日に使用することで、購入回数を減らせます。
非常用電源としての利用
蓄電池は停電時にも供給できるため、非常用電源として役立ちます。
災害時の備えとしても重要です。蓄電池を備えていれば、停電時でもライトや通信機器を使えます。
自家消費の向上
蓄電池を使って自家消費を増やすことで、売電よりも電気代の節約につながります。
環境への貢献
蓄電池を使って自家消費を増やすことで、電力会社からの需要を減らし、再生可能エネルギーの普及に寄与します。
温暖化ガスの排出を削減する一環として、環境に配慮した選択肢です。
補助金の活用
蓄電池の導入には国や自治体からの補助金があります。
これを活用することで、初期費用を軽減できます。

蓄電池導入のデメリット

蓄電池の導入を検討する際の注意点

蓄電池を導入することには多くのメリットがありますが、デメリットも存在します。

これらのデメリットを理解することは、蓄電池の導入を検討する際に重要です。

初期費用
蓄電池の導入には一定の初期費用がかかります。
本体価格だけでなく、設置工事や配線、保守点検などの費用も考慮する必要があります。
寿命
蓄電池は寿命があります。一般的には10年から20年程度が目安です。
寿命が来た後は交換が必要で、再度費用がかかります。
スペースの確保
蓄電池を設置するためにはスペースが必要です。
屋内や屋外に設置する場合、設置場所を確保する必要があります。
メンテナンス
蓄電池は定期的なメンテナンスが必要です。
バッテリーの充放電状態や動作確認、清掃などを定期的に行う必要があります。
効率の低下
蓄電池は充放電の効率が徐々に低下します。
使用年数が経過すると、効率が下がり、電力のロスが増える可能性があります。
環境への影響
蓄電池の製造や廃棄には環境への影響があります。
材料の採掘やリサイクル、廃棄物処理などを考慮する必要があります。

補助金の導入

蓄電池の導入には多くのメリットがありますが、確かに費用は検討すべき重要なポイントですね。

幸いにも、蓄電池の導入には国や自治体からの補助金が利用できます。

蓄電池 一括比較

国の補助金
国からは「DR補助金」「DER補助金」などの補助金が公募されています。
例年、蓄電池のDR (DER)補助金は補助金額が高額ですが、予算が限られており短期間で予算が使い切られることが多いです。
早めに相談をおすすめします。

自治体の補助金
地方自治体からも蓄電池の補助金が交付されています。
多くの自治体では国の補助金と併用できるため、フル活用して蓄電池を低価格で導入できます
蓄電池 一括見積もり

申請条件
各自治体ごとに申請条件が異なりますので、詳細は該当の自治体かエコ発電本舗にお問い合わせください。
補助金の予算が限られているため、早めの検討がおすすめです。
>>蓄電池の一括見積

関連サイト;各補助金事業

あなたの相談窓口ナビ・資源エネルギー庁をご紹介

東京都地球温暖化防止活動推進センターは、省エネ・再エネ住宅普及拡大を促進するために、太陽光発電設備と蓄電池の設置に対する補助事業を実施しています。
具体的には、家庭における太陽光発電による電気の自家消費の増大や非常時のエネルギー自立性の向上を目指して、蓄電池システムの設置にかかる費用の一部を助成しています。

東京都地球温暖化防止活動推進センター
クール・ネット東京・東京都地球温暖化防止活動推進センター
東京都地球温暖化防止活動推進センターは、東京都における地球温暖化防止活動の拠点として、東京都や区市町村と連携して普及活動に取り組むとともに、都民や中小事業者の皆様の地球温暖化防止の取組や省エネ対策・暮らしに関する相談窓口を紹介しています。

あなたの相談窓口ナビ:政府広報オンライン(資源エネルギー庁)
各府省で開設している暮らしに役立つ相談窓口を紹介
再エネ特措法(FIT・FIP制度)及び再生可能エネルギーに係る支援制度

エコ×エネの口コミ・評判

エコ×エネについて、一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

公式サイト、インターネット、Googleクチコミ、SNS:X(旧Twitter)やInstagram、Facebook(ツィッターやインスタグラム、フェイスブック)などを確認しましたが、良い口コミ・悪い口コミ・怪しいなどはありませんでした。

随時確認し、ご紹介していきたいと思います。

 

