女性の不動産営業スタッフの方がおすすめかも?:不動産売却は男性・女性どちらが営業がいいか?変更は可能?

女性の不動産営業スタッフの方がおすすめかも?:不動産売却は男性・女性どちらが営業がいいか?変更は可能? マンション売却・不動産売却
2024年7月:不動産ニュース

参考:新築マンション平均価格

新築マンションの平均価格は
バブル期を越えるほど勢いのあるのが今の不動産市況です。

マイホームを所有している方にとって、数十年ぶりに資産と本気で向き合える絶好のタイミングです。

ただ、住宅ローン金利上昇、増税、中東情勢・ウクライナ戦争・資源高・インフレ、台湾有事、近年稀に見るネガティブ要素も無視できません
*政権交代、株価1万円割れの悪夢の再来リスクも

そこで、売主に寄り添ったSRE不動産(ソニーグループ)で査定を行いませんか?
他社と異なる点として、
1⃣AIによる人の感情が入らない査定
2⃣エージェントによる質の高い売却プラン
査定員が家に来ることなく”高額査定”が期待できるのは他社と大きな違いです。
*ソニーグループの安心感と高精度AI

無料相談フォームから送信するだけ
今すぐ”家の価値を確認”


 

 

不動産売却 女性営業マン

一概に不動産と言ってもその種類は多岐にわたり、

  • デベロッパー
  • 不動産仲介(賃貸・売買:流通)
  • 不動産管理
  • など

さらに、そこから業務に細分化されます。

そのため、不動産業界は、
多様な顧客ニーズに応えるため、様々な背景を持つ営業員が活躍しています。

中でも、男性と女性の営業員のアプローチの違いは、多くの顧客や業界関係者の関心を引いています。

一部では「男性は交渉が得意」という声がある一方で、「女性は顧客の気持ちを理解するのが上手」という意見も。

しかし、これらは本当に事実なのでしょうか?

また、顧客としてはどのように営業員を選べば良いのでしょうか?

今回は、その中から、不動産売却に必要不可欠の不動産仲介の営業スタッフ(営業マン・営業ウーマン)にスポットをあて

男性と女性の不動産営業スタッフ

  • どちらがいいのか?
  • 変更は可能?

不動産 女性スタッフを中心に話を進めていきたいと思います。

筆者も感じた女性の不動産営業マンのプラス要素

筆者もたくさんの不動産業界の女性スタッフにお世話になっています。

事務だけでなく、営業スタッフにおいても多くの女性に売却・賃貸管理等で相談に乗ってもらいました。

それでは、不動産営業において、

  • 営業ウーマン:女性スタッフ
  • 営業マン:男性スタッフ

どちらが担当につくとメリットが多いでしょうか?

  • 男性スタッフは、経験をウリにしていくことに長けています。
    今までの経験則から、最適な答えを導き出し、営業に反映させます。
  • 不動産 女性スタッフは、丁寧な説明と気配りに長けています。
    その1例として、内覧時に隅々まで説明を行ってくれるのが女性の特徴の1つです。

もちろん、人それぞれ個性がありますし、経験年数で自分のスタイルを確立していますが、全体的なイメージとして間違っていないでしょう。
本当にできる女性は、男性と同じ、ギラギラした感じを漂わせていたりもしますwww

結果が求められる世界

なんだかんだ言っても営業の世界、結果が求められます。

昔から男社会だったこの業種に女性が進出し、女性の地位をしっかり勝ち取りはじめたのが今の状況なので、

男性・女性で言えば、意外と女性のスタッフの方がどっしりしている傾向があります。

そもそも不動産業業界は離職率が高いため、
久しぶりに連絡した営業スタッフが離職していたり、他の不動産会社に転職をしていたりすることも多々あります。

また、会社すらなくなっていたり、統合されていたりすることもあります。

その意味で、経験と実績を積んだ女性スタッフがベテランになればなるほど、説得力・決断力に磨きがかかるようにも思います。

不動産営業 女性スタッフ

 

実際の売却実績の比較

不動産業界における「成約率」は、営業員の実力や効果的な営業戦略を示す指標として非常に重要です。

過去のデータや「マーケットリサーチ」を基にした統計によると、男性営業員の成約率は、女性営業員に比べてわずかに高い傾向にあります。これは、男性営業員のアグレッシブな営業スタイルや、強気な交渉術が、特定の市場環境や顧客層において効果的であることを示唆しています。

一方で、成約時の「取引価格」や「物件の評価額」に関しては、女性営業員の方が高い平均値を記録しています。これは、女性営業員が顧客のニーズを深く理解し、それに基づいた適切な物件を提案する能力や、長期的な信頼関係の構築によって、より高い価格での成約を実現していることを示しています。

[顧客満足度]
「顧客満足度」は、営業員のサービス品質や対応の質を示す重要な指標です。多くの「カスタマーサービスリサーチ」や「フィードバックアンケート」の結果、女性営業員は男性営業員に比べて、全体的に高い顧客満足度を持っています。

特に、アフターフォローや取引後のサポートに関しては、女性営業員の丁寧な対応や継続的な関心が顧客から高く評価されています。また、物件の内見や説明の際の「コミュニケーションスキル」や「エンパシー」も、女性営業員の強みとして顧客から評価されています。

不動産売却:女性営業マンがおすすめ?

不動産(家・マンション)売却において、不動産会社選びと営業スタッフ選びは非常に重要です。

不動産一括査定を行い、

不動産会社から任命された営業スタッフと実際に会って、今後のプランを説明してもらい、

この人なら任せられる!

っと思う人と媒介契約を行うわけですが、初めてあった人が有能なのか?

正直、分からないものです。

不動産売却エージェントの選び方・見極め方でも紹介しましたが、

不動産会社から紹介されるスタッフは、
男性・女性だけでなく、有能・無能、新人・ベテラン、誰が来るか分かりません。

となると、

  • 女性スタッフ
  • 男性スタッフ

の強みを活かした、営業マン選択が1つのポイントです。

例えば、
居住中でマンションを売却する場合、居住している以上、生活感をぬぐうことはできませんん。

となると、少なからず室内のイメージに支障が起きます。

その細かな問題点を見つけることがデキるのが女性スタッフであったりします。

  • キレイにしなくてはならない所
  • 片づけないといけない所

また、内覧する女性ウケするアピールポイントも提案してくるかもしれません。

別のパータンとして、
高級マンションを売却する場合は、女性・男性関係なく、安心感が問われます。

たまに、賃貸マンション仲介の営業マンに金髪のチャラチャラした人を見かけます。

人を見かけで判断するのは良くないですが、あまりいい印象を受けません。

高級マンションを買う層は、安心感・清潔感、そこに信頼感を重視します。

各営業所も物件の質によって、女性・男性に限らず営業スタッフを配置しています。

不動産営業マンは実際に実務を確認するまで、その判断はつきません。

よって、単純に男性がおすすめ!女性スタッフがおすすめ!という結論を期待するのではなく、

一般媒介契約で複数の不動産会社と媒介契約を結ぶのであれば、
是非、女性の不動産営業スタッフも同じ割合で入れることをおすすめします。

一般媒介契約はある意味、チーム戦のようなものです。

お互いの不動産会社の営業マンはライバル関係にありますが、上がってくる情報は、共有してこそ早く売買が進むものです。

内覧者から受けたマイナスイメージを払拭するために、対応策を考え、それが効果的であれば他の営業スタッフに伝えることで、より売りやすくなります。

その意味でも、女性目線は1つの切り口になるともいます。

ただ、女性スタッフを紹介されるか分かりません。

営業マンを女性スタッフに変更してもらうことが可能なのか?

不動産売却を女性営業マンにお願いするなら”この2サイト”

女性スタッフに不動産売却の仲介お願いしたいけど、変更をお願いするのも気が引けます。

そこで、営業マン、エージェントを自身選べるサイトがあります。

それが、

  • 不動産売却エージェント選びができる”タクシエ
  • 匿名で不動産売買エージェントに無料相談できる”テラスオファー

タクシエ

タクシエ(TAQSIE)は、
三菱地所リアルエステートサービスは中立的な立場に立ち、各不動産会社のエース級エージェント、約350名の中から売却条件にぴったりな人をマッチングするサービスです。


エース級の不動産売却エージェントとのコンタクトを取るのであれば、非常におすすめなサービスです。

少なからず質の高い売却提案を聞くだけでもいいですし、今、うまく売却活動が進んでいない人にも活用してもらいたいサービスです。

《エージェント選びなら》
タクシエ公式サイトへ

 

テラスオファー

匿名で不動産エージェントに相談できるのがテラスオファーです。

匿名で相談内容を登録すると
複数の不動産エージェントから情報提供・提案プランが届きます。
 
その提案内容・プロフィール・実績から、もっと深い話をしたいエージェントがいれば、情報開示し具体的に進める流れです。

不動産エージェント おすすめ

不動産エージェント

  • 完全匿名登録
  • 営業メール・電話は一切なし
    開示しない限り匿名でやりとり可能
  • 物件説明は一度でOK
    提案を受けるための情報はTerass Offerで事前共有されます
  • 高く売れる戦略・理由が明確
    「どのように売るか」という戦略が把握でき納得感が得られます
  • 売却のプロに状況相談
    相続やローンなど複雑な状況もプロに直接相談ができます

《まずは、匿名相談を》
テラスオファー公式サイトへ

 

不動産営業 女性、男性のメリット・デメリット

不動産業界は、多様な顧客ニーズに応えるため、男性と女性の営業員が共に活躍しています。

それぞれの性別が持つ特性やスキルは、顧客との関係構築や取引の進行において大きな影響を与えることがあります。

男性営業員はどのような強みを持ち、どのような場面でその力を発揮するのか。
一方、女性営業員はどのような特徴を活かし、どのような顧客からの評価を受けているのか。

それぞれのメリット・デメリットを詳しく探っていきます。

《男性営業マンのメリット・デメリット》
不動産業界における男性営業員は、その独特な「アグレッシブなアプローチ」で知られています。

彼らは、一般的に「オープンハウス」や「物件見学ツアー」の際に、顧客を引きつけるための積極的な営業スタイルを持っています。

特に「購入意欲」が高い顧客や、短期間での売却を希望する顧客には非常に効果的です。

また、交渉のフェーズにおいても、彼らは「物件の評価価格」や「市場価格」を的確に把握し、強気に出ることができます。

このため、高い価格での売却を目指すことが得意とされています。

特に、競合する物件が多いエリアや、需要が高い物件においては、彼らのこのスキルは非常に価値があると言えるでしょう。

しかし、このようなアグレッシブなアプローチは、一部の顧客からは「プレッシャーを感じる」として強引と感じられることも。

特に、初めての不動産取引を行う顧客や、ゆっくりと物件を選びたい顧客には、このスタイルが合わない場合があります。

顧客からの評価
多くの顧客は、男性営業員の「プロフェッショナルな態度」や「迅速な対応」を非常に評価しています。
彼らは「物件情報」や「市場動向」を的確に把握しており、顧客の質問にも即座に答えることができます。
このような知識とスキルは、特にビジネス的な取引を好む顧客からの評価が高いです。

さらに、男性営業員は「契約書の作成」や「物件の手続き」に関する専門知識も豊富です。このため、取引の進行がスムーズで、顧客も安心して物件の売却や購入を進めることができます。

《女性営業マンのメリット・デメリット》
不動産業界における女性営業マンは、その「共感力」を活かしたコミュニケーション能力で知られています。

「聞き手としての技術」を駆使して、顧客のニーズや懸念を深く理解することができます。

このため、特に「初めての購入者」や「高齢者層」など、細やかなサポートを求める顧客からの信頼が厚いです。

また、女性営業員は「アフターケア」や「フォローアップ」にも力を入れており、取引が完了した後も顧客との関係を継続的に築いていきます。

このような長期的な信頼関係の構築は、口コミによる紹介など、ビジネスの継続的な成長に繋がります。

しかし、一方で、強硬な交渉や「価格設定」に関する戦略的な判断が苦手な場合も。

特に、競合する物件が多いエリアや、高額な物件の取引においては、この弱みが顕著になることがあります。

顧客からの評価
女性営業員は、その親しみやすさや「ホスピタリティ」を持った対応で、多くの顧客から高い評価を受けています。

彼女たちは「物件の内見」や「資料の説明」の際にも、顧客の立場に立ったアドバイスを行い、安心感を提供します。

特に、初めての売却や購入を行う顧客からは、その丁寧なサポートや「物件の特徴」や「エリアの魅力」をわかりやすく説明する能力が評価されています。

また、細かい部分までサポートを求める顧客からも、その「ディテールへのこだわり」や「フォローアップ」の徹底ぶりが高く評価されています。

不動産売却 女性スタッフ

顧客のニーズに合わせた選び方

どのような顧客には男性営業員が適しているか

不動産取引において、顧客のニーズや取引の性質によって、最適な営業員の選び方が異なります。

特に、高額な「プレミアム物件」や「商業施設」の取引、または「投資物件」の売却など、ビジネス的な取引を好む顧客には、男性営業員のアグレッシブな交渉スタイルや迅速な対応が求められます。

これらの取引では、「ROI(Return On Investment)」や「キャッシュフロー」などの専門的な知識や、市場の動向を迅速に把握する能力が必要とされるため、男性営業員の強みが活かされます。

また、短期間での売却を希望する顧客、例えば「リロケーション」や「資産のリストラクチャリング」を目的とする顧客にも、男性営業員の迅速な対応や強気な交渉術が適しています。

どのような顧客には女性営業員が適しているか

一方、初めての売却を行う顧客や、特定の「ライフステージ」に合わせた物件選びを希望する顧客には、女性営業員の柔軟な対応や深いコミュニケーション能力が求められます。

例えば、「ファミリータイプ」の物件選びや「ダウンサイジング」を考えるシニア層など、細やかなサポートやアドバイスが必要な顧客には、女性営業員のエンパシーが活かされます。

ファミリータイプの場合、奥さんの決定権が強く、女性同士の方が、質問・疑問など聞きたいことを聞きやすく、また、女性目線として共感しやすいケースもあります。

さらに、長期的な信頼関係を築きたい顧客、特に「マンション経営」や「賃貸物件」のオーナーなど、継続的なサポートやアフターケアを求める顧客にも、女性営業員の長期的な関係構築のスキルが適しています。

よくある質問

不動産営業とは具体的にどのような仕事内容ですか?

不動産営業は、物件の売買や賃貸を仲介する仕事です。顧客のニーズに合わせて物件を提案し、契約までの手続きをサポートします。

男性営業員と女性営業員の違いは何ですか?

男性と女性の営業員には固有の特性や強みがありますが、能力や成果は個人のスキルや経験に依存します。一般的に、男性は積極的なアプローチが得意で、女性はコミュニケーションや顧客との関係構築に強いと言われることがあります。

不動産の売却を考えていますが、どのような手続きが必要ですか?

物件の査定を受け、適切な価格を設定した後、物件情報を公開します。興味を持った購入希望者との交渉を経て、契約を結びます。

不動産営業の仕事の魅力や難しさは何ですか?

魅力は、高額な取引を通じて大きな報酬を得ることができる点や、顧客の夢を実現するサポートができる点です。難しさは、市場の変動や競合との競争、顧客のニーズの多様性などが挙げられます。
参考公式サイト:女性職員活躍とワークライフバランス推進のための取組(総務省)

不動産業界でのキャリアアップの方法は?

継続的な学びや資格取得、実績の積み重ね、ネットワークの拡大などを通じて、キャリアアップを目指すことができます。

不動産業界での最新のトレンドや変化は何ですか?

最近のトレンドとしては、テクノロジーの活用(例:VR物件見学)、持続可能なエコフレンドリーな物件の需要の増加、都市部から地方への移住トレンドなどが挙げられます。

不動産営業の女性スタッフ:まとめ

マンション売却の際の営業員選びは、売却価格や手続きのスムーズさ、そして後のアフターフォローに大きく影響します。

男性と女性の営業員それぞれの特徴や強みがあります。

一概に「男性が良い」または「女性が良い」とは言えませんが、自分の状況や求めるサービスに合わせて、最適な営業員を選ぶことで、より良い売却経験を得ることができるでしょう。

今回は、不動産会社の営業スタッフである女性の営業ウーマンについて考えてみました。

  • 男性スタッフは男性の魅力・メリットがあります。
  • 女性スタッフにも女性ならではの視点があります。

もし、今、営業スタッフが男性であれば、女性の視点を入れてどのような売却方法をするのか?

試してもいいかもしれませんね。

 

Twitter抜粋してみました