WAVE NEWS

エコ×エネの相談窓口を運営するWAVE株式会社。

エコ×エネ以外にも、

  • 販売代理店事業
    大手クライアント様から委託されたサービスを最適なセールス方法で販売
    特定の業界に拘らずに多種多様なサービス
    【取扱サービス】NURO光・So−net光・MANOMA・店舗向け支援サービス etc
  • テレマーケティング事業
    電話営業によるセールス事業
    テレマーケティングはお客様と直接的なコミュニケーションを行う販促活動のため、独自のトークスクリプトや販売スキームを構築して販売
  • WEBマーケティング事業
    Webサイト(コーポレートサイトやECサイト、ランディングページ)やSNS、リスティングなどのWeb広告を駆使した集客

を事業内容とし、てれ食・starobo(スタロボ)なども行っているようです。
http://www.funwave.jp/

よくある質問:疑問・悩み・不安を解決・注意点

エコ×エネについて疑問・悩み・不安においてよくある質問・Q&Aを公式サイトから抜粋し紹介します。

蓄電池設置にはコストはどれくらいかかりますか?

メーカーや容量にもよりますが、設置料金は100~300万円程度かかります。
但し、各自治体独自の助成金があるケースもあります。

蓄電池の寿命はどれくらいですか?

家庭用蓄電池の寿命は、約10年から約15年と言われています。

ただし、メーカーや設置場所、充放電回数によって前後することもあります。

寿命を延ばすためには、容量の多い製品を選ぶことが良いでしょう。
容量が大きい製品は、長時間使えるため劣化が少ない傾向があります。

蓄電池はどこでも設置とはかぎらないのですか?

蓄電池の設置は、スペース、環境条件(温度や湿度)、設置基準を満たす必要があります。

また、住宅の構造や電力システムによって設置できる場所が限られることがあります。

専門の業者に相談し、適切な場所を選定することが重要です。

蓄電池の「全負荷型」と「特定負荷型」:節電効果

蓄電池の「全負荷型」と「特定負荷型」とは?

これらは蓄電池の停電時の電力供給範囲を表す概念です。

  • 全負荷型蓄電池(節約効果が大きい)
    家庭内の全ての電気機器に電力を供給することができるタイプです。
    停電時でも家全体に電力を供給できるため、安心です。
  • 特定負荷型蓄電池(節約効果が小さい)
    特定の電気機器のみに電力を供給する設計のタイプで、例えば、照明や冷蔵庫など、必要不可欠な機器のみを選んで電力を供給します。
ダブル発電の注意点

ダブル発電とは、太陽光発電と蓄電池を組み合わせたシステムのことです。
注意点としては、システムの設計が複雑になること、コストが高くなること、システム全体の管理が難しくなることが挙げられます。

また、電気代の節約、「エネルギーの自給自足」という目的で購入を検討している場合には問題御座いませんが、「売電目的」で購入を検討の方は、買取価格が下がってしまいますので注意が必要です。

エコ×エネのお問い合わせ:記事まとめ 蓄電池の購入を検討の方・安く購入したいお客様へ

太陽光・蓄電池に関して

  • なんとなくエコになる・SDGs(持続可能な開発目標)
  • 電気料金が安くなる
  • 発電した電気を売ることができる

などのイメージを持っていると思いますが、詳しい人はそれほどいないと思います。

また、国の制度や指針も大きく変わるため、その都度その都度、確認しなくてはなりません。

運営企業:しつこい営業は⼀切なし!!完全中⽴で診断

その意味で、エコ×エネの相談窓口は、
たくさんの業者(最大4社)から見積もりを取れ、相談できるわけですから、便利なサービスと言えるでしょう。

すでに太陽光発電を設置している一戸建て方、
特に、卒FITを検討している方は、お問合せしてみてください。
*しつこい営業は⼀切しません!完全中⽴で診断いたします

また、電気自動車を購入しV2Hを検討している人にもおすすめです。

V2Hとは?
ビークルトゥホーム(Vehicle to Home)を意味し、家庭用の電気を電気自動車用の電気に変換をする装置です
蓄電池一括見積もり・最安値比較なら
夜間、停電時・災害時の非常用電源の蓄電池探しなら
全国対応・家庭用・企業用どちらも可能
>>エコ×エネ公式サイトへ

《参考サイト